Doctor G 3 のメディカル・ポプリ

地域医療とプライマリケア、総合診療などに関係したネット上のニュースを記録。医学教育、研修、卒後キャリア、一般診療の話題、政策、そしてたまたまG3が関心を持ったものまで。ときどき海外のニュースも。

4月17日 

https://www.m3.com/news/iryoishin/520407
シリーズ m3.com意識調査
勤務医の半数以上、過去1年で学会発表の経験あり
医師の所属学会数は平均4学会

レポート  2017年4月16日 (日) 高橋直純(m3.com編集部)

 m3.com意識調査「学会、所属数は?参加回数は?」において、所属学会数を尋ねたところ、医師では平均4学会だった。昨年1年間で行った学会発表の回数では、勤務医の半数以上が1回以上していた。

Q 所属している学会の数をお教えください。
04171_2017041805262731e.jpg
 所属学会数の平均は、医師全体で4.0、開業医で3.4、勤務医で4.2、薬剤師で1.7だった(「9以上」は9とカウント)。

Q 2016年の一年間で 実際に参加した学会(総会・地方会含む)は何回ありましたか。
04172_20170418052626964.jpg
 開業医の最多は1-2回で35.9%、勤務医は3-4回で30.8%だった。

Q そのうち発表は何回行いましたか。
04173_2017041805262482b.jpg
 勤務医と開業医では大きく差があり、勤務医では半数以上が発表を行っていた。

Q 学会の在り方についてご意見があればご記入ください

【会場・場所について】

・専門医維持の規定に学会参加が重視されている体制を、学会に参加できない会員のことも考慮し、Webセミナーでの講習で代替するなどの配慮が必要と考えられる。【勤務医】

・今の病院は僻地というほどではないですが、研修病院が僻地であったときに気が付いたこと:僻地では学会に参加すること自体が困難です。つまり、専門医の維持は困難となり、そもそも取得不可能のことが多いです。学会開催地が地方になるとさらに困難極まります。ホテルの確保も大変。学会の基準が厳しくなればなるほど、僻地医療は崩壊します。(まず学会の重鎮の方々が僻地医療をしてください(笑))【勤務医】

・日帰りができる東京から神戸の間で開催してほしい。日曜日にも開催してほしい。【開業医】

・専門医制度が始まると出ざるを得なくなるので、交通の便がいいところで毎年開催してほしい。【開業医】

・地方から現地に赴くのは大変なので、Web参加できる地方会場を設営してほしい。【開業医】

【数が多すぎる】

・統合したらどうか?特に肝臓や胆嚢や膵臓などは区別する意味が分からない。【勤務医】

・同じような学会が多くあり、違いが分からないものもある。すなわち、学会長になれなかった教授が新しい学会を作って学会長になるので、学会が増える一方なのではないかと感じているのは私だけでしょうか?【勤務医】

・自分で調整すればよいのでしょうが、最近はマイナー系も含めて、一つの科の中でも数が多くなってきています。数を減らして集約的にする、また、ネット社会に対応して、会場に行かずに参加できる学会を作る、または、サテライト会場を都道府県ごとに設けて、それをつなぐ形での学会などもあってよいと思います。【勤務医】

・気管支鏡学会は呼吸器学会に吸収するのが妥当。総会でも演題も少ないし、症例報告が主体になっている。【勤務医】

・似たような系統の学会はできるだけまとまってほしい。あるいは、同時開催を進めてほしい。【勤務医】

【日程について】

・地方ですので、木曜~土曜開催の全国学会は、一人医長だと出席はかなり難しいです。【勤務医】

・なぜ平日ばかりにするのか?勤務医以外は参加するなということか?仕事を休まないと開業医は参加しにくい。患者にも迷惑な平日の学会は減らして土日や祝日、木曜日など医師会のある日にしては。【勤務医】

・私は開業医をしていますので、遠い場所での水曜や金曜日には学会には行けません。土曜午後か日曜の午前まで開催してもらえれば開業医の出席が増えるはずです。また専門医を維持しようと思う人も増えるのでは?【開業医】

【その他】

・日常診療に即役立つような内容、新しいガイドラインの紹介、難しいケースの対応方法など紹介してくれると助かります。【勤務医】

・老齢になると学会は出張の楽しみで、学会よりも美術館や博物館、買い物を楽しんでいます。【勤務医】

・各々が参加したい学会に出席できるように配慮していただきたい。学会の所属の有無とは関係なしに。【勤務医】

・これだけインターネットが発達した時代であっても、やはり一堂に会して対面することで学ぶことも多い。【勤務医】

・総会、地区総会、地方会、県内医会などそれぞれが重複しないような内容であってほしい。【勤務医】

・政府の進めている専門医機構はあまくだり役人の考えたあやしい機構だ。われわれは患者さんのために頑張ってやっている。専門医機構はそれにケチをつけて変えようとしている。学会はそんな専門医機構にこびへつらうことなく、対立してでも日本の医療のために頑張ってほしい。【勤務医】

・より社会全体に医療のあり方を積極的に発信していってほしい。【勤務医】

・専門医の点数稼ぎの場になっているのが残念です。【勤務医】

・(金集めの会という現実は別に)医療というあまりにも広い業界を乗り切るには、専門があってしかるべきなのでしょう。自分の会員を罰するくらいの覚悟を、学会が持っているか?専門を名乗る非学会員を糾弾できるくらいに権威を持てるか?教員や法律家など、専門性の曖昧さがある職業人も同様でしょうか?【勤務医】

・地域医療専門で職場を離れることもできず、認定医の更新も出来ないでいます。そろそろ学会は全部退会してもよいかと考えているところです。【勤務医】

・公に休めるので助かる。【開業医】

【調査の概要】

・調査期間:2017年4月3日-2017年4月12日
・対象:m3.com医師会員
・回答者数:1730人(開業医 : 312人 / 勤務医 : 1077人 / 歯科医師 : 7人 / 看護師 : 31人 / 薬剤師 : 230人 / その他の医療従事者 : 73人)
・回答結果画面:「学会、所属数は?参加回数は?」


  1. 2017/04/18(火) 05:28:44|
  2. 未分類
  3. | コメント:0
<<4月20日  | ホーム | 4月16日 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する