Doctor G 3 のメディカル・ポプリ

地域医療とプライマリケア、総合診療などに関係したネット上のニュースを記録。医学教育、研修、卒後キャリア、一般診療の話題、政策、そしてたまたまG3が関心を持ったものまで。ときどき海外のニュースも。

5月11日 熊本震災関連 

https://www.m3.com/news/iryoishin/423645
シリーズ: 熊本地震
熊本地震、医療機関の7、8割は通常業務へ
日医と被災地医師会が「TV会議」、JMATは継続

2016年5月11日 (水) 橋本佳子(m3.com編集長)

 日本医師会会長の横倉義武氏は、5月11日の定例記者会見で、10日に実施した熊本地震の「TV会議」の様子を報告、熊本県の医療機関の7、8割は通常業務に戻っているものの、益城町や南阿蘇村ではまだ多くの避難者がいる上、これらの地域の医療機関は夜間や入院などの診療体制が震災前の半分以下の状態であることなどの事情を鑑み、JMAT(日医災害医療チーム)の派遣はもうしばらく継続することを表明した。被災地からの要望についても取りまとめを行い、日医や被災者健康支援連絡協議会として、近く政府に要望する予定(資料は、日医のホームページ)。

 横倉会長は、今回の震災の教訓として、支援に当たった医師会が果たしたコーディネーター機能が重要だったことから、震災収束後、その検証を行う必要性も強調。さらに10日の参議院厚生労働委員会で、羽生田俊議員が、被災した医療機関の復旧・復興の費用として、補助対象の拡大や増額を求めたことも明らかにした。

 「TV会議」には、日医執行部のほか、九州各県の医師会関係者などが出席。熊本、大分両県の状況報告を受けたほか、今度の支援の在り方などについて、約1時間にわたり議論した。

 熊本県医師会からは、医療機関の被害状況調査の結果を基に、(1)最初の地震発生の翌日(4月15日)には自宅が倒壊している人もいる中で、5~6割の医師は、通常通り、医療機関に出勤していた、(2)5月10日現在で、医療機関の7~8割は通常の体制に戻っている――などが報告された。

 ただし、地域によって復旧状況に違いがあり、益城町には約4000人、南阿蘇村にも1000人以上の避難者がおり、下げ止まっているという。日本赤十字社や、全国知事会の要請に基づく医療チームが近く撤退する予定であり、その後の医療ニーズがまだ把握できないこと、益城町の18の医療機関のうち、1施設以外は診療を再開しているものの、夜間診療、入院応需、往診などの体制は、震災前の半分以下にとどまっていることなどから、JMATの派遣はもうしばらく続けることを決定した。

 いまだ余震が続く中、避難者の心のケアも必要なことから、保健所機能を強化する意見もあったという。

 熊本地震におけるJMATの活動実績は5月11日10時現在、「派遣中」が21チーム(123人)、「派遣に向けて準備中」が45チーム(202人)、「派遣終了」が410チーム(1634人)となっている。

WMA理事会、二つの決議

 11日の定例記者会見ではこのほか、4月末に開催された世界医師会(WMA)ブエノスアイレス理事会の内容と、日医母子保健検討員会答申が報告された。

 WMA理事会では、喫緊の課題であることから、今年10月のWMA総会を待たずに、(1)ジカウイルス感染、(2)難民と移民――の二つの事項について、対応を求める理事会決議を行った。

 日医母子保健検討員会の答申は、(1)安心して安全に妊娠、出産し子育てができる環境の整備、(2)増加する子どもの貧困問題と児童虐待、(3)学校や職場を通じた母子保健についての健康教育――など10のテーマについて、課題と対策を整理した内容。なお、「育児基本法」(仮称)は議員立法として提出するよう働きかけており、今通常国会での提出が難しい場合には、今秋の臨時国会の提出を求めていくとした。



http://www.asahi.com/articles/ASJ5C3GMLJ5CUBQU006.html
肺炎、前年同期の2倍近く 熊本赤十字病院発表
2016年5月11日11時02分 朝日新聞

 熊本県などでの一連の地震の影響で肺炎患者が前年同期の2倍近くに増えていると、熊本赤十字病院(熊本市東区)が10日、発表した。避難生活の長期化によって免疫力が低下したり、歯磨きなどの口腔(こうくう)ケアが不十分だったりするため、細菌感染を起こしやすい状態になっているとみている。

 病院によると、肺炎の入院患者は例年5月以降は減少傾向だが、今年は5月第1週に26人となった。前年同期は14人だった。

 予防には歯磨きのほか、口をすすいだり、ウェットティッシュでぬぐったりするなどの対策や、下あごのラインに沿った唾液(だえき)腺のマッサージなどが有効だという。

 記者会見した総合内科の帖佐俊行医師は「異常を感じたり見つけたりしたら、すぐに医療機関を受診してほしい」と話した。


  1. 2016/05/12(木) 06:29:40|
  2. 未分類
  3. | コメント:0
<<5月12日  | ホーム | 5月11日 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する