Doctor G 3 のメディカル・ポプリ

地域医療とプライマリケア、総合診療などに関係したネット上のニュースを記録。医学教育、研修、卒後キャリア、一般診療の話題、政策、そしてたまたまG3が関心を持ったものまで。ときどき海外のニュースも。

9月27日 

http://www.m3.com/iryoIshin/article/255124/
医師不足への処方せん
東大マッチ者大幅減少、医科歯科大1位
2014年度臨床研修マッチング、入学定員増の影響は不明確

2014年9月27日(土) 池田宏之(m3.com編集部)
Doctors Community 4件

 2014年度医師臨床研修マッチングの「中間公表」の結果が9月26日に公表された。全国79の大学病院 本院を「1位希望」として登録した人数でランキングすると、1位東京医科歯科大学、2位東京大学という結果となった。昨年度と1位と2位が入れ替わったものの、2008年度以来、東大と東京医科歯科大は、1位と2位の独占状態が続いている(『東大、医科歯科大の2強続く、臨床研修マッチング』を参照)。ただ、東大は「1位希望人数」が昨年度の110人から78人と大幅に減少。今年相次ぎ顕在化した臨床研究の不正疑惑が影響した可能性がある(『東大が説明会、「不満残るも、ほぼ満足」』を参照)。今回のマッチングは、2015年4月からの臨床研修先を決めるために実施される。

 定員数に対するマッチ者数の割合で、100%を超えたのは久留米大学のみ。昨年も、中間マッチングの段階で100%を超えたのは東邦大学のみだった。

 2009年度の医学部定員は、2008年度に比べ、693人増加しているが、増員幅の大きかった3大学を見ると、必ずしもマッチ者数が増加していない大学もあり、定員増が初期研修先としての大学病院の人気に直結しているかは不明確な状況。定員が20人増加した順天堂大学では、マッチ者数が昨年度より13人増加、同じく20人増えた岩手医科大学では6人の増加となった。12人増えた旭川医科大学は、マッチ者数が5人増加した。ただ、同じく12人増えた名古屋市立大学は、マッチ者数が6人減少していて、結果が分かれた。

 10位以内で大きく順位を上げたのは、5位の長崎大学(昨年12位)、6位の京都府立医科大学(昨年14位)、9位の大阪市立大学(昨年18位)。長崎大学は、2012年まで20位以下にとどまっていたが、近年マッチ率を伸ばしている。京都府立医大は、ディオバン事件の影響などで昨年順位を下げたが、今年はマッチ率も15ポイント以上上がり、人気が戻ってきた。

 定員数に対するマッチング数数の割合が高かった5大学は、久留米大(107.1%)、近畿大学(96.6%)、東京慈恵会医科大学(95.9%)、東邦大学(95.12%)、福岡大学(94.0%)。いずれも、100万人以上の都市に立地する大学。

 逆に低かった5大学は、新潟大学(13.2%)、福島県立医科大学(13.6%)、弘前大学(13.7%)、横浜市立大学、秋田大学(ともに20.0%)。東北地域の人気の低さを伺わせる結果となった。50%を切ったのは、28大学となり、昨年から7大学減少した。

 最終結果の公表は、10月23日の予定。


表1 医師臨床研修マッチングの大学病院(本院)ランキング
医学部を持つ医科大学・医科大学、計79の本院分を集計。「1位希望人数」が多い順にランキング。
同数の場合は、「充足率」が高い順に掲載。2014年順位のカッコ内の矢印は2013年との比較
順位(年別) 2014 2013 2012 2011 2010 2009 2008 病院名 募集定員 1位希望人数 定員 充足率(%)
1(↑).____ . 2.___ . 1.___ . 2.___ . 1.___ . 1.___ . 1.__ . 東京医科歯科学 _. 118 _. 104.__ . 88.14%
2(↓).____ . 1.___ . 2.___ . 1.___ . 2.___ . 2.___ . 2.__ . 東京大学    _. 126.__ . 78.__ . 61.90%
3(↑).____ . 6.___ . 7.__ . 16.__ . 12.__ . 12.__ . 20.__ . 筑波大学   .__ . 88.__ . 64.__ . 72.73%
4(→).____ . 4.___ . 4.___ . 9.___ . 6.___ . 9.___ . 3.__ . 京都大学   .__ . 82.__ . 60.__ . 73.17%
5(↑).__ . 12.__ . 24.__ . 31.__ . 51.__ . 22.__ . 50.__ . 長崎大学   .__ . 70.__ . 56.__ . 80.00%
6(↑).__ . 14.___ . 5.___ . 8.____. 4.__ . 44.__ . 20.__ . 京都府立   .__ . 64.__ . 53.__ . 82.81%
6(↓).____ . 3.__ . 10.___ . 7.__ _. 9.__ . 21.__ . 20.__ . 和歌山県立  .__ . 78.__ . 53.__ . 67.95%
8(↑).__ . 11.___ . 8.___ . 9.__ . 14.__ . 18.___ . 7.__ . 北里大学   .__ . 68.__ . 50.__ . 73.53%
9(↑).__ . 18.__ . 14.___ . 5.__ . 17.__ . 10.__ . 15.__ . 大阪市立   .__ . 64.__ . 49.__ . 76.56%
10(↓).__ . 8.___ . 8.___ . 6.___ . 9.___ . 5.__ . 20.__ . 東京慈恵会  .__ . 49.__ . 47.__ . 95.92%
10(↑).__ . 26.__ . 13.__ . 38.___ . 7.__ . 20.__ . 17.__ . 福岡大学   .__ . 50.__ . 47.__ . 94.00%
12(↑).__ . 23.__ . 24.__ . 38.__ . 36.__ . 14.__ . 26.__ . 久留米大学  .__ . 42.__ . 45.__ . 107.14%
12(↓).___ . 8.__ . 11.__ . 23.__ . 3.__ . 17.__ . 19.__ . 杏林大学   .__ . 65.__ . 45.__ . 69.23%
14(↑).__ . 25.__ . 29.__ . 13.__ . 20.__ . 18.__ . 14.__ . 日大板橋病院 .__ . 59.__ . 43.__ . 72.88%
15(↑).__ . 20.___ . 3.___ . 3.___ . 4.___ . 5.___ . 8.__ . 東京女子医大 .__ . 70.__ . 42.__ . 60.00%
15(↑).__ . 18.__ . 19.___ . 4.___ . 9.___ . 5.___ . 9.__ . 九州大学病院 .__ . 79.__ . 42.__ . 53.16%
17(↑).__ . 31.__ . 48.__ . 42.__ . 33.__ . 48.__ . 35.__ . 慶應義塾   .__ . 51.__ . 41.__ . 80.39%
17(↑).__ . 40.__ . 39.__ . 19.__ . 20.___ . 3.___ . 5.__ . 順天堂大学  .__ . 55.__ . 41.__ . 74.55%
17(→).__ . 17.__ . 29.__ . 18.__ . 38.__ . 22.__ . 41.__ . 奈良県立   .__ . 61.__ . 41.__ . 67.21%
20(↑).__ . 28.___ . 6.__ . 22.___ . 7.__ . 24.____ . 4.__ . 兵庫医科大学 .__ . 62.__ . 40.__ . 64.52%
21(↓).__ . 12.__ . 31.__ . 28.__ . 49.__ . 42.__ . 28.__ . 東邦大森病院 .__ . 41.__ . 39.__ . 95.12%
22(↑).__ . 37.__ . 54.__ . 47.__ . 29.__ . 47.__ . 75.__ . 岡山大学   .__ . 48.__ . 38.__ . 79.17%
22(↑).__ . 35.__ . 37.__ . 29.__ . 32.__ . 12.__ . 13.__ . 大阪大学   .__ . 60.__ . 38.__ . 63.33%
24(↑).__ . 53.__ . 42.__ . 65.__ . 62.__ . 63.__ . 78.__ . 富山大学   .__ . 44.__ . 36.__ . 81.82%
24(↓).__ . 20.__ . 19.__ . 26.__ . 19.__ . 28.___ . 9.__ . 自治医科大学 .__ . 58.__ . 36.__ . 62.07%
26(↑).__ . 47.__ . 54.__ . 31.__ . 38.__ . 55.__ . 16.__ . 滋賀医科大学 .__ . 53.__ . 34.__ . 64.15%
26(↓).___ . 5.__ . 16.__ . 13.__ . 14.__ . 14.__ . 35.__ . 大阪医科大学 .__ . 54.__ . 34.__ . 62.96%
26(↓).___ . 8.__ . 16.__ . 35.__ . 59.__ . 32.__ . 32.__ . 佐賀大学   .__ . 59.__ . 34.__ . 57.63%
26(↓).__ . 22.__ . 34.__ . 42.__ . 54.__ . 58.__ . 59.__ . 鹿児島大学  .__ . 64.__ . 34.__ . 53.13%
26(↓).___ . 6.__ . 11.__ . 11.__ . 13.__ . 11.__ . 20.__ . 神戸大学   .__ . 74.__ . 34.__ . 45.95%
31(↑).__ . 53.__ . 19.__ . 19.__ . 45.__ . 30.__ . 72.__ . 昭和大学   .__ . 39.__ . 33.__ . 84.62%
31(↑).__ . 40.__ . 54.__ . 67.__ . 36.__ . 32.__ . 46.__ . 信州大学   .__ . 54.__ . 33.__ . 61.11%
31(→).__ . 31.__ . 28.__ . 23.__ . 33.__ . 51.__ . 17.__ . 北海道大学  .__ . 65.__ . 33.__ . 50.77%
34(↑).__ . 58.__ . 23.__ . 25.__ . 38.__ . 24.__ . 32.__ . 香川大学   .__ . 46.__ . 32.__ . 69.57%
34(↑).__ . 67.__ . 60.__ . 60.__ . 26.__ . 28.__ . 35.__ . 日本医科大学 .__ . 47.__ . 32.__ . 68.09%
34(↓).__ . 31.__ . 37.__ . 49.__ . 71.__ . 58.__ . 67.__ . 金沢医科大学 .__ . 57.__ . 32.__ . 56.14%
34(↑).__ . 37.__ . 39.__ . 38.__ . 30.__ . 65.__ . 35.__ . 愛媛大学   .__ . 58.__ . 32.__ . 55.17%
38(↓).__ . 37.__ . 34.__ . 29.__ . 38.__ . 27.__ . 20.__ . 東海大学院  .__ . 49.__ . 31.__ . 63.27%
38(↓).__ . 15.__ . 24.__ . 16.__ . 14.___ . 4.___ . 5.__ . 聖マリアンナ .__ . 59.__ . 31.__ . 52.54%
40(↑).__ . 43.__ . 58.__ . 49.__ . 38.__ . 53.__ . 54.__ . 帝京大学   .__ . 33.__ . 30.__ . 90.91%
40(↓).__ . 15.__ . 19.__ . 31.__ . 20.__ . 32.__ . 63.__ . 関西医科枚方病院 43.__ . 30.__ . 69.77%
40(↑).__ . 47.__ . 69.__ . 75.__ . 75.__ . 44.__ . 61.__ . 旭川医科大学 .__ . 45.__ . 30.__ . 66.67%
40(↓).__ . 28.__ . 48.__ . 15.__ . 38.__ . 32.___ . 9.__ . 熊本大学   .__ . 67.__ . 30.__ . 44.78%
44(↑).__ . 58.__ . 31.__ . 49.__ . 23.__ . 60.__ . 46.__ . 近畿大学   .__ . 30.__ . 29.__ . 96.67%
45(↑).__ . 51.__ . 44.__ . 44.__ . 55.__ . 24.__ . 28.__ . 札幌医科大学 .__ . 60.__ . 28.__ . 46.67%
45(↑).__ . 65.__ . 51.__ . 57.__ . 45.__ . 42.__ . 28.__ . 大分大学   .__ . 61.__ . 28.__ . 45.90%
47(↑).__ . 63.__ . 57.__ . 44.__ . 70.__ . 69.__ . 41.__ . 山梨大学   .__ . 50.__ . 27.__ . 54.00%
47(→).__ . 47.__ . 65.__ . 53.__ . 66.__ . 48.__ . 40.__ . 千葉大学   .__ . 54.__ . 27.__ . 50.00%
47(↓).__ . 40.__ . 24.__ . 19.__ . 61.__ . 63.__ . 35.__ . 宮崎大学   .__ . 56.__ . 27.__ . 48.21%
47(↓).__ . 35.__ . 31.__ . 41.__ . 52.__ . 32.__ . 50.__ . 獨協医科大学 .__ . 60.__ . 27.__ . 45.00%
51(↓).__ . 23.__ . 60.__ . 44.__ . 23.__ . 31.__ . 28.__ . 東京医科大学 .__ . 46.__ . 25.__ . 54.35%
52(↑).__ . 58.__ . 67.__ . 60.__ . 75.__ . 66.__ . 74.__ . 三重大学   .__ . 34.__ . 24.__ . 70.59%.__ .
52(↓).__ . 43.__ . 39.__ . 57.__ . 35.__ . 54.__ . 12.__ . 藤田保健衛生 .__ . 36.__ . 24.__ . 66.67%
52(↓).__ . 26.__ . 44.__ . 31.__ . 23.__ . 32.__ . 52.__ . 広島大学   .__ . 55.__ . 24.__ . 43.64%
55(↑).__ . 63.__ . 48.__ . 67.__ . 66.__ . 72.__ . 68.__ . 琉球大学   .__ . 35.__ . 23.__ . 65.71%
55(↓).__ . 51.__ . 71.__ . 27.__ . 52.__ . 40.__ . 46.__ . 徳島大学   .__ . 47.__ . 23.__ . 48.94%
55(↑).__ . 67.__ . 66.__ . 57.__ . 59.__ . 67.__ . 49.__ . 島根大学   .__ . 48.__ . 23.__ . 47.92%
55(↓).__ . 28.__ . 18.__ . 35.__ . 30.__ . 32.__ . 32.__ . 川崎医科大学 .__ . 49.__ . 23.__ . 46.94%
55(↓).__ . 46.__ . 15.__ . 11.__ . 17.___ . 5.__ . 41.__ . 金沢大学   .__ . 71.__ . 23.__ . 32.39%
60(↓).__ . 31.__ . 58.__ . 56.__ . 65.__ . 40.__ . 27.__ . 愛知医科大学 .__ . 32.__ . 22.__ . 68.75%
60(↑).__ . 66.__ . 71.__ . 70.__ . 58.__ . 32.__ . 54.__ . 山形大学   .__ . 50.__ . 22.__ . 44.00%
62(↓).__ . 56.__ . 44.__ . 35.__ . 55.__ . 60.__ . 58.__ . 群馬大学   .__ . 59.__ . 21.__ . 35.59%
63(↑).__ . 67.__ . 51.__ . 60.__ . 38.__ . 44.__ . 54.__ . 浜松医科大学 .__ . 47.__ . 18.__ . 38.30%
63(↓).__ . 43.__ . 36.__ . 65.__ . 62.__ . 71.__ . 61.__ . 埼玉医科大学 .__ . 55.__ . 18.__ . 32.73%
65(↓).__ . 53.__ . 64.__ . 54.__ . 26.__ . 60.__ . 54.__ . 名古屋市立  .__ . 36.__ . 17.__ . 47.22%
65(↓).__ . 47.__ . 44.__ . 47.__ . 45.__ . 48.__ . 65.__ . 福井大学   .__ . 46.__ . 17.__ . 36.96%
67(↓).__ . 56.__ . 71.__ . 73.__ . 62.__ . 55.__ . 75.__ . 高知大学   .__ . 49.__ . 16.__ . 32.65%
68(↑).__ . 72.__ . 76.__ . 60.__ . 74.__ . 68.__ . 63.__ . 岐阜大学   .__ . 37.__ . 12.__ . 32.43%
68(↑).__ . 77.__ . 71.__ . 67.__ . 55.__ . 77.__ . 68.__ . 鳥取大学   .__ . 44.__ . 12.__ . 27.27%
70(↓).__ . 61.__ . 42.__ . 49.__ . 26.__ . 14.__ . 41.__ . 横浜市立   .__ . 55.__ . 11.__ . 20.00%
70(↓).__ . 61.__ . 60.__ . 54.__ . 49.__ . 51.__ . 41.__ . 新潟大学   .__ . 83.__ . 11.__ . 13.25%
72(↓).__ . 70.__ . 71.__ . 74.__ . 66.__ . 69.__ . 59.__ . 東北大学   .__ . 38.__ . 10.__ . 26.32%
73(↑).__ . 79.__ . 79.__ . 79.__ . 77.__ . 79.__ . 79.__ . 岩手医科大学 .__ . 15.__ . 9.__ . 60.00%
73(↑).__ . 75.__ . 70.__ . 77.__ . 69.__ . 78.__ . 70.__ . 名古屋大学  .__ . 23.__ . 9.__ . 39.13%
73(↓).__ . 70.__ . 51.__ . 71.__ . 45.__ . 57.__ . 53.__ . 山口大学   .__ . 34.__ . 9.__ . 26.47%
76(↑).__ . 78.__ . 76.__ . 77.__ . 79.__ . 75.__ . 75.__ . 産業医科大学   11.__ . 8.__ . 72.73%
77(↓).__ . 73.__ . 67.__ . 60.__ . 73.__ . 73.__ . 73.__ . 秋田大学   .__ . 35.__ . 7.__ . 20.00%
77(↓).__ . 74.__ . 76.__ . 75.__ . 78.__ . 73.__ . 70.__ . 弘前大学   .__ . 51.__ . 7.__ . 13.73%
79(↓).__ . 75.__ . 63.__ . 71.__ . 71.__ . 75.__ . 65.__ . 福島県立医科 .__ . 44.__ . 6.__ . 13.64%





http://www.m3.com/news/GENERAL/2014/9/26/254822/
「待ち時間長い」家裁事務官が看護師殴った疑い
読売新聞 2014年9月26日(金) 配信 Doctors Community 15件

 病院で看護師を殴ったとして、警視庁愛宕署が東京家裁事務官の男(56)から暴行容疑で任意の事情聴取をしていることが捜査関係者への取材でわかった。

 事務官は事実関係を認めており、同署は同容疑で書類送検する方針。

 捜査関係者によると、事務官は24日午前、東京都港区の東京慈恵会医科大付属病院で、近くを通った女性看護師の顔を殴った疑い。事務官は診察のため病院を訪れており、調べに「待ち時間が長くて腹が立った」と供述している。



http://www.m3.com/iryoIshin/article/254820/
The Voice
医療は“自治体消滅”を救うか
若者の雇用と高齢者問題への対応を考える

2014年9月26日(金) 河合雅司(ジャーナリスト)


 安倍改造内閣が発足し、安倍晋三首相は「地方創生」を新たな政策の柱に掲げた。

 このまま東京一極集中を許したのでは日本は“破滅”の道を進む。ところが、有識者による「日本創成会議」の分科会が公表した「2040年までに全国の自治体の半数が将来的な『消滅』の危機にさらされる」という推計のインパクトが余程強かったのか、自治体の中には「危機感」を通り越して「諦めムード」が漂っているところも少なくないという。

 「いまさら」との印象もあるが、政府が地方の生き残りに目を向け、頑張る自治体の応援に乗り出すことにしたのは、大きな一歩だといえよう。とはいえ、「地方創生」という言葉のイメージは、受け止める側によって大きな開きがあるようだ。

 「地方の活性化には、公共事業費を増額することだ」といった景気刺激策として捉える人たちが相変わらず少なくない。町おこしイベントの企画構想も相次いでいる。「地方がうまく行かないのは、分権が遅れているからだ」との意見も強い。

 こうした景気刺激も地方分権も重要な視点ではある。だが、もはや日本の人口減少は一過性の景気浮揚や地方分権だけで何とかなるレベルにはない。国家を一から作り直さなければならない段階に突入していることを忘れてはならない。

 地方を「消滅」の危機から救うため、政府内ではさまざまな構想が練られているが、各省とも「コンパクトな街づくりが避けられない」との認識では一致している。全国に拠点となる都市を設け、周辺自治体からの人口を集約することで人口20万~30万人規模の都市圏を維持しようというのだ。すべての自治体や集落が生き残ることは難しい以上、上手に集約し、社会のサイズを縮小していくことが求められる。

 だが、人口20万~30万人を維持しようと思えば、街としての「魅力」が必要となる。しかも若い世代が定住しなければ持続しない。最も重要なのは若者の職場の確保である。

 アイデアは花盛りだ。民間シンクタンクなどからは、農業分野などでの起業、地元企業の海外展開、国際観光都市へのイメージ戦略、大学を中心としたアカデミックな街づくりのアイデアや、ユニークな子育て支援策についての提言がなされている。

 ただ、若者の雇用確保策を考える一方で、激増する高齢者の暮らしも守らなければならないところに、人口減少問題の難しさがある。

 そこで注目を集めるのが「医療」である。医療機関、とりわけ地域の中核をなす病院は多くの雇用を生むからだ。医師や看護師などはもちろん、医薬品や物品の納入業者、患者を送迎するタクシー業者、自動販売機業を含めた飲食業者など関係業種の裾野は広い。医療機関を中心とした街づくりをすれば、若者の雇用創出と高齢者問題を同時に解決できるとの発想だ。

 国土交通省の「国土のグランドデザイン」によれば、三大都市圏を除く500人規模の町には、飲食店、郵便局とともに診療所が必ずと言ってよいほど存在する。どんな暮らしを選ぶにせよ、医療機関が不可欠ということだ。こうした状況に、政府内からは「医療機関がなければ都市生活は成り立たないのだから、発想を逆転させて、地域の拠点病院を中心にコンパクトな街づくりを考えるほうが現実的だ」との声が出ている。

 これに呼応するように、厚労省も医療機関を中心とした街づくり構想を言い始めた。

 厚労省は都道府県を中心として、地域の医療需要の将来予測や疾病構造の変化を踏まえた病床機能の再編を促すほか、レセプト(診療報酬明細書)データの分析によって都道府県ごとに医療費抑制目標値を設定する方針を打ち出している。

 これまでの厚労省の医療制度改革の説明は、どちらかといえば、膨張する医療費の抑制を強調してきた。しかし、最近の厚労省幹部の説明には「医療介護を含めたまちづくり」、「新しいまちづくりを促進する仕組みの構築」といった言葉が目立つ。人口20~30万人レベルで地域において、救急病院など基幹病院を中心とした医療機関ネットワークの構築の必要性をうたう説明資料まで見られる。

 政府内では「『地方創生』の看板を掛けなければ、来年度予算の獲得は難しい」との雰囲気が強まっている。「バスに乗り遅れるな」との側面もあるのだろう。だが、そこには厚労省の焦りも見え隠れする。

 厚労省は病院完結型医療から地域完結型へと医療の在り方の大転換を打ち出し、住み慣れた地域で安心して暮らせるようにすると宣言したものの、高齢者の一人暮らしや高齢夫婦のみの世帯が多く、在宅医療や在宅介護に対する国民の不安や不満は依然強い。

 「地域包括ケアシステム」の整備に力を入れようとしている矢先に、人口激減地域で民間病院の過当競争に伴う倒産が相次いだのでは、「在宅医療」構想は根底から見直しを迫られる。それ以前に、日常の診察にあたる病院が倒産してしまつたのでは、そのまま地域の崩壊に直結しかねない。

 厚労省は、地域医療の在り方について「競争よりも協調」の必要性を掲げてもいる。公立病院を含め、すべての医療機関が自分たちの地域の医療をどうして行くのか理念を共有しなければ、人口減少時代を乗り越えられないとの説明だ。厚労省にしてみれば、「医療費抑制のため」というより「地方創生」という国策の後押しがあったほうが、病院機能再編について医師や地元住民の理解を得やすい。「医療」を中心とした街づくりは、まさに“願ったり叶ったり”というところだろう。

 ただ、政府内の「医療」を中心とした街づくりに関する思惑は一枚岩とは言い難い。本格的な高齢社会を迎え医療提供体制が崩壊することを懸念する厚労省に対し、医療を「成長産業」と見て地域活性化の起爆剤ととらえる声は小さくない。

 高齢者の暮らしを支えるには、医療だけでなく、病院へ通うためのコミュニティバスなど公共交通や高齢者住宅、商業施設といった様々なサービスも整えなければならないとの考え方だ。医療法人改革で「非営利ホールディングカンパニー型法人」の導入を図り、医療周辺ビジネスと出資関係を持ちやすくしようという思惑も政府内にはある。

 地域の拠点となる病院の敷地内や隣接地に、高齢者住宅を整備したり、フィットネスクラブやカルチャーセンター、大型書店、ショッピングモールを建設したりして、巨大な高齢者タウンを造ろうというアイデアも浮上している。

 このあたりになると、もはや地域の医療提供体制をどうしていくかという話とは論点が異なる。急激に人口移動が進めば、医療機関の地域バランスが崩れ、病院機能の再編をむしろ妨げることにもなりかねない。

 若者を惹きつけ、人口規模を維持できなければ医療機関どころか、地域そのものが「消滅」してしまう。とはいえ、地域の医療提供体制を再編なくしては激増する高齢患者に対応はできない。

 両者を同時に実現するのは難しい。何を守り抜き、何を諦めるのか。「医療」を中心とした街づくりに限らず、「地方創生」を成功させられるかどうかは、安倍政権の取捨選択の判断にかかっていると言えそうだ。


※本記事は、2014年9月23日に先見創意の会のホームページで掲載した内容を、編集部でタイトルとレイアウトのみ変更したものです。



http://www.m3.com/iryoIshin/article/254774/
降圧剤論文問題と研究不正
研究不正対応不備なら間接経費停止も
文科省新GL、データ保存や倫理教育は義務付け

2014年9月26日(金) 池田宏之(m3.com編集部)

 文部科学省は9月25日、来年4月から適用する「研究活動における不正行為への対応等に関するガイドライン」についての関係団体向けの説明会を都内で開催した(資料は、文科省のホームページ)。研究不正が発生した際の研究機関の責任の明確化などが主な趣旨で、「研究倫理教育責任者の配置」「研究者への倫理教育の実施」「研究データの保存・開示」などを求め、対応を取らない場合は研究機関への間接経費の停止の措置などを講じる。さらに文科省は、確認された不正行為について、一覧化して公開する。説明会は9月29日までに、東京や大阪で開催され、周知徹底を図る。

対象、基盤的経費の研究にも拡大

 ガイドラインは、降圧剤ディオバンを巡る論文不正や、理化学研究所のSTAP細胞の論文に関する不正など、研究活動の不正行為事例が後を絶たないことから、文科省が検討を進めてきて、8月に策定した。基本方針として、従来の不正行為対応が、研究者個人の責任に委ねられていたのに対して、「研究機関が組織を挙げて不正行為の防止に関わる」ことで、不正行為が起こりにくい環境づくりの強化が掲げられている。

 ガイドラインの適用は2015年4月1日からで、対象となるのは、2015年度以降の文科省の予算配分や措置で実施される活動の全て。対象は、従来の競争的資金を活用した研究活動だけでなく、基盤的経費による研究にも拡大する。2014年度以前の研究における不正行為は、対象外。

 研究機関に求められるのは、「責任ある研究体制を確保するための方針、規定の整備」に加え、「研究倫理教育責任者の配置」「研究者への倫理教育の実施」「研究データの保存・開示」が義務付けられる。倫理教育については、日本学術鍵や日本学術振興会とともに、プログラムを作成中。CITIなど既に用いられている倫理教育プログラムの取り扱いについて、文科省は代替が可能であるように運用してくように調整していく意向を示している。倫理教育の対象者については、基本は研究者としながらも、「将来研究者を目指す人材や研究支援人材なども、各研究機関で業務や専門分野の特性を踏まえて、適切に配慮してほしい」としている。

 「データ保存期間」については、現在、日本学術会議が一定の指針作りを進めていて、指針に基づいて、各研究機関で定めるように求めている。ガイドラインは、過去に遡及しないが、2006年に文科省が定めたガイドラインでも、不正行為への疑惑への説明責任は研究者に課されていて、「データの不存在により、証拠を示せない場合は、不正行為と認定されることがある」としている。

内部調査をけん制する規定も

 「不正行為」の中でも、「捏造」「改ざん」「盗用」は「特定不正行為」として定められている。それ以外は、二重投稿、不適切なオーサーシップなどがあるが、それぞれの基準は、文科省が審議を依頼した日本学術会議が2015年3月までに示す予定。「特定不正行為」については、研究機関に、調査手続きや方法に関する規定を定めて公表し、告発者の秘密保持と、告発後の具体的手続きの明確化を求めている。調査に当たっては、内部調査と受け取られないように、「調査委員会に外部有識者を半数以上入れる」ことを求めているほか、再現実験の機会を確保するように求めている。調査結果の公表範囲については、各研究機関の判断に任せることとなっている。

 以上のような体制について、文科省は研究機関をサンプリングし、履行状況を調査する。管理体制に不備がある場合は、「管理条件」を付与した上で一定期間対応を求め、管理条件が履行されなければ、研究機関への「間接経費」などの措置を取る。措置は、担当していた部局に限定せず、機関全体に対する措置となる。文科省は、研究機関に対して、履行状況を一覧化したチェックリストを提示する考えを示している。



http://www.m3.com/news/GENERAL/2014/9/26/254860/
グローバル大学37校を選定 国際化進める大学支援
共同通信社 2014年9月26日(金) 配信

 文部科学省は26日、世界レベルの研究を行う大学や、国際化を進める大学を支援するため「スーパーグローバル大学」に国公私立大37校を選定したと発表した。期間は10月1日から2023年度末まで。

 104校が応募し、文科省の有識者委員会が審査した。世界トップレベルの教育や研究を目指す「トップ型」には東京大、東北大、広島大など国私立計13校、新しい取り組みで国際化を先導する「グローバル化牽引(けんいん)型」には金沢大、会津大、立命館大など国公私立計24校が選ばれた。

 選定された37校は今後、各大学の構想に基づいて海外のトップレベルの大学と共同での大学院の創設や、海外の大学との連携などを推進する。

 文科省は教員の人件費など必要経費を支援。支援額は大学によって異なり、「トップ型」が1校あたり年間4億2千万円、「グローバル化牽引型」が1校あたり年間1億7200万円を標準額としている。



http://www.m3.com/news/GENERAL/2014/9/27/255122/
調剤費伸び「異様」との声、日病協
池田宏之(m3.com編集部) 2014年9月27日(土) 配信

 日本病院団体協議会は9月26日に代表者会議を開いた。会議の中で、大手調剤薬局の在り方も含めた調剤費の伸びについて、「異様」と指摘する声が出て、中医協で議論するように求める声が出た。終了後に会見した、日病協の加納繁照議長は、日病協としてまとめられるデータがあるならば、提示したい考えを示した。

 8月に厚生労働省が公表した2013年度の医療費の動向によると、2012年度比で、診療費の伸びが医科・歯科を合わせて、1.4%だったのに対し、調剤費は5.9%伸びていた(資料は、厚労省のホームページに掲載)。この伸び方について、出席者からは「異様に高い」との指摘が出た。原因として挙がったのは、大手調剤薬局の存在。薬剤について、同様の説明をしても、院内調剤では加算できず、院外調剤では加算できる診療報酬がある点などを問題視する声が上がったという。加えて、加納氏は「薬価差益の問題も大きいのでは」と指摘した上で、中医協での議論を求めていく方針でまとまったという。

 また、消費税率8%への引き上げの影響調査では、1075病院のうち、363病院から回答が来ていることを明かした。加納氏は、関心の高さから回収率が上がっているとの認識を示し、データを集計したものの、回答の提出まで至っていない病院が確認されていることを踏まえて、「400を超えるとみられ、多様な分析ができる」と話した。結果の公表は10月以降となる。



http://www.kanaloco.jp/article/78246/cms_id/103729
診療報酬 後絶たぬ不正請求 基準曖昧で審査甘く
2014.09.28 03:00:00【神奈川新聞】カナロコ

 診療報酬をめぐる不正・過大請求が後を絶たない。JA県厚生連伊勢原協同病院(伊勢原市)で疑いが明らかになった「検体検査管理加算」の不正請求も、過去に他の医療機関で発覚している。一方、不正が明るみに出るのはわずかとみられる。医療関係者は、届け出基準の曖昧さや厚生労働省の審査の甘さを指摘する。

 同加算をめぐっては、2005年に滋賀県内の病院、12年には宮城県内の病院でそれぞれ1千万円単位の不正請求が発覚。それぞれ、臨床検査の担当医が手術補助などの業務を受け持っていたり、週1回の外来診療に当たっていたりしていた。県内でも09年、川崎市内の病院で数百万円の不正請求が明らかになっている。

 静岡県内の病院は今年7月、同加算4の請求をめぐり、臨床検査医の「常勤」の基準を満たしていないと厚労省から指摘を受けた。同院によると、6月末で請求資格を取り下げ、13年4月からの本来の資格との差額分の診療報酬を患者の自己負担分を含めて返還する方針だ。

 同院は常勤医に必要な勤務時間について、医療法に基づき「週32時間以上」と解釈。だが厚労省は「週5日40時間」を原則とし、患者1人当たりの診療点数が月400点(4千円)低い同加算2に当たると指摘したという。同院関係者は「医療法に準じるのが当然だと思っていた。同様の解釈をしている病院は多いのではないか」と話した。

 ただ、不正や過大請求が発覚するケースはまれだ。

 同加算など特別な診療行為ごとに算定される特掲診療料を請求できる資格は、施設規模に応じた医療機関の届け出に基づき、厚労省が審査して決定される。ある病院関係者は「審査はほぼスルーと言っていい」と打ち明ける。

 なぜか。「病院の性善説が根底にある」。別の医療関係者が説明する。基準を満たすため、実労働がなくとも名義を使うためだけに医師を在籍させている病院もあるという。「(診療所を除いた)病院だけでも1万軒近くあり、厚労省はチェックを徹底しようにも、手が回らないはず」とみるこの関係者は、「結果的に不正を野放しにしている、と言われても仕方がない」と国を批判した。

 東京医科歯科大の川渕孝一教授(医療経済学)は「日本のチェック体制はアナログで、先進国の中で非常に遅れている。制度設計に明らかな欠陥がある」と指摘する。診療報酬の請求内容を調べる厚労省の指導医療官ら指導・監査担当者が、慢性的に不足しているのが実態という。医療機関から市町村や健康保険組合に請求されるレセプト(診療報酬明細書)は年間十数億枚に上るとされ、「レセプトと院内体制の二重チェックで精いっぱいだ」と強調する。

 不正請求を防げなければ、患者の自己負担が増えるだけでなく、不必要な医療費の増大を招く。川渕教授は抜本的な不正請求対策として、「診療報酬の管理を全面的に電子化してシステム監査に移行し、(医師の配置の把握を容易にするため)専門医の登録制もさらに進めるべきだ」と提言している。



http://moneyzine.jp/article/detail/211948
調剤薬局がグループ化で規模を拡大
調剤薬局の調剤報酬の構造も影響か

加藤 秀行、 サイトウ イサム
2014年09月27日 20:00 MONEYzine

 儲けすぎとの批判もある調剤薬局。規模の拡大で収益が拡大する構造になっており、積極的にM&Aが行われている。
一目で分かるFX取引会社ランキング。 手数料やレバレッジが一覧表示
株安だから少額ではじめたい!注目のFXが気になる人の完全ガイド

狭いスプレッド2年連続
 近年、調剤薬局グループが積極的にM&Aを実施し、規模の拡大を進めている。

 矢野経済研究所は9月12日、調剤薬局グループに関する調査結果を発表した。調査は調剤薬局グループ企業を対象に、4月から7月にかけて実施された。今回の調査では、20店舗以上の保険調剤が可能な薬局を保有する薬局開設者を、調剤薬局グループと定義した。

 レポートによると、調剤薬局グループの現状は、2013年9月時点の地方厚生局の保険薬局開設者資料と、矢野経済研究所のデータベースから算出したところ、全国で210グループとなった。また調剤薬局210グループが保有する保険薬局店舗数は1万4,484店で、全国の保険薬局5万5,644店の26.0%を占めた。

 レポートでは、調剤薬局グループの保険薬局店舗数に占める比率は、今後も拡大すると予想している。これは近年、調剤薬局グループが活発にM&Aを実施しているため。M&Aの対象となる保険薬局の多くは、数店舗を展開する個店薬局だったが、今後は大手調剤薬局グループ同士の再編という動きも予想されており、さらなるグループ化が進むとみられている。

 このようにM&Aが加速する背景には、調剤薬局の収益構造も関係しているようだ。

 患者が病院や診療所から発行された処方せんを調剤薬局に持参すると、薬剤師が調剤してくれる。このとき調剤薬局には、厚生労働大臣が定められた「調剤報酬点数表」で算出された調剤報酬が支払われる。この調剤報酬が、調剤薬局の収入となる。

 調剤報酬は、処方せんに基づいて薬を調剤する技術に対して算定される「調剤技術料」と、保険薬局が患者に薬の飲み方を指導したり、薬に関する情報を提供した場合に算定される「薬学管理料」、処方された薬剤の価格によって換算される「薬剤料」、インシュリンの針などが処方された場合に算出される「特定保険医療材料料」の4つに分類される。

 例えば、「調剤技術料」は「調剤基本料」と「調剤料」に分かれており、調剤調剤基本料は、薬局ごとに規模や業務内容等により点数(価格)が決められている。また基本料は処方箋の受付回数に応じて算定される。こうした構造によって、規模拡大のメリットが収益の増大につながっている。

 調剤薬局の好業績ぶりは「調剤バブル」などとも呼ばれ、儲けすぎといった批判の声が上がることもある。ただ今後は人口が減少傾向にあることや医薬分業の伸び率鈍化、店舗数全体の増加にかげりも見え始めている。こうした環境の変化も、大手薬局の規模拡大や再編に影響を与えそうだ。



http://www.minpo.jp/news/detail/2014092718279
【災害心理研究所】ストレス低減に成果を(9月27日)
( 2014/09/27 08:39 カテゴリー:論説 )福島民報

 東京電力福島第一原発事故による心理的な影響で、県内の子どもと保護者(母親)の受けるストレス(心理的な負担)が低くなってきた。福島大の「災害心理研究所」が今月、公表した調査結果で分かった。喜ばしい傾向だが、他県での数値に比べると依然、高いままだ。親子で長期的に抱えたストレスが今後、子どもの成長にどう影響するのか。対処法を導くためにも、同研究所のこれからの活動と研究成果に注目したい。
 被災者に対する心のケアは、東日本大震災から3年半たった今も重視すべき課題だ。心理的な問題から健康を害するなど、日常の暮らしの隅々にまで影響を及ぼしているケースもあるのではないか。復興庁は平成27年度予算の概算要求で、被災者の心のケアに18億円を計上した。今月就いた竹下亘復興相はインタビューに「一人一人に寄り添うのが大事で、心のケアなどソフト事業が重要になる」と述べている。支援体制をさらに充実するべきだ。
 地震や津波などの自然災害で痛手を受けた人に対する心のケアの手法は阪神大震災を機に、ある程度確立されてきたといえる。だが、原子力災害がもたらす心理的な影響については科学的に解明されていないのが現状だ。事故発生から30年近くたつチェルノブイリ原発周辺では、いまだに心の問題を抱えている住民が見られるという。
 原子力災害による心理的な影響の実態を調査して不安やストレスの仕組みを解明し、状況に見合った低減策や支援策を施す必要がある。福島大はこうした目的で今春、同研究所を開設した。それまでも研究チームを組織し、震災直後から、県内の子ども(1歳6カ月児から小学生)と母親を対象に、定期的に調査してきた。震災後に生まれた子どもにも、原発事故が起因するとみられるストレス反応があった。母親の不安やストレスが子育てにも大きく影響している表れだろう。
 同研究所が今回公表したのは、幼稚園児から小学生までと母親対象の4回目の調査結果だ。過去3回に比べてストレスが低減したという結果は母親に安心感を持たせ、子どもにも好影響を与えるのではないか。しかし、同じ調査をした秋田、福井、兵庫の3県の結果と比べ、本県の母子のストレスはかなり高かった。
 同研究所は調査を続け、具体的な低減策を打ち出してほしい。県の「ふくしま心のケアセンター」や福島医大の「災害こころの医学講座」などと連携し、共同で取り組むことも大切だ。(戸井田 淳)



http://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20140927_9
ドクターヘリ広域連携協定を締結へ 10月、北東北3県
(2014/09/27) 岩手日報

 岩手、青森、秋田の北東北3県が試行していたドクターヘリの広域連携運航について、県は26日、10月から正式運航すると発表した。10月1日に広域連携協定を締結する。

 他県へのヘリ要請は、これまで自県のドクターヘリと防災ヘリが対応できない場合のみに限られていた。協定締結により、今後は自県の防災ヘリの利用状況にかかわらず、距離や患者の病状など現場状況に応じ、他県へヘリ要請ができるようになる。

 転院搬送は広域連携の対象外だが、地理要因などを理由とした特定病院間では可能。本県ヘリは、秋田県鹿角市のかづの厚生病院から岩手医大付属病院(盛岡市)への転院搬送に対応することとした。

 ドクターヘリの広域運航は、昨年4月から3県で試験的に実施。円滑な運航ができるかどうかなど調べていた。県によると、試行運航期間中(9月15日まで)の3県の要請件数は計11件。うち本県によるヘリ要請は青森県へ6件、秋田県へ1件の計7件だった。



http://mainichi.jp/area/niigata/news/m20140927ddlk15040046000c.html
医療過誤?:胃ろう管外れ、男性死亡 新潟の病院、29日会見 /新潟
毎日新聞 2014年09月27日 地方版

 新潟市中央区の新潟市民病院で今年8月、胃ろうの手術を受けた70代男性が転院先の民間病院で胃ろうのチューブが抜け、腹膜炎を発症して死亡していたことがわかった。同病院は医療過誤の可能性があったとして、調査を進めている。

 男性は8月22日、民間病院から市民病院に転院。腹壁に穴を開けてチューブを通し胃に栄養を送る胃ろうの手術を受けた。同27日に民間病院に再度転院したが、同31日にチューブが抜けているのが見つかり、市民病院に搬送されたが、同日中に死亡した。死因は腹膜炎と見られる。

 市民病院は、チューブが外れたのは、チューブを体に固定する器具の使用法を誤ったのが原因であった可能性があるとして、既に男性の家族に状況を説明し、謝罪しているという。

 市民病院の担当者は毎日新聞の取材に「現在はコメントできない」としており、29日に記者会見を開いて詳しい事情を説明するとしている。【山本愛】


  1. 2014/09/28(日) 05:52:39|
  2. 未分類
  3. | コメント:0
<<9月28日  | ホーム | 9月26日 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する