FC2ブログ

Doctor G 3 のメディカル・ポプリ

地域医療とプライマリケア、総合診療などに関係したネット上のニュースを記録。医学教育、研修、卒後キャリア、一般診療の話題、政策、そしてたまたまG3が関心を持ったものまで。ときどき海外のニュースも。

01-162患者様が医療を壊す/書評 医者と対等なんて大間違い

http://sankei.jp.msn.com/life/news/110129/bks11012907470003-n1.htm
産経新聞 2011.1.29 07:45
【書評】 『「患者様」が医療を壊す』岩田健太郎著
 ■医者と対等なんて大間違い

 「医者と患者は対等ではない。医者のことを『偉い』と思いなさい」-。

 国立大学医学部の教授に、いきなりこんなことを言われたら、不快に思う読者も多いかもしれません。

 しかし、早合点は禁物です。これは「患者中心の医療」を長年追い求めてきた著者が、臨床の現場で考え抜いた末に辿(たど)り着いた、逆説的な「方法論」なのです。

 「患者のことを『患者様』と呼びましょう」「医者は患者の意見を尊重しましょう」「病気について勉強して賢い患者になりましょう」。一見、患者寄りでもっともらしい言説が、患者自身を不幸にした、と著者は主張します。上っ面だけの「正しさ」を希求し、複雑な医療の本質に目を向けようとしない態度が、医療崩壊を招いたというのです。

 さらに「テレビで見た情報で自己診断する」「やたらとレントゲンやMRIを撮りたがる」「ネットで医者の評判をチェックする」、そんな小利口な患者は損をする。むしろ「医者は偉い」という“フィクション”を信じることが結局は患者の得になる、と説きます。

 それはなぜなのでしょうか? かの内田樹(たつる)さんも絶賛した、臨床医ならではの分かりやすく深い言葉で、解き明かしてくれます。

 さて、私事ですが、ちょうど本書の校了直後に、手術のため入院しました。「手術すべきか」「本当にこの医者に任せて良いのか」など、さまざまな迷い・不安が生じましたが、そのとき本書の内容にどんなに救われたことか!(新潮選書・1155円)

 新潮社出版部 三辺直太
  1. 2011/01/29(土) 19:22:33|
  2. 未分類

01-161医療者の自己犠牲は限界

http://www.sanin-chuo.co.jp/column/modules/news/article.php?storyid=524264035
山陰中央新聞 ('11/01/29)
談論風発 : 医療者の自己犠牲は限界 公・互・自助の費用分担を
 益田地域医療センター医師会病院院長 狩野稔久


 「日本の医療は世界一」という。医療崩壊、医師不足、看護師不足など医療状況の疲弊が連日のように新聞の見出しを飾り、存亡の岐路に立つ島根の地域医療の窮状を報告する山陰中央新報連載の「地域医療のあす」を読む限りでは、にわかに信じがたいというのが実感であろう。

 しかし、間違いなく日本人の平均寿命、健康寿命は世界一であるし、乳児死亡率は世界最低。世界保健機関(WHO)の健康達成度総合評価でも世界一なのである。

 では、その世界一の医療を担保するのにかかる医療費はどうか。対国内総生産(GDP)比では経済協力開発機構(OECD)加盟国中18位で、米国の半分程度の費用で賄われている。

 ちなみに日本の公共事業費はサミット参加先進6カ国の合計より多い。インフラ整備がいかに遅れているとしても、これはこれで考えさせられる問題である。

 要するに日本の医療現場では、低いコストで質の高い医療が提供されている。

 一般的に安くて良いものは、なかなか手に入りにくい。良いものにはそれなりの対価を伴うのが世の常だが、それでは日本の低コスト高品質の医療を支えているものは何か。その一つは医療者の高い職業倫理という精神的、文化的な要因で、自虐的にいえば医療者の自己犠牲がある。

 ぎりぎりの人数で昼夜を問わず、数多くの医療者たちが働いている。実際、病床100床あたりの医師数は米国の5分の1、ドイツの3分の1だ。看護師数もドイツの半分しかいない。

 医療の高度化、人権意識の高揚に伴う業務量の増加、複雑化、理不尽なクレーム、目まぐるしく変わる医療制度への対応…。「もうやってられない」。多くの医療現場から悲鳴が上がり、医療崩壊に危機感を募らせる。

 ことここに至り、政府も財政のみの視点から医療費をひたすら抑制し続けてきた、これまでの方針を転換し、手だてを講じてきてはいるが、残念ながら即効性は期待できない。ただ、ここで行政批判していても、何も生み出さないのは自明の理。医療者自らも医療崩壊を食い止めるために創意工夫する必要がある。

 地域医療は手作りであり、その方法は、それぞれの医療機関がある地域の人口分布、年齢構成、面積、医療資源などの組み合わせによって千差万別である。

 例えば、当院では地域特性を見極めた医療機関の役割分担、シームレス(つなぎ目のないこと)な独自の連携、病院の施設・設備を開業医が共同利用できるオープンシステム、TQM(トータル・クオリティー・マネジメント)に代表される業務の質を上げるなど、仕事をやりやすくするカイゼン活動に傾注している。

 いち早く取り入れた24時間院内保育にしても、手前みそになるが、国の制度を先取りしてきたという自負があり、病院の安定経営につながっている。

 とはいえ、医療者側の努力にも限界がある。社会保障的意味合いの強いわが国の医療保険制度は、社会の経済との調和の上に成り立っており、その負担能力を超えて医療費が増加していくことは許されないのも当然である。それを承知の上で言えば、住民のニーズに応えられる質の高い医療を提供するためには、やはり、それに見合ったコストを誰かが負担しなければならない。税金にせよ、保険料にせよ、患者負担にせよ、誰がどう賄うのか。

 そろそろ公助、互助、自助の費用分担をいかにするか、みんなが自分のこととして真剣に考えなければ、近い将来、地域の医療機関は崩壊し、「日本の医療は世界一」は過去のものとなる。
 …………………………………
 かりの・としひさ 1954年、雲南市大東町生まれ。自治医科大医学部卒。島根県立中央病院医員、島前町村組合立島前診療所長などを経て1997年から現職。医療のTQM推進協議会幹事、日本医学看護学教育学会理事、島根大医学部臨床教授。益田市在住。
  1. 2011/01/29(土) 19:22:15|
  2. 未分類

01-160高齢医師の技能低下問題

http://www.nytimes.com/2011/01/25/health/25doctors.html?_r=1&ref=health
New York Times Published: January 24, 2011
As Doctors Age, Worries About Their Ability Grow
By LAURIE TARKAN

About eight years ago, at the age of 78, a vascular surgeon in California operated on a woman who then developed a pulmonary embolism. The surgeon did not respond to urgent calls from the nurses, and the woman died.

Even after the hospital reported the doctor to the Medical Board of California, he continued to perform operations for four years until the board finally referred him for a competency assessment at the University of California, San Diego.

“We did a neuropsychological exam, and it was very abnormal,” said Dr. William Norcross, director of the physician assessment program there, who did not identify the surgeon. “This surgeon had visual-spatial abnormalities, could not do fine motor movements, could not retain information, and his verbal I.Q. was much lower than you’d expect.”

Yet “no one knew he had a cognitive deficit, and he did not think he had a problem,” Dr. Norcross continued. The surgeon was asked to surrender his medical license.

One-third of the nation’s physicians are over 65, and that proportion is expected to rise. As doctors in the baby boom generation reach 65, many are under increasing financial pressures that make them reluctant to retire.

Many doctors, of course, retain their skills and sharpness of mind into their 70s and beyond. But physicians are hardly immune to dementia, Parkinson’s disease, stroke and other ills of aging. And some experts warn that there are too few safeguards to protect patients against those who should no longer be practicing. “My guess is that John Q. Public thinks there is some fail-safe mechanism to protect him from incompetent physicians,” Dr. Norcross said. “There is not.”

Often the mechanism does not kick in until a state medical board has found it necessary to discipline a physician. A 2005 study found that the rate of disciplinary action was 6.6 percent for doctors out of medical school 40 years, compared with 1.3 percent for those out only 10 years.

In 2006, a study found that in complicated operations, patients’ mortality rates were higher when the surgeon was 60 or older, though there was no difference between younger and older doctors in routine operations.

Patient advocates note that commercial pilots, who are also responsible for the safety of others, must retire at age 65 and must undergo physical and mental exams every six months starting at 40. Yet “the profession of medicine has never really had an organized way to measure physician competency,” said Diane Pinakiewicz, president of the nonprofit National Patient Safety Foundation. “We need to be systematically and comprehensively evaluating physicians on some sort of periodic basis.”

Some experts are calling for regular cognitive and physical screening once doctors reach 65 or 70, and a small cadre of hospitals have instituted screening for older physicians. Some specialty boards already require physicians to renew their certification every 7 to 10 years and have toughened recertification requirements. But such policies have met resistance from rank-and-file doctors.

“I do not believe that diminished competence attributable solely to age is a significant factor in the underperformance of most poor-performing physicians,” Dr. Henry Homburger, 64, professor of laboratory medicine at the Mayo Clinic, said by e-mail. Mental illness like depression, substance abuse and a “failure to maintain competence through continuing education far outweigh age as causes of poor performance, in my opinion,” he wrote.

Others doubt that a single type of exam can be used to assess the performance of doctors from a variety of specialties. “More research is needed for us to define what combination of cognitive and motor issues are important,” said Dr. Stuart Green, a member of the ethics committee of the American Academy of Orthopaedic Surgeons.

Physicians do have to meet minimal requirements to continue to practice. To renew a medical license in most states, doctors must complete a certain number of hours of continuing medical education every year or two.

This does not impress experts like Dr. Norcross. “You can be asleep during those courses and no one would know,” he said.

Even the tougher new policies of specialty boards do not usually apply to older physicians, who, because of “grandfather” clauses, are not required to renew their certification ― an expensive, time-consuming process.

They are being encouraged to do so voluntarily, but few do ― less than 1 percent of the 69,000 so-called grandfathered members of the American Board of Internal Medicine, for example.

Doctors with mild cognitive impairment may not be aware they have a problem or their performance is flagging. Changes are often subtle at first: a person may not be able to recall words, learn new material, apply knowledge to solving problems or multitask.

These deficits can make it hard to carry out the latest recommendations for diagnosis and treatment, learn new computer-based technology, remember prescribing details about medications, or function well in a stressful environment like the emergency room.

Only when a doctor’s behavior starts to become odd are other physicians, nurses and patients likely to take notice.

Medical professionals are supposed to report colleagues’ unsafe practices and bad behavior. But doctors are reluctant to confront their fellow physicians, especially their seniors, who may have trained them. “Sometimes we empathize too much and have difficulty making the hard calls when we need to,” Dr. Norcross said.

Doctors often cover for physicians who are becoming less sharp, by having another surgeon in the operating room or by regularly reviewing their cases, Dr. Green said.

Dr. John Fromson, associate director of postgraduate medical education at Massachusetts General Hospital, cited a case at another medical center in New England, where physicians noticed cognitive changes in the 77-year-old chairman of internal medicine.

He was highly respected and had trained most of the physicians at the center, so they were reluctant to confront him. Instead, they gave him a retirement party, hoping he would take the hint. “But he didn’t,” Dr. Fromson said. “He kept on working.”

Dr. Fromson staged an intervention, at which four or five of the doctor’s close colleagues confronted him as compassionately as they could. “We reaffirmed our concern and caring for him, and asked him to hand over his medical license,” he said. “He became quite tearful, but he did.”

To lift this burden from peers while protecting patients, 5 percent to 10 percent of hospitals around the country have begun to address the issue of aging physicians more systematically, said Dr. Jonathan Burroughs, a consultant with the Greeley Company, which advises hospitals and health care companies.

“The other 90 to 95 percent are not willing to take this on,” he said. In some instances, their efforts have been squashed by a vocal medical staff.

At Driscoll Children’s Hospital in Corpus Christi, Tex., Dr. Karl Serrao, the credentials chairman, decided to move slowly and enlisted the staff’s help in drafting a policy for aging physicians. The staff expressed concerns about age discrimination, losing the valuable experience of older physicians and invasion of privacy. Now the hospital’s policy states that when doctors 70 and older are up for reappointment, they must undergo cognitive and physical exams that assess skills specific to their specialty.

Dr. Burroughs says that screening physicians may be a more compassionate route than doctors think. “By identifying the issue early enough, it enhances their chance of being able to practice longer,” he said. When a cognitive deficit is discussed openly, the physician’s practice can be simplified, he can reduce his patient load, and his partners can regularly monitor and assess his work.

“But once something bad happens,” Dr. Burroughs said, “he’ll get his license taken away.”
  1. 2011/01/29(土) 05:38:55|
  2. 未分類

01-159物見遊山をしない医療観光

http://mainichi.jp/select/science/news/20110128k0000m040146000c.html
毎日新聞 2011年1月28日 1時37分(最終更新 1月28日 1時52分)
大阪大:サウジアラビア人心臓手術 期待の医療ツーリズム

 重い心臓病のサウジアラビア人患者が28日、自身の細胞を使って心臓機能を回復させる最先端の手術を大阪大病院(大阪府吹田市)で受ける。海外の患者に日本の高度な医療技術を提供する「医療ツーリズム」の先駆けとして注目を集めている。医療ツーリズムは近年、世界的に広まり、日本でも新たな成長分野として期待されている。

 手術を受けるのはサーレハ・アルシャリーダさん(58)。拡張型心筋症で心臓の機能が健康な人の半分くらいしかなく、薬も効かなかった。自国の病院の紹介で来日。足の筋肉細胞を採取し、体外培養して作った「細胞シート」を心臓に張る手術を受ける。阪大の澤芳樹教授らのチームが開発した手法で、これまで9人に実施。8人は既に退院し、補助人工心臓や強心剤が必要なくなるまでに回復している人もいる。

 手術に先立ち、アルシャリーダさんと澤教授が27日夕、毎日新聞などの取材に応じた。28日の手術では、細胞シート約30枚を心臓の左心室に張る。

 アルシャリーダさんは「欧米と比べても高い心臓手術の技術があると知り、ぜひ受けたいと思った。レベルの高い先生方に囲まれ、落ち着いた気持ちで手術に臨めます」と話した。澤教授は「日本も移植などで世界のお世話になってきた。国際貢献すると同時に日本の医療の高さも海外に知ってもらえる」と意気込みを語った。中東から他にも約10件、同じ手術を望む問い合わせがあるという。【林田七恵】
  1. 2011/01/29(土) 05:38:13|
  2. 未分類

01-158中四国広域医療

http://ubenippo.co.jp/2011/01/post-1664.html
宇部日報 2011年1月27日
中国・四国広域緊急援助隊が合同災害警備訓練

 大規模災害を想定した中国・四国管区広域緊急援助隊の合同災害警備訓練が26日、山口市阿知須のきらら博記念公園西側駐車場であった。陸上自衛隊第13旅団、第6管区海上保安本部、県災害派遣医療チーム(DMAT)などの関係機関を含め、総勢約550人が参加。車両125台、ヘリ4機、船舶2隻が出動した。

 訓練は、宇部市沖を震源とする震度6強の地震や津波が発生し、甚大な被害が出ているとの想定に基づいた内容。
 広域緊急援助隊は、阪神・淡路大震災(1995年)を教訓に、大規模災害に即応できる高度な救出・救助能力を持った専門のエキスパートとして、各都道府県警に設けられている。中国・四国管区合同の訓練は2006年度から5回目。県内では初めて。
 ヘリやオフロードバイクによる情報収集をはじめ、地域住民が参加しての避難誘導、緊急交通路を確保するための放置車両の撤去と、12種類の訓練が分刻みで進行した。
 埋没車両からの救助訓練では、隊員たちが周辺の土砂をかき出し、特殊工具でドアをこじ開けるなどして被災者を救出。バスや倒壊家屋、座屈ビルからの救助訓練もあった。負傷者の救護テントや、身元を確認する安否相談所も設けられた。
 訓練終了後、中国管区警察局の宮越極局長は「的確な指揮の下、一糸乱れぬ行動を展開し、大変心強く感じた。これからも緊密な連携による効果的な部隊活動を展開し、国民の期待に応えてほしい」と講評し、参加者を激励した。
  1. 2011/01/29(土) 05:37:49|
  2. 未分類

01-157山形大学、病理診断外来設置

http://mytown.asahi.com/yamagata/news.php?k_id=06000001101280003
朝日新聞 山形 2011年01月28日
山大医学部附属病院 病理診断外来を開設

 ▽ 県内初今春 「良質な医療提供」

 患者の組織や細胞から病気を最終診断する「病理診断」の専門外来を、山形大医学部付属病院(山形市)が今春、県内で初めて開設する。過去に診断結果が出た細胞や組織の標本を、病理医が改めて診断して「病理組織所見」をわかりやすく説明する。自分の病気を詳しく知りたいと考える患者の要望に応えるのが目的で、同大は「より良質な医療サービスを提供できる」としている。

 病理診断は、痰(たん)や尿などに混じる細胞や臓器組織のガラス標本を顕微鏡で観察し、病気の種類や進行具合などについて最終的な診断を下す。がんなどの腫瘍(しゅ・よう)性疾患には病理診断は不可欠で、悪性か良性かを見極めたり、治りにくさや転移のしやすさを判断したりするなど、治療方針を左右する重要な役割を担っている。結果は患者を直接診察する主治医(臨床医)に報告され、治療に生かされる。

 付属病院の病理診断外来は、4月に外来棟の3階に開設予定。一度診断された細胞や組織のガラス標本を主治医からもらって持参すると、病理医がその場で再診断し、患者に説明してくれる仕組みだ。主に細胞診断と組織診断が対象で、主治医の紹介や事前の予約などが受診の条件だ。

 同学部病理診断学講座の山川光徳教授は「病気についてもっと知りたいと考える患者や家族も多い。従来、主治医から説明を受けていた病理診断の結果を、専門とする病理医から改めて丁寧に説明をすることは、良質な医療につながる」と話す。

 一方、病理医の医師不足は深刻で、県内の病理診断ができる医師はわずか約20人。病理解剖を行うことや、患者とのやりとりがないことなどから、志望者が少ないのが現状という。

 特に最上地域は常勤の病理医が1人もおらず、同大の医師が週3回、県立新庄病院(新庄市)に出向いたり、15年ほど前から同病院と同大をオンラインで結んで遠隔診断ができる「テレパソロジーシステム」を導入したりして対応している。昨年には、診断時間が大幅に短縮できる最新の病理診断装置に更新したほか、今年中には日本海総合病院(酒田市)ともオンラインで結ぶなど体制の整備は進むが、医師の確保は急務だ。

 病理診断の外来は、患者側に役立つだけでなく、病理医の認知度の向上や若手の育成につながることも期待されている。山川教授は「外来を設けることで病理医と患者が接することができるようになる。病理医は病気の診断と治療には不可欠な存在で、多くの人に知ってほしい」と話している。外来の受け付け方法などは近く同病院のホームページで公開するという。
  1. 2011/01/29(土) 05:37:29|
  2. 未分類

01-156沖縄のドクターヘリ、資金難で飛べなくなる

http://www.okinawatimes.co.jp/article/2011-01-28_14017/
沖縄タイムス 2011年1月28日 09時42分
ドクターヘリ運航ピンチ MESH資金不足 4月以降休止も

 【北部】民間ドクターヘリを運用する特定非営利活動法人(NPO法人)MESHサポートが資金難のため、4月以降の運航が休止する可能性があることが27日、分かった。

 MESHサポート事務局によると、現在の資金状況では3月までの運航しかまかなえず、4月以降の運用が厳しい状態となっている。

 継続のためには3月末の時点で約4000万円の資金確保が必要で、確保されれば、8月ごろまでの暫定的な運航が可能になるという。

 同事務局は「このまま推移すると厳しい状況。北部地域のより良い医療環境のため継続運航に理解を頂きたい」として、会員と寄付を募っている。

 寄付などの問い合わせはMESHサポート事務局、電話番号098(835)9880。
  1. 2011/01/29(土) 05:37:11|
  2. 未分類

01-155仙台厚生病院理事長インタビュー(3)

http://www.m3.com/iryoIshin/article/131268/?from=openIryoIshin
m3.com 2011年1月28日 聞き手・まとめ:橋本佳子(m3.com編集長)
「臨床第一」で「研究第一」の東北大とすみ分け - 財団法人厚生会仙台厚生病院理事長・目黒泰一郎氏に聞く◆Vol.3
新設費用約200億円の資金調達は単独でも可能



 ――医学部新設をめぐっては、「誰が教育を行うか」という議論、教員を地域の医療機関から確保すると、地域医療の崩壊がかえって進行する懸念があります。
 それは論理の飛躍であり、そうした事態にはならないと思います。ニュースなどを見ていると、文科省はあまりお金をかけないでやろうとしているのは明らか。そのためには、既存の大学、病院を使うという発想があるわけです。一から作り上げるのは大変だ、とも言っています。「これだけ立派な病院が日本にはあるので、あと少し座学を行う教室さえあればいい」と、鈴木寛・文科副大臣がある講演で発言されたというニュースも見ました。
 つまり、既存の病院のベテラン医師たちが、臨床実習を担当することになる。今、第一線でやっている医師たちに、生き生きとした臨床実習を担当してもらう。ですから、地域の病院から、大量に大学に医師が来るといった事態にはならないでしょう。ただ基礎医学の部分が必要になりますが、人材は“外”にはいません。つまり、今、大学で研究、あるいは教育を担っている方々に来ていただくという形になるのではないでしょうか。

――基礎医学などの担当教員は、全国の大学から公募する。
 そのようになると思いますが、私は特に、東北大学に地域全体のために、そして東北大学自身のために密接な協力をお願いしたいと考えています。例えば、定年近い、しかし十分にエネルギーが残っている医師を、定年の少し前に来ていただき、担当してもらう。そして東北大学は研究第一、我々は臨床第一、地域医療第一とすみ分ける。私も出身者ですが、東北大学にはやはり、いい研究者を育て、世界に伍して研究をすることを第一の使命としていただきたい。医学研究、医学教育をリードする人材を育てる。それだけでも大変な作業だと思うのです。東北大学は歴史的にもそうした使命を託されているわけで、「ここ(宮城県に)に二つ」というのは、そうした意味もあるのです。
 東北大学のパワーを生かして、地域医療に影響を与えることなく、我々は教授陣、スタッフも確保でき、すみ分けができる。それにより東北大学は、ノーベル賞を受賞するような高いレベルの研究に力を注ぐことができる。東北大学はそれをやりたいにもかかわらず、手が回らない状況になっているわけです。だから、私の提案は歓迎されると思います。というより、私がやらなくても自然とそうなっていくのではないでしょうか。誰がやっても、この事業をやろうとしたら、そうした話になるでしょう。

 ――東北大学の幹部とお会いした時に、既にすみ分けの話はされたのでしょうか。
 はい。ですから記者会見の時にも、「東北大学が研究第一主義、我々は臨床第一主義とすみ分け、補完していきたい」ということを申し上げました。東北大学には近く正式に申し入れて、協力を要請する予定です。

 ――予定されている医学部の構想ですが、規模的には80-100人くらいとお聞きしています。
 今の医学部は、110人、120人程度が多く、それよりは約2割小さい医学部を想定しています。

 ――「地域枠」なども設ける予定でしょうか。
 約半分程度は、「地域枠」としたいと思っています。今の東北地方の医学部も地域枠を持っていますが、大半は一般入試で入ってくる学生。こうした人たちは、関東以西、関西の人も結構多く、卒業すると地元に帰ってしまい、東北への地域定着率は低い。定員の数だけの問題ではない、東北の不利な面があります。
 したがって、「地域枠」をどんな形で運営するかという問題はありますが、私はそこに「奨学生枠」という要素も入れ、卒業後、地域で働く義務年限を設ける。そうすれば、家庭がそれほど豊かでなくても入学することができ、学生のクオリティーを上げることも可能ではないでしょうか。

 ――「地域枠」は東北出身者に限らない。
 はい。限りませんが、例えば、宮城県のある市が、「地域枠」を持つとします。地方自治体が運営する病院が奨学金を出す可能性も考えられます。それに手を上げた学生は、奨学金を受け、卒業後、その市あるいは病院で働く。どんな形の「地域枠」が一番いいかはこれから練っていきます。自治医科大学は都道府県単位ですが、より小さい地方自治体単位、地方自治体立病院単位などの「地域枠」を考えたらどうかとも考えています。
 また、私は医学部経営において、従来は、大学病院経営が大きな赤字要素だったと思います。それを補うのに多大な資金が必要だったのではないかと。ただ、DPCの影響もあり、大学病院の経営も、単年度で黒字を出すようになっている。病院もそう大きな負担にならない。
 もちろん、研究というお金にならない要素もありますが、今、私が考えている医学部は研究にそれほどウエイトを置きません。臨床という、“大自然”の観察から始めて、問題意識を持ち、研究テーマを見つけた上で、基礎研究の道に進んでもいい。今、日本でノーベル賞候補の一人と言われる、iPS研究の山中伸弥先生(京都大学教授/京都大学iPS細胞研究所所長)も、最初は臨床医でした。「研究したい」と考える方には、研究で一流の東北大学などに行ってもらう。こうした道を奨励する医学部にしたいと思います。
 以上のような要素を踏まえると、医学部経営は依然ほどは難しくなくなっているのでは、と考えています。結果的に、医学部新設にかかる費用は変わってくるのはないか。より安い費用、ひいては安い授業料で学生を教育できる。1月12日の記者会見で、「私立大学でも、授業料は最低水準を目指す」と言った根拠はここにあります。

 ――ただ、東北福祉大学が持つのは精神科中心の病院(144床)であり、仙台厚生病院(383床)は、循環器をはじめ、三つの領域に限られています。
 ですから、他の病院との連携も不可避だと思います。それをこれから募集していくことになります。最終的には、普通の大学病院並みのベッド数、700床、プラスマイナス100床ぐらいの病床数は必要でしょう。

 ――附属病院以外のハード面では、どんな準備が必要だとお考えでしょうか。講義室や解剖などの部屋は。
 臨床実習以外の教育を行う施設は必要でしょう。講義室は、東北福祉大学にあります。ただ、医学部用に作った大学ではないので、医学部に必要なものは、これから作っていかなければならない。それでも費用は抑えてスタートできるのでは。

 ――どのくらいの費用を想定されていますか。
 200億円は覚悟して資金調達します。仙台厚生病院の経営は黒字ですが、積極的に投資をしてきており、今、手持ちの現金に余裕があるわけではありません。非常に健全経営なので、銀行からの融資はしてもらいやすい病院であり、この数字は届く範囲にあります。

 ――仙台厚生病院単独で、200億円を調達するということですか。
 可能だと、銀行は。

 ――銀行には既に話をされたのでしょうか。
 間接的に、内々に打診はしています。

 ――仙台厚生病院の経営状況をお教えください。
 2009年度の医業収益は約130億円、税引き前利益が約12億円、税引き後利益が約9億円です。これはいい数字だと思いますが、それでいて、この仙台の医療圏では、職員の給与は高い。

 ――2010年度診療報酬改定により、急性期病院では、収入増につながったケースが多いと思います。
 2010年4月から10月の実績では、入院収益は7.6%増、外来収益は糖尿病外来などをやめた影響などで、8.1%のマイナス。ただ、当院は入院収益のウエイトが高いので、全体の収益は5.1%増になっています。この増益分は、給与アップの形で職員に還元していきます。この年度末には臨時のボーナスを出すことも予定しています。

------
01-094 仙台厚生病院理事長インタビュー(1)
01-132 仙台厚生病院理事長インタビュー(2)
  1. 2011/01/29(土) 05:36:51|
  2. 未分類

01-154福島医大派遣医師増員

http://www.kfb.co.jp/news/index.cgi?n=201101280
福島放送 2011年01月28日 09時23分配信
新年度、医師派遣10人増 福島医大

 県は平成23年度、地域医療充実のため県内医療機関に派遣する福島医大教員の助手(医師)枠を現在の80人から90人程度に拡大する方針を固めた。

 増員分は、自治体などが運営する公的病院の枠に充てる方向で調整を進めており、年間で約9000万円の人件費が新たに必要となる。

 同大付属病院の非常勤医師らを常勤助手として採用することで、医師確保につなげる。
  1. 2011/01/29(土) 05:35:24|
  2. 未分類

01-153呉市、オープン病床病診連携

http://www.chugoku-np.co.jp/Health/An201101270259.html
中国新聞 '11/1/27
地域医療支える「開放型」 呉市医師会病院、開設50年

 ▽全207病床 開業医と連携診療

 呉市医師会病院(朝日町)が今月、開設50周年を迎えた。全国85の医師会病院の中で2番目の歴史がある。勤務医と地域の開業医(かかりつけ医)が連携した診療が全207病床で可能な「開放型病院」として、地域医療を支えている。

 市医師会が運営し常勤医師は11人。内科、外科、大腸・肛門外科など5診療科がある。受診は原則、かかりつけ医や他の病院からの紹介が必要となる。

 開放型病院は、患者が入院した場合、紹介した開業医と勤務医が共同で診療できる。開業医は磁気共鳴画像装置(MRI)などの検査で機器の利用ができるため、患者にとって継続した診療になる。

 開業医が医師会病院で入院患者の主治医を務めるケースは、以前に比べて減っているが6・7%(2009年度)に達している。

 病院は広島県立呉病院の譲渡を受けて1961年1月に開設。医師が共同経営した米ハワイ州のクアキニ病院をモデルにしたという。

 開設時61床だった病床は、建て替えなどで増床を重ねてきた。09年度の外来患者数は延べ1万9391人、入院は延べ4万6778人。近年は大腸や肛門疾患の症例が多い。

 中塚博文院長(59)は「専門性を伸ばしつつ、かかりつけ医への支援を強めて市民の安心感につなげたい」と話している。(山田太一)
  1. 2011/01/29(土) 05:35:04|
  2. 未分類
前のページ 次のページ