Doctor G 3 のメディカル・ポプリ

地域医療とプライマリケア、総合診療などに関係したネット上のニュースを記録。医学教育、研修、卒後キャリア、一般診療の話題、政策、そしてたまたまG3が関心を持ったものまで。ときどき海外のニュースも。

11月8日 

http://mainichi.jp/area/hyogo/news/20141108ddlk28040472000c.html
公立八鹿病院:医師ら嘆願書提出 管理者の罷免求める /兵庫
毎日新聞 2014年11月08日 地方版

 公立八鹿病院(養父市八鹿町)で、経営改革の手法や人事などを巡り反発が出ている問題で、反発する医師らが7日、養父市役所を訪れ、八鹿病院組合の細川裕平管理者の罷免を求める嘆願書を広瀬栄市長に手渡した。

 嘆願書には医師13人の署名があり、別途提出の同趣旨の請願書には医師、事務関係を除く360人の署名が添えられた。

 嘆願書によると、複数の医師が退職の意思を表明し、病院存続の危機にあり、その発端が管理者にある−−などとしている。嘆願書を手渡した近藤清彦副院長は「管理者と医師の意思疎通が取れず、今の管理者の方針について行けない」と訴えた。

 広瀬市長は「重たい内容で、ゆっくり拝見させてもらう。病院を大切にしたいという気持ちはみんな一緒だが、経営改善を進める部分で対立の構図になっている。小異を捨てて大同につくつもりで、市民目線で今の状況の収拾に全員であたるべきだ」と医師らに話した。今後については「医師やスタッフと話し合って考えたい」としている。【柴崎達矢】

〔但馬版〕



http://www.miyakomainichi.com/2014/11/69114/
宮古病院 未収金2億6000万円
医療サービスの低下懸念/悪質者には法的措置も

2014年11月8日(土) 9:09 | 宮古毎日新聞

 宮古病院(安谷屋正明院長)は7日、個人医療費分未収金額が2014年9月末現在で2億5960万円に上ることを公表した。前年同時期に比べて1・4%改善しているが、12年以降2億5000万~2億6000万円の間で推移する厳しい状況が続いている。同院は「未収金の増加は医療サービスの質の低下を招く恐れがある」と懸念。滞納者への督促を徹底し、特に悪質な者に対しては法的措置を講じる構えだ。

 同院によると最も多い未収金額は分割納入の残。計1億1600万円で全体の%を占めている。分割納入件数は3193件。

 納入不履行による未収金は1億円で、3781人の支払いが滞っている。

 住所不明や患者死亡、相続人不明などの件数は852件で、本来回収すべき2600万円が宙に浮いたままだ。労災など公費の申請中で納入できていない件数は165件、金額は260万円となっている。

 一件当たりの未収金最高額は534万円に上る。

 同院では未収金発生の要因として①生活困窮のため医療費が支払えない②健康保険料未納に伴う自己負担分の増加③支払い約束の不履行-を挙げる。

 未収金縮減の対策としては文書督促(分割納入中の者を除く)や高額未収者に対する電話・訪問督促等を徹底して納入を促す。悪質な者には法的措置を視野に入れた姿勢で臨む。

 未収金額と対策は、同院の本永英治副院長と川満勝也事務部長が会見を開いて発表した。県立病院の「診療費個人負担分未収金対策強化月間」に合わせて現状の周知徹底を図った。

 本永副院長は、未収金の縮減と発生防止に向けた対策を日々講じているとしながらも、「未収金がなかなか減少しない」と好転しない現状を指摘し、未納者に早期納入を促した。

 宮古病院が地方公営企業法全面適用の病院であることも強調し、「独立採算性を敷いており救急医療、多良間診療所等一部の不採算部門を除いては、原則として患者からの診療費で経営をしている」と述べた。

 未収金が膨れ上がると病院の経営が圧迫され、「医療サービスの質の低下等が発生する恐れがある」などとし、未収金縮減強化月間に危機感を持って当たる姿勢を示した。


  1. 2014/11/09(日) 09:18:00|
  2. 未分類
  3. | コメント:0
<<11月9日  | ホーム | 11月7日 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する