Doctor G 3 のメディカル・ポプリ

地域医療とプライマリケア、総合診療などに関係したネット上のニュースを記録。医学教育、研修、卒後キャリア、一般診療の話題、政策、そしてたまたまG3が関心を持ったものまで。ときどき海外のニュースも。

4月12日 

http://getnews.jp/archives/912138
群馬大病院腹腔鏡手術死亡 病院の構造的な問題を医師が指摘
DATE:2015.04.12 07:00 NEWSポストセブン
ガジェット通信 ※週刊ポスト2015年4月17日号

 群馬大学医学部附属病院で肝臓の腹腔鏡(ふくくうきょう)手術を受けた患者が過去5年間で8人死亡し、その「調査最終報告」が発表された。この8例すべてに関わっていた40代助教のS医師は2010年に腹腔鏡手術を始めている。ベストセラー『がんばらない』著者で諏訪中央病院名誉院長の鎌田實氏が、この医療過誤について検証する。

 * * *
 手術を行なった第二外科は、心臓の手術をする循環器外科と肺がんなどの手術をする呼吸器外科、乳がんや甲状腺がんを手術する乳腺・内分泌外科、そしてS医師が所属する消化器外科などが混在している。

 いまや医学の進歩のスピードはとても速く、同時に専門化が進んでいる。乳がんの専門医が肝臓の胆管がんの治療法について、意見を述べたり批判をしたりするのはかなり難しいのが現状だ。

 さらに群馬大学自体の問題もある。第一外科にも同じ消化器外科があるが、第一外科のグループが第二外科の事例検討会に出席して診断の批評や治療の方針の批判など出来ない空気になっていなかっただろうか。

 1993年、『大学病院の掟―小児科医の見たア然ボウ然事情』(講談社プラスアルファ文庫)という本が話題になった。柳瀬義男さんという小児科医が大学病院の閉鎖性や権威主義を軽いタッチで綴り、ベストセラーになった。

 僕が知る限りでは、現在の大学病院は風通しがものすごく良くなり、透明性も高まってきたと思う。そうでなければ大学病院も生き残っていけない。

 しかし中には、22年経った今も、さほど進歩していない大学病院もあるのかもしれない。

 今回のことで、臨床研究中核病院として群馬大学に渡されるはずだった補助金4億円は現在のところ凍結された。診療報酬上の優遇措置がある特定機能病院の承認取り消しも検討されている。

 第二外科の教授で診療科長は「死亡例が続いているという認識がなかった」などとコメントしているが、何をかいわんや、である。

 2005年11月、第一外科で生体肝移植の提供者となった女性が下半身不随になった。第二外科でも同じようなテーマで研究していることが分かり、先を競って手術したのではないかと指摘され、構造的な改革を迫られている。

 それから10年、時代に即した体制を築けなかったに違いない。互いに批判したりする前向きな空気がない限り進歩はないのに、だ。



http://www.m3.com/open/iryoIshin/article/311103/?category=report
医局医師の1割、医局変更を経験◆Vol.6
「子供の英語力のため首都圏大学病院へ」

2015年4月12日 高橋直純(m3.com編集部)

Q16 現在の医局に入局して、どのくらいになりますか。
04121.jpg

 卒後20年以内の勤務医を対象にした本アンケート。医局に所属している医師337人に対して、医局の所属年数を聞いたところ、最多は10年以上15年未満が106人(31.5%)だった。15年以上20年未満の98人(29.1%)、5年以上10年未満が72人(21.4%)が続いた。

Q17 現在所属している医局以外の医局に所属したことがありますか。
あると回答した人は医局を移った理由を教えてください。※任意回答
04122.jpg

 医局間異動の経験の有無を尋ねたところ、1割に当たる36人があると回答した。任意回答で挙げてもらった理由は、以下の通り。

【上司の都合】
・今の医局の教授から誘われたため
・ボスの都合
・海外留学中に所属医局の教授が退官し、それと同時に退局
・教授交代に伴い退局した
・指導者不足のため

【仕事の都合】
・転勤に伴って
・勤務の大学が変わったため、医局を2つ掛け持った
・一時的な異動
・関連大学であるため
・転勤の際に移った
・診療科再編に伴い
・たまたま就職したところが別の医局だった
・兼務のため

【スキルアップ、専門変更】
・仕事の内容が合わなかったため麻酔科から転科
・2年間救命センターに勉強の為入局しました
・専門領域のスキルアップのために、国内留学を行いました
・麻酔と初期研修をしたのちに外科転科予定だったので
・内科から眼科へ転科した
・興味のある分野が変わりました
・移ったというわけではなく、国内留学で

【家庭の都合】
・結婚に伴う転居
・遠隔地の実家へ戻るため
・家庭の事情による勤務地変更のため
・結婚による転居
・米国留学後の子供の英語力キープのため、首都圏近郊の大学病院へ勤務したかった
・出身地
・転居に伴って
・引っ越し

【その他】
・いろいろあって


  1. 2015/04/13(月) 06:13:53|
  2. 未分類
  3. | コメント:0
<<4月13日  | ホーム | 4月11日 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する