Doctor G 3 のメディカル・ポプリ

地域医療とプライマリケア、総合診療などに関係したネット上のニュースを記録。医学教育、研修、卒後キャリア、一般診療の話題、政策、そしてたまたまG3が関心を持ったものまで。ときどき海外のニュースも。

12月22日 

http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/health/health/1-0351033.html
医師確保へ遠軽町長奔走 首都圏電車、週刊誌に広告も
12/22 07:00、12/22 07:28 更新 北海道新聞

 地域の産科医不足に悩むオホーツク管内の遠軽、湧別、佐呂間の3町は21日、首都圏で医師を募集したり、地域医療の窮状を直接訴えたりする活動を始めた。佐々木修一遠軽町長が東京都内で記者会見を開き、JR京浜東北線の1編成(10両)の全車両で医師募集の中づり広告を独占した。大手週刊誌にも見開き2ページの広告を掲載する。

 活動は、3町で構成する遠軽地区地域医療対策連携会議を中心に企画。佐々木町長は東京駅近くのビルで開いた記者会見で「根本的な解決のためには医師が地方で勤務する国の制度づくりが不可欠だ。都会の人に少しでも地方の医師不足に目を向けてもらい、世論を盛り上げたい」と訴えた。



http://www.kobe-np.co.jp/news/iryou/201612/0009773277.shtml
投薬ミスで入院7日間延長 尼崎総合医療センター
2016/12/22 20:33 神戸新聞

 兵庫県は22日、県立尼崎総合医療センター(尼崎市)の男性医師が、70代女性患者への投薬回数を誤って指示したために過剰投与となり、入院が予定より7日間延びた、と発表した。女性に、過誤による健康状態の異常はなかった。

 県によると、女性が10月16日に急性胆管炎で入院した際、女性薬剤師が持参薬を確認し、持病の多発性筋炎治療の免疫抑制剤について、病院での投与回数を電子カルテに反映。本来は週1日に3回だったが、医師がカルテの記載を見落として看護師に指示し、同19日から6日間続けて1日3回ずつ投与された。

 同25日に1回投与された後、別の女性薬剤師が気付いた。退院予定は同28日だったが、経過観察のため、11月4日まで延びたという。(斉藤正志)



https://www.m3.com/clinical/news/488647
査読者が投稿論文を盗用!! 米一流誌
Annals of Internal Medicine「悪質な知的窃盗に困惑」

m3.com編集部2016年12月22日 (木)

 米国内科学会誌「Annals of Internal Medicine」(AIM)が指名したピアレビューアー(査読者)が、査読し却下した論文を自身の研究として盗用し、別雑誌に投稿していたことが分かり、国際的な注目を集めている。査読者は盗用を認め謝罪。AIM誌では12月13日号に「Dear Plagiarist(盗用者へ)」と題した被害者の手紙と、盗用の経緯や問題の所在を説明する編集長名の論説文を掲載した。

被害者の手紙 *1
編集長名の論説文 *2

 盗用されたのは、米タフツ大学(ボストン)の内分泌科医Michael Dansinger氏らが執筆した無作為化比較試験についての二次解析論文。アトキンスダイエットなどの食事介入が高比重リポ蛋白(HDL)に分子レベルで与える影響について調べた内容で、2015年6月にAIM誌に投稿したが、同年7月に却下された。

 その後Dansinger氏がインターネットで検索していたところ、却下された論文に酷似した論文が2016年2月23日付で「EXCLI Journal」誌に掲載されていることに気付いた。査読過程での盗用を疑った同氏は16年8月にAIMに連絡。AIMはその査読者が実際にDansinger氏の論文の査読に当たっていたことを確認し、追求したところ、査読者本人が盗用を認めた。

 AIMから「EXCLI Journal」誌に連絡して同論文は9月に取り下げられたが、「PubMed」に取り下げの注記が掲載されたのは12月に入ってからだ。 *3

 Dansinger氏は盗用者に宛てた手紙形式の意見文で、同研究は米政府や大学からの助成で行われており、二次解析で用いた手法は研究チームのメンバーが長年かけて構築したものであったこと、研究者らが費やした時間は4000時間を超えるが、それらすべてが盗用によって踏みにじられたことなどを短い文章で指摘。

 科学研究では特に問題になる盗用について、「医師、そして科学者になるために大変な努力をし、数々の論文を著してきたあなたが、どうしてこんなことをしたのか理解できない」と述べている。

 AIM編集長のChristine Laine氏は論説で、今回の盗用は(1)査読者としての機密保持義務の違反、(2)逐語的盗用、(3)存在しない欧州人患者コホートのねつ造、(4)複数の共同執筆者の名義貸し――という何重もの不法行為によって成立したと説明。「われわれが選び、レビューを委託した人物がこのように悪質な知的窃盗に関わったことに非常に困惑している」としている。

 誰が盗用を行ったのかはPubMedから伺い知ることができるが、AIMの意見文と論説文では“盗用者”との表現にとどめ、名前を明らかにしていない。盗用問題をニュースとして取り上げた英医師会雑誌「BMJ」はこの点についてDansinger氏に取材し、「告げ口は仕返しに見える。それは私の意図するところではない」とのコメントを紹介している。

*1
http://annals.org/aim/article/2592773/dear-plagiarist-letter-peer-reviewer-who-stole-published-our-manuscript
Dear Plagiarist: A Letter to a Peer Reviewer Who Stole and Published Our Manuscript as His OwnFREE
Michael Dansinger, MD
IDEAS AND OPINIONS |13 DECEMBER 2016 Annals of Internal Medicine

Published: Ann Intern Med. 2016.
DOI: 10.7326/M16-2551
© 2016 American College of Physicians

Dr. Doctor,

I am aware that you recently admitted to wrongly publishing, as your own, a scientific research paper that I had submitted to Annals of Internal Medicine. After serving as an external peer reviewer on our manuscript, you published that same manuscript in a different medical journal a few months later. You removed the names of the authors and the research site, replacing them with the names of your coauthors and your institution.

It took 5 years from conceptualization of the study to publication of the primary analysis (1). This study was my fellowship project and required a lot of work. It took effort to find the right research team, design the study, raise the funds, get approvals, recruit and create materials for study participants, run the diet classes, conduct the study visits, compile and analyze the study data, and write the initial report. The work was funded by the U.S. government and my academic institution. The secondary analysis that you reviewed for Annals used specialized methods that took my colleagues many years to develop and validate. In all, this body of research represents at least 4000 hours of work. When you published our work as your own (2), you were falsely claiming credit for all of this work and for the expertise gained by doing it.

As you must certainly know, stealing is wrong. It is especially problematic in scientific research. The peer-review process depends on the ethical behavior of reviewers. Physicians and patients depend on the integrity of the process. Such cases of theft, scientific fraud, and plagiarism cannot be tolerated because they are harmful and unethical. Those who engage in such behavior can typically expect their professional careers to be ruined: Loss of reputation, loss of employment, and ineligibility for future research funding are the norm. Coauthors are also collaborators in the fraud, and such losses potentially apply to them as well. All the previous publications of those who steal others' work become suspect, and it reflects poorly on their training institutions, current employers, collaborators, and mentors.

It is hard to understand why you would risk so much. You have no doubt worked hard to become a physician and scientist. I know that you have published many research papers. It just doesn't make sense. Whether the pressure to publish is so intense, or whether the culture where you work is relatively permissive such that plagiarism is not taken as seriously, or whether getting caught seemed unlikely—it is hard to imagine why you would take this chance.

I hope you will not steal anyone else's research in the future. Instead, perhaps there is some way you can assist the scientific community's efforts to reverse the growing epidemic of plagiarism and scientific fraud. Helping to raise awareness of the problem and identifying potential solutions would be positive steps in the right direction.

References
1. DansingerMLGleasonJAGriffithJLSelkerHPSchaeferEJComparison of the Atkins, Ornish, Weight Watchers, and Zone diets for weight loss and heart disease risk reduction: a randomized trial.JAMA20052934353
2. FinelliCCrispinoPGioiaCLaSalaND'amicoLLaGrottaMet alNotice of retraction: the improvement of large high-density lipoprotein (HDL) particle levels, and presumably HDL metabolism, depend on effects of low-carbohydrate diet and weight loss [retraction of: Finelli C, Crispino P, Gioia C, La Sala N, D'amico L, La Grotta M, et al. In: EXCLI J. 2016;15:166-76]EXCLI J201615570


*2
http://annals.org/aim/article/2592772/scientific-misconduct-hurts
EDITORIALS |13 DECEMBER 2016
Scientific Misconduct Hurts
Christine Laine, MD, MPH

Published: Ann Intern Med. 2016.
DOI: 10.7326/M16-2550
© 2016 American College of Physicians

Plagiarism and other forms of intellectual theft are far more common in science than one would like to think (1–3). Recently, Annals of Internal Medicine experienced an egregious case of scientific misconduct that I bring to light for 2 reasons—to assure readers that Annals takes such matters very seriously and to serve as an example that might deter such misbehavior.

In June 2015, Dansinger and colleagues from Tufts University in Boston, Massachusetts, submitted a manuscript to Annals titled “One-Year Effectiveness of the Atkins, Zone, Weight Watchers, and Ornish Diets for Increasing Large High-Density Lipoprotein Particle Levels: A Secondary Analysis of a Randomized Trial.” After external peer review, we decided not to publish the manuscript and sent our decision to the authors in July 2015. In August 2016, Dansinger contacted Annals when he became aware of an article published in the EXCLI Journal on 23 February 2016 that was almost identical to the manuscript that he and his colleagues had submitted to Annals. His concern was that an Annals reviewer may have misappropriated the content of his manuscript, plagiarized the work, and published it in the EXCLI Journal. We determined that an author of the article in the EXCLI Journal was, in fact, someone who had reviewed the manuscript for Annals. When I contacted that person, he admitted to plagiarism and I informed the editor of the EXCLI Journal. The journal retracted the fraudulent article in September 2016 (4). As is the recommended practice when scientific misconduct is uncovered (5–7), I informed the leadership of the institution listed as sponsoring the fraudulent article. The institution acknowledged receipt of this information but did not indicate the actions, if any, that it planned in response.

This case shows several layers of bold misconduct. First, peer reviewers should maintain the confidentiality of the papers they review (5–7). They should refrain from using for their own purposes what they learn during peer review until the work is published and can be cited as the source of that information.

Second, the reviewer blatantly plagiarized Dansinger and colleagues' work, reproducing almost verbatim the text, tables, and figures.

Third, the reviewer fabricated a cohort of European patients that did not exist—a particularly egregious act that could have resulted in clinicians (unknowingly) basing decisions about patient care on fraudulent data.

Fourth, the plagiarized article had many coauthors. These coauthors are also culpable. They allowed their names to be used, apparently without contributing anything of value—not even verification of the study's existence.

My colleagues and I find it deeply disturbing that someone whom we selected to review a manuscript entrusted to us would commit such heinous intellectual theft. We thankfully do not have previous experience with such a situation but believe our response was congruent with recommendations (5–7). Although the fraudulent article was retracted, it is worrisome that, at the time this is written, it remains available in PubMed Central without an indication that it has been retracted (8).

Dansinger, the author whose work was stolen, provides an impassioned letter to the plagiarizer outlining the harm that this misbehavior has caused for both those who did the research and those who attempted to pass it off as their own (9). Other casualties include the reputation of the plagiarizer's institution; faith in the peer-review process; and, importantly, the public's trust in medical research. Dansinger deserves commendation for the grace with which he has weathered this unfortunate situation and his desire that something positive come from it. His commentary and the circumstances behind it provide a compelling case for educational activities related to scientific integrity. Providing the information that guides patient care is important, and tampering with that process is dangerous. If reading Dansinger's commentary prevents even 1 person from stealing another's work, something good will come from it.

References

1. RobertsDLStJohnFAEstimating the prevalence of researcher misconduct: a study of UK academics within biological sciences.PeerJ20142e562
2. Lam B. A scientific look at bad science. The Atlantic. September 2015. Accessed at www.theatlantic.com/magazine/archive/2015/09/a-scientific-look-at-badscience/399371 on 23 December 2015.
3. GrieneisenMLZhangMA comprehensive survey of retracted articles from the scholarly literature.PLoS One20127e44118
4. FinelliCCrispinoPGioiaCLaSalaND'amicoLLa GrottaMet alNotice of retraction: the improvement of large high-density lipoprotein (HDL) particle levels, and presumably HDL metabolism, depend on effects of low-carbohydrate diet and weight loss [retraction of: Finelli C, Crispino P, Gioia C, La Sala N, D'amico L, La Grotta M, et al. In: EXCLI J. 2016;15:166-76].EXCLI J.201615570
5. International Committee of Medical Journal Editors. Recommendations. 2016. Accessed at www.icmje.org/recommendations on 1 November 2016.
6. Wager E, Kleinert S; COPE Council. Cooperation between research institutions and journals on research integrity cases: guidance from the Committee on Publication Ethics (COPE). March 2012. Accessed at http://publicationethics.org/files/Research_institutions_guidelines_final_0_0.pdf on 1 November 2016.
7. Scott-Lichter D; Editorial Policy Committee, Council of Science Editors. CSE's White Paper on Promoting Integrity in Scientific Journal Publications, 2012 Update. 3rd ed. Wheat Ridge, CO: Council of Science Editors; 2012. Accessed at www.councilscienceeditors.org/resource-library/editorial-policies/white-paper-on-publication-ethics on 1 November 2016.
8. FinelliCCrispinoPGioiaCLa SalaND'amicoLLaGrottaMet alThe improvement of large high-density lipoprotein (HDL) particle levels, and presumably HDL metabolism, depend on effects of low-carbohydrate diet and weight loss.EXCLI J20161516676
9. DansingerMDear plagiarist: a letter to a peer reviewer who stole and published our manuscript as his own.Ann Intern Med.2016. [Epub ahead of print]

*3
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27103896
RETRACTED ARTICLE
EXCLI J. 2016 Feb 23;15:166-76. doi: 10.17179/excli2015-642. eCollection 2016.
The improvement of large High-Density Lipoprotein (HDL) particle levels, and presumably HDL metabolism, depend on effects of low-carbohydrate diet and weight loss.
Finelli C1, Crispino P2, Gioia S1, La Sala N1, D'amico L1, La Grotta M1, Miro O1, Colarusso D2.

Retraction in
Retraction: The improvement of large High-Density Lipoprotein (HDL) particle levels, and presumably HDL metabolism, depend on effects of low-carbohydrate diet and weight loss. [EXCLI J. 2016]
Abstract
Depressed levels of atheroprotective large HDL particles are common in obesity and cardiovascular disease (CVD). Increases in large HDL particles are favourably associated with reduced CVD event risk and coronary plaque burden. The objective of the study is to compare the effectiveness of low-carbohydrate diets and weight loss for increasing blood levels of large HDL particles at 1 year. This study was performed by screening for body mass index (BMI) and metabolic syndrome in 160 consecutive subjects referred to our out-patient Metabolic Unit in South Italy. We administered dietary advice to four small groups rather than individually. A single team comprised of a dietitian and physician administered diet-specific advice to each group. Large HDL particles at baseline and 1 year were measured using two-dimensional gel electrophoresis. Dietary intake was assessed via 3-day diet records. Although 1-year weight loss did not differ between diet groups (mean 4.4 %), increases in large HDL particles paralleled the degree of carbohydrate restriction across the four diets (p<0.001 for trend). Regression analysis indicated that magnitude of carbohydrate restriction (percentage of calories as carbohydrate at 1 year) and weight loss were each independent predictors of 1-year increases in large HDL concentration. Changes in HDL cholesterol concentration were modestly correlated with changes in large HDL particle concentration (r=0.47, p=.001). In conclusion, reduction of excess dietary carbohydrate and body weight improved large HDL levels. Comparison trials with cardiovascular outcomes are needed to more fully evaluate these findings.
KEYWORDS:
HDL; low carbohydrate diet and weight loss; obesity
PMID: 27103896 PMCID: PMC4834750 DOI: 10.17179/excli2015-642
[PubMed] Free PMC Article https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4834750/



https://www.m3.com/news/iryoishin/488502
「全員加盟の医師の団体」の是非を議論、日医
委員長には京都大名誉教授の本庶佑氏

2016年12月22日 (木) 高橋直純(m3.com編集部)

 日本医師会の今村聡副会長は12月21日の定例記者会見で、日医内に設置した「医師の団体の在り方検討委員会」の検討状況の中間報告を説明、「医師偏在を含む医療のさまざまな問題をどのように解決するのか、そのためにどのような団体の在り方が必要なのかを検討している」と語った。

 委員長は京都大名誉教授の本庶佑氏、副委員長は今村副会長で、委員には地域医療機能推進機構(JCHO)や日本病院会のトップなどが参加している。10月31日に第1回、12月8日に第2回の検討会を開いており、2017年春に最終報告を行う。議論の結果は厚生労働省の医師需給分科会などにも報告する方針。

 今後の議論の方向性として、(1)医師の団体が自主的・自律的に何らかの仕組みを作ることについて、その必要性の有無、(2)全員加盟の団体を形成することの是非や可能性・実効性の検討、(3)全国的な視野に立ちつつ、都道府県を単位として、医師の団体等が大学等と協働し、また行政とも連携して問題解決にあたる仕組みの検討、(4)これらについて、例えば保険医や保健医療機関の在り方等も含め、議論の深化を図っていく――の4点を掲げている。

 今村副会長は「医師が一つの団体に所属をして自主的・自律的に活動していくことが望ましいというのは、日医だけでなくさまざまな医療団体、学術会議で提言されていること。今回は本庶先生から、そうした団体の必要性が指摘され、とりあえず日医という場の中で議論をしていくことになった」と説明。

 「全員加盟の医師の団体」が日医を指すのかという質問に対しては、「現実問題として、医師会以外に医師が加盟する団体を作るのは困難だと思うが、組織が必要かどうかということをゼロベースで議論していく」と今村副会長は回答。政治とのかかわりを含めて日医の在り方も検討の対象になるかについては「公益社団法人である日医と、政治活動を行う日本医師連盟とは別組織になっており、本来的には一緒にする話ではないと思うが、いろいろな意見が出てくるとは思うので、そのような話しも出てくるかもしれない」と述べた。



https://www.m3.com/news/iryoishin/488620
医療のICT化に重点、2017年度厚労省予算
医学部「地域枠」学生の貸与資金は実施せず

2016年12月22日 (木) 高橋直純(m3.com編集部)

 厚生労働省は12月22日、2017年度予算案を公表した。予算総額は30兆6873億円で、2016年度から3763億円(1.2%)増となった(資料は、厚労省のホームページ)。政府全体の一般会計の歳出総額は97兆4547億円と5年連続で過去最高を更新した。

 歳出の3割超を占める社会保障費は32兆4735億円で、2016年度から4997億円増えた。高齢化に伴う自然増分は、概算要求の6400億円から政府目標の年間5000億円を達成するために1400億円を圧縮した。 個別事業では、「医療のICT化・保険者機能の強化」が7億円(2016年度)から250億円、「医療等分野におけるIDの導入」が0.5億円(同)から42億円に増額されるなど、医療のICT化の推進に力を入れる予算となった。

 今年8月の概算要求からは4399億円削減されている(『地域枠学生への貸与資金などに30億円、厚労省概算要求』を参照)。新規事業として30億円を要求していた「地域枠修学資金による医師確保の推進」事業(地域枠医学生に対する修学資金の貸与事業)は、財務省査定で見送られた。

■2017年度の医療関連の重点施策 ※カッコ内は2016年度
・医療系ベンチャーの育成支援  6.2億円(0.48億円)
・AMEDを通じた研究開発の戦略的実施等  479億円(478億円)
・医療のICT化・保険者機能の強化  250億円(7億円)
・我が国が主導するユニバーサル・ヘルス・カバレッジの達成支援等  46億円(17億円)
・AMR(薬剤耐性)対策の推進  5.5億円(0.06億円)
・医療の国際展開、薬事規制の国際調和の推進  1.9億円(0.71億円)
・医療機関における外国⼈患者受⼊体制の充実  1.4億円(1.4億円)
・元気で豊かな老後を送れる健康寿命の延伸に向けた取組  34億円(33億円)
・障害者、難病・がん患者等の就労支援など  164億円(135億円)
・総合的ながん対策の推進  314億円(305億円)
・地域医療確保対策の推進  605億円(604億円)
・健康寿命の延伸に向けた歯科口腔保健の推進  10億円(9.4億円)

■2017年度の医療関連の主要事項  ※カッコ内は2016年度
・医師の地域的な適正配置のためのデータベース構築  0.09億円 ※新規
・専門医に関する新たな仕組み構築に向けた取り組み  2.6億円(1.9億円)
  地域偏在拡大防止のための、都道府県協議会の経費を増額。
  都道府県の調整による指導医派遣等の経費。
  専攻医の地域的な適正配置を促すためのシステム開発の経費補助など。
・人生の最終段階における医療の体制整備  1億円(0.61億円)
・在宅看取りにおける体制の整備  0.22億円 ※新規
・医療安全の推進  9.9億円(9.3億円)
・へき地保健医療対策の推進  74億円(68億円)
・医療系ベンチャーサミット開催運営経費  0.71億円 ※新規
・ベンチャートータルサポート事業  3億円 ※新規
・革新的な医薬品の最適使用の促進  2.3億円 ※新規
・革新的な医薬品の最適使用に係る実効性の確保  0.06億円 ※新規
・医療機関におけるサイバーセキュリティ対策  0.71億円 ※新規
・医療等分野におけるIDの導入  42億円(0.5億円)
・感染症対策  206億円(209億円)
・肝炎対策  153億円(186億円)
・難病・小児慢性特定疾病対策  1458億円(1443億円)



https://www.m3.com/news/general/488461
向精神薬の譲渡、医師に無罪判決
2016年12月22日 (木) 朝日新聞

 向精神薬を患者以外に譲り渡したとして、麻薬取締法違反の罪に問われた医師(54)=埼玉県越谷市=の判決で、東京地裁は21日、無罪(求刑懲役1年、罰金10万円、追徴金17万5千円)を言い渡した。水上周裁判官は、営利目的の譲渡だったと認めたが、向精神薬だと認識していたかについて「証明が不十分だ」と述べた。

 医師は、2015年9月に向精神薬の「サノレックス錠」500錠を、診察せず17万5千円で中国人の男に譲渡したとして起訴された。医師は「胃腸薬と思っていた」と無罪を主張。判決は、医療関係者の間で肥満治療薬と認識されていたサノレックス錠について、「向精神薬と周知されていたか、証拠上明らかではない」とした。



https://www.m3.com/news/general/488518
医師が起訴内容認める 福島・いわき贈収賄事件
2016年12月22日 (木) 共同通信社

 医療機器の納入で便宜を図った見返りにマンションの賃料を業者に負担させたとして、収賄罪に問われた福島県いわき市立総合磐城共立病院の心臓血管外科部長近藤俊一(こんどう・しゅんいち)被告(50)の初公判が21日、福島地裁(宮田祥次(みやた・しょうじ)裁判長)で開かれ、近藤被告は「間違いありません」と起訴内容を認めた。来年1月31日に検察側が求刑し、結審する予定。

 検察側は冒頭陳述で、県内の別の病院に勤務していた際に知り合った医療機器販売会社社長の引地仁(ひきち・ひとし)被告(57)=贈賄罪で公判中=に、近藤被告が「賃貸マンションが欲しいんだけど」と持ち掛けたと指摘した。また任意で取り調べを受けた今年9月、証拠資料を捨てるよう秘書に命令し、証拠隠滅を図ったとした。

 起訴状によると、近藤被告は2013年11月~今年8月、引地被告の会社にマンションの賃料約521万円と、旅行費用約13万円を負担させたとしている。



http://www.tomamin.co.jp/20161246006
110床で6診療科体制 JCHO登別新病院基本構想
(2016年 12/22)苫小牧民報

 登別温泉地区からJR登別駅に近い登別東町への移転が決まっているJCHO(独立行政法人地域医療機能推進機構)登別病院の基本構想が20日、公表された。現状の病院機能の存続を基本に、軽度急性期の救急受け入れ強化や地域の医療機関と連携した地域包括ケアの構築を目指す。白老町を含む地域医療の要としての役割を果たす考えだ。

 20日に登別市とJCHOが記者会見し、基本構想の概要を説明した。

 新病院の移転先は登別市登別東町3。病床数は現在の104床(急性期50床、回復期リハビリテーション54床)に対し、新病院では一般病棟55床(急性期40床、地域包括ケア15床)、回復期病棟55床の計110床とする。このうち地域包括ケア病床は、来年4月に現病院で10床分を先行導入する方向で検討している。

 診療科は整形外科、外科、内科、泌尿器科、麻酔科、リハビリテーション科の6科体制。救急医療をはじめ、訪問看護や訪問リハビリなど在宅医療を充実させるほか、通所リハビリ、疾患別リハビリ、在宅療養支援病院などの診療機能を持たせる。

 これらは地元関係者でつくる病院存続対策協議会が要望していた6項目をほぼ踏まえたもので、付属施設として訪問看護ステーション、居宅介護支援事業、地域包括支援センターの整備も盛り込んだ。

 JCHO側は新病院の経営について「建設コストの償還などを考慮すると、損益分岐点を超える経営収支が重要」とし、道内4カ所のJCHO系列病院との連携を通じ、継続的に医師を安定確保できる仕組みの構築などを目指す考え。来年5月の公告、同8月に入札し、「2020年4月の開設を目指す」としている。

 登別市は現在も多くの白老町民が受診していることを踏まえ、「地域医療を担う病院として白老町の個人医院との連携も進めたい。今後は連携を密に自治体間の情報共有を進めていきたい」との見解を示している。



http://mainichi.jp/articles/20161222/ddl/k21/040/129000c
坂下病院
入院機能、一部を移設 18年度まで市民病院に 中津川市方針 /岐阜

毎日新聞2016年12月22日 地方版 岐阜県

 累積赤字と医師不足に苦しむ中津川市運営の総合病院「国民健康保険坂下病院」について、青山節児市長は21日、2018年度までの間、入院機能の一部を市民病院に移す方針を明らかにした。今後の経営や医師確保の状況により見直しを行う。

 坂下病院は今年8月、1人だけだった常勤の外勤医が退職したことに伴い一般外科の診療を廃止したほか、慢性的な赤字に陥り、市などから10億円近い財政支援を受けている。市は病院閉鎖や、内科外来と透析部門を残して診療所(病床数19以下)にする案などを検討してきた。

 青山市長は、この日開催された市議会の病院・医療等対策特別委員会で坂下病院について(1)医師確保が可能な診療科は残す(2)入院機能として療養病棟は残し、急性期以後の回復期病床は市民病院に集約する(3)坂下老人保健施設を(坂下病院に)移設する--などの方針を説明した。

 一方、坂下病院の地元利用者らで作る「坂下病院を守る会」(石垣明会長)のメンバーや市民約70人がこの日、特別委が開かれた市健康福祉会館近くで「坂下病院診療所化反対」などと書かれたプラカードを手に、シュプレヒコールなどを上げた。特別委を傍聴した事務局代表の梶田邦子さん(72)は「診療所化しないという点は評価するが、現状は医師がいなくなっており、地元の開業医が応援している状態。医師確保の努力がされていない。このまま(坂下病院が)自然になくなっていくことを危惧する」と話した。【小林哲夫】



https://www.m3.com/news/general/488666
千葉大集団強姦事件、指導医も起訴 準強制わいせつ罪
2016年12月23日 (金)配信朝日新聞

 千葉大学医学部の男子学生3人が集団強姦(ごうかん)罪などで起訴された事件で、千葉地検は22日、学生を指導する立場だった医師の●●●容疑者(30)を準強制わいせつ罪で起訴し、発表した。地検は認否を明らかにしていない。

 発表などによると、●●●容疑者は9月20日、同大医学部5年の●●●(23)、●●●(23)両被告=いずれも集団強姦罪で起訴=と共謀し、千葉市内の飲食店で、酒に酔って抵抗できない状態の20代の女性の体を触るなどわいせつな行為をしたとされる。●●●、●●●両被告も準強制わいせつ容疑で書類送検されたが、地検は2人については不起訴処分(起訴猶予)とした。

 事件では、同大医学部5年生の●●●登被告(23)も準強姦罪で起訴された。

G3註:引用元は実名報道であるが、すべて3文字の伏字とした。



http://www.yomiuri.co.jp/local/shiga/news/20161222-OYTNT50157.html
野洲市新病院 設置可決
2016年12月23日 読売新聞

 ◇市議会、論戦決着 20年の開院目指す

 野洲市がJR野洲駅南口での開院を目指す新市立病院の設置条例案について、市議会は22日、賛成10、反対8で可決した。9日の総務常任委員会では賛成2、反対4で否決されていたが、本会議で実施設計などの前提となる条例案が可決されたことを受け、紆余うよ曲折があった病院計画は2020年10月の開院に向けて動き出す。

 本会議では、総務常任委員長の報告後、条例案に対する討論が行われた。

 反対の立場を取る市議は、計画を推進する山仲善彰市長が反対派の2候補を破って3選した10月の市長選は「僅差での勝利」とし、「野洲駅南口への設置や市直営の方針に対する懸念、危惧が示されており、計画の見直しを求める」などと主張。

 賛成市議は「市議会でも5年以上かけて審議し、検討から実施段階に入っている事業。今更やるやらないを議論していること自体、市民の声を聞いていない」と述べ、採決に臨んだ。

 この日は約80人が傍聴に訪れ、議場に入りきれない市民らは別室のモニター画面で審議の行方を見守った。

 山仲市長は採決後、記者会見を開き、「病院整備を望んでいる市民、医師会、医療関係者らに安心していただける結果となり、大変喜んでいる」と安堵あんどの表情を見せ、関連予算案などを来年2月の定例会に提案し、本格的に事業を進める考えを示した。

 病院計画の議案を巡っては、昨年の市議会で予算案が2度否決され、今年2月議会への3度目の提案で可決。今回の条例案が総務常任委員会で否決後、山仲市長は20日、議長らに対し、「適正な採決」を求める異例の要請を行っていた。



http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/report/t221/201612/549549.html
シリーズ◎どうなる新専門医制度
日本専門医機構「新整備指針」を社員総会で承認
地域医療への配慮から施設基準を緩和

2016/12/23 加納亜子=日経メディカル

 日本専門医機構は12月16日、同日に開催された社員総会において、新専門医制度の基本指針となる「専門医制度新整備指針」が大筋で了承されたことを発表した。新たな整備指針では、地域医療への配慮から施設基準を緩和した他、各学会と日本専門医機構の役割を明記し、研修プログラムの審査基準を変更した。

 機構は専門医制度整備指針(第1版)を2014年7月に公表し、基本領域の各学会はそれを基に専門研修プログラム整備基準を作成していた。しかし、制度開始延期の議論の中で、地域医療への影響を懸念する意見が強く示され、指導医を確保できない施設でも専門医研修に関われる可能性を明示するなどの見直しが求められていた。

 今回の改定は「地域医療への配慮」を重視したもの。主な変更点は以下の3つ。
(1)「大学病院以外の病院も基幹施設となれる基準とする」と明示。
(2)常勤の専門研修指導医が在籍しない施設でも、医療の質を落とさない研修環境を整えるなど、一定の条件を達成すれば基幹病院を中心とする研修施設群に加われることを記載。
(3)専門医機構が、各専門研修プログラムを承認する際には、医師の地域分布に配慮する目的で行政、医師会、大学、病院団体などからなる「各都道府県協議会」との事前協議を行うことを定めた。

 その他、専門研修プログラムの審査手順も大きく変更された。改定前は、専門研修プログラムの1次、2次審査を専門医機構が行うとしていたが、新整備指針では、1次審査を基本領域の学会が行い、2次審査を専門医機構が行う流れとした。以前は制度導入を専門医機構が主導する形で進めていたが、「基本領域学会の自主性を重視する方向で進めていきたい」(日本専門医機構理事長の吉村博邦氏)という考えからの変更だ。

 また、基本領域の専門医資格の位置付けも変更した。以前の整備指針では「いずれかの取得が求められる」としていた記載を「いずれかの基本領域学会の専門研修を受けることを基本とするが、法的に規制されるべきものではない」と変えた。

 サブスペシャルティ領域の専門性やダブルボードについては、専門医資格取得の仕組みをプログラム制に限らず、到達目標を定めて質を担保する研修カリキュラム制を認める方針も示している。なお、サブスペシャルティ領域については、基本領域の学会とサブスペシャルティ学会が協同して制度を設計し、運営するよう求めている。



http://www.hidakashimpo.co.jp/news/2016/12/post-6426.html
日高病院 5年ぶりに6階病棟再開
2016年12月23日 日高新報(和歌山)

 御坊市の国保日高総合病院は、看護師不足により平成24年から休床していた6階病棟を、26日から5年ぶりに再開する。改装工事が完了し、現在3階で行っている地域包括ケア病棟を6階に移動。空いた3階は年明けから改装工事を行い、夏には30床の「回復期リハ病棟」を新設する計画。日高看護専門学校の1期生が来春卒業し、看護師確保にめどが立ったことで、全階フル稼働を実現する。

 日高病院では全階で300床を稼働していたが、深刻化する看護師不足の影響で24年1月に6階56床の休床を余儀なくされた。以来、「再開」を合言葉に看護師の確保等に力を入れてきた中、3年前に日高看護学校が開校したことで見通しが明るくなった。来年3月には1期生が卒業となり、すでに日高病院勤務を希望している生徒が複数いることから、来年夏の新病棟開設が可能になった。

 6階に移動する地域包括ケア病棟は、入院患者が退院して在宅医療へ移行する前の段階と位置付けられている。6階はこれまで56床だったが、52床に改装。個室4、2人部屋3、5人部屋1、6人部屋6、風呂やトイレを完備した特別室も1室あり、全室とも木質調の床や家具を使っており温かみのある仕上がり。洗面台も自動で水が出るようにしており、患者に配慮している。今後は、引っ越し後に空きとなる3階の改装工事に取り掛かり、4月中には完成させる計画。看護師の確保と併せてリハビリ等の専門職も増やしており、8月ごろには回復期リハ病棟30床として新たに生まれ変わる。

 今回の再開は、単に以前の体制を再現しただけでなく、国の地域医療ビジョンの意向に沿った。地域医療ビジョンでは、迅速な治療が必要な「高度急性期病床」と「急性期病床」を減らし、リハビリや退院へ向けた準備となる地域包括ケアなどの「回復期病床」を増やすよう求めていることから、日高病院も「回復期病床」での病棟再開にした。平成26年時点で同病院は、許可病床数300床のすべてが急性期病床だったが、昨年6月に地域包括ケア52床を開設しており、来年夏の回復期リハ病床がオープンすれば回復期が合計82床になる。休床していたうちの27床を国に返還することにしており、急性期は183床、高度急性期8床と2年前に比べて大幅な「急性期病床減少」を実現する。小川周司事務長は「新しくなった6階は入院環境が非常によくなる。来年夏には回復期リハもスタートし、稼働病床が増えることで患者の利便性が向上し、病院としては増収につながると期待しています」と話している。



http://www.cabrain.net/news/article/newsId/50268.html
諮問会議で報酬改定議論「青天のへきれき」- 日医が緊急見解
2016年12月22日 20時00分 CB news

 日本医師会(日医)は22日、前日の経済財政諮問会議で民間議員から「薬価の議論と併せて診療報酬の改定についても諮問会議で議論すべき」との意見があったことについて、「まさに青天のへきれきで極めて遺憾」などとして、診療報酬改定の議論は中央社会保険医療協議会(中医協)ですべきだとする横倉義武会長名の緊急見解を公表した。【君塚靖】

 日医は見解の中で、「中医協は1961年の社会保険医療協議会法の一部改正以降、診療側委員と支払側委員とが、保険契約の両当事者として協議し、公益委員がこの両者を調整するという三者構成をとっている」とした上で、「極めて民主的な会議となっている」と強調している。

 さらに、諮問会議が診療報酬体系について踏み込んだ議論をすることは、法令上の観点からも大きな問題と指摘するだけでなく、「医療に対する経済の論理を強めてはならない。国民に必要な医療を提供するには、財政の立場のみで議論することは言語道断で、日本の医療を誤った方向へ導いてはならない」などとしている。



http://www.cabrain.net/news/article/newsId/50257.html
不正請求の診療報酬、返還額は2年連続減少- 指導・監査など昨年度確定分
2016年12月22日 14時00分 CB news

 厚生労働省は、医療機関と薬局が不正・不当に請求した診療報酬のうち、昨年度に返還が決まった額が計124億3737万円だったと発表した。返還額は2年連続で減少した。【新井哉】

 地方厚生局などは、医療機関や薬局が医療保険制度上のルールに従わない診療報酬請求はしないように指導を行い、不正が疑われる場合などには監査を実施している。不当な請求や不正な請求があった場合は、診療報酬の返還や、保険医療機関としての指定の取り消しといった措置が講じられる。

 厚労省によると、昨年度に確定した返還額は、指導によるものが45億1089万円(前年度比約3億7636万円増)、医療機関や薬局が届け出た人員の配置状況などが本当かどうかを確認する適時調査によるものが76億3351万円(同11億1824万円増)、監査によるものが2億9297万円(同23億8100万円減)だった。

 一方、保険医療機関などとしての指定が昨年度に取り消し処分になった件数(医療機関などが既に廃止していた場合を含む)は、医科の医療機関が10件(前年度比5件減)、歯科の医療機関が26件(同7件増)、薬局が1件(同6件減)だった。

 取り消し処分になった医療機関と薬局のうち、決定した返還額が最も高いのは、北海道の診療所の約2672万円。この診療所は、実際に行っていない保険診療を行ったものとして診療報酬を不正に請求するなどしていたという。
1222_20161223062527c69.jpg



http://www.minyu-net.com/news/news/FM20161222-136597.php
移転の医院と薬局、4月に診療・営業開始 広野の復興拠点再開発
2016年12月22日 11時22分 福島民友

 福島県広野町が復興拠点とするJR広野駅東側地区の再開発計画で、駅西側から東側地区に移転、新築を進めている馬場医院と広野薬局は来年4月に移転先で診療と営業を始める見通しとなった。

 移転後は土曜日の午前中も診療と営業を行うようになり、震災前の体制に戻る見込み。駅西側にある現在の建物については、訪問看護ステーションなどを置く方向で検討している。

 町内では、馬場医院と広野薬局に加え、高野病院と新妻歯科医院が診療を続けている。しかし、3千人を超える復興関連の作業員が滞在する中、医療需要が増しており、住民の帰還促進に向けては医療環境の一層の充実が求められている。

 いわき市の四倉中核工業団地仮設住宅で18日開かれた説明会には入居者約15人が参加した。遠藤智町長は「町民の安寧な生活を取り戻すため、引き続き全力で取り組む」と述べた。


  1. 2016/12/23(金) 06:34:38|
  2. 未分類
  3. | コメント:0
<<12月23日  | ホーム | 12月21日 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する