FC2ブログ

Doctor G 3 のメディカル・ポプリ

地域医療とプライマリケア、総合診療などに関係したネット上のニュースを記録。医学教育、研修、卒後キャリア、一般診療の話題、政策、そしてたまたまG3が関心を持ったものまで。ときどき海外のニュースも。

朝日は問題を理解していない

http://sankei.jp.msn.com/life/body/101031/bdy1010310049000-n1.htm
産經新聞 2010.10.31 00:46
朝日の「がんワクチン」報道が医療界や患者に波紋…「臨床試験の停滞を憂慮」

 新たながん治療法として注目される「がんペプチドワクチン」の臨床試験の停滞を憂う声が広がっている。東大医科学研究所(東京都港区)が開発し、医科研付属病院で臨床試験中に発生したペプチドワクチンの消化管出血事例を、医科研がワクチンを提供しているほかの病院に伝えていなかったことを問題視した朝日新聞の記事がきっかけだ。関連学会や患者団体などから抗議の声が上がっているほか、30日には日本がん免疫学会が緊急シンポジウムを開催する事態になっている。
 きっかけとなったのは朝日新聞が15日付朝刊1面などで報じた「臨床試験中のがん治療ワクチン『患者が出血』伝えず」の一連の記事
(中略)
 治療薬の開発を求める41の患者団体も20日、厚労省で記者会見。「臨床研究の停滞が生じることを強く憂慮します」などとする内容の声明文を発表した。
 会見した卵巣がん体験者の会スマイリーの片木美穂代表は「臨床試験はがん治療成績の向上のために、重要な役割を担っている。臨床試験が停滞したら、困るのは患者」と話す。
 膵臓がん患者でつくるNPO法人、パンキャンジャパンの眞島喜幸事務局長も「治療が尽きた患者にとってペプチドワクチンの臨床試験への参加は最後の望みなのに、不安が大きくなっている」と訴えている。
 朝日新聞社広報部の話「当該記事は、薬事法の規制を受けない臨床試験には被験者保護の観点から問題があることを、東大医科研病院の事例を通じて指摘したもので、確かな取材に基づいています」
  1. 2010/10/31(日) 23:07:02|
  2. 未分類

医師不足の中小病院の進路

http://www.shizushin.com/news/social/shizuoka/20101031000000000013.htm
静岡新聞  10/31 08:06
医療療養型に変更 救急も廃止へ 引佐赤十字病院

 浜松市北区引佐町の引佐赤十字病院が2011年1月から早急な治療を要する患者を受け入れず、病状の安定した患者を対象にした医療療養型病院に運営形態を変更することが30日までに、同病院への取材で分かった。医師不足による経営悪化の影響で、救急医療や休日夜間診療も11月から廃止し、外来診療科の一部も順次閉鎖する。
 同病院は旧引佐郡唯一の公的医療機関として地域医療を支えてきたが、04年の新医師臨床研修制度が始まったことを機に当時10人いた常勤医師は現在3人まで減少した。医師不足を解消できずに年々赤字が増大したため、経営形態の見直しが迫られていた。
 1月からは他病院で治療を受けたものの長期入院が必要な患者などを2病棟(定員99人)で受け入れる。非常勤医師を雇ってこれまで開設していた皮膚科、眼科、耳鼻咽喉科など5科は12月から2月までに順次廃止していく。内科、整形外科は存続するが、受け付けは午前中のみとなる。
 健康診断業務や通所リハビリテーション「やまびこ」も本年度末で廃止する。同病院は「存続を第一に考えた苦渋の決断。住民に迷惑を掛けるが理解していただきたい」としている。
  1. 2010/10/31(日) 23:05:14|
  2. 未分類

医師不足のニュース件数/Google検索 10月

2010年10月31日 Google (日本語) での検索件数
キーワード 医師不足 過去一か月のニュース 224件
Google (English) での検索件数
Key word Doctor shortage, past month 448


First 5 in Google in English (米国、カナダから)、(First 20 には オーストラリア、ニュージーランド、インドからのニュースあり)

Study: Mass. has critical shortage of doctors
NECN - ‎Oct 20, 2010‎
The study found that many of those doctors have been worn by the cost of business and administrative work. The doctor shortage has pushed the appointment ...
* Critical condition for doctor shortage Bizjournals.com
* Mass. Primary Care Shortage: Lesson for National Reform? MedPage Today
* Survey: Massachusetts docs still in short supply BusinessWeek
* News-Medical.net
* all 60 news articles »

Doctor shortage hurts quality
RocNow - ‎11 hours ago‎ (Rochester, NY)
The Rochester region is facing a critical shortage of primary care physicians, which will have a profound effect on quality and cost of medical care in our ...

Doctor shortage to get worse, insurers consolidate as a result of ObamaCare
United Liberty - Jason Pye - ‎Oct 4, 2010‎
“While previous projections showed a baseline shortage of 39600 doctors in 2015, current estimates bring that number closer to 63000, with a worsening of ...
* AAMC: Health Reform Law To Exacerbate Doctor Shortage California Healthline
* all 10 news articles »

Doctor shortage ending small town dreams for Carlyle family

Global Toronto - ‎Oct 25, 2010‎ (Canada)
The community of about 1250 people has no full time doctor, so it's up to just two nurses to care for the town's population. The situation is not suitable ...


Health care reform and aging boomers expected to exacerbate existing doctor ...
California Independent Voter Network - Adrienne Verrilli - ‎Oct 11, 2010‎
As the nation struggles with a serious doctor shortage, a study recently released by the Association of American Medical Colleges ...
* Doctor Shortage Worsened by Healthcare Reform, says Physician Group eMaxHealth
* Physician Shortage Expected To Balloon To 91500 In 2020 Medical News Today (press release)
* all 6 news articles »

  1. 2010/10/31(日) 05:53:47|
  2. 未分類

米国、製造過程の問題で薬剤回収/GSKとファイザー

GSK プエルトリコ工場での不良品
http://www.nytimes.com/2010/10/27/business/27drug.html?_r=1&ref=health
Glaxo to Pay $750 Million for Sale of Bad Products
By GARDINER HARRIS and DUFF WILSON
Published: October 26, 2010

GlaxoSmithKline, the British drug giant, has agreed to pay $750 million to settle criminal and civil complaints that the company for years knowingly sold contaminated baby ointment and an ineffective antidepressant ― the latest in a growing number of whistle-blower lawsuits that drug makers have settled with multimillion-dollar fines.
Altogether, GlaxoSmithKline sold 20 drugs with questionable safety that were made at a huge plant in Puerto Rico that for years was rife with contamination.
Cheryl D. Eckard, the company’s quality manager, asserted in her whistle-blower suit that she had warned Glaxo of the problems but the company fired her instead of addressing them. Among the drugs affected were Paxil, an antidepressant; Bactroban, an ointment; Avandia, a troubled diabetes drug; Coreg, a heart drug; and Tagamet, an acid reflux drug. No patients were known to have been sickened, although such cases would be difficult to trace.
(後略)

ファイザー リピトール製剤で異臭
http://www.latimes.com/business/nationworld/wire/sns-ap-us-pfizer-recall-lipitor,0,6638007.story
Pfizer issues 3rd recall of cholesterol medicine Lipitor this year due to unpleasant odor
MATTHEW PERRONE AP Business Writer
October 29, 2010|9:40 a.m.
WASHINGTON (AP) ― Drugmaker Pfizer Inc. announced Friday it would recall 38,000 bottles of its blockbuster cholesterol drug Lipitor due to an unpleasant odor, the third recall this year related to the problem.
The New York-based drugmaker said the latest recall was triggered by two consumer complaints about a musty or moldy odor on Lipitor bottles, which are made by an outside company in Puerto Rico.
Pfizer has recalled over 360,000 bottles of Lipitor in the last three months because of the issue. The company recalled 140,000 bottles in August and another 191,000 earlier this month.
(後略)
  1. 2010/10/31(日) 05:20:33|
  2. 未分類

米国、床屋での血圧測定が啓発に効果的 (Arch Intern Med)


http://www.nytimes.com/2010/11/02/health/research/02awareness.html?ref=health
Awareness: Blood Pressure Check With That Haircut?
By RONI CARYN RABIN
Published: October 29, 2010

Barber shops often serve as a pipeline for health information in African-American communities. Now, a study reports a striking success: when barbers checked their male patrons’ blood pressure on every visit, the men were far more likely to see a doctor and get high blood pressure under control. (There was also a financial incentive: a free haircut for those who returned with a prescription.)
The study, published on Monday in Archives of Internal Medicine, was conducted at 17 black-owned barber shops in Dallas County, Tex., over the course of two years, ending in 2008.
Eight shops distributed pamphlets to customers found to have high blood pressure at the start of the study; nine went much further, offering blood pressure checks and urging hypertensive customers to see a doctor.
By the end of the study, more than half of both groups had their blood pressure under control. But the gain was more impressive among those whose barbers checked them at each haircut: 53 percent, from 33 percent at the start of the study, compared with 51 percent, from 40 percent, for those who received pamphlets.
Most customers were regulars who came in every two to four weeks, said the study’s lead author, Dr. Ronald G. Victor, now of Cedars-Sinai Heart Institute. “That sure puts the issue on top of your radar screen,” he said.
-------
Archives of Internal Medicineの論文によると、ダラス地区黒人居住区の床屋で、血圧測定し、高血圧とわかった人が処方箋を持って次に床屋にきたら理髪料を無料にするというプログラムで成功を納めたとのこと。
Effectiveness of a Barber-Based Intervention for Improving Hypertension Control in Black Men: The BARBER-1 Study: A Cluster Randomized Trial.
Victor RG, Ravenell JE, Freeman A, Leonard D, Bhat DG, Shafiq M, Knowles P, Storm JS, Adhikari E, Bibbins-Domingo K, Coxson PG, Pletcher MJ, Hannan P, Haley RW.
Arch Intern Med. 2010 Oct 25. [Epub ahead of print]PMID: 20975012 [PubMed - as supplied by publisher]

  1. 2010/10/31(日) 05:13:34|
  2. 未分類

米国総合医は専門医に比べて低給与

http://www.medscape.com/viewarticle/731131?src=mpnews&spon=34&uac=91714FX
From Medscape Medical News
Significant Discrepancies in Physician Hourly Wages Exist Across Specialties

Nancy Fowler Larson

October 25, 2010 ― Physicians' hourly wages vary substantially depending on specialty, ranging from a high of $132 for neurologic surgeons to less than $50 for those in certain areas of primary care, according to a study published October 25 in the Archives of Internal Medicine.

Such discrepancies ― which may deter medical students from pursuing primary care and create an increased reliance on more costly specialists ― have been documented in numerous studies. However, much of the previous research is limited by its failure to take into account the number of hours worked, among other flaws.

"Considerable data are available that rank physician specialties by annual income, which is one potential indicator of relative valuation," write J. Paul Leigh, PhD, from the Center for Healthcare Policy and Research, University of California–Davis School of Medicine, and colleagues. "However, some data in these studies were collected from physicians employed in medical schools and from nonrepresentative community practitioner samples, limiting the ability to generalize their findings."

In a cross-sectional analysis, the investigators examined data regarding 6381 physicians in 60 communities who were included in the 2004 to 2005 Community Tracking Study physician survey.

Running Tobit and linear regressions, the researchers scrutinized 4 broad specialty groups: primary care (including pediatrics, geriatrics, family practice, internal medicine, general practice, and internal medicine/pediatrics), surgery (including general, neurologic, plastic, orthopedic, otolaryngologic, thoracic, urologic, and vascular surgery, as well as obstetrics/gynecology), internal medicine and pediatric subspecialties (including allergy and immunology, hematology and oncology, gastrointestinal, cardiovascular, nephrology, pulmonary, critical care, hospitalists, rheumatology, endocrinology, infectious disease, and neonatal and perinatal care), and "other" (radiation oncology, occupational medicine, emergency medicine, adult and child psychiatry, neurology, ophthalmology, and dermatology), along with 41 distinct specialties.

Highest-Paid Physicians Make More Than 2.5 Times More Than Lowest Earners

According to Tobit-adjusted results, the mean yearly income for all physicians was $187,857 in 2004 to 2005 dollars, earned while working a mean 53.1 work hours during a mean 47.3 weeks.

With regard to the broad groups, unadjusted figures demonstrated that those in surgery led the earnings per hour ($92.10), followed by other medical specialties ($88.08) and internal medicine and pediatric subspecialties ($84.85) and primary care ($60.46). Hourly pay for surgery and for internal medicine and pediatric subspecialties was significantly higher than for primary care physicians (48% and 36% higher than primary care physicians, respectively).

Specific findings of unadjusted hourly wages include the following:

* $100/Hour and More
o Neurologic surgery: $132.33 (P = .01 - .05 compared with general surgery)
o Radiation oncology: $126 (P ≤ .01 compared with primary care, broad category)
o Medical oncology: $114.21
o Plastic surgery: $113.78
o Dermatology: $102.68 (P = .05 - .10 compared with general surgery)
* $80 to $93/hour
o Cardiovascular diseases: $93.74
o Gastroenterology: $93.27
o Neurology: $92.52
o Emergency medicine: $87.47
o Obstetrics and gynecology: $83.40
* $66 to $75/hour
o Neonatal and perinatal medicine: $75.86
o Psychiatry: $72.24 (P =.01 - .05 compared with general surgery)
o Pulmonary diseases $71.67 (P = .05 - .10 compared with general surgery)
o Pediatrics $69.24 (P =.01 to .05 compared with general surgery)
o Child and adolescent psychiatry: $67.36 (P =.01 to .05 compared with general surgery)
* $58/hour and less (P ≤ .01 compared with primary care, broad category, for all)
o Family practice: $58.25
o Internal medicine: $58.18
o General practice: $57.55
o Other pediatric subspecialties: $51.62
o Internal medicine and pediatrics: $49.90

Neurologic surgeons, the highest-paid physicians, worked only 1 hour more each week (58) than the lowest-paid internists and pediatricians (57).

Adjustment for control variables, including age, race, sex, and region, did not significantly alter the results. Earnings were substantially less in adjustment analysis for the 41 distinct specialties than for the broad general surgery group (wage near median, $85.98): internal medicine and pediatrics combined (-$24.36), internal medicine (-$24.27), family medicine (-$23.70), and other pediatric subspecialties (-$23.44).

In a commentary about the study, Michael E. Chernew, PhD, from the Department of Health Care Policy, Harvard Medical School, Boston, Massachusetts, notes that the earnings gaps are greater than expected. He also points out that Medicare fee-for-services payments further increase the wage disparities between primary care physicians and specialists.

"This undoubtedly contributes to the shortage of primary care physicians, which likely has deleterious effects on the system as a whole," Dr. Chernew writes.

Gap May Be Even Wider Than Study Shows

The investigators stated several limitations to their research:

* the earnings of radiologists, anesthesiologists, and pathologists were not included in the physician survey, and therefore, wage discrepancies between specialists and primary care physicians are likely greater than indicated;
* information was self-reported and cross-sectional, prohibiting findings with regard to causality;
* 71% of the sample was not accessible for the 3 earlier rounds of data gathering; and
* the survey response rate was only 53%, and participation rates may vary among specialties

The researchers concluded that a decreasing interest in primary care by medical students argues for reform, under which primary care physicians would earn more or work fewer hours.

"By accounting for differences in number of work hours and number of weeks worked per year, these findings provide a more complete picture of disparities in remuneration in various physician specialties than has previously been available," the authors write. "As such, they will help inform the contentious health and payment reform debate and will also offer much needed guidance to medical students, medical school and residency program faculty, practicing physicians, health plan administrators, and health policymakers, among others."

The National Institute for Occupational Safety and Health and the University of California–Davis supported the study. The study authors have disclosed no relevant financial relationships.

Arch Intern Med. 2010;1728-1734, 1742-1744.
  1. 2010/10/30(土) 06:23:48|
  2. 未分類

徳島に続く氷山の一角、これから全国にどう波及するか 

http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/ehime/news/20101029-OYT8T01066.htm
(2010年10月30日 読売新聞 愛媛)
県立2病院に是正勧告 06年と今年基準超え時間外労働 労基署

 県立中央病院(松山市春日町)と県立新居浜病院(新居浜市本郷)が、定められた範囲を超えた時間外労働を医師らにさせていたとして、労働基準監督署からそれぞれ2006年11月と今年3月に是正勧告を受けていたことがわかった。県は医師不足が大きな原因とし、「搬送される患者を断るわけにもいかず、抜本的に改善するのは難しい。作業の効率化など可能な範囲で医師らの負担軽減に取り組む」としている。
 県公営企業管理局総務課によると、両病院とも重篤な救急患者を受け入れる三次救急指定病院。新居浜病院では2009年7~12月、医師37人のうち7人に、労働基準法に基づいて労使協定で定めた時間外労働の上限(月90時間)を超える月平均105~191時間の時間外労働をさせていた。最も長時間勤務だった男性外科医は、多い月で280時間を超えていた。
 中央病院(勧告時、協定では45時間以内と規定)では、電子カルテの導入に伴う事務作業も原因だったとし、同病院では医療司書の導入などで医師の負担軽減を、新居浜病院では協定に定める超過時間を増やすことも検討に入れるとして、労基署に報告したという。
 しかし、同病院では毎晩、救急担当2人と入院担当1人で当直をこなし、2008年12月から産科を始めるなど、医師に負担がかかりがちだという。現在の医師数は39人で、県県立病院課は「もう少し人数を増やしたいが、医師の確保は厳しいのが現状」としている。


  1. 2010/10/30(土) 06:01:18|
  2. 未分類

この事故に有罪判決はそぐわない。医療事故と同類のような。。。

判決に対する反発
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2010102900942
時事通信(2010/10/29-18:58)
「現場混乱、安全に逆行」=管制官有罪に抗議-全運輸

 日航機同士のニアミス事故で航空管制官2人を有罪と判断した最高裁決定について、旧運輸省系職員でつくる「全運輸労働組合」は29日、「航空の現場に混乱をもたらし安全確保に逆行する決定は断じて認められない」とする抗議声明を出した。
 声明は、事故は管制官の便名間違いが原因ではなく、多くの事象が複雑に絡んで発生したと指摘。「羽田空港の新滑走路の供用開始に象徴されるように航空交通量は増大の一途をたどる。決定は日本の航空の発展に対する国民の期待を踏みにじる」と批判した。

判決のニュース
http://mainichi.jp/select/today/news/m20101029k0000m040013000c.html
毎日新聞 2010年10月28日 17時50分 更新:10月28日 20時37分
ニアミス事故裁判:管制官2人有罪確定へ 最高裁

 01年に静岡県上空で日航機同士が異常接近(ニアミス)し乗客57人が負傷した事故で、誤った指示を出したとして業務上過失傷害罪に問われた国土交通省東京航空交通管制部の管制官2人に対し、最高裁第1小法廷(宮川光治裁判長)は26日付で、上告を棄却する決定を出した。1審の無罪判決を破棄し、籾井(もみい)康子被告(41)を禁固1年6月、執行猶予3年、蜂谷(はちたに)秀樹被告(36)を禁固1年、執行猶予3年とした2審判決が確定する。確定すれば、2人は失職する。
 ニアミス事故で管制官の刑事責任が問われたのは初めてで、最高裁の判断が注目されていた。決定は5人の裁判官のうち4人の多数意見。桜井龍子裁判官は「管制官の指示と事故に因果関係は認められない」として、2人を無罪とする反対意見を述べた。
 小法廷は「907便の機長が航空機衝突防止装置の上昇指示に従わなかったのは、管制官の降下指示を受けていたからだ」と判断し、管制官の誤った指示と事故の因果関係を認めた。そのうえで「2人は誤った指示の危険性を認識できた」と指摘。管制官と装置の指示が相反した場合、どちらに従うべきかルールが不明確だったことが事故の要因の一つと認めたが、「罪の成立は左右しない」とした。
 東京地裁は誤った指示と事故の因果関係を認めず無罪としたが、東京高裁は「正しい指示を出していれば、事故は起こり得なかった」として逆転有罪とした。【伊藤一郎】

 【ことば】日航機ニアミス事故
 静岡県焼津市上空で01年1月31日、日航の907便と958便が異常接近し、衝突を避けようと急降下した907便の乗客57人が重軽傷を負った事故。訓練中の管制官だった蜂谷秀樹被告が便名を言い間違えて907便に降下指示を出し、指導役の籾井康子被告も誤りに気付かなかった。両機の航空機衝突防止装置が907便に上昇指示を、958便に降下指示を出したが、907便は装置の指示に従わなかったため両機が降下を継続、高度差約10メートルですれ違った。
  1. 2010/10/29(金) 22:51:34|
  2. 未分類

医療ドラマ花盛り

エンタメニュース

http://news.walkerplus.com/2010/1029/3/
2010年10月29日 MovieWalker
矢田亜希子、LISMOドラマで5年ぶり主演&初の母親役に挑戦!

 LISMOドラマのシリーズ第19弾「空にいちばん近い幸せ 映画『ジーン・ワルツ』ANOTHER STORY」の主演に矢田亜希子が決定した。
 『ジーン・ワルツ』(2011年2月5日公開)は大ベストセラー作家・海堂尊の「チーム・バチスタの栄光」「ジェネラル・ルージュの凱旋」に続く医療ミステリー最新作。生命誕生の瞬間を舞台に、日本の産婦人科医療の現実を描き出した衝撃の問題作だ。主演に菅野美穂を迎え、「NANA」シリーズの大谷健太郎監督がメガホンをとった。そして、同作のプロデュースチームが「医学・医療の視点だけでなく、母親、家族の目線から『ジーン・ワルツ』の感動をドラマにしたい」という思いで、アナザーストーリー「空にいちばん近い幸せ」が誕生した。
 本作は、ごく普通の一組の家族が生命の尊さと触れ合う感動的なドラマ。強く望まれてもこの世に生まれることができなかった命と向き合い、家族と共に悲しみを乗り越える砂羽(さわ)役を、母親役初挑戦の矢田が、砂羽の夫役を安田顕が演じる。
(後略)


http://www.cinematoday.jp/page/N0027771
シネマトゥデイ 2010年10月21日 5時38分
200万部突破の人気コミック「最上の命医」がドラマ化決定!来年1月よりテレビ東京系で

 [シネマトゥデイ映画ニュース] 入江謙三取材・原作による橋口たかしのマンガ「最上の命医」がテレビドラマ化されることが明らかになった。同作は、小児外科を舞台に現代の医療をめぐる問題を描いた作品で、2011年1月よりテレビ東京系で放送される。
(後略)


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101029-00000001-dal-ent
デイリースポーツ 10月29日(金)9時8分配信
嵐・櫻井 アイドル捨て感涙クランクアップ

 人気グループ・嵐の櫻井翔(28)が主演した映画「神様のカルテ」(深川栄洋監督、2011年公開)が、長野県・松本市内で28日までにクランクアップした。冷たい雨の中、最後のシーンを終えた櫻井は、妻役を演じた女優・宮崎あおい(24)から花束を受け取り、「悩みに悩んだ、悩み続けた1カ月半でした。何度も何度もみなさんに、たくさん助けていただきました」と声をつまらせ、目に涙を浮かべながらあいさつ。悩み抜き、演じきった手応えを明かした。
  ◇  ◇
 「OK!」の声に、櫻井は一瞬、目を閉じ、そして笑顔になった。
 雨の夜の長野県松本市。地域医療に人生をかける“医師・栗原一止”としての生活が終わった瞬間だった。撮影を遠巻きに見ていたファンから拍手と「おめでとう!」の声が飛ぶ。櫻井は「あおいちゃん、そしてスタッフの皆さん、ありがとうございました」と、あいさつ。その目に涙が光っていた。
 9月9日にクランクイン。撮影を振り返った櫻井は「1シーン、1カットが自分にとって挑戦の連続でした。悲しみを抱えてる役だったので、重いもの背負ってる感じだったんですが、いつも監督が助けてくれて…。監督や共演者に感謝の思いでいっぱい」と涙の理由を明かし、「短い期間でしたが、すごく濃密な時間だった。今、終わってホッとしているような、寂しいような気分です」と語った。
 撮影前には原作者で、医師として信州大学医学部に勤務する夏川草介氏に取材、医療現場も見学した。櫻井は、撮影現場では内面も外見もアイドルを捨て、髪にパーマをかけたボサボサ頭は、宮崎から「お母さん」と呼ばれていたほどだった。
 作品は「生と死」を描き、櫻井はあえて「悩んだまま演じた」といい、「自信あるとは言い切れないけど、手応えはあります」と充実感いっぱい。妻役を務めた宮崎は「役同様に支え、守りたいと思った。穏やかな現場で温かい気持ちでいられた」と笑顔を見せていた。
  1. 2010/10/29(金) 20:53:07|
  2. 未分類

大分市夜間小児救急をひとつの病院だけで?

http://mytown.asahi.com/areanews/oita/SEB201010280026.html
朝日新聞 大分 2010年10月29日
大分の夜間小児救急、金・日曜再開へ 県の相談電話も

 大分市で4月に始まった小児初期救急医療の夜間当番制で、医師不足のため6月から中止となっていた金・日曜深夜の診察が、11月1日から再開されることになった。28日、同市が発表した。県もこれにあわせて金・日曜の深夜だけ中止していた相談窓口の「県こども救急電話相談」を11月5日から再開する。
 県医療政策課と大分市保健所によると、月・水・木・土曜を担当していた大分こども病院の常勤医師が7人から8人に増えたため、金・日曜深夜の診察が可能になった。県立病院が担当していた火曜も子ども病院が受け持ち、全日の午後10時~翌朝午前8時(受け付けは午前7時まで)の間、同病院で初期救急の診察を受けることができる。
 初期救急の対象は、基本的に入院の必要のない軽症の患者。県医療政策課は「可能な限り、かかりつけ医での昼間の受診をお願いしたい」と呼びかけている。夜間や早朝に子どものけがや病気で病院に行ったらいいか迷う際は、県こども救急電話(097・503・8822、中津市を除く地域のプッシュ回線では「#8000」でも可能)で、待機している看護師に相談できる。

地元紙は
http://www.oita-press.co.jp/print.php?print_type=localNews&print_first_genre=&print_second_genre=&print_news_id=2010_128831478409
大分合同新聞 [2010年10月29日 10時11分]
大分市の深夜小児救急 来月再スタート

 小児科医不足などで、大分市の深夜小児初期救急医療体制に生じていた週に2日の“空白”が11月から、解消されることになった。一翼を担ってきた大分こども病院(同市片島)が新たに医師3人を確保したためで、体制が整うのは5カ月ぶり。市保健所は医療体制の安定を目指すと同時に、「体制を維持するには利用者の協力が不可欠。適切な受診を心掛けてほしい」と呼び掛けている。
 大分こども病院は、常勤医師1人と夜間当直の非常勤医師2人を募集して確保。市内の担当病院として、空白となっていた金曜日と日曜日の深夜(午後10時~翌朝8時)の診察を受け入れる。これまで県立病院が担っていた火曜日の深夜も引き受け、1週間すべて同病院の担当となる。
 深夜の小児初期救急医療体制は今年4月、市内3病院でスタートした。ところが、夜間診療に多くの患者が集中し、負担が増えた医師側が体制から外れることを申し出たため、体制の一部が維持できなくなっていた。
 同病院の藤本保院長は「ようやく医師を確保でき、毎晩、診察できる体制が整った。ただ、当直医の過剰な負担を防ぐため、日中に来院できるにもかかわらず、時間外に受診するようなことは控えてほしい」と話している。
 新体制に伴い、6月から一部休止になっていた「県子ども救急電話相談」の深夜受け付けも11月から、毎日利用できるようになる。相談事業は県が県医師会に業務委託。担当の看護師らが子どもの病状に応じて対応をアドバイスする。
 平日は午後7時から翌朝8時まで、日曜・祝日は午前9時から午後5時と、同7時から翌朝8時まで。番号はTEL097・503・8822、またはプッシュ回線で#8000(中津市を除く)。
  1. 2010/10/29(金) 20:35:19|
  2. 未分類
次のページ