Doctor G 3 のメディカル・ポプリ

地域医療とプライマリケア、総合診療などに関係したネット上のニュースを記録。医学教育、研修、卒後キャリア、一般診療の話題、政策、そしてたまたまG3が関心を持ったものまで。ときどき海外のニュースも。

5月13日 熊本震災関連 

http://mainichi.jp/articles/20160513/ddl/k43/040/344000c
熊本地震
被災地で肺炎患者2倍 避難疲労から免疫低下、細菌感染 口腔ケア呼びかけ /熊本

毎日新聞2016年5月13日 地方版

 熊本地震の被災地で肺炎患者が増えている。震度7の揺れに2度襲われた益城町と隣接する熊本市東区の熊本赤十字病院によると、1〜7日の肺炎の入院患者は26人となり、前年同期に比べて約1・9倍に増加。このうち約25%が避難所や車中泊を強いられたと同院はみている。死亡者はいないが、過去の災害でも避難生活の疲労による免疫低下と歯磨き不足から細菌による感染が広がっており、同病院は口腔(こうくう)ケアを呼びかけている。【柿崎誠】

 「やはり震災2週間後に増えてきた」。帖佐(ちょうさ)俊行医師(総合内科)は8日、避難所から救急搬送された80代女性の治療にあたった。女性は地震後、余震を恐れて避難所に身を寄せ、夜は車中泊。歯磨きは減り、「夜はゆっくり眠れなかった」と疲れで免疫が低下したことが肺炎につながったと帖佐医師はみる。

 同院によると、4月17日〜5月7日の肺炎の入院患者は35・8%増の72人だった。多くは65歳以上の高齢者で、口の中の細菌が唾液などと一緒に気管や肺に入る「誤嚥(ごえん)性肺炎」を引き起こすケースが目立った。帖佐医師によると、水や食事でむせたり、微熱が続いたりするのが肺炎の前兆という。予防法は歯磨きだが、歯ブラシがなければ食後の水やお茶のうがい、ハンカチやガーゼを指に巻いて歯の汚れを取るのも効果があるという。

 避難所で口腔ケアや唾液の分泌を促す体操を指導してきた九州看護福祉大(玉名市)の淀川尚子准教授は「避難所では口が乾燥しがち。あご下にあるツボを両手の親指で押すと自浄作用のある唾液が出やすくなって肺炎やインフルエンザの予防にもなる」と話す。

 阪神大震災では地震後に肺炎で亡くなる事例が相次いだ。阪神では震災関連死の922人のうち、24・2%にあたる223人が肺炎で亡くなった。東日本大震災でも、被災した福島県相馬、南相馬の両市で、震災後1カ月で75歳以上の高齢者の死亡率が震災前の同期比約1・5倍に増えたという研究成果を相馬中央病院(相馬市)の森田知宏医師(内科)のチームがまとめた。死因は肺炎が最も多く、男女とも約3割を占めた。森田医師は「口の中の衛生状態を清潔に保てなかったことが要因の一つ。熊本地震の被災地でも同様の傾向が考えられるので注意してほしい」と指摘する。



https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20160513-OYTET50019/
ニュース・解説
熊本地震避難所、感染症疑い100人超す…ノロウイルスやインフルなど

2016年5月13日 読売新聞

 熊本地震を受けて開設された熊本県内の避難所で、ノロウイルスなどによる感染症の疑いのあった人が累計で100人を超えたことが、県と熊本市への取材でわかった。


 食中毒などが広がりやすい梅雨期が近づく中、熊本市では「拠点避難所」22か所への避難者の移動を本格化させており、専門家は「再び共同生活の規模が大きくなり、集団感染のリスクは高まっている」と警戒を強めている。

 県や同市などによると、12日現在、ノロウイルスなどによる感染性胃腸炎が疑い例を含めて計65人、インフルエンザは計48人で累計は113人に上る。入院したケースもあったが、全員が回復したとみられる。

 特に感染性胃腸炎は、避難所となっていた南阿蘇村の南阿蘇中で「本震」の1週間後に集団発生。4月23日に20人以上が下痢や 嘔吐おうと などを訴え、10人以上が救急搬送された。さらに同25日までに同中などで19人が症状を訴えた。

 発症者が出た避難所では、様々な対策が取られている。南阿蘇中では、医師らが避難者に手洗いを指導し、ウイルスが屋内に広がらないよう、土足禁止のエリアを広げた。熊本市は、市保健所が専門チームを派遣。発症者を別の部屋へ移動させ、症状が治まっても2日間は、一般避難者のスペースとは違う部屋へ移し、トイレも使い分けるよう指導している。

 県内の避難者は、約18万人が855か所に避難した4月17日をピークに減少。熊本市は今月8日から、避難者の生活改善のため拠点避難所への移動を促している。ただ、拠点避難所でも布団を敷いたままだったり、トイレの清掃が不十分だったりするケースがあるという。市保健所は、衛生面の管理を徹底したい考えだ。

 避難所のある自治体を管轄する各保健所では、梅雨時や夏場に向け、蚊が媒介するデング熱や、食べ物に付着した細菌などが原因となる食中毒に対しても注意を促している。そんな中、熊本市では6日、避難所で提供された食事が原因で集団食中毒が発生し計34人に症状が出た。同市保健所は「食事はすぐ食べ、残した場合も保存せずに捨ててほしい」と呼びかけている。

          ◇

梅雨控え食中毒も警戒

 避難所では、気温が上昇する中、食中毒への対策が急務となっている。衛生状態も悪化し、感染症のリスクも高まっており、熊本県は注意を呼び掛けている。

 県健康危機管理課は「冷蔵庫がない場合は最低限、直射日光を避けて調理後はすぐに食べてほしい」と指摘。食料を提供するボランティアらにも ▽おにぎりを握る時はラップを使う ▽調理品はしっかり加熱 ▽手が荒れている場合は食材に直接触らない――などの対策を呼びかけている。

 感染症については「丁寧な手洗いが最も大切」と強調。「アルコール消毒でも代わりになる。また、せきなどが出ている人は、周囲に広げないためにもマスクの着用を徹底してほしい」としている。



https://kumanichi.com/news/local/main/20160513014.xhtml
熊本市民病院、移転新築へ 18年度完成めざす
2016年05月13日 熊本日日新聞

 熊本市の大西一史市長は13日、熊本地震で被害を受けた市民病院(東区湖東)について、東区東町4丁目の国有地に移転新築する方針を明らかにした。2018年度中の完成を目指す。

 市民病院は地震後、重症の妊婦や新生児に対応する総合周産期母子医療センターの機能を停止。一部の診療しか再開できていない。市は短期間での再建に向け移転に踏み切る。

 大西市長は「全国の母子を受け入れる市民病院の存在意義を再認識した。子供たちと市民の命を守るため1日も早い再建が必要。復興のシンボルの一つにしたい」と話した。

 移転先に検討しているのは、陸上自衛隊健軍駐屯地南側の国家公務員宿舎「東町北住宅」の敷地(3万5千平方メートル)。団地12棟のうち東側の9棟は利用されておらず、財務省が処分を検討している。

 市は災害時に強い病院を目指し、敷地約2万平方メートルを確保したい考え。移転先選定の理由として(1)災害時に協力できる自衛隊に近く、現在地(約1万4千平方メートル)より広い(2)空港やインターチェンジにも近い-を挙げた。今後、財務省と具体的に協議を始める。

 市は診療科目や病床数などを検討。今月下旬に有識者懇談会を発足させ、意見を聞いて移転計画をまとめる。大西市長は「市だけでの再建は困難。国に財政支援を求める」としている。

 現在の市民病院は3棟で、34診療科目、556床。建物の耐震強度などが課題となり、現在地に建て替える計画だったが、事業費が膨らみ、昨年12月に計画見直しを始めていた。熊本地震では入院患者310人が転院や退院を余儀なくされた。(高橋俊啓)



https://www.m3.com/news/iryoishin/423965
シリーズ: The Voice(医療)
震災と感染予防。キャッチアップ・スケジュールの制度化を望む

岩田健太郎(神戸大学大学院医学研究科・微生物感染症学講座感染治療学分野教授)
2016年5月13日 (金) m3.com

 熊本地震からの復興が進んでいる。学校も再開し、避難所も再構成されつつあるようだ。しかしながら、現在も多くの方は避難所に避難しており、また車内で夜を過ごしている。当初から懸念されていた感染症と血栓症のリスクはいまだに存在する。

 インフルエンザやノロの場合、感染経路の遮断は比較的容易である。感染経路を遮断すれば感染は広がらない。もっとも、過密な環境下であれば両者を防ぐのは極めて困難であり、避難所の人ー人間のスペース確保が大事である点はすでに述べた。

 さて、人-人間のスペースを確保しても感染の広がりを防げない感染症もある。その一つが水痘(みずぼうそう)だ。

 水痘患者が発生した場合、患者は速やかに隔離されねばならない。しかし関連率はとても高く、皮疹が発生する前に他者への感染性は生じている。(一部の例外を除き)、水痘は一回罹患してしまえばなんどもかかる病気ではない。だからすでに水痘罹患率がある方は心配ない。水痘ワクチンも有効なので、ワクチン接種歴があっても(1回でも2回でも)たいていは大丈夫だ。

 しかし、日本では水痘ワクチンが定期接種化されたのはつい最近(2014年10月)のことである。多くの人には免疫がない。小児に多い病気だが、成人でも免疫がなければ発症するし、その場合は肺炎などを合併し重症化することが多い。

 水痘患者が発生したとき、周辺の人達で、かつ免疫のない人(かつ免疫抑制のない人)には曝露後予防接種という方法で水痘罹患を防ぐ方法がある。受動免疫といって免疫グロブリン(VZIG)を投与する方法もあるが、これは日本にはない。アシクロビルなど抗ウイルス薬も、ワクチン禁忌の場合などに用いることもあるが、曝露後予防薬として有効であるというエビデンスを欠いている。

 災害救助法では、罹災した患者に医療を無償で提供できる。しかし、ここには曝露後予防という概念はない。また、日本の定期接種システムは非常に窮屈なシステムで、無料でワクチンを提供できる年齢に制限が多い。したがって、災害でリスクの高い避難所で水痘患者が発生したとき、確実に予防効果が期待できる水痘ワクチンを曝露後予防として提供するのは事実上極めて困難である。

 しかし、この問題を解決する方法がある。それは予防接種のキャッチアップを定期接種という制度に取り込むことである。これは国際的には「常識」である。日本小児科学会もこれを推奨しているが、国としては制度を採用していない。日本のワクチン事情は近年ずっと改善されてきているがこういうところはまだまだ「後進国」である。

 キャッチアップとは、定期接種で推奨される年齢で当該予防接種がなされなかったとき、それを補うために後からワクチンを接種するやり方をいう。日本でも長期療養などごく一部の事例でキャッチアップが定期接種で認められるが、その適用範囲は極めて小さい。これを水痘の免疫のない方全てに適用すれば、定期接種として堂々と曝露後予防ができる。というか、事前に避難所で(曝露前に)予防接種を提供し、リスクを事前にヘッジできる。保健師たちが一所懸命水痘患者のサーベイ、スクリーニングをする苦労だって激減する。

 キャッチアップの対象者はけっしてマジョリティではないのだから、財務省も厚労省もこれを認め、もっと緩やかなシステムにすればよいのだ。「新型」インフルのとき、厚労省はご丁寧にものすごく細かくて長い接種者対象リストを作って現場を困らせた。もっとザックリにしておけば、接種者全体が増えて、コミュニティー全体が得をするのに、どうして「細かいところでやたらと正しいんだけど、大きいところで間違える」方法を選んでしまうのだろう。年齢をうるさく計算しないと接種できず、待ちの間に肺炎になったら泣くに泣けない大人の肺炎球菌ワクチンも、よくもまあこんなに細かく作ったもんだと呆れるようなおかしなプランである。

 数多くの震災の経験から、日本の震災対応はだんだん改善していると思う。そして、次の震災は日本のどこかに必ず、間違いなくやってくる。そのときに同じ苦労をしなくてよいよう、現時点での問題点は必ず把握し、そして事前に改善しておくべきだ。その方法の一つとしてのキャッチアップ採用の提案である。

※本記事は、2016年5月11日のブログ『楽園はこちら側』で発表した内容を、編集部でタイトルとレイアウトのみ変更したものです。



http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/245106
医大生 寄り添う覚悟 避難所で奮闘「俺が頑張らないと」 熊本地震1カ月
2016年05月14日00時18分 (更新 05月14日 01時47分) 西日本新聞

 「本荘小(避難所)、食料、水、毛布いずれも不足してます」。熊本大医学部6年の川口恭央(やすお)さん(23)=熊本市中央区本荘=は、4月16日の本震直後から、身を寄せた避難所の窮状を会員制交流サイト(SNS)に投稿し続けた。記録をたどると、避難者としての心情、医大生として高齢者や子どもたちに心を砕いた日々が浮かび上がる。あれから1カ月、決意を新たにしている。「子どもたちに寄り添う医師に」

 激震直後、駆け付けた避難所は、足の踏み場もなかった。ふと気が付くと、左膝に血がにじんでいる。本荘小の体育館と空き教室には避難者が続々と集まり、運動場も車が押し寄せて混乱した。川口さんはとりあえず、交通整理役を買って出た。

 16日午前、物資が不足する状況を、スマートフォンから投稿した。福岡県久留米市の友人が翌17日、水や菓子パンを満載した車で駆け付けてくれた。指定避難所だった本荘小は、次第に物資が届き始めた。空腹と渇きが解消すると、余震の恐怖と避難所生活のストレスが被災者をさいなむ。18日午前、こう書き込んだ。「体調を崩す人が出始め、衛生用品が不足してきました」

 恐れていたのは、脱水症状や感染症だった。肩を寄せ合うような集団生活。あっという間に患者が広がりかねない。高齢者や子どもたちにこまめに声を掛け、予防法を伝えた。避難所には、災害派遣医療チームが1度来ただけ。「俺が頑張らねば」。自宅の片付けでけがをした人の指先を消毒したり、体調の悪そうな人を病院に連れて行ったりもした。

 本震から2週間、体育館で寝泊まりした。自宅に戻っても避難所へ足が向く。子どもたちの心的外傷後ストレス障害(PTSD)が気掛かりだった。一緒に体を動かし、アニメの曲を歌う。子どもたちに「お兄ちゃん」と呼ばれる。大人からは「先生」。うれしいような、くすぐったいような。

 2年前、保育士だった母=当時(56)=を、膵臓(すいぞう)がんで亡くした。発達障害の園児などの世話をする背中を見て育った。「子ども専門の精神科医として、地元の熊本で開業したい」

 今月9日、大学の実習が再開した。国家試験に向けた追い込みとなる。「避難所の経験は、大学の座学以上に将来のためになる」。次の休みも避難所に顔を出すつもりだ。「サッカーしよう」。いつもせがんでくる子どもたちの笑顔が浮かぶ。


  1. 2016/05/14(土) 05:46:29|
  2. 未分類
  3. | コメント:0
<<5月14日  | ホーム | 5月13日 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する