Doctor G 3 のメディカル・ポプリ

地域医療とプライマリケア、総合診療などに関係したネット上のニュースを記録。医学教育、研修、卒後キャリア、一般診療の話題、政策、そしてたまたまG3が関心を持ったものまで。ときどき海外のニュースも。

3月15日 3.11震災関連 

https://www.m3.com/news/iryoishin/406103?dcf_doctor=true&portalId=mailmag&mmp=MD160315&dcf_doctor=true&mc.l=148355062&eml=3f492a08f1681d66441569ec02c0b51e
シリーズ: 東日本大震災から5年
被災地、「看護師」「医師」不足が深刻◆Vol.10-1
岩手、福島両県で人手不足が顕著

医師調査 2016年3月15日 (火)配信高橋直純(m3.com編集部)

Q 勤務先や周辺医療機関で不足している医療職があれば、お選びください。【複数選択】
03151_201603160528106e6.jpg

 不足している医療職では、3県全体で「看護師」72%、「医師」69%が高かった。どちらの職種も宮城県は、3県全体より低い値となり、本設問でも岩手、福島両県での格差が明らかになった。不足している「その他医療従事者」には、ヘルパー、理学療法士、医療事務、臨床工学士、薬剤師、診療放射線技師、ソーシャルワーカー、リハビリスタッフ、介護福祉士、、精神保健福祉士、臨床検査技師、社会福祉士、栄養士などが挙がった。

■人材確保に関する取り組みがあれば、お教えください。
・大学などに派遣要請しても公立病院優先で得られず。しかも、大学の業務拡張のあおりで引き上げをくらっている。地域枠で入学した学生がそろそろ地域病院に派遣される時期に来ていると言われているが、その分、医局は引き揚げるのではないかと思われる。まして、民間病院に地域枠卒業生が派遣されるとは思えない。岩手県は県立病院の発言権が非常に強くて、医局のジッツ病院でもローテションすることさえも困難である。派遣を止める一方で、止めた医師の補充すら非常に困難。【岩手県】

・職員宿舎、保育所の開設、(看護学生に対する)奨学金、学会参加等の助成などを病院として行っているようであるが、看護師の流出は止まっていない。財源に限りがある中で、普通に働いている全職員の生活の質を向上させる何かを見つけ出さなければいけないと思う。【宮城県】

・大野病院事件を忘れる医者なんていません。そこで原発事故ですからそんなところに来てくれる神様みたいな先生がいるでしょうか?特に若い先生には自分の赤ちゃんのことも考えて決断していただきたい。わずかでも被曝は被曝。その覚悟があるかどうかだけ聞くようにしています。【福島県】

※詳しくは『「医師不足ではなく、勤務医不足」「全職員の生活の質向上を」◆Vol.10-2』を参照。



https://www.m3.com/news/iryoishin/406106
シリーズ: 東日本大震災から5年
「医師不足ではなく、勤務医不足」「全職員の生活の質向上を」◆Vol.10-2
東日本大大震災、被災3県の医師確保の取組

医師調査 2016年3月15日 (火)配信高橋直純(m3.com編集部)

Q 勤務先や周辺医療機関で不足している医療職があれば、お選びください。【複数選択】
調査結果は「被災地、「看護師」「医師」不足が深刻◆Vol.10-1」を参照。

■人材確保に関する取り組みがあれば、お教えください。
【岩手県】

・専門職が圧倒的に不足、看護師が一番不足。

・まず、救急に対応できる医師の絶対数が、極めて不足している。

・大学などに派遣要請しても公立病院優先で得られず。しかも、大学の業務拡張のあおりで引き上げをくらっている。地域枠で入学した学生がそろそろ地域病院に派遣される時期に来ていると言われているが、その分、医局は引き揚げるのではないかと思われる。まして、民間病院に地域枠卒業生が派遣されるとは思えない。岩手県は県立病院の発言権が非常に強くて、医局のジッツ病院でもローテションすることさえも困難である。派遣を止める一方で、止めた医師の補充すら非常に困難。

・岩手県外にいる岩手県出身医師にユーターンを求める機会を作っている。

【宮城県】
・仙台市内なので、不足は感じない。

・あきらめています。

・看護師も薬剤師も仙台市にばかり集中する。仙台市で供給過剰でも田舎では全く足りない。県の責任で経済的な見返りを与えることで、石巻や気仙沼にも十分なco-medicalを確保するべきである。

・医師にとって働きやすい労働環境となるよう改善努力は続けられている。

・コメディカルの人員が不足していると思います。仙台市内は医師不足はないと思われます。

・若い看護師がいない、というより看護師そのものがいない。

・全国の赤十字病院に派遣を要請している。24時間対応、病児対応の院内託児所整備。

・自治体は人材確保に積極的でない。

・看護師は慢性的に不足気味なので、午前午後それぞれにパートを使って余裕を持たせたいと考えている

・循環型医療支援による若手医師のキャリアパス。

・職員宿舎、保育所の開設、(看護学生に対する)奨学金、学会参加等の助成などを病院として行っているようであるが、看護師の流出は止まっていない。財源に限りがある中で、普通に働いている全職員の生活の質を向上させる何かを見つけ出さなければいけないと思う。

・公募を出したり、知り合いに声をかけたりはするものの、ほとんど効果なし。実際、震災があってもなくても人が定着しにくい地域だったのかも。特に東北新幹線の高速化は関東との距離を縮め、逆に医療人は流出に拍車がかかっている気がする。

・勤務先は看護師、PT(理学療法士)、OT(作業療法士)、ST(言語聴覚士)、ORT(視能訓練士)、臨床工学技士などを養成する大学です。特定行為研修機関となりました。長期的に人材不足を解消する努力を及ばずながら続けております。

・東北地域は、震災とは関係なく、以前より医療職は不足している。震災後、津波被害を直接受けた地域では、不足を通り越して、欠損状態である。

【福島県】
・医師不足という言葉が間違っているんです。勤務医不足と言うべきです。福島医大に医師が少ないこともあり、今後も若い医師が来る見込みはありません。

・全国から人が集まる住居提供および出産後のサポート体制。

・一般的なこと(医師募集広告、医局詣など)しか方法がない。

・有資格者にパートでもいいから医療に従事するよう国からの要請をかけ、十分な予算をつけてほしいです。

・全国から短期間の勤務をお願いしている。

・埼玉で医師が少ないといっても、東京に行けばいくらでも診てもらえます。東京の医師は週4日働いて5日分の給料をもらっています。だから医師が東京に残ることを変えることはできない。福島は週6日働いて、東京の給料と同程度。患者は他には行けない。構造的な問題があります。

・看護師の離職による人手不足。

・本当に看護師は不足しています。

・組織の規定で、病院単独で年俸を増額して医師や薬剤師を雇用することができない状況です。寄付講座もできません。手足を縛られて、病院経営をしろと言われているようなものです。

・大野病院事件を忘れる医者なんていません。そこで原発事故ですからそんなところに来てくれる神様みたいな先生がいるでしょうか?特に若い先生には自分の赤ちゃんのことも考えて決断していただきたい。わずかでも被曝は被曝。その覚悟があるかどうかだけ聞くようにしています。

・地道に魅力的な職場を作ってゆく。

・間違った過剰な放射線被曝の影響を訂正すること。

・院長は、大学回りをしている。

・優秀なスタッフが辞めないように人件費や福利厚生を充実した。



http://www.sankei.com/region/news/160315/rgn1603150073-n1.html
【震災5年 被災地発】
南三陸病院開業3カ月 桜田院長に聞く

2016.3.15 07:03 産経ニュース

 ■医師不足「国が率先して解決を」

 東日本大震災の津波で1病院と6診療所が全て流された南三陸町に、「南三陸病院・総合ケアセンター南三陸」が開業して14日で3カ月。岩手、宮城両県で被災し、全壊した公立病院の中で最も早く高台移転して再開した同病院は、医療や介護、保健の総合拠点として地域医療の確立を目指している。桜田正寿院長(60)に同病院が地域に果たす役割や課題などを聞いた。(大渡美咲)

                  ◇

 ◆精神的なよりどころに

 「新病院の意義として住民の健康管理も大きいが、復興のシンボルとしてとらえている人が多い。精神的なよりどころとしてとらえている」と桜田院長は話す。南三陸病院の前身だった「公立志津川病院」(5階建て)は大津波にのまれ4階まで浸水。患者や看護師ら74人が死亡・行方不明となった。さまざまな意味で新病院の再建は町民の念願だった。

 住民の期待に応えるべく再開したのが、震災前に休止していた人工透析治療。「遠くの病院へ通院していた方々が地元でできるというのは大きい」(桜田院長)。震災時には透析患者が自衛隊のヘリで北海道や九州まで飛び、透析治療をしなければならなかった。その経験も踏まえ、新病院には水を備蓄し、非常用発電機を備えた。

 また、高齢化を見据えて福祉や保健分野の総合ケアセンターも併設しており、訪問診療・看護、福祉の面から境目のない医療サービスを目指している。

 ◆基幹病院との分業重要

 もっとも大きな課題がスタッフ不足だ。診療科は内科や外科など以前と同じ10科だが、医師7人のうち3人は派遣。ベッド数も36床減って90床となったが、看護師不足から入院制限を設けている状況だ。町内で診察を再開したのは南三陸病院と2カ所の診療所だけだが、1日の平均外来患者数は志津川病院時代とほぼ同じという。

 桜田院長は「医師、スタッフ不足は南三陸町だけではなく、日本全体の問題。スタッフを充実させないと医療サービスを発展できない。一地方自治体の病院がいくら頑張ってもどうしようもない。国が率先して問題解決に乗り出さなければ根本的な解決はなしえない」と訴える。

 周辺の基幹病院である気仙沼市立病院、石巻赤十字などはいずれも南三陸町から車で1時間ほどかかる。地域医療を担う南三陸病院が果たす役割は大きく、高度医療を担う基幹病院との“分業”がますます重要となっている。

 「住民の皆さんは医師が少ないことは理解している。その上で一般外科、一般内科、整形外科は少なくとも置いてほしいと思っており、少なくともそれには応えたい」

 桜田院長が続ける。

 「町はまだまだ復興の途上。病院がそこを真摯(しんし)に受け止め、今まで以上に町民の健康管理に留意していきたい。その一環として人工透析も再開した。より町民の期待に応えられるよう、今後も医療サービスを提供していきたい」


  1. 2016/03/16(水) 05:35:30|
  2. 未分類
  3. | コメント:0
<<3月16日  | ホーム | 3月15日 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する