Doctor G 3 のメディカル・ポプリ

地域医療とプライマリケア、総合診療などに関係したネット上のニュースを記録。医学教育、研修、卒後キャリア、一般診療の話題、政策、そしてたまたまG3が関心を持ったものまで。ときどき海外のニュースも。

8月9日 

https://www.m3.com/news/iryoishin/441650
新専門医制、サブスペシャルティへの影響大 - 小室一成・日循代表理事に聞く◆Vol.3
循環器専門医、研修開始遅れなどで減少懸念

2016年8月9日 (火) 聞き手・まとめ:橋本佳子(m3.com編集長)、高橋直純(m3.com編集部)

――次に新専門医制度についてのお考えもお聞かせください。内科領域への影響は大きく、今までは認定内科医1年、その後にサブスペシャルティの研修に入る仕組みでしたが、今検討されている新専門医制度に移行すれば、内科専門医の研修は3年でサブスペシャルティの研修開始が遅くなります。基本診療領域とサブスペシャルティの専門医はどうあるべきだとお考えでしょうか。

 新専門医制度の開始は1年延期となりましたが、前のプログラムには、研修期間や経験すべき疾患の種類と数の多さなど、幾つか検討した方が良い点があったと思います。

 確かに内科全般の研修は重要ですが、3年間終わらないとサブスペシャルティに行けないのはどうでしょうか。最近、卒前の医学教育も臨床実習参加型になっています。初期臨床研修2年の後に、さらに3年間内科全般の研修をするのはやはり長いのではないかと思います。またその間、研修病院を移らないといけないことも研修の効率や給与の面など、考慮すべき点があります。いろいろな疾患を経験するのは重要ですが、日本専門医機構が専門研修モデルプログラムとして出しているのを見ると、それほど患者数の多くない疾患が含まれています。これらの疾患を経験するには、大病院に在籍しないと難しく、「専攻医の大病院集中」が起きるでしょうし、「患者さんの取り合い」が生じるかもしれません。

 さらに、今までは卒後3~5年目の医師であっても、見習いながらも臨床の一線で勤務していたわけですが、それができなくなるので、小規模な病院などは医師が非常に不足してしまう可能性があります。


小室一成氏は、新専門医制度が、サブスペシャルティにも影響してくる、と見る。

――新専門医制度の開始から3年間は、サブスペシャルティの研修を始める医師が激減してしまう。

 はい。その上、専門医取得までの期間が延びると、内科のサブスペシャルティに進む医師が減ってしまう可能性もあります。

――従来の制度で、認定内科医を1年で取得し、サブスペシャルティに進んだ場合、やはり内科全般を診る診療能力は不足していたとお考えでしょうか。

 初期研修で内科を回る期間にもよるとも思います。ただ皆が同じように、若くて一番、体力も吸収力もある時期に、3年間内科全般を研修するのはどうでしょうか。もう少し柔軟に、個々のニーズに応じた選択肢があるとよいでしょう。最初から内科の患者さんをジェネラルに診たいという人は、内科を3年間研修してもいい。そうではなく、循環器をやりたい、さらにはカテーテル治療など専門的な技術を身に付けたい、または大学院に入り研究もしてみたいというのであれば、少しは早くサブスペシャルティに入れる道も作るとよいのではないでしょうか。超高齢社会となり、一人の患者さんが多くの疾患を持っています。したがって、サブスペシャルティに進んだ後でも、他の疾患を診る機会は多く、内科医としての経験を積むことは可能です。そこが手術を中心とした外科とは異なるところだと思います。

――内科専門医の3年間のプログラムの中に、循環器研修を組み込むような方法もあり得ますか。

 そう思います。内科専門医の取得時期は同じであっても、ジェネラルな内科を3年間やる人もいれば、1年ほど早くから循環器の研修に入る人もいる。そんなプログラムがあってもいいと思います。

――新専門医制度では、いまだサブスペシャルティの部分は固まっていませんが、その辺りは交渉していく。

 はい。ある程度、柔軟な体制の方がいい。その方が、若い医師も伸び伸びと意欲的な研修ができるでしょうし、地域の医療崩壊、小規模の病院の医師不足なども解消されるのではないかと思います。

――先ほど、新規入会の若手医師が頭打ちとお聞きしました。最後に循環器疾患の魅力を先生ご自身がどう捉えておられるか、改めてお聞かせください。

 循環器領域の技術の進歩は、診断、治療ともに日進月歩であり、毎年新しいデバイスや新薬が誕生しています。適切な治療をしないと命を落とすような患者さんでも、適切に診断し、治療をすると、元気になって、歩いて退院できることも多い。循環器は、本当に医師の技術が問われる領域です。また患者さんの数が多く、疾患もバラエティに富んでいる。その意味でも臨床的に非常にやりがいがある分野です。

 研究の面では、まだまだ病態解明が進んでいません。残念なことに循環器の研究を行う基礎研究者が減っています。従って我々循環器内科医が、それこそカテーテルもやりながらも、試験管をふって研究するしかないのです。大変と言えば大変ですが、それを逆にやりがいと思ってやってもらえたらと思います。患者数は、消化器と並んで最も多い。急性心筋梗塞や心不全、不整脈など、救急医療の対象となる疾患も多く、とても忙しい領域ですが、それをやりがいと感じてもらえたらと思っています。

【お知らせ】

 本件インタビューにつき、2016年7月25日に、小室氏、および日本循環器学会顧問の石上晴康弁護士から「小室氏はVARTやノバルティス社、さらには白橋氏などの件に関するVol.4-6の内容を、Vol.1-3と同様に公開することをいったんは承諾しました。しかしながら、小室氏は日本循環器学会代表理事であり、その要職にある者が現在進行中の刑事事件(ノバルティス事件)に関するコメントを述べること自体が不適切と思われますので、Vol.4-6の掲載中止をお願いしたい」という旨の文書を受け取りました。

 m3.com編集部としては、現在進行中のKHS (Kyoto Heart Study)を巡る裁判に対して、VART問題に関する小室氏の発言が影響を与えるか否かは判断しかねますが、刑事事件の一審判決後に残るVol.4-6を掲載することを前提に、小室氏側の意向に沿った対応をすることにいたしました。

 引き続き、本件について正確な情報提供に取り組んでいく所存です。



https://www.m3.com/news/iryoishin/434054
シリーズ: どうなる?「日本の未来の医療」
専門医で「診療報酬に差」、勤務医の約半数が支持◆Vol.8
開業医は反対意見が多数派、「責任も相応に」「判断基準に困る」

2016年8月9日 (火) 成相通子(m3.com編集部)

 日本外科学会がこの4月に実施した若手を対象にしたアンケートでは、外科専門医資格を取得しても給料や地位が変 わらず、メリットが実感できないという厳しい意見が多く挙がった。同時に、7割は「昇給や昇格などのインセンティブを付けるべきだ」と考え、6割強は、地位や待遇が上がることが保証される制度になるならば、「取得の条件が現状より厳しくなっても良い」との意見に賛同していた(『外科専門医、取得しても意味ない?高い?』を参照)。

 m3.com会員の医師はどう考えるのか。医師509人(勤務医253人、開業医256人)に尋ねた(調査の詳細は『高齢者の保険診療に制限、過半数の医師が支持◆Vol.1』を参照)。

Q. 専門医の認定要件を厳しくする代わりに、診療報酬上のインセンティブを付けるべきという議論があります。現在、日本の医療制度では同じ診療行為に対して、医師の経験年数などによる診療報酬の差はありません。専門医などの医師の資格や経験年数などによって、診療報酬などに差を付けるべきだと考えですか?
08091_201608100547586e6.jpg

 勤務医の47.3%は、専門医資格の有無で「診療報酬に差を付けるべき」と回答。専門医資格以外の経験年齢や医師のスキルなどで差を付けるべきとしたのが22.7%だった。反対に、開業医は47.4%が「診療報酬に差を付けるべきではない」と回答。専門医資格の有無で差を付けるべき、としたのは30.0%にとどまった。全体では、専門医資格の有無もしくは、他のスキルなどで、診療報酬に差を付けるべきとの考え方が勤務医、開業医のいずれも過半数を超えた。差を付ける方法については、経験年齢や医師のスキルのほか、さまざまな意見があるが、専門医資格の有無がある程度の目安になると考えている人が多いようだ。

 「その他」で寄せられた意見は下記の通り。

・多くを知っている医師ほど、いろいろな気付きがあるので、診療に時間がかかります。人数が診られないので、報酬はかえって少なくなる可能性あります。専門医も名ばかりの人が多く、どれだけ患者が健康を回復しているかなど、関心のない医師もいます。専門医と言っても、診療内容は個人差があるので、簡単に考えては行けないと思う。専門医であっても、他科のことを8割程度は知らないと医師として使い物にならない。【60代以上勤務医】
・専門医なんて名目だけで何の役にも立っていない。臨床を30年もやっていない大学教授に注射してもらうか?【60代以上開業医】
・保険上は差を付けるべきではない。【60代以上開業医】 
・差を付けるべきだが、判断基準に困る。【60代以上開業医】
・専門性ばかりを重視するのは考えもの。【50代開業医】
・個人の資格と病院の規模を併用で。【50代勤務医】
・専門医資格及び経験年数の両方。【50代勤務医】
・専門医であれば報酬増で良いと思うが責任も相応に重くすべきと思う。【50代勤務医】



http://www.cabrain.net/news/article/newsId/49367.html
新専門医制度に向け学会との役割を明確化- 機構が基本的な方針公開
2016年08月09日 18時00分 キャリアブレイン

 日本専門医機構(機構、吉村博邦理事長)は9日、新しい専門医制度の開始に向けた基本的な方針をホームページで公開した。学会との役割分担の明確化を図るほか、医師の地域偏在の対策について、学会に意見を求めながらさらに検討するといった方向性を示している。また、総合診療専門医を目指す若手医師に向け、来年度から日本プライマリ・ケア連合学会の研修を受講するよう勧めるメッセージも出した。【佐藤貴彦】

 機構は、新しい専門医制度で学会に代わって専門医の認定などを行う第三者機関として設立された。新制度による専門医の養成を来年度から始めるために準備を進めてきたが、地域偏在を悪化させるといった懸念が医療界から表明されたことを受けて先月、開始時期の1年間延期を決めた。

 機構は「緊急のお知らせ」として、今後に向けた方針をホームページで発表した。この中で、学会が学術的な観点から研修プログラムを作成する一方で、機構は専門医制度の標準化や、専門医資格の認証などを担うといった役割分担をはっきりさせる方向性を示した。また、「機構で全てを決定し学会はそれに従う」といった関係でないことも明確にするとした。

 さらに、新制度が医師の地域偏在を悪化させるといった懸念を払しょくするため、専門医の養成に伴う偏在の対策について学会に意見を求めたり、さらなる具体策を検討したりする考えも示した。

 また、総合診療専門医を目指す若手医師に向け、日本プライマリ・ケア連合学会の家庭医療専門医になるための研修を受けるよう勧めるメッセージも公開した。その上で、来年度から研修を受ける予定の医師が将来、研修のやり直しを迫られるといった制度上の不利益を被らないように、何らかの措置を検討する方針を強調した。



https://www.m3.com/news/general/448782
【神奈川】ドクターヘリが着陸に失敗 患者は救急車で搬送
2016年8月9日 (火) 神奈川新聞

 8日午後2時5分ごろ、秦野市平沢のコベルコマテリアル銅管秦野工場グラウンドで、東海大医学部付属病院(伊勢原市)のドクターヘリが着陸に失敗、機体後部が破断するなど激しく損傷した。操縦士や医師、看護師ら5人が搭乗していたが、けがはなかった。秦野署などが原因を調べている。

 同署や秦野市消防本部によると、交通事故の負傷者1人を搬送するため、同病院から飛来。現場の約5メートル上空でホバリングしていたところ、何らかの不具合で機体のコントロールを失ったという。負傷者の男性は救急車で同病院に搬送されたが、間もなく死亡した。

 県によると、県内で運用しているドクターヘリは同病院が実施主体となっているこの1機のみ。川崎重工製のBK117型機で朝日航洋(東京都)の所有。昨年度の出動は281件で、広域連携している山梨、静岡両県への出動も13件あった。事故があったグラウンドは搬送時に救急車から移し替える離着陸場に指定されていた。

 今回の事故を受け、県は「しばらくは使用できなくなるので、別のヘリの確保や山梨、静岡両県からの応援も含めた代替措置を早急に検討する」としている。

 現場は、小田急線渋沢駅から東北約1キロの工場が立ち並ぶ区域。近くに住む男性(73)は「散歩していたら、ドーンという大きな音がした」と驚いた様子だった。



https://www.m3.com/news/general/448769
《再生への課題 群大病院報告書》組織改革 診療科超え情報共有
2016年8月9日 (火) 上毛新聞

 「がんの転移はない?」「あの検査をしてみたら」。手術を控えた患者の情報を映し出すモニターが設置された群馬大医学部附属病院(前橋市)の一室。検査結果や手術の方法を説明した担当医に対して声が上がった。

■全死亡例を検証

 旧第1、第2外科を統合して昨年4月に発足した外科診療センターが週1回開いている合同カンファレンスは、多い時は医師や看護師ら約70人が顔をそろえる。センター全体の情報共有の場になっている。

 外部有識者でつくる医療事故調査委員会の報告書は、同じ分野の診療を手掛ける二つの外科が、競い合って協力し合うことがなかったと指摘した。こうした組織の在り方を根本から改善しようと、同センターは横断的な組織づくりに取り組んでいる。

 センター長の桑野博行教授は「情報を共有し、診療科を超えて協力し合う。それが統合した意味。もっと積極的に意見を言える環境をつくりたい」と話す。来春には大学院に残る二つの外科学講座も統合する予定だ。

 また、一連の問題を早期に把握できなかった反省から、院内のすべての死亡例を検証する体制を整え、「手術時間が予定の1.5倍以上に延びた」など、病院に報告する基準も明確にした。これからも事故調や、病院運営の在り方を検証した病院改革委員会の提言を受け止め、改革を進めることになる。

■人手不足続く

 ただ、現場は慢性的な人手不足が続いており、いかに効率よく改革するかも求められる。改革委の木村孟委員長は2日の会見で「国立大は法人化してから財政的に非常に大変。人を増やしたくてもできない。その中で最適解を探すしかない」と述べ、最終提言でも現場に過度の負担を強いることのないよう忠告した。

 改革委の委員で、リスク管理に詳しい早稲田大理工学術院の小松原明哲教授は「『患者本位の医療』の真の意味を病院や医学部の関係者が共有し、病院が『個人』から『組織』に脱皮することが重要だ」と指摘する。

 「顧客意識を持つこと。個人を尊重し信頼しつつ、個人任せにしないこと。これは時代の流れで、どこの組織も同じ。群馬大は世の中の動きから取り残されていたと言える」



https://www.m3.com/news/general/448705
「自前救急車の搬送誤り」 遺族、新日鉄住金を提訴へ
2016年8月9日 (火) 共同通信社

 新日鉄住金大分製鉄所(大分市)で今年1月、作業員が転落し病院で死亡が確認された事故があり、119番をせずに同社配備の救急車で病院に運んだのは誤りだったとして遺族が同社などに損害賠償を求め大分地裁に提訴することが8日、分かった。遺族側は「消防機関にいる救急救命士が乗っていれば、一命を取り留めたかもしれない」と訴えている。

 大分県などによると、消防機関のほか、事業所でも緊急走行ができる車を配備することができるが、救急救命士の乗車は義務付けられていない。

 訴状などによると、1月9日午前10時5分ごろに、塗装工事の足場を組む作業をしていた建設会社の男性作業員(43)が高さ約10メートルから転落。連絡を受けた大分製鉄所は同20分ごろに同社の救急車に男性を乗せ、約20分後に大分市内の病院に運んだが、呼吸は停止し瞳孔も拡大。病院の救急救命スタッフが心臓マッサージをしたが、同45分に死亡が確認された。死因は外傷性脳挫傷だった。

 遺族側は、大分製鉄所が、事故の発生を確認したら救急車が待機している正門に連絡するルールを請負業者に順守させていたと指摘している。

 大分製鉄所での負傷者を診察したことのある医療関係者は「心肺停止の場合は、救急救命士でないと気管挿管や薬剤投与などができない。すぐに119番すべきだったと思う」と話す。

 大分製鉄所は「訴状を見ていないのでコメントは差し控える」としている。



http://news.ibc.co.jp/item_27827.html
被災地の中高生が医療現場で職場体験
(2016年08月09日 17:55 更新) 岩手放送

 将来の夢を、ひと足早く体験です。医師や看護師など、医療の現場で働くことを目指す沿岸被災地の中高生が盛岡の病院で職場体験を行いました。
 職場体験が行われたのは盛岡赤十字病院です。震災後、沿岸の被災地では医療系の職場体験の場があまりないため被災地の中高生に医療現場の仕事へ理解を深めてもらおうと3年前から実施しています。9日は夏休みを利用して宮古や大船渡、陸前高田などの中高校生合わせて90人が参加しました。生徒たちは医師や看護師のほか、薬剤師や放射線技師など希望する7つの分野に分かれてそれぞれ職場体験です。このうち、医師をめざす生徒たちがやってきたのは実際に使われている手術室。青い手術着に身を包み、手袋とマスクをした生徒たちは緊張した面持ちで模擬手術に臨みます。鶏肉を人の体に見立て、電気メスを手に執刀体験をしたり針と糸を使って傷口を縫い合わせたりしました。また、看護師をめざす生徒は誕生したばかりの赤ちゃんを胸に抱き、命の尊さを感じていました。
 「重くはないけどとてもかわいくてあったかくて、命の大切さを感じます。私も看護師になって子どもと触れ合っていく機会を楽しみたいです」(宮古商業高校 堀内綾乃さん)
 医療現場の最前線を経験した生徒たちは、将来、故郷で活躍する医療人を目指し、夢をさらに膨らませていました。



http://www.yomiuri.co.jp/local/tokyotama/news/20160809-OYTNT50248.html
医療現場、子供ら体験 町田市民病院で好評
2016年08月10日 読売新聞

 町田市民病院(町田市旭町)が、小学4~6年生を対象に行っている体験型の「夏休み子ども病院見学会」(無料)が好評だ。医療現場に関心を持ってもらおうと2012年に初めて実施され、今月20日の開催で4回目を迎える。

 ドクターの指導の下、手術室で超音波メスと電気メスの両方を使って鶏肉を切り比べて縫合したり、薬剤師の手ほどきでお菓子を使って調剤したり、ふだんはなかなかできない実習で医療の最前線を実感できる。

 今年も、昨年に倍増させた40人の定員があっという間に埋まり、応募した85人の中から抽選で参加者が選ばれた。

 見学会には未来の医療従事者を育てる意味もあり、病院を挙げて実施されてきた。

 今年は4班に分かれて行われる。メインとなる手術室では、外科医や看護師が、約10人がかりで手術の手順や機器を説明。全員が、本番と同じ手術衣と帽子、マスク、手袋を身に着け、手術時特有の手の洗い方から、メスの使い方、機械による縫合などを教わる。

 このほか、放射線技師がMRI(磁気共鳴画像装置)を作動させながら説明したり、実際に子供たちが人形を使ってAED(自動体外式除細動器)を操作したりする。栄養科では、病院食の話を聞き、管理栄養士が手作りしたお菓子も振る舞われるという。一連の見学は午前8時半に始まり、4時間に及ぶ。

 同病院の敦賀英一・医事課長は「子供たちに医療現場を見てほしいというのは、スタッフ全員の願いでもある。病院側の負担はあるが、これからも、できる限り続けたい」と話している。



https://www.m3.com/news/general/448778
【兵庫】地域医療の課題と強み探る 医学生が10日報告会
2016年8月9日 (火) 神戸新聞

 但馬の医療の強みや課題を知ろうと、神戸大や岡山大の医学部生ら9人が8日、兵庫県養父市を訪れ、医療関係者や住民に聞き取り調査をした。将来但馬などで働く予定の医学生らでつくる「但馬ゆかりの医療系学生の集い」が企画。10日まで同市に滞在し、地域の健康づくりの課題を探り、対策も提案する。

 県の奨学制度を利用し、卒業後の一定期間、医師不足の地域で勤務する医学生や、理学療法士、薬学部生ら。昨年は豊岡市で同様の取り組みをした。

 この日はまず疾患ごとの死亡者数や高齢者の独居率などの統計データを把握。その後、班ごとに医療機関や福祉施設などを回った。

 養父市大屋町加保の大屋診療所では、学生3人が加藤健医師(37)と意見交換した。加藤医師は訪問診療など地域ならではの働き方を説明し、「患者だけでなく家族を含めた生活全般に目を向けている」と説明。さらに「今のうちに視野を広げておいて」と助言した。

 参加者は10日午後1時、同市八鹿町八鹿の「八鹿ふれあい倶楽部(くらぶ)」で住民向けの報告会を予定している。「―集い」の発起人で自治医科大(栃木県)医学部5年の守本陽一さん(23)=養父市出身=は「地域の健康課題を医療関係者や住民が再発見できるようにしたい」と話している。(那谷享平)



http://www.medwatch.jp/?p=10000
我が国の保健医療支出は米国、スイスに次ぐ第3位、「日本は低医療費」に疑問符―医療経済研究機構
2016年8月9日|医療・介護行政をウォッチ

 各国の保健医療支出を比較するに当たり、OECD(経済協力開発機構)は訪問介護や特別養護老人ホームなどの費用を含めるとする「新基準」(SHA2011:A System of Health Accounts)を定めました。

 これに基づくと、2014年度における日本の保健医療支出は55兆3511億円で、対GDP比は11.4%。これは、米国、スイスに次ぐ第3位となることが、医療経済研究機構の調べで明らかになりました。

 これまで我が国は「低費用で高い質の保健医療サービスを受けている」とされてきましたが、この認識を改める必要もありそうです(関連記事はこちら)。

OECDの保健医療支出の新基準では、多くの「介護費用」も含めることに

 OECDは、これまで各国の保健医療支出をSHA1.0という基準(旧基準)で比較してきました。この基準には、我が国の介護サービスのうち訪問看護や介護療養型医療施設などの費用は含まれていましたが、訪問介護や特養ホーム、多くの地域密着型サービスの費用などは除外されていました。

 この点、新基準であるSHA2011では、これまで除外されていた介護サービス費も保健医療支出に含むことになりました。医療経済研究機構は、新基準では長期医療(保健)サービスに「医療の有資格者が提供するサービス」(これまで含まれていた訪問看護や介護療養病床など)に加えて、「ADLに関するサービス」が含まれることになった、と説明しています。

OECDの保健医療支出比較の新基準(SHA2011)では、多くの公的介護保険サービスの費用(ブルーの部分)が含まれることになった
08092_201608100548029bd.jpg


 旧基準によると、2014年度の保健医療支出は49兆2059億円と推計され、対GDP比で10.1%となっています。OECD加盟35か国中10位(米国、オランダ、スイス、スウェーデン、ドイツ、フランス、デンマーク、ベルギー、カナダに次ぐ)となります(諸外国は2012または13年度)。

OECDの旧基準によると、日本の保健医療支出は35か国中10位(2014年度)で、先進諸国と比べて低い水準と言える
08093_20160810054803233.jpg

 また1人当たり保健医療支出は、同じく旧基準によると38万6542円で、35か国中14位(米国、スイス、ノルウェー、オランダ、ドイツ、スウェーデン、アイルランド、オーストリア、デンマーク、ベルギー、カナダ、ルクセンブルグ、フラス、オーストラリアに次ぐ)となっています。

旧基準で1人当たりの保健医療支出を見ると、日本は35か国中14位で、やはり先進諸国と比べて低い水準と言える
08094_20160810054817649.jpg

 これらは先進諸国に比べて低い水準となっており、「我が国は低い費用で、質の高い保健医療サービス提供を実現している」とされてきました。

 

 しかし、公的介護保険給付の多くを加えた新基準によると、2014年度の保健医療支出は55兆3511億円と推計され、対GDP比で11.4%となります。これは、米国、スイスに次ぐ第3位の数字なのです。(ただし1人当たりで見ると43万4816億円で、35か国中15位)

介護費用を含めた新基準で保健医療支出を見ると、我が国は米国、スイスに次ぐ第3位、多くの先進諸国よりも保健医療サービスに高い費用がかかっているといえる
08095.jpg

1人当たりの保健医療支出については、新基準でみても35か国中第15位となっている
08096.jpg

 このため、我が国の「低費用で高品質の保健医療サービス提供を実現する」という認識を改めなければならない可能性もあります(関連記事はこちらとこちら)。もっとも医療経済研究機構では、「SHA2011の新基準に対し、諸外国がどのような対応をとったのかは明確になっていない」と慎重な姿勢をとっています。諸外国でも介護サービス費用の計上がなされていない可能性もあり、今後のOECDデータに注目する必要があります。



http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201608/20160809_13031.html
パワハラを主張 看護師2人提訴
2016年08月09日火曜日 河北新報

 公益財団法人仙台市救急医療事業団(仙台市若林区)事務局の男性幹部2人からパワハラを受けたとして、同事業団で勤務する仙台市の40代の女性看護師2人が8日、男性幹部2人に計約680万円の損害賠償を求める訴えを仙台地裁に起こした。
 訴えによると、2人は非常勤嘱託職員。1年間の雇用契約を毎年更新しており、今年3月、本年度の勤務時間を「週20時間未満」とする雇用契約書を事業団から示された。2人が昨年度と同じ「週29時間」に戻すよう申し出たところ、男性幹部2人は面談で解雇をほのめかし、反省や謝罪を強要した、としている。
 看護師側は「面談で人格を否定され、不眠症になったり、精神安定剤の処方を受けざるを得なくなったりした」と主張する。
 事業団事務局は「基本的にパワハラに当たる事実はないと考えている」と話した。



https://www.m3.com/news/iryoishin/448824
シリーズ: 始動する“医療事故調”
“事故調”、5件のセンター調査依頼、累計9件
2016年7月実績、6月に続き医療機関からも

2016年8月9日 (火) 橋本佳子(m3.com編集長)

 日本医療安全調査機構は8月9日、医療事故調査制度の7月1カ月間の実績を公表、医療事故調査・支援センターへの事故調査依頼は、医療機関からが2件、遺族からは3件、合計5件に上ることが分かった(資料は、同機構のホームページ)。2015年10月の制度開始から10カ月間の累計は9件、医療機関の依頼は6月の1件に続き2カ月連続(『“事故調”、医療機関から初のセンター調査依頼』を参照)。

 院内調査を終え、センターに調査結果が報告されたのは20件で、過去10カ月間で最も多い。制度開始からの経過とともに、調査を終了する医療機関が増える一方、その結果に納得できないなどの理由から、センター調査を依頼するケースも増加基調にあることがうかがえる。

 6月の医療事故報告の受付件数は32件で、2015年10月からの10カ月間の累計は317件。ここ数カ月はほぼ30件で推移。相談件数は139件で、累計は1520件。

 10カ月間の累計で見ると、病院・診療所別、診療科別、地域別の傾向は従来通り。317件の内訳は、病院293件、診療所24件。診療科別では、最も多いのが外科53件、内科46件が続き、以下、整形外科30件、消化器科26件、循環器内科21件、産婦人科19件など。

 地域別では、多い順に、関東信越132件、九州46件、近畿50件、東海北陸38件、中国四国23件、北海道15件、東北13件。


  1. 2016/08/10(水) 05:52:07|
  2. 未分類
  3. | コメント:0
<<8月10日  | ホーム | 8月8日 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する