FC2ブログ

Doctor G 3 のメディカル・ポプリ

地域医療とプライマリケア、総合診療などに関係したネット上のニュースを記録。医学教育、研修、卒後キャリア、一般診療の話題、政策、そしてたまたまG3が関心を持ったものまで。ときどき海外のニュースも。

9周年ありがとう

9.jpg

 このブログを始めたのが2010年8月28日でした。すなわち、このブログは満9年を迎えることになりました。
 当初より、気になる話題を紹介するだけのブログであり、著作権を考えて引用元を明記し、内容には一切手を加えないというスタイルで通して来ました。しかし残念ながら、数ヶ月前から日経グループから引用分のある記録はすべて削除され、全体のおよそ1/3が失われてしまいました。このブログの中でもっとも貴重な震災後の医療破壊とその再興の記録も多くは失われてしまいました。引用すること自体が著作権侵害というスタンスには、此れを以て自らの生業としているわけではなく、命をかけて守るべきものというような崇高な使命感のもとで行ったというわけでもない事なので、一切、抵抗することはしていません。とはいってもとても残念な気持ちでいっぱいです。
 震災後は、ピーク時には1日200件近いアクセスがあり、同年の「8月末まで1日100件以上のアクセスの状態が続いていました。徐々にアクセス数は少なくなったものの、最近まで1日50-80件のアクセスを集めていました。自分自身の多忙のため、週1回の更新になっても週毎の平均で1日30件ほどのアクセスがありました。月末もしくは月初の世界の話題だけになっても週毎の平均で1日20件以上のアクセスがあることはとてもありがたいことです。
 医師不足あるいは医療提供体制の問題は世界各国に共通することであり、これを阻害する様々な要因を解決することが重要であることはいうまでもありません。返す返すも日経グループの介入には残念という他ありません。
 ともあれ、これまでこのブログに関心を持っていただいた皆さんに心より感謝申しあげます。これからも、月に1どの世界の話題提供だけは続けていきたいと考えています。よろしくお願いします。
  Dr. G3 (ドクター爺さん)



  1. 2019/09/01(日) 16:15:51|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

Google Newsでみる医師不足 2019年8月31日

Google Newsでみる医師不足 2019年8月31日
Google (日本語) での検索件数 _ _ _ キーワード 医師不足 過去一か月のニュース 27,900
Google (English) での検索件数 _ _ _ Key word: Doctor shortage, past month 410,000
First 5 in Google in English 


https://www.mercurynews.com/2019/08/20/paging-more-doctors-californias-worsening-physician-shortage/
Paging more doctors: California's worsening physician shortage
A third of the doctors in the state are over 55 and looking to retire soon

The Mercury News‎ - August 20, 2019 at 5:14 am (米国 カリフォルニア州)

California is facing a growing shortage of primary care physicians, one that is already afflicting rural areas and low-income inner city areas, and is forecasted to impact millions of people within ten years. Not enough newly minted doctors are going into primary care, and a third of the doctors in the state are over 55 and looking to retire soon, according to a study by the Healthforce Center at UC-San Francisco.



https://yle.fi/uutiset/osasto/news/mondays_papers_daycare_worker_and_doctor_shortage_party_funding_hike_slammed/10927902
Monday's papers: Daycare worker and doctor shortage, party funding hike slammed
YLE News‎ - 19.8.2019 10:03 (フィンランド)

Helsingin Sanomat starts the week with a story on the severe shortage of early childhood education professionals, as hundreds of vacancies remain unfilled throughout the country. The paper says it previously reported back in 2017 that insufficient salaries in the field had prompted 40 percent of daycare and kindergarten staff to consider changing occupations.
HS writes that municipalities in Finland have since done little to remedy the problem. It mentions that in 2018, the cities in the capital region were accused of reaching an under-the-table agreement to keep salaries low, a claim that municipal employers denied. The cities of Helsinki, Espoo and Vantaa nevertheless decided that autumn to raise early childhood education salaries by between 145 and 175 euros per month, to around 2,600 euros.



https://www.cleveland.com/business/2019/08/doctor-shortage-to-worsen-patients-could-pay-more-for-fewer-options.html
Doctor shortage to worsen, patients could pay more for fewer options
cleveland.com‎ - Aug 11, 2019 (米国オハイオ州)

CLEVELAND, Ohio – A looming primary care physician shortage has medical schools and hospital systems looking for ways to attract new doctors to the field. The shortage could make it harder for patients to see a primary care physician, increase health disparities among the underserved and raise costs as patients turn to the more-expensive emergency room for care, said Dr. Patricia Thomas, vice dean for medical education at the Case Western Reserve University School of Medicine.



https://www.civilbeat.org/2019/08/limited-training-options-worsen-hawaiis-doctor-shortage/
Limited Training Options Worsen Hawaii's Doctor Shortage
Honolulu Civil Beat‎ - August 16, 2019 (米国ハワイ州)

Kamehameha Schools graduate Kekoa Taparra would love to return home to complete his doctor training in Hawaii when he graduates from medical school. But he can't. A training program in radiation oncology — his chosen specialty — simply doesn’t exist in Hawaii.
“I have this mission to come back home and join the forefront against cancer, but I definitely have to stay on the mainland a bit longer,” he said over the phone from Rochester, Minnesota, where he attends the Mayo Clinic Alix School of Medicine.



https://www.azcentral.com/story/opinion/op-ed/2019/08/05/doctor-shortage-hitting-arizona-hard-residency-programs-important/1884792001/
Arizona's doctor shortage keeps getting worse. Here's how we're tackling it
AZCentral.com‎ - 6:00 a.m. MT Aug. 5, 2019 (米国アリゾナ州)

Arizona is part of a nationwide physician shortage that experts say stands to worsen in the coming years as Baby Boomers reach retirement age. The Life Science division of global research firm IHS Markit predicts that the United States will need an astounding 121,900 primary care and specialty doctors by 2032.
General surgeons are in high demand, too, as the nation’s population is growing faster than the number of physicians specializing in this area of medicine. The American Medical Colleges estimates a shortfall of 41,000 general surgeons by 2025.
Arizona – particularly in rural areas of our state – is already feeling the pinch, especially when it comes to primary care physicians. The Health Resources and Services Administration estimates that our state needs 563 primary care physicians now


(他に10位以内のニュースは、米国アーカンソー州(2)、米国アイダホ州、米国、スコットランド、からも)



*: Other interesting news
https://www.usnews.com/news/healthiest-communities/articles/2019-08-16/how-hospitals-medical-schools-are-fighting-the-physician-shortage
Doctors Wanted
A growing physician shortfall has hospitals compensating in creative ways.

By Linda Marsa Contributor
US News Aug. 16, 2019, at 1:25 p.m. (米国)

SARAH GÓMEZ WENT INTO the family business.
Inspired by her father, a doctor who devoted his life to caring for the underserved, the third-year family medicine resident works at the Desert Regional Medical Centerhospital and the UCR Health Family Medicine Center in a part of Palm Springs, California, that seems light years from the plush playgrounds of Hollywood golden-era icons like Bob Hope and Frank Sinatra. Many of her hospital patients are homeless, living in their cars or crammed into tiny apartments with relatives, with little protection from the blazing 120-degree heat in summer. They suffer from uncontrolled diabetes, heart disease, high blood pressure, and some from the ravages of addiction.
"This is my community and I wanted to take care of the people in it," says Gómez, 30, who emigrated with her family from Mexico at age 6 and grew up in nearby Corona.
That's why she chose to pursue her medical education at the University of California–Riverside, about 60 miles east of Los Angeles. UCR School of Medicine, which opened its doors six years ago with a mission of serving the underserved, was deliberately located in "the other California" – the hardscrabble towns far removed from the affluent coastal enclaves – and recruits aggressively in economically disadvantaged areas; a large proportion of current students come from populations woefully underrepresented in medicine.



https://www.usnews.com/news/healthiest-communities/slideshows/top-10-states-in-danger-of-rural-hospital-closures
These 10 States Are in Danger of the Most Rural Hospital Closures
By Gaby Galvin, Staff Writer Feb. 22, 2019, at 5:00 a.m.

Hundreds of hospitals in rural America could close if their financial situations do not improve, a new analysis indicates.
People in rural communities, frequently burdened by physician shortages and older populations, often face more difficulty than their urban peers in accessing health care. Now, a new analysis from Navigant, a consulting firm based in Chicago, finds that about 1 in 5 rural hospitals – a total of 430 – are at high risk of closure due to their financial situations, potentially hindering many Americans' access to care and affecting 150,000 hospital-related jobs.

Number of rural hospitals at risk among all rural hospitals
STATE_____ Population ___# of Hospitals at risk/Rural Hospitals
Kentucky____4.47 Mil_____16 /95
Iowa_________3.16 Mil _____17 /95
Oklahoma ___3.94 Mil _____17 /58
Michigan ____10 Mil _______18 /71
Arkansas ____3.01 Mil_____18 /49
Minnesota___5.61 Mil_____19 /89
Alabama ____4.89 Mil_____ 21 /42
Georgia _____10.52 Mil_____26 /63
Kansas _____2.91 Mil _____29 /101
Mississippi __ 2.99 Mil _____31 /64




  1. 2019/09/01(日) 06:31:08|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

8月18日 

削除するものはもう内科と思っていましたが、
日経グループからさらに35件が削除されました。
もうずたずたです。

Dr. 爺さん (G3)



件名:   【FC2】FC2ブログ運営についての重要なお知らせです.
差出人:  fc2-info@fc2.us
日付: 2019年 8月18日(日)03:24
宛先: ******


ユーザー様

いつもFC2のサービスをご利用いただきありがとうございます。
こちらはFC2事務局です。

貴殿が管理されております
http://docg.blog135.fc2.com/
に関しまして、日本経済新聞東京本社編集局調査部著作権担当様より下記のとおり著作権侵害の
申し立てが届きましたので、
該当記事を凍結いたしました。
**************************************

【URL】:
http://docg.blog135.fc2.com/

【該当箇所】:
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-4173.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-4172.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-4170.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-4168.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-4158.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-4156.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-4147.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-4131.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-4130.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-4125.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-4124.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-4120.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-4100.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-4093.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-4092.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-4090.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-4087.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-4079.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-4077.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-4072.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-4071.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-4045.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-4041.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-4037.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3997.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3946.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3939.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3908.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3908.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3874.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3869.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3868.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3866.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3846.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3846.html

**************************************
記事の内容に問題がない場合には、下記フォームより異議申し立て通知をお送りください。
(本メールにご返信いただきましても、対応いたしかねます)
コンテンツの復帰には10営業日ほどかかります。あらかじめご了承ください。
  1. 2019/08/18(日) 05:36:14|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

8月8日 

さらに日経グループからの追い打ちを受けました。
10件のお知らせの中で592件が追加の削除対象になりました。
これでこれまでの記録のほぼ1/3が失われることになりました。

日本の医療問題を見つめてきた記録が失われていきます。
このブログころが、そのような記録の「メモ帳」と思っていただけに残念です。

Dr. 爺さん (G3)



件名:   【FC2】FC2ブログ運営についての重要なお知らせです.
差出人:  fc2-info@fc2.us
日付: 2019年 8月 7日(水)03:37
宛先: ******


ユーザー様

いつもFC2のサービスをご利用いただきありがとうございます。
こちらはFC2事務局です。

貴殿が管理されております
http://docg.blog135.fc2.com/
に関しまして、日本経済新聞東京本社編集局調査部著作権担当様より下記のとおり著作権侵害の申し立てが届きましたので、該当記事を凍結いたしました。
**************************************
【URL】:
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-0403.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-0386.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-0323.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-0306.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-0297.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-0278.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-0274.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-0270.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-0249.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-0185.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-0134.html

【該当箇所】:
https://style.nikkei.com
https://www.nikkei.com
https://medical.nikkeibp.co.jp
https://trendy.nikkeibp.co.jp
https://tech.nikkeibp.co.jp
https://natgeo.nikkeibp.co.jp


**************************************





件名:   【FC2】FC2ブログ運営についての重要なお知らせです.
差出人:  fc2-info@fc2.us
日付: 2019年 8月 7日(水)03:37
宛先: ******


ユーザー様

いつもFC2のサービスをご利用いただきありがとうございます。
こちらはFC2事務局です。

貴殿が管理されております
http://docg.blog135.fc2.com/
に関しまして、日本経済新聞東京本社編集局調査部著作権担当様より下記のとおり著作権侵害の申し立てが届きましたので、該当記事を凍結いたしました。
**************************************
【URL】:
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1141.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1140.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1140.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1134.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1128.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1127.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1126.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1124.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1124.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1122.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1116.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1116.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1115.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1114.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1114.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1108.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1108.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1106.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1106.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1104.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1104.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1100.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1098.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1098.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1098.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1092.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1092.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1088.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1088.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1086.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1086.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1086.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1085.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1085.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1084.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1084.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1071.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1069.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-0972.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-0901.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-0900.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-0898.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-0815.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-0814.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-0807.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-0784.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-0768.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-0764.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-0733.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-0726.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-0713.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-0661.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-0631.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-0579.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-0579.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-0553.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-0491.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-0454.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-0425.html

【該当箇所】:
https://style.nikkei.com
https://www.nikkei.com
https://medical.nikkeibp.co.jp
https://trendy.nikkeibp.co.jp
https://tech.nikkeibp.co.jp
https://natgeo.nikkeibp.co.jp


**************************************





件名:   【FC2】FC2ブログ運営についての重要なお知らせです.
差出人:  fc2-info@fc2.us
日付: 2019年 8月 7日(水)03:36
宛先: ******


ユーザー様

いつもFC2のサービスをご利用いただきありがとうございます。
こちらはFC2事務局です。

貴殿が管理されております
http://docg.blog135.fc2.com/
に関しまして、日本経済新聞東京本社編集局調査部著作権担当様より下記のとおり著作権侵害の申し立てが届きましたので、該当記事を凍結いたしました。
**************************************
【URL】:
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1293.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1292.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1289.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1285.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1284.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1284.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1282.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1280.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1280.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1280.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1273.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1272.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1271.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1270.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1270.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1259.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1259.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1258.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1257.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1256.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1256.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1255.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1254.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1251.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1251.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1251.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1251.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1249.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1243.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1243.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1237.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1237.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1235.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1234.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1232.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1225.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1223.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1221.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1221.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1219.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1219.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1213.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1209.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1205.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1204.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1202.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1201.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1198.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1198.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1196.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1192.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1192.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1191.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1190.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1188.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1186.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1182.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1180.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1180.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1180.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1180.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1180.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1179.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1177.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1177.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1176.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1176.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1176.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1174.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1166.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1166.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1164.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1162.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1154.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1152.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1152.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1151.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1151.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1148.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1143.html

【該当箇所】:
https://style.nikkei.com
https://www.nikkei.com
https://medical.nikkeibp.co.jp
https://trendy.nikkeibp.co.jp
https://tech.nikkeibp.co.jp
https://natgeo.nikkeibp.co.jp


**************************************





件名:   【FC2】FC2ブログ運営についての重要なお知らせです.
差出人:  fc2-info@fc2.us
日付: 2019年 8月 7日(水)03:35
宛先: ******


ユーザー様

いつもFC2のサービスをご利用いただきありがとうございます。
こちらはFC2事務局です。

貴殿が管理されております
http://docg.blog135.fc2.com/
に関しまして、日本経済新聞東京本社編集局調査部著作権担当様より下記のとおり著作権侵害の申し立てが届きましたので、該当記事を凍結いたしました。
**************************************
【URL】:
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1479.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1475.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1464.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1460.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1458.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1457.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1454.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1450.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1448.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1447.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1438.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1432.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1427.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1426.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1414.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1411.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1410.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1410.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1410.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1409.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1407.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1404.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1398.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1397.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1392.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1390.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1381.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1381.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1379.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1375.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1372.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1371.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1367.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1364.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1364.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1350.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1350.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1350.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1350.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1350.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1349.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1347.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1344.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1343.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1335.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1332.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1332.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1328.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1327.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1327.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1324.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1314.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1314.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1314.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1308.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1308.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1308.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1308.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1308.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1304.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1304.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1300.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1298.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1298.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1296.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1296.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1294.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1294.html

【該当箇所】:
https://style.nikkei.com
https://www.nikkei.com
https://medical.nikkeibp.co.jp
https://trendy.nikkeibp.co.jp
https://tech.nikkeibp.co.jp
https://natgeo.nikkeibp.co.jp


**************************************





件名:   【FC2】FC2ブログ運営についての重要なお知らせです.
差出人:  fc2-info@fc2.us
日付: 2019年 8月 7日(水)03:34
宛先: ******


ユーザー様

いつもFC2のサービスをご利用いただきありがとうございます。
こちらはFC2事務局です。

貴殿が管理されております
http://docg.blog135.fc2.com/
に関しまして、日本経済新聞東京本社編集局調査部著作権担当様より下記のとおり著作権侵害の申し立てが届きましたので、該当記事を凍結いたしました。
**************************************
【URL】:
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1773.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1771.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1770.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1768.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1767.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1767.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1763.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1762.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1761.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1759.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1758.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1753.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1752.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1748.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1729.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1706.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1702.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1686.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1686.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1683.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1672.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1669.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1664.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1663.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1660.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1657.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1651.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1650.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1634.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1634.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1624.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1624.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1603.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1592.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1590.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1589.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1581.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1579.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1576.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1568.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1566.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1566.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1563.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1563.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1561.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1560.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1560.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1558.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1557.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1549.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1549.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1547.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1529.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1527.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1524.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1524.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1520.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1518.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1517.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1501.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1496.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1494.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1486.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1483.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1481.html

【該当箇所】:
https://style.nikkei.com
https://www.nikkei.com
https://medical.nikkeibp.co.jp
https://trendy.nikkeibp.co.jp
https://tech.nikkeibp.co.jp
https://natgeo.nikkeibp.co.jp

**************************************





件名:   【FC2】FC2ブログ運営についての重要なお知らせです.
差出人:  fc2-info@fc2.us
日付: 2019年 8月 7日(水)03:33
宛先: ******


ユーザー様

いつもFC2のサービスをご利用いただきありがとうございます。
こちらはFC2事務局です。

貴殿が管理されております
http://docg.blog135.fc2.com/
に関しまして、日本経済新聞東京本社編集局調査部著作権担当様より下記のとおり著作権侵害の申し立てが届きましたので、該当記事を凍結いたしました。
**************************************
【URL】:
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2015.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2015.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2007.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2002.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2002.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1998.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1988.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1987.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1986.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1982.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1981.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1971.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1967.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1961.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1958.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1956.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1954.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1948.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1947.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1946.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1942.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1937.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1935.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1923.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1923.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1923.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1923.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1919.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1919.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1919.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1912.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1907.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1897.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1889.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1885.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1881.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1876.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1874.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1870.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1863.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1863.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1858.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1851.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1846.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1838.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1836.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1832.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1829.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1828.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1828.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1824.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1815.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1809.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1788.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1787.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1786.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1784.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1782.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1774.html


【該当箇所】:
https://style.nikkei.com
https://www.nikkei.com
https://medical.nikkeibp.co.jp
https://trendy.nikkeibp.co.jp
https://tech.nikkeibp.co.jp
https://natgeo.nikkeibp.co.jp


**************************************





件名:   【FC2】FC2ブログ運営についての重要なお知らせです.
差出人:  fc2-info@fc2.us
日付: 2019年 8月 7日(水)03:31
宛先: ******


ユーザー様

いつもFC2のサービスをご利用いただきありがとうございます。
こちらはFC2事務局です。

貴殿が管理されております
http://docg.blog135.fc2.com/
に関しまして、日本経済新聞東京本社編集局調査部著作権担当様より下記のとおり著作権侵害の申し立てが届きましたので、該当記事を凍結いたしました。
**************************************
【URL】:
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2119.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2118.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2116.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2116.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2114.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2112.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2111.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2109.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2102.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2100.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2097.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2097.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2097.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2097.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2096.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2094.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2089.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2087.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2087.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2085.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2083.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2082.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2082.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2078.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2077.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2074.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2072.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2068.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2067.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2065.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2064.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2064.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2062.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2053.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2051.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2049.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2044.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2040.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2039.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2037.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2031.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2022.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2021.html


【該当箇所】:
https://style.nikkei.com
https://www.nikkei.com
https://medical.nikkeibp.co.jp
https://trendy.nikkeibp.co.jp
https://tech.nikkeibp.co.jp
https://natgeo.nikkeibp.co.jp


**************************************




件名:   【FC2】FC2ブログ運営についての重要なお知らせです.
差出人:  fc2-info@fc2.us
日付: 2019年 8月 7日(水)03:30
宛先: ******


ユーザー様

いつもFC2のサービスをご利用いただきありがとうございます。
こちらはFC2事務局です。

貴殿が管理されております
http://docg.blog135.fc2.com/
に関しまして、日本経済新聞東京本社編集局調査部著作権担当様より下記のとおり著作権侵害の申し立てが届きましたので、該当記事を凍結いたしました。
**************************************
【URL】:
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2668.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2654.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2625.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2588.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2509.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2506.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2504.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2495.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2490.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2489.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2483.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2480.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2474.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2473.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2471.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2469.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2465.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2457.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2456.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2455.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2453.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2448.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2443.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2432.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2428.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2425.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2416.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2404.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2401.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2399.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2396.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2392.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2391.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2384.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2383.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2380.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2367.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2364.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2356.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2354.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2352.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2345.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2335.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2307.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2293.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2290.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2279.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2272.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2268.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2261.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2259.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2247.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2246.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2243.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2241.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2236.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2229.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2227.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2226.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2225.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2224.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2217.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2212.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2211.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2207.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2205.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2201.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2201.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2201.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2200.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2197.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2197.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2195.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2193.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2191.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2191.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2191.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2189.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2188.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2188.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2188.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2188.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2186.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2182.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2169.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2167.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2166.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2164.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2162.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2160.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2158.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2157.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2154.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2148.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2143.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2143.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2143.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2140.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2138.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2136.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2136.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2136.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2136.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2135.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2135.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2132.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2132.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2130.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2129.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2129.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2128.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2126.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2126.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2125.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2124.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2124.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2119.html

【該当箇所】:
https://style.nikkei.com
https://www.nikkei.com
https://medical.nikkeibp.co.jp
https://trendy.nikkeibp.co.jp
https://tech.nikkeibp.co.jp
https://natgeo.nikkeibp.co.jp


**************************************





件名:   【FC2】FC2ブログ運営についての重要なお知らせです.
差出人:  fc2-info@fc2.us
日付: 2019年 8月 7日(水)03:28
宛先: ******


ユーザー様

いつもFC2のサービスをご利用いただきありがとうございます。
こちらはFC2事務局です。

貴殿が管理されております
http://docg.blog135.fc2.com/
に関しまして、日本経済新聞東京本社編集局調査部著作権担当様より下記のとおり著作権侵害の申し立てが届きましたので、該当記事を凍結いたしました。
**************************************
【URL】:
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3423.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3403.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3402.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3350.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3350.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3350.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3350.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3321.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3300.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3285.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3279.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3279.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3265.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3232.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3226.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3176.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3149.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3124.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3089.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3054.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3008.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2970.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2964.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2964.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2958.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2949.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2949.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2924.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2924.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2895.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2895.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2843.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2797.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2771.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2771.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2762.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2754.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2703.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2697.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2684.html

【該当箇所】:
https://style.nikkei.com
https://www.nikkei.com
https://medical.nikkeibp.co.jp
https://trendy.nikkeibp.co.jp
https://tech.nikkeibp.co.jp
https://natgeo.nikkeibp.co.jp


**************************************






件名:   【FC2】FC2ブログ運営についての重要なお知らせです.
差出人:  fc2-info@fc2.us
日付: 2019年 8月 7日(水)03:26
宛先: ******

ユーザー様

いつもFC2のサービスをご利用いただきありがとうございます。
こちらはFC2事務局です。

貴殿が管理されております
http://docg.blog135.fc2.com/
に関しまして、日本経済新聞東京本社編集局調査部著作権担当様より下記のとおり著作権侵害の申し立てが届きましたので、該当記事を凍結いたしました。
**************************************
【URL】:
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-4144.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-4143.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-4137.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-4109.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-4107.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-4106.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-4103.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-4101.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-4086.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-4085.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-4082.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-4055.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-4052.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-4034.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-4023.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-4023.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-4021.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-4018.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-4017.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3995.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3993.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3969.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3957.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3952.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3928.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3910.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3903.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3893.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3888.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3883.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3882.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3863.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3815.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3785.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3782.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3781.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3774.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3773.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3773.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3769.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3721.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3711.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3583.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3581.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3581.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3517.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3497.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3490.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3488.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3438.html

【該当箇所】:
https://style.nikkei.com
https://www.nikkei.com
https://medical.nikkeibp.co.jp
https://trendy.nikkeibp.co.jp
https://tech.nikkeibp.co.jp
https://natgeo.nikkeibp.co.jp

**************************************
記事の内容に問題がない場合には、下記フォームより異議申し立て通知をお送りください。
(本メールにご返信いただきましても、対応いたしかねます)
コンテンツの復帰には10営業日ほどかかります。あらかじめご了承ください。

【デジタルミレニアム著作権法(DMCA)異議申し立てフォーム】
http://form1.fc2.com/form/?id=875026

<注意事項>
異議申し立て通知を提出すると、著作権侵害の申し立て人との間の訴訟に発展する可能性があります。
この手続きを使用して虚偽または不誠実な申し立てを行った場合、法的に不利な結果を招くことがあります。
FC2が異議申し立て通知を受領後、その通知を著作権侵害の申し立て人に転送いたします。
転送される異議申し立て通知には、ユーザー様の個人情報が含まれています。異議申し立て通知を提出することにより、この転送による情報の開示に同意したものとみなします。

お手数をおかけいたしますが、
ご確認とご連絡をよろしくお願いいたします。
========================================================
本メールおよび添付ファイルに含まれる情報の無断転載・転用を禁じます。
本メールにお心当たりがない場合は、お手数をおかけいたしますが
発信者にご連絡のうえ、破棄してくださいますようお願いいたします。
========================================================
Disclosing, copying, distributing or taking any action in reliance of
the information of this email and any attachment is strictly prohibited.
Please notify the sender immediately if you have received this e-mail by
mistake and delete it from your system.
========================================================



  1. 2019/08/08(木) 06:17:31|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

8月4日 

 日経BPおよび日本経済新聞から6/12, 7/6, 8/1 の3度にわたり、次のような著作権侵害の申し立てがありました。そして、FC2より下記記事凍結、すなわち削除の連絡がとどきました。合計677を超える記事を転載した923の記録が失われました。およそ1/5に相当します、日経以外のソースからの記述も一緒に削除対照となっています。法的に争うひまなどありませんので、いわれるがままになります。これまでの日本の医療をめぐる貴重な記録が失われることは慙愧に堪えません。確かに、法的には無残転載とみなされてはいるものの、すべて出典を明記し、出典にたどり着けるように記載した記事で、オリジナリティを侵害したつもりはありません。このブログを開始したのは2010年8月28日だったので、切れ目のいい8月28日までは続けようと考えていましたが、これをもってこのブログは月に一度の世界の医療情勢ピックアップのみとすることにします。
 日本の医療は、地域医療構想、医師の働き方改革、新専門医制度によって、根本から大きく揺さぶられています。15年ほど前の医療崩壊と同様、新たな医療崩壊へと向かっているように感じます。このプロセスがどのように進んだのかを確認するにはこのブログが最適だと思っていましたが、その存在意義が失われてしまいます。これからはまた別の形で情報発信、というより情報転載を考えてみたいと思います。
 この9年間、在宅の時はもとより、国内の出張先で、そして海外の出張先で、時には海外の空港のラウンジでせっせと更新作業を続けてきました。中国内陸部ではGoogleへのアクセスができずに戸惑ったこともありました。そして多くの皆さまに記事を見ていただきました。震災後の医療の復興もこのサイトで収集してきました。
 意欲が回復したら、再開するかもしれませんが、ひとまずは満9年を直前に一時休止とします。

Dr. 爺さん (G3)



件名: 【FC2】FC2ブログ運営についての重要なお知らせです。
差出人: fc2-info@fc2.us
日付: 2019年 6月 12日 1:25: 31 JST
宛先: ********

ユーザー様

いつもFC2のサービスをご利用いただきありがとうございます。
こちらはFC2事務局です。

いつもFC2のサービスをご利用いただきありがとうございます。
こちらはFC2事務局です。

貴殿が管理されております
http://docg.blog135.fc2.com/
に関しまして、株式会社日経BP様より下記のとおり著作権侵害の申し立てが届きましたので、該当記事を凍結いたしました。
**************************************

【URL】:http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2864.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2865.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2867.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2868.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2871.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2877.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2883.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2894.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2898.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2899.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2901.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2909.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2912.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2915.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2920.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2922.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2926.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2927.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2933.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2954.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2958.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2959.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2960.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2967.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2985.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2993.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2998.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2999.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3006.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3012.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3014.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3023.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3026.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3027.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3029.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3030.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3033.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3036.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3046.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3051.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3054.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3057.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3058.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3059.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3061.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3063.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3065.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3066.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3073.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3095.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3100.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3101.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3106.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3108.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3122.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3128.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3135.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3150.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3152.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3154.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3157.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3161.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3165.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3181.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3183.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3196.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3197.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3198.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3207.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3219.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3220.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3221.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3224.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3226.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3231.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3235.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3241.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3247.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3254.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3268.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3271.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3277.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3278.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3282.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3283.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3292.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3293.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3294.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3296.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3297.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3298.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3299.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3306.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3306.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3312.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3315.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3318.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3320.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3321.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3323.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3338.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3341.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3343.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3347.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3350.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3351.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3366.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3369.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3371.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3379.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3384.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3392.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3402.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3403.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3406.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3410.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3414.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3416.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3418.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3420.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3422.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3427.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3438.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3439.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3440.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3442.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3443.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3445.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3447.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3451.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3453.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3468.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3476.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3482.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3487.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3489.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3492.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3498.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3501.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3503.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3508.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3513.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3514.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3515.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3516.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3553.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3565.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3567.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3583.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3586.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3589.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3592.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3593.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3600.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3601.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3607.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3610.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3614.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3617.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3618.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3621.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3624.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3630.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3638.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3645.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3656.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3657.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3669.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3670.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3676.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3682.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3691.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3692.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3697.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3699.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3706.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3713.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3718.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3722.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3723.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3726.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3728.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3729.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3730.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3735.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3742.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3743.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3750.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3771.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3779.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3787.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3792.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3808.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3809.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3816.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3818.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3831.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3832.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3836.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3837.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3839.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3840.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3852.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3857.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3859.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3860.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3872.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3883.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3888.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3893.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3894.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3895.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3897.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3898.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3902.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3916.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3917.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3918.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3924.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3928.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3930.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3937.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3941.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3943.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3945.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3947.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3948.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3953.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3958.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3961.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3966.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3973.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3975.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3983.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3989.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3995.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-4007.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-4014.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-4018.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-4019.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-4020.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-4023.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-4026.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-4028.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-4031.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-4039.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-4042.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-4049.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-4050.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-4051.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-4052.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-4056.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-4061.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-4067.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-4068.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-4074.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-4080.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-4081.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-4088.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-4097.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-4103.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-4111.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-4127.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-4133.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-4138.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-4142.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-4143.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-4149.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-4150.html

【該当箇所】:https://tech.nikkeibp.co.jp/
https://medical.nikkeibp.co.jp/
https://gooday.nikkei.co.jp/
https://business.nikkei.com/


**************************************
記事の内容に問題がない場合には、下記フォームより異議申し立て通知をお送りください。
(本メールにご返信いただきましても、対応いたしかねます)
コンテンツの復帰には10営業日ほどかかります。あらかじめご了承ください。

【デジタルミレニアム著作権法(DMCA)異議申し立てフォーム】
http://form1.fc2.com/form/?id=875026

<注意事項>
異議申し立て通知を提出すると、著作権侵害の申し立て人との間の訴訟に発展する可能性があります。
この手続きを使用して虚偽または不誠実な申し立てを行った場合、法的に不利な結果を招くことがあります。
FC2が異議申し立て通知を受領後、その通知を著作権侵害の申し立て人に転送いたします。
転送される異議申し立て通知には、ユーザー様の個人情報が含まれています。異議申し立て通知を提出することにより、この転送による情報の開示に同意したものとみなします。

お手数をおかけいたしますが、
ご確認とご連絡をよろしくお願いいたします。
========================================================
本メールおよび添付ファイルに含まれる情報の無断転載・転用を禁じます。
本メールにお心当たりがない場合は、お手数をおかけいたしますが
発信者にご連絡のうえ、破棄してくださいますようお願いいたします。
========================================================
Disclosing, copying, distributing or taking any action in reliance of
the information of this email and any attachment is strictly prohibited.
Please notify the sender immediately if you have received this e-mail by
mistake and delete it from your system.
========================================================






件名: 【FC2】FC2ブログ運営についての重要なお知らせです。
差出人: fc2-info@fc2.us
日付: 2019年 7月 6日(土)01:40
宛先: ********

ユーザー様

いつもFC2のサービスをご利用いただきありがとうございます。
こちらはFC2事務局です。

貴殿が管理されております
http://docg.blog135.fc2.com/
に関しまして、株式会社日経BP様より下記のとおり著作権侵害の申し立てが届きましたので、該
当記事を凍結いたしました。
**************************************
【URL】http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1084.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1087.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1088.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1092.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1098.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1106.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1108.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1114.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1115.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1124.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1124.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1126.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1127.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1132.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1134.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1140.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1148.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1152.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1154.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1162.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1164.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1166.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1170.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1176.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1177.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1179.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1180.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1182.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1190.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1191.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1192.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1196.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1205.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1209.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1219.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1221.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1225.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1237.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1240.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1249.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1251.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1255.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1256.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1258.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1270.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1272.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1280.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1282.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1284.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1292.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1293.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1294.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1296.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1298.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1300.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1304.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1308.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1314.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1324.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1327.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1328.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1332.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1335.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-134.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1350.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1371.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1379.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1390.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1392.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-1397.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2021.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2022.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2044.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2045.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2046.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2053.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2062.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2065.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2067.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2068.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2072.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2074.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2077.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2078.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2082.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2089.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2096.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2097.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2100.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2114.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2116.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2118.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2119.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2124.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2126.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2129.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2130.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2132.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2136.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2140.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2143.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2157.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2160.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2162.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2164.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2169.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2188.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2189.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2195.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2197.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2198.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2201.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2205.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2211.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2212.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2217.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2225.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2227.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2241.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2246.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2247.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2259.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2261.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2268.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2299.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2307.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2309.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2335.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2370.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2392.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2396.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2425.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2433.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2456.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2465.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2469.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2471.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2474.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2480.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2490.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2504.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2509.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-270.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3021.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3118.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3175.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-323.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3255.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3256.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3940.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-4121.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-4154.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-4155.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-4160.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-500.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-661.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-768.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-900.html

【該当箇所】:http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/report/shinsai/201103/519122.html

https://bizboard.nikkeibp.co.jp/bp_nbo/article/topics/20110330/219232/

http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/special/pandemic/topics/201104/519196.html

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20110401/359006/

https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/report/shinsai/201104/519323.html

http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/report/shinsai/201104/519323.html

http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/hotnews/int/201104/519352.html

http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/special/it/news/201104/519398.html

https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/blog/ogata/201104/519379.html

https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/opinion/mric/201104/519427.html

https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/cadetto/igakusei/report/201104/519413.html

https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/report/shinsai/201104/519465.html

http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/blog/kurofunet/kouchi/201104/519381.html

https://bizboard.nikkeibp.co.jp/bp_nbo/article/money/20110422/219559/

https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/report/shinsai/201104/519511.html

http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/blog/yoshida/201105/519572.html

https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/report/t138/201104/519576.html

http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/blog/azuma/201105/519609.html

https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/report/t138/201105/519604.html

https://bizboard.nikkeibp.co.jp/bp_nbo/article/manage/20110509/219841/

http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/opinion/mric/201105/519656.html

https://bizboard.nikkeibp.co.jp/bp_nbo/article/topics/20110511/219919/

http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/opinion/mric/201105/519686.html

https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/hotnews/int/201105/519727.html

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20110509/360116/

https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/report/t138/201105/519712.html

http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/report/t138/201105/519720.html

https://tech.nikkeibp.co.jp/dm/article/NEWS/20110523/192012/

https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/cadetto/magazine/1101-t3/201105/519740.html

http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/report/shinsai/201105/519860.html

https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/special/it/report/201105/519900.html

https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/opinion/orgnl/201105/519807.html

https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/report/shinsai/201106/519927.html

https://tech.nikkeibp.co.jp/it/article/COLUMN/20110531/360874/

https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/hotnews/int/201106/520075.html

http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/blog/kurofunet/dhayashi/201106/520157.html

https://bizboard.nikkeibp.co.jp/bp_woman/article/trend/20110614/111203/

https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/gakkai/jsdt2011/201106/520306.html

https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/gakkai/jsdt2011/201106/520335.html

https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/hotnews/int/201106/520377.html

https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/hotnews/int/201106/520358.html

https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/report/shinsai/201106/520476_2.html

https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/hotnews/int/201106/520504.html

https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/blog/pcat/201107/520491.html

https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/report/shinsai/201106/520476.html

http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/cadetto/magazine/1102-t3/201107/520516.html

https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/hotnews/int/201107/520626.html

https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/report/t145/201107/520623.html

https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/blog/kurofunet/yhagiwara/201107/520621.html

https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/blog/pcat/201107/520646.html

http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/special/it/casestudy/201107/520694.html

https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/report/t145/201107/520634.html

https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/report/t148/201107/520697.html

https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/report/t148/201107/520704.html

http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/report/t148/201107/520705.html

https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/cadetto/magazine/1102-t3/201107/520599.html

http://techon.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20110727/193720/

https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/cadetto/igakusei/sasatta/201107/520944.html

https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/report/t149/201107/520916.html

http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/blog/azuma/201108/520961.html

https://tech.nikkeibp.co.jp/it/article/NEWS/20110801/363161/

http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/report/201010/516530.html

https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/hotnews/int/201108/521057.html

https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/cadetto/igakusei/sasatta/201108/521141.html

https://bizboard.nikkeibp.co.jp/bp_nbo/article/life/20110822/222189/

https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/blog/pcat/201108/521266.html

http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/special/it/report/201108/521319.html

http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/report/shinsai/201109/521275.html

http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/series/dispute/201208/526335.html

http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/special/career/nandemo/201112/522954.html

https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/report/t181/201208/526391.html

https://bizboard.nikkeibp.co.jp/bp_nbo/article/report/20120828/236076/

http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/cadetto/magazine/1202-t2/201209/526475.html

http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/blog/tsukui/201209/526722.html

http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/report/t182/201209/526636.html

http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/hotnews/int/201209/526769.html

http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/hotnews/int/201209/526777.html?bpnet

https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/series/dispute/201209/526747.html

\"http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/hotnews/int/201209/526809.html"

https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/series/kansei/201209/526735.html

https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/hotnews/int/201209/526856.html

http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/hotnews/int/201209/526882.html

https://medical.nikkeibp.co.jp/inc/mem/pub/hotnews/int/201209/526966.html

http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/hotnews/int/201210/527034.html?bpnet

http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/hotnews/int/201210/527041.html

https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/eye/201210/527036.htm
l

https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/report/t184/201210/527179.html

http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/report/t184/201210/527180.html

https://bizboard.nikkeibp.co.jp/bp_nbo/article/report/20121016/238148/

http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/report/t184/201210/527184.html

http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/blog/kurofunet/dhayashi/201210/527231.html

http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/blog/hai/201210/527289.html

https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/report/t184/201210/527186.html

http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/report/t184/201210/527218.html

http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/hotnews/int/201210/527413.html

https://tech.nikkeibp.co.jp/dm/article/FEATURE/20121025/247697/

http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/report/201211/527238.h
tml

https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/hotnews/int/201211/52
7492.html

https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/hotnews/int/201211/52
7700.html

https://bizboard.nikkeibp.co.jp/bp_nbo/article/report/20121113/23
9375/

https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/hotnews/int/201211/52
7765.html

https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/hotnews/int/201211/52
7811.html

https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/opinion/orgnl/201211/
527445.html

http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/hotnews/int/201211/527
969.html

https://medical.nikkeibp.co.jp/inc/all/search/keywords/014410.htm
l

https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/blog/kurofunet/shibino/201212/527918.html

https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/report/t188/201212/527910.html

http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/report/t188/201212/527931.html

http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/report/201212/528066.html

http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/hotnews/int/201212/528148.html

https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/hotnews/int/201212/528231.html

https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/blog/inoue/201212/528266.html

https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/blog/inoue/201212/528295.html

http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/blog/inoue/201212/528361.html

http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/series/debate/201212/528423.html

https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/eye/201301/528479.html

https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/report/t193/201301/528474.html

http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/report/t193/201301/528475.html
                            
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/report/t193/201301/528528.html

https://bizboard.nikkeibp.co.jp/bp_nbo/article/report/20130122/242628/

https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/hotnews/int/201301/528777.html

https://bizboard.nikkeibp.co.jp/bp_nbo/article/report/20130219/243935/

http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/report/201302/529210.html

https://bizboard.nikkeibp.co.jp/bp_nbo/article/report/20130226/244204/

https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/hotnews/int/201303/529445.html

https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/hotnews/int/201304/530055.html

https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/blog/nhc/201304/530063_2.html

https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/report/t200/201305/530378.html

https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/hotnews/int/201305/530700.html

http://medical.nikkeibp.co.jp/inc/mem/pub/report/201306/530967.html

https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/hotnews/int/201306/531028.html

https://bizboard.nikkeibp.co.jp/bp_nbo/article/report/20130611/249523/

https://tech.nikkeibp.co.jp/it/article/COLUMN/20130614/484981/

https://tech.nikkeibp.co.jp/it/article/COLUMN/20130612/484486/

https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/series/performance/201306/531107.html

https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/hotnews/int/201307/531571.html

https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/blog/massie/201307/531559.html

https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/opinion/mric/201010/517163.html

https://bizboard.nikkeibp.co.jp/bp_nbo/article/opinion/20141030/273188/

https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/cadetto/rinshoplus/people/201502/540625.html

https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/report/t221/201504/541399.html

https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/report/201011/517293.html

https://bizboard.nikkeibp.co.jp/bp_nbo/article/opinion/20150616/284295/

https://bizboard.nikkeibp.co.jp/bp_nbo/atcl/opinion/15/221102/061700002/

https://medical.nikkeibp.co.jp/inc/mem/pub/eye/201702/550001.html

https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/cadetto/igakusei/report/201904/560514.html

https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/report/201904/560556.html

https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/hotnews/int/201905/560949.html

https://medical.nikkeibp.co.jp/inc/mem/pub/series/doctorvoice/201012/517638.html

http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/hotnews/int/201012/517942.html

https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/report/t120/201101/518123.html

http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/blog/kurofunet/ttakahashi/201101/518321.html

http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/report/t138/201104/519576.html

http://medical.nikkeibp.co.jp/inc/mem/pub/report/201105/519642.html

http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/report/t138/201105/519695.html

https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/report/t138/201105/519605.html

http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/trend/201105/519676.html

https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/opinion/mric/201105/519737.html

https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/report/shinsai/201105/519724.html

http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/hotnews/int/201105/519774.html

http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/report/t138/201105/519712.html

https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/special/it/report/201106/520336.html

https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/opinion/orgnl/201106/520251.html

http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/report/shinsai/201106/520476.html

http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/report/t145/201107/520630.html

https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/hotnews/int/201107/520728.html

http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/cadetto/magazine/1102-t3/201107/520601.html

http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/opinion/mric/201108/520985.html

http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/series/naniwa/201210/527266.html

http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/report/t184/201210/527217.html

https://bizboard.nikkeibp.co.jp/bp_nbo/article/report/20121023/238465/

https://tech.nikkeibp.co.jp/dm/article/FEATURE/20121025/247698/

https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/report/t184/201210/527221.html

http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/blog/azuma/201211/527461.html

http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/hotnews/int/201211/527727.html

http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/hotnews/int/201011/517247.html

http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/blog/kurofunet/ttakahashi/201102/518323.html

**************************************
記事の内容に問題がない場合には、下記フォームより異議申し立て通知をお送りください。
(本メールにご返信いただきましても、対応いたしかねます)
コンテンツの復帰には10営業日ほどかかります。あらかじめご了承ください。

【デジタルミレニアム著作権法(DMCA)異議申し立てフォーム】
http://form1.fc2.com/form/?id=875026

<注意事項>
異議申し立て通知を提出すると、著作権侵害の申し立て人との間の訴訟に発展する可能性があり
ます。
この手続きを使用して虚偽または不誠実な申し立てを行った場合、法的に不利な結果を招くこと
があります。
FC2が異議申し立て通知を受領後、その通知を著作権侵害の申し立て人に転送いたします。
転送される異議申し立て通知には、ユーザー様の個人情報が含まれています。異議申し立て通知
を提出することにより、この転送による情報の開示に同意したものとみなします。

お手数をおかけいたしますが、
ご確認とご連絡をよろしくお願いいたします。
========================================================
本メールおよび添付ファイルに含まれる情報の無断転載・転用を禁じます。
本メールにお心当たりがない場合は、お手数をおかけいたしますが
発信者にご連絡のうえ、破棄してくださいますようお願いいたします。
========================================================
Disclosing, copying, distributing or taking any action in reliance of
the information of this email and any attachment is strictly prohibited.
Please notify the sender immediately if you have received this e-mail by
mistake and delete it from your system.
========================================================





件名: 【FC2】FC2ブログ運営についての重要なお知らせです.
差出人: fc2-info@fc2.us
日付: 2019年 8月 1日(木)02:47
宛先: ********

ユーザー様

いつもFC2のサービスをご利用いただきありがとうございます。
こちらはFC2事務局です。

貴殿が管理されております
http://docg.blog135.fc2.com/
に関しまして、日本経済新聞東京本社編集局調査部著作権担当様より下記のとおり著作権侵害の
申し立てが届きましたので、該当記事を凍結いたしました。
**************************************

【URL】:http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2908.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2908.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2903.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2903.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2900.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2900.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2889.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2874.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2874.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2865.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2847.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2827.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2820.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2820.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2795.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2792.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2776.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2754.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2742.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2720.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2708.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2706.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2701.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2688.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2622.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2618.html

http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2687.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2618.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2776.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2653.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2709.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2827.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2870.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2870.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2864.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2727.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2780.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2621.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2869.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2869.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2727.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2631.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2784.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2784.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2722.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2784.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2596.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2783.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2783.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2659.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2596.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2658.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2846.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2781.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2843.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2779.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2715.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2683.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2683.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2651.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2839.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2872.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2872.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2744.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2681.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2806.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2804.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2804.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2836.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2648.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2709.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2646.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2739.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2580.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2674.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2831.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2673.html

http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2861.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2797.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2703.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2640.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2640.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2702.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2669.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2760.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2604.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2730.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2855.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2688.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2760.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2617.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2776.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2737.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2791.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2850.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2802.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2862.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2894.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2724.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2660.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2881.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2881.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2847.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2817.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2910.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2811.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2748.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2715.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2589.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2620.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2650.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2903.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2870.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2870.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2711.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2680.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2869.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2753.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2617.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2650.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2865.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2769.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2864.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2895.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2895.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2677.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2610.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2607.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2857.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2729.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2820.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2902.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2902.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2738.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2681.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2742.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2603.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2603.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3631.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3576.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3526.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3454.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3412.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3417.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3422.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3352.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3277.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3192.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3187.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3117.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2942.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2942.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-4150.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-4149.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-4147.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-4144.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-4142.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-4137.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-4137.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-4137.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-4131.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-4131.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-4130.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-4130.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-4129.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-4129.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-4124.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-4120.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-4111.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-4109.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-4107.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-4106.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-4100.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-4093.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-4092.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-4087.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-4081.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-4090.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-4079.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-4077.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-4077.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-4075.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-4072.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-4071.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-4068.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-4061.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-4055.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-4055.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-4051.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-4051.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-4041.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-4031.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3939.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3908.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3818.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3786.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3728.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3608.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3604.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3569.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3550.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3499.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3475.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3456.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3447.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3426.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3392.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3376.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3363.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3258.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3254.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3248.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3220.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3172.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3167.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3145.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3135.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3101.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3083.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3029.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3022.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3022.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3006.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2963.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2963.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2956.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2956.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2942.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2942.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2929.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2929.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2928.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2928.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2928.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2928.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2925.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2925.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2924.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2924.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2911.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-4045.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-4031.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3997.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3946.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3932.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3908.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3895.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3894.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3894.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3874.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3869.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3868.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3866.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3859.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3846.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3846.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3832.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3813.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3810.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3736.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3730.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3695.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3693.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3691.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3686.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3677.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3631.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-4021.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-4021.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3961.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3567.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2940.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2940.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3421.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2972.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3922.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3728.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3156.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3588.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3966.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3109.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3202.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3202.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3394.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3394.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3425.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3743.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3838.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3266.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2943.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2943.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3231.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3454.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3326.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3262.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3389.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3389.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3387.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3135.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3613.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3832.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3481.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3736.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3417.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3416.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3257.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2972.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3257.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3159.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3764.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2932.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2932.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3254.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3444.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3158.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3319.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3126.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3793.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3154.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3600.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3346.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3411.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3250.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3440.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3313.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3153.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3028.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3217.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2928.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2928.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3027.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2994.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3977.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3438.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3502.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3184.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3247.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3437.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3502.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3278.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3182.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3088.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3213.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3436.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3839.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3024.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3667.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3912.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-4003.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3403.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3433.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3543.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3402.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3243.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3402.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3337.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3432.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3337.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2987.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3432.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3431.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2918.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2918.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3207.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3685.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2985.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3094.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3200.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3451.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3932.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3837.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-4033.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3463.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3923.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3381.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3283.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3339.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3287.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2987.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3474.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3749.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3173.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2915.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3462.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3810.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3204.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3190.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3746.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3823.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2982.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3903.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3489.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2945.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2945.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3995.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3233.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3045.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3073.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2944.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2944.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3425.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3774.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3328.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3710.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3678.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3359.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3187.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3010.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3198.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3009.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3284.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2976.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3452.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3617.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3738.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3228.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2945.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2945.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3277.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3959.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3419.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3518.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3958.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3768.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3515.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3446.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3001.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2970.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3105.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3190.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3096.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3565.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3444.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3189.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3794.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3348.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3155.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3660.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3153.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3695.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3885.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3471.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2962.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3151.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3439.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3151.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3352.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2961.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2961.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3501.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3342.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3469.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3725.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3878.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3883.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3649.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3352.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3180.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3973.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3721.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3058.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3881.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3593.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3785.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3816.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3592.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3338.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3431.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3176.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3366.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2943.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2943.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3134.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2930.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2992.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2922.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3086.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2987.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2986.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2956.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2956.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2918.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2918.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3225.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3504.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3278.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2944.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-2944.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3516.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3450.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3410.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3402.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3329.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3304.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3256.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3255.html
http://docg.blog135.fc2.com/blog-entry-3247.html

【該当箇所】:https://www.nikkei.com/article/DGXNZO74590920S4A720C1L31000/
https://www.nikkei.com/article/DGXNZO74590920S4A720C1L31000/
https://www.nikkei.com/article/DGXNZO74485050Z10C14A7EA1000/
https://www.nikkei.com/article/DGXNZO74485050Z10C14A7EA1000/
https://www.nikkei.com/article/DGXNZO74360050X10C14A7LDA000/
https://www.nikkei.com/article/DGXNZO74360050X10C14A7LDA000/
https://www.nikkei.com/article/DGXNZO73854040V00C14A7NN1000/
https://www.nikkei.com/article/DGXNZO72929690Y4A610C1X11000/
https://www.nikkei.com/article/DGXNZO72929690Y4A610C1X11000/
https://www.nikkei.com/article/DGXNZO72729290U4A610C1LDA000/
https://www.nikkei.com/article/DGXNZO71865900X20C14A5L01000/
https://www.nikkei.com/article/DGXNZO70898480Y4A500C1LB0000/
https://www.nikkei.com/article/DGXNZO70665470S4A500C1EE8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXNZO70651240R00C14A5L60000/
https://www.nikkei.com/article/DGXNZO69521930X00C14A4L60000/
https://www.nikkei.com/article/DGXNZO69431020V00C14A4CC1000/
https://www.nikkei.com/article/DGXNZO68628480Q4A320C1L82000/
https://www.nikkei.com/article/DGXNZO67573170Y4A220C1L01000/
https://www.nikkei.com/article/DGXNZO66909160V10C14A2NN1000/
https://www.nikkei.com/article/DGXNZO65908320W4A120C1CR8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXNZO65302060U4A110C1L71000/
https://www.nikkei.com/article/DGXNZO65245190T10C14A1SHA000/
https://www.nikkei.com/article/DGXNZO65010460Y4A100C1CR8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXNZO64589600W3A221C1CR8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXNZO61466490S3A021C1L82000/
https://www.nikkei.com/article/DGXNZO61308740Z11C13A0EA1000/
https://www.nikkei.com/article/DGXNZO59462540Z00C13A9L61000/
https://www.nikkei.com/article/DGXNASJC2402G_U3A221C1ACY000/
https://www.nikkei.com/article/DGXNASJC18023_Y3A011C1ACY000/
https://www.nikkei.com/article/DGXNASHC20030_Q4A320C1AC8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXNASGM2100H_R21C13A1EB1000/
https://www.nikkei.com/article/DGXNASGM1502C_V10C14A1FF1000/
https://www.nikkei.com/article/DGXNASGM07024_Y4A500C1MM0000/
https://www.nikkei.com/article/DGXNASGG18004_Y4A610C1MM0000/
https://www.nikkei.com/article/DGXNASGG18004_Y4A610C1MM0000/
https://www.nikkei.com/article/DGXNASGG1201T_S4A610C1EA2000/
https://www.nikkei.com/article/DGXNASGC3101Z_R00C14A2MM8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXNASGC2401T_U4A320C1PP8000/?n_ci
d=TPRN0003

https://www.nikkei.com/article/DGXNASGC2101I_R21C13A0PP8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXNASGC1701G_X10C14A6MM8000/?dg=1

https://www.nikkei.com/article/DGXNASGC1701G_X10C14A6MM8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXNASGC0100E_R00C14A2NN1000/
https://www.nikkei.com/article/DGXNASFS3101S_R31C13A0EE8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXNASFS28062_Y4A320C1MM8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXNASFS2805Y_Y4A320C1EE8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXNASFS2802Q_Y4A120C1PP8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXNASFS28012_Y4A320C1EB2000/
https://www.nikkei.com/article/DGXNASFS2704J_X20C13A9MM8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXNASFS2703Y_X20C14A3MM8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXNASFS2703H_X20C14A3EE8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXNASFS27029_X21C13A1PP8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXNASFS2700G_X20C13A9EB2000/
https://www.nikkei.com/article/DGXNASFS2603D_W3A121C1EE8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXNASFS26024_W4A520C1MM8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXNASFS2503B_V20C14A3MM8000/?dg=1

https://www.nikkei.com/article/DGXNASFS2303Y_T20C14A5PP8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXNASFS2200I_S4A320C1MM8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXNASFS2102V_R20C14A1PP8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXNASFS2004E_Q3A221C1EA2000/
https://www.nikkei.com/article/DGXNASFS2000Y_Q3A221C1MM0000/
https://www.nikkei.com/article/DGXNASFS1903Q_Z11C13A1PP8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXNASFS1902E_Z10C14A5EE8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXNASFS19023_Z10C14A6PP8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXNASFS19023_Z10C14A6PP8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXNASFS1803P_Y4A210C1PP8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXNASFS1803H_Y3A211C1EE8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXNASFS18006_Y4A410C1EB1000/
https://www.nikkei.com/article/DGXNASFS16036_W4A410C1MM8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXNASFS16032_W4A410C1PP8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXNASFS1602D_W4A510C1PP8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXNASFS1503Y_V11C13A1EE8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXNASFS1502R_V10C14A1EA1000/
https://www.nikkei.com/article/DGXNASFS1403Z_U3A111C1MM8000/?dg=1

https://www.nikkei.com/article/DGXNASFS1303X_T10C14A2EE8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXNASFS1203B_S3A910C1EE8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXNASFS1103M_R11C13A2EE8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXNASFS11002_R10C14A5NN1000/
https://www.nikkei.com/article/DGXNASFS1000U_Q3A211C1EB1000/
https://www.nikkei.com/article/DGXNASFS0903S_Z00C13A9EE8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXNASFS0903K_Z00C14A6EE8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXNASFS09033_Z00C14A4PP8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXNASFS0901Z_Z00C14A1PP8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXNASFS08051_Y3A101C1PP8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXNASFS0804T_Y3A101C1EE8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXNASFS0802D_Y4A100C1PP8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXNASFS0601H_W3A201C1MM0000/
https://www.nikkei.com/article/DGXNASFS05030_V00C14A3EE8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXNASFS0404D_U3A001C1PP8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXNASFS0403L_U4A200C1EE8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXNASFS0304F_T00C14A6EE8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXNASFK2403K_U3A221C1000000/
https://www.nikkei.com/article/DGXNASFK24011_U4A220C1000000/
https://www.nikkei.com/article/DGXNASFK1603A_W3A011C1000000/
https://www.nikkei.com/article/DGXNASFK07037_X00C14A3000000/
https://www.nikkei.com/article/DGXNASFK0702T_X00C14A2000000/
https://www.nikkei.com/article/DGXNASFK0302E_T00C14A4000000/
https://www.nikkei.com/article/DGXNASFB30035_Q4A530C1L01000/
https://www.nikkei.com/article/DGXNASFB1405J_U4A410C1L01000/
https://www.nikkei.com/article/DGXNASDZ100DK_Q4A610C1TJ1000/
https://www.nikkei.com/article/DGXNASDZ1007P_Q4A710C1TJ2000/
https://www.nikkei.com/article/DGXNASDG3003V_Q4A130C1CR8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXNASDG2804U_Y3A121C1CR8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXNASDG2802B_Y4A620C1CR8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXNASDG2802B_Y4A620C1CR8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXNASDG27046_X20C14A5CR8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXNASDG2504B_V20C14A4CR8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXNASDG25020_V20C14A7CR0000/?n_ci
d=TPRN0009

https://www.nikkei.com/article/DGXNASDG2302X_T20C14A4CR8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXNASDG2104A_R20C14A2CC1000/
https://www.nikkei.com/article/DGXNASDG2103R_R20C14A1CR8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXNASDG2102O_R20C13A9CC1000/
https://www.nikkei.com/article/DGXNASDG20021_Q3A021C1CC1000/
https://www.nikkei.com/article/DGXNASDG1803E_Y3A111C1CC1000/
https://www.nikkei.com/article/DGXNASDG1802F_Z10C14A7CR8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXNASDG1800G_Y4A610C1CC0000/
https://www.nikkei.com/article/DGXNASDG1800G_Y4A610C1CC0000/
https://www.nikkei.com/article/DGXNASDG1704Q_X10C14A1CR8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXNASDG1704L_X11C13A2CR8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXNASDG1702O_X10C14A6CR8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXNASDG17028_X20C14A2CC0000/
https://www.nikkei.com/article/DGXNASDG1701H_X11C13A0CC0000/
https://www.nikkei.com/article/DGXNASDG1503Z_V11C13A1CC1000/
https://www.nikkei.com/article/DGXNASDG1301F_T10C14A6CC0000/
https://www.nikkei.com/article/DGXNASDG1300G_T10C14A3CR0000/
https://www.nikkei.com/article/DGXNASDG1204U_S4A610C1CR8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXNASDG11048_R10C14A7CR8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXNASDG11048_R10C14A7CR8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXNASDG1100O_R11C13A2CC0000/
https://www.nikkei.com/article/DGXNASDG1001P_Q3A011C1000000/
https://www.nikkei.com/article/DGXNASDG07045_X01C13A0CR8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXNASDG0504I_V00C14A6CC1000/
https://www.nikkei.com/article/DGXNASDG03040_T00C14A2CR8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXNASDG0105C_R00C14A5CR8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXNASDF18H1N_Y4A710C1EE8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXNASDF18H1N_Y4A710C1EE8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXNASDF1200T_S4A210C1EE8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXNASDD180RK_Y3A211C1TJ2000/
https://www.nikkei.com/article/DGXNASDD1604L_W4A210C1MM8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXNASDD030OS_T01C13A0TJ0000/
https://www.nikkei.com/article/DGXNASDD030DX_T01C13A0TJ0000/
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO99812480Z10C16A4I00000/
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO98496140W6A310C1000000/
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO97275590V10C16A2000000/
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO95482000U5A221C1I10000/
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO93963780T11C15A1000000/
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO93958760T11C15A1000000/
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO93822420Q5A111C1000000/
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO91440480X00C15A9I10000/
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO88438610T20C15A6I10000/
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO85866700Y5A410C1SHB000/
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO85608760T10C15A4000000/
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO82650700R30C15A1000000/
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO75421350Y4A800C1000000/
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO75421350Y4A800C1000000/
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO4279801022032019L60000/
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO42430380T10C19A3EE8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO42159300X00C19A3000000/
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO41422710Y9A210C1EE8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO41038020X00C19A2L60000/
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO39839430Q9A110C1000000/
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO39816960Z00C19A1EE8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO39814300Z00C19A1EE8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO3890376013122018CC1000/
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO38898180T11C18A2EE8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO38659290X01C18A2CC0000/
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO38483150T01C18A2L83000/
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO38368720Q8A131C1CN0000/
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO3828500028112018CR8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO37102320Q8A031C1000000/
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO36275850Z01C18A0L01000/
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO3480376030082018L60000/
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO34605740V20C18A8MM8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO3393776008082018CC0000/
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO3360340031072018000000/
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO32173810U8A620C1CR8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO3092965024052018L21000/
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO30694320Y8A510C1EA4000/
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO29594530Z10C18A4EE8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO28148890V10C18A3CR0000/
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO2810698014032018EA7000/
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO27763570W8A300C1CC1000/
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO27624590S8A300C1000000/
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO27574280R00C18A3L60000/
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO27075050Z10C18A2AC1000/
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO26534270V00C18A2CN8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO26477860S8A200C1ACYZ00/
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO2595271020012018CC1000/
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO2464222014122017CR8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO23351010Q7A111C1CR8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO2334381010112017FFE000/
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO22545920R21C17A0CC0000/
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO2240317018102017CR8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO20394750V20C17A8000000/
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO1801448023062017I00000/
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO12286370Q7A130C1000000/
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO11074930W6A221C1000000/
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO08036870V01C16A0X11000/
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO06927480W6A900C1000000/
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO04687960R10C16A7000000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLZO99760980X10C16A4CR8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLZO99731070V10C16A4CR8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLZO98586930Y6A310C1CC1000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLZO98152370Y6A300C1CC1000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLZO97027200X00C16A2CC1000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLZO96085980U6A110C1EE8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLZO95613190Y5A221C1NN1000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLZO95333240Z11C15A2EE8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLZO94494560X21C15A1L41000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLZO93285460X21C15A0CR8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLZO92734760R11C15A0TJC000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLZO92247180Z20C15A9CR8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLZO88244240Y5A610C1LX0000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLZO88069780V10C15A6CC0000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLZO87899310Q5A610C1EE8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLZO86821520V10C15A5CR8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLZO85035700Q5A330C1CC0000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLZO84865690W5A320C1MM8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLZO83931770U5A300C1CC1000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLZO83530180T20C15A2CR8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLZO82131170Z10C15A1TJM000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLZO81532220U5A100C1NN1000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLZO79562560R11C14A1L01000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLZO79344460W4A101C1EE8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLZO79344460W4A101C1EE8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLZO78756770S4A021C1CR8000/?n_ci
d=TPRN0009

https://www.nikkei.com/article/DGXLZO76977580S4A910C1EE8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLZO76977580S4A910C1EE8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLZO76520310S4A900C1L72000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLZO76520310S4A900C1L72000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLZO76147370V20C14A8TJM000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLZO76147370V20C14A8TJM000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLZO75611920T10C14A8L41000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLZO75611920T10C14A8L41000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLZO75577110S4A810C1L72000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLZO75577110S4A810C1L72000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLZO75538910S4A810C1EA1000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLZO75538910S4A810C1EA1000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLZO75483070Z00C14A8TJC000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLZO75483070Z00C14A8TJC000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLZO75451600Z00C14A8LDA000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLZO75451600Z00C14A8LDA000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLZO74827560X20C14A7CR8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLZO20994490R10C17A9L71000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLZO1830002029062017EE8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLZO14617020Y7A320C1L60000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLZO12699760Y7A200C1CR8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLZO12126670V20C17A1LA0000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLZO11257910R31C16A2NN1000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLZO10912220Q6A221C1EE8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLZO10862000Z11C16A2EE8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLZO10861940Z11C16A2EE8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLZO10107100Q6A131C1CC0000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLZO09970130V21C16A1TJC000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLZO09857930T21C16A1MM8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLZO09857930T21C16A1MM8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLZO09581700V11C16A1CR8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLZO09112180S6A101C1CR8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLZO09112110S6A101C1CR8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLZO08613600Q6A021C1PP8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLZO07898210R01C16A0NN1000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLZO07868770Q6A930C1CR8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLZO05071920Q6A720C1CR8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLZO04874360V10C16A7EE8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLZO03481150Q6A610C1L60000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLZO03444700Z00C16A6CR8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLZO03349980X00C16A6CR8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLZO03153080S6A600C1EE8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLZO02725080U6A520C1L72000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLZO00276640Z20C16A4TJC000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLZO%20166659%2010Q7A520C%201EA3
000/

https://www.nikkei.com/article/DGXLASM417H0V_Y7A510C1MM8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASJC23H6E_T20C17A2ACYZ00/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASJB14H1C_V10C16A3LC0000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASHC2301G_T20C14A8AC8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASHC2301G_T20C14A8AC8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASGM23H7Q_T21C15A1FFB000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASGM19H1N_Z10C14A9FF1000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASGM16H2O_W7A110C1EAF000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASGM12H2J_S6A710C1FF2000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASGM09H1U_U5A310C1NNE000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASFS31H44_R30C16A3EE8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASFS28H6S_Y7A220C1EE8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASFS28H6S_Y5A120C1EE8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASFS28H4B_Y5A420C1EE8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASFS28H3U_Y5A420C1PP8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASFS28H3U_Y5A021C1EE8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASFS28H2P_Y5A021C1PP8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASFS27H6G_X21C15A1MM8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASFS27H5A_X20C16A7EE8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASFS26H7M_W6A021C1EE8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASFS26H79_X20C15A6NN1000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASFS26H01_W4A820C1MM0000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASFS26H01_W4A820C1MM0000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASFS25H5W_V20C15A5EE8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASFS25H5D_V21C15A2PP8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASFS24H0T_U5A820C1EAF000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASFS23H5H_T20C15A6EE8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASFS23H3J_T21C15A0EE8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASFS23H2H_T21C15A0EE8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASFS21H43_R21C15A0EE8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASFS21H0V_S5A220C1NN1000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASFS20H3W_Q6A420C1PP8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASFS20H3I_Q6A021C1PP8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASFS20H34_Q6A120C1EE8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASFS20H2W_Q6A720C1MM8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASFS19H40_Z11C15A1EE8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASFS18H57_Y5A111C1PP8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASFS18H4N_Y5A610C1PP8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASFS18H20_Y4A910C1MM8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASFS18H06_Y5A610C1EAF000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASFS17H69_X10C15A3PP8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASFS16H1T_W6A810C1EE8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASFS16H0G_W4A810C1PE8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASFS16H0G_W4A810C1PE8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASFS15H75_V10C15A6EE8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASFS15H5N_V11C15A2EE8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASFS15H2S_W5A310C1EE8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASFS13H3M_X10C15A8PP8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASFS13H3G_T10C15A2EE8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASFS13H1X_T10C16A9000000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASFS12H4D_S5A310C1EE8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASFS12H3P_S6A410C1EA2000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASFS12H1Y_S5A910C1MM8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASFS11H7G_T11C15A1SHA000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASFS11H5A_R10C15A6EE8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASFS11H4T_R11C15A2EE8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASFS11H4P_R10C15A8EE8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASFS11H47_R10C15A3PP8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASFS11H2P_R11C14A1EE8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASFS11H2N_R10C15A5PP8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASFS11H0M_S4A810C1MM0000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASFS11H0M_S4A810C1MM0000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASFS10H49_Q4A111C1EE8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASFS10H1R_Q4A011C1EE8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASFS10H0E_Q7A310C1EAF000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASFS09H5X_Z01C15A2PP8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASFS09H5R_Z00C16A2EE2000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASFS09H2O_Q5A410C1PP8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASFS08H67_Y5A600C1EE8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASFS08H3N_Y5A201C1PP8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASFS08H2X_Z00C16A2EE2000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASFS08H2E_Y5A700C1EE8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASFS08H2C_Y5A400C1EE8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASFS08H0O_Y5A100C1EAF000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASFS08H01_Y5A500C1MM0000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASFS07H63_X01C15A2EE8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASFS07H5X_X21C16A0EE8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASFS07H2R_X01C14A1EE8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASFS07H0S_V10C16A5PE8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASFS06H65_W7A100C1EE8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASFS06H5T_W7A400C1EE8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASFS05H2H_V01C15A1EE8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASFS04H6A_U5A201C1PP8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASFS04H4W_U6A300C1PP8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASFS04H3P_U5A101C1EE8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASFS04H2N_U5A600C1000000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASFS04H07_U5A101C1EAF000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASFS03H5T_T00C15A9EE8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASFS03H5O_T01C15A2EE8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASFS03H4F_T00C15A9EE8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASFS03H1X_T01C14A0MM8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASFS03H19_T01C15A2EAF000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASFS02H49_S5A201C1EE8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASFS02H0X_S4A800C1PE8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASFS02H0X_S4A800C1PE8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASFS02H0T_S5A500C1NN1000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASFS01H51_R00C16A6EE8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASFS01H2L_R01C14A0EE8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASFL13HED_T10C15A1000000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASFK26H0E_W5A420C1000000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASFD22H3T_S5A221C1CN8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASFB25HGN_V20C17A1L60000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASFB20H3I_U6A021C1L72000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASFB07H5S_X00C17A7L72000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ28HJI_S6A100C1MM8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ17I1P_X10C17A1TJC000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ15HWU_V11C15A0TJC000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ13HRP_T10C15A7TJC000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ05H64_V00C15A9TJC000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ03I3W_X10C15A7TJC000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ03HCX_T01C14A0TJ2000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ03H0N_T10C16A1TJC000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ01IFE_R00C16A8TJC000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDG31H7J_R30C15A3CR8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDG31H1G_R30C14A7CR8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDG31H13_R31C15A2CR8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDG30HAA_Q6A930C1CR8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDG30H7V_Q5A430C1CR8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDG30H5V_V10C15A4SHA000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDG30H39_Q6A730C1CR8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDG29H8F_R11C16A0CC1000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDG2903D_Z20C14A9CC1000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDG28H9V_Y6A221C1CC1000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDG28H7N_Y6A120C1CR8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDG28H0U_Y4A820C1CR8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDG28H0U_Y4A820C1CR8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDG27HC3_X20C17A3CC1000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDG27HAI_X20C15A5CR8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDG27H84_X21C14A1CR8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDG27H6N_U4A221C1CR8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDG27H16_X20C14A8CR8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDG27H16_X20C14A8CR8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDG26HCG_X21C15A1000000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDG26H23_W6A820C1CC0000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDG26H15_W5A820C1CR0000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDG26H11_W6A620C1000000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDG25HD3_W6A520C1CC0000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDG25HB6_V20C15A9CR8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDG25H6L_Z00C15A4SHA000/?dg=1

https://www.nikkei.com/article/DGXLASDG25H1X_V21C14A0000000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDG24H5C_U5A420C1CR0000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDG24H0O_U4A021C1CR8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDG23HB3_Q5A710C1SHA000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDG23010_T20C14A9CR8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDG22HDH_T21C15A2CR8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDG22HA3_S6A420C1CR8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDG22H9U_S6A720C1CR8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDG22H2Q_S5A520C1CR0000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDG22H0D_W4A820C1SHB000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDG22H0D_W4A820C1SHB000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDG21H08_X00C15A7MM8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDG20HGE_R20C17A2CC0000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDG20HCO_R21C15A1CR0000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDG20H69_Q6A220C1MM8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDG20H4S_Q7A220C1000000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDG19H8I_Q6A820C1CR8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDG17HAB_X10C16A2CC1000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDG17HA0_X11C15A2CR8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDG17H0U_X11C14A0CR8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDG1700N_X10C14A9CC0000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDG16H9P_W5A110C1SHA000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDG16H91_W5A410C1CC1000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDG15H7S_V10C15A1000000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDG15H68_V10C16A3CC1000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDG15H2S_V11C15A2CC0000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDG15H0J_V10C15A4000000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDG14H62_U6A910C1CC1000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDG14H4N_U5A910C1CR0000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDG13HGJ_T10C15A3CC1000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDG12H8Q_S6A510C1CC1000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDG11H8B_R10C15A3000000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDG10H4X_R10C16A6CC0000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDG10H4T_Q6A211C1000000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDG10H2W_Q6A110C1000000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDG1001I_Q4A910C1CR8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDG09HET_Z00C15A3CC1000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDG09HCD_Q5A211C1000000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDG09HAU_Z00C15A3CZ8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDG09H3M_Z00C15A9SHA000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDG09H02_Z00C14A9CR0000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDG09H02_Z00C14A9CR0000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDG08HC8_Y6A200C1CC0000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDG08HA5_Y5A900C1CR8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDG08H84_Y6A100C1000000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDG08H6R_Z00C16A7CR0000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDG07HE6_T01C16A2CR8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDG07HB3_Y6A201C1CR0000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDG07H5L_X00C16A5CR8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDG07H4O_Y5A910C1MM8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDG06HCD_W5A400C1000000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDG06HA6_W7A300C1CR8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDG06H7F_W6A700C1CR8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDG06H5W_Z01C14A2CR0000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDG05HB6_W6A201C1000000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDG05HAY_V00C16A4CC1000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDG05H2V_V00C16A9CC0000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDG04H93_U6A001C1CR8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDG04H8J_U6A400C1000000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDG04H5V_U5A900C1CR8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDG02H94_S5A201C1CR8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDG02H3I_S5A400C1CR0000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDG01H7N_R01C15A0CR8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDF26H0D_W4A820C1000000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDF26H0D_W4A820C1000000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDF21H0H_R20C15A2MM8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDF14H0V_U4A810C1EE8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDF08H0F_Y4A001C1EE8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDF06H0G_W4A800C1EE8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDF05H14_W5A100C1PP8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDF03H0Z_T01C14A0EA2000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDF02H14_S4A001C1EE8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDF02H0I_S4A900C1PP8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDF02H0I_S4A900C1PP8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDF02H02_S4A800C1MM8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDF02H02_S4A800C1MM8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDE19H05_Z10C15A5AM1000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDC10H04_Q6A210C1EA2000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDC08H08_Y5A700C1EA2000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLAS8TA1T01_X20C14A8TJ1000/
https://www.nikkei.com/article/DGXLAS8TA1T01_X20C14A8TJ1000/
https://www.nikkei.com/article/DGXKZO97447520Z10C16A2EA1000/
https://www.nikkei.com/article/DGXKZO95412030S5A221C1EA1000/
https://www.nikkei.com/article/DGXKZO93896980S5A111C1EA1000/
https://www.nikkei.com/article/DGXKZO93639770V01C15A1EA1000/
https://www.nikkei.com/article/DGXKZO91067590Y5A820C1EA1000/
https://www.nikkei.com/article/DGXKZO90048230S5A800C1PE8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXKZO88207630Y5A610C1EA1000/
https://www.nikkei.com/article/DGXKZO88162400X10C15A6EA1000/
https://www.nikkei.com/article/DGXKZO87851370Z00C15A6EA1000/

**************************************
記事の内容に問題がない場合には、下記フォームより異議申し立て通知をお送りください。
(本メールにご返信いただきましても、対応いたしかねます)
コンテンツの復帰には10営業日ほどかかります。あらかじめご了承ください。

【デジタルミレニアム著作権法(DMCA)異議申し立てフォーム】
http://form1.fc2.com/form/?id=875026

<注意事項>
異議申し立て通知を提出すると、著作権侵害の申し立て人との間の訴訟に発展する可能性があり
ます。
この手続きを使用して虚偽または不誠実な申し立てを行った場合、法的に不利な結果を招くこと
があります。
FC2が異議申し立て通知を受領後、その通知を著作権侵害の申し立て人に転送いたします。
転送される異議申し立て通知には、ユーザー様の個人情報が含まれています。異議申し立て通知
を提出することにより、この転送による情報の開示に同意したものとみなします。

お手数をおかけいたしますが、
ご確認とご連絡をよろしくお願いいたします。
========================================================
本メールおよび添付ファイルに含まれる情報の無断転載・転用を禁じます。
本メールにお心当たりがない場合は、お手数をおかけいたしますが
発信者にご連絡のうえ、破棄してくださいますようお願いいたします。
========================================================
Disclosing, copying, distributing or taking any action in reliance of
the information of this email and any attachment is strictly prohibited.
Please notify the sender immediately if you have received this e-mail by
mistake and delete it from your system.
========================================================



  1. 2019/08/04(日) 13:22:45|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

Google Newsでみる医師不足 2019年8月1日

Google Newsでみる医師不足 2019年8月31日
Google (日本語) での検索件数 _ _ _ キーワード 医師不足 過去一か月のニュース 11,400
Google (English) での検索件数 _ _ _ Key word: Doctor shortage, past month 43,800
First 5 in Google in English 


https://qz.com/1676207/the-us-is-on-the-verge-of-a-devastating-doctor-shortage/The US is on the verge of a devastating, but avoidable doctor shortage
Quartz-2019/07/30 (米国)

In 1997, President Bill Clinton was coming off a convincing reelection effort and presiding over a booming economy. Tax revenues were surging, and the federal budget deficit was falling. During the preceding two years, the annual deficit had shrunk from $164 billion to just $22 billion. For the first time in a generation, a federal budget surplus seemed like a real possibility....



https://www.ydr.com/story/news/2019/08/01/pennsylvania-doctor-shortage-puts-patients-lives-risk/1338286001/
Pennsylvania is running out of doctors; patients are dying and there is no remedy in sight
York Daily Record/Sunday News 7:52 a.m. ET Aug. 1, 2019 (米国 ペンシルバニア州)

WellSpan Health wasn't cited in state reports for an injury or death related to a shortage. But the largest healthcare provider in York County acknowledges it is one of many in Pennsylvania that doesn't have enough doctors to care for its patients.
So many doctors are needed that WellSpan Health executives can't give an exact number.



https://www.tmj4.com/news/local-news/rural-wisconsin-clinics-braced-for-primary-care-doctor-shortage
Rural Wisconsin clinics braced for primary care doctor shortage.
WTMJ-TV-2019/07/30 (米国ウィスコンシン州)

Demand for primary care doctors is growing due to an aging population, but the supply of such physicians is struggling to keep up. Those findings were part of a report from the Wisconsin Council on Medical Education and Workforce . It found that demand for primary care doctors will increase by roughly 20% and eventually "outpace projected supply," by 2035.



https://www.usatoday.com/story/opinion/voices/2019/07/18/military-doctors-shortage-pentagon-budget-cuts-column/1744672001/
I was a military doctor. The Pentagon's plan to cut doctors will make whole system worse.
USA TODAY-2019/07/18 (米国)

The United States is facing a serious doctor shortage. As a retired military physician employed by the UNC health care system in North Carolina, we are constantly dealing with the consequences of too few physicians. It has taken us one year to find a qualified doctor for our practice, although we are actively recruiting and paying tens of thousands of dollars in commissions to find one physician. I am considering retirement but we want a physician as well trained as I am to replace me. The military still produces similar providers, but there are already too few of us to go around.



https://www.telegraph.co.uk/global-health/women-and-girls/could-army-female-tele-medics-solve-pakistans-chronic-doctor/
Could an army of female 'tele-medics' solve Pakistan's chronic doctor shortage?.
Telegraph.co.uk-2019/07/31 (英国、パキスタン)

The firm called Sehat Kahani has set up a tele-health network allowing female doctors to give consultations while working part time and not leaving their homes. The network is now being used by one of Prince Charles' charities to improve mental health treatment in Pakistan.



(他に10位以内のニュースは、米国フロリダ州、豪州、エジプト、米国インディアナ州、米国、からも)



  1. 2019/08/01(木) 23:47:50|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

7月14日 

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000017.000027306.html
医師812名が回答「大学病院で診療の医師 給与未払い」に関する調査
〜約7割の医師が深刻な問題と解答、一方で「慣例だから」と諦めの声も〜
 
株式会社メンタルヘルステクノロジーズ 2019年7月9日 11時00分

 “心の健康”を IT ソリューションで解決する株式会社メンタルヘルステクノロジーズ(所在地:東京都港区、代表取締役:刀禰真之介、https://mh-tec.co.jp/)は、「大学病院で診療の医師2千人超 給与未払い」に関する報道を受け、医師812名を対象に「大学病院の医師給与未払い問題」についてどう思うか調査しました。

 「深刻な問題だと思う」が68%、「問題だが仕方ないと思う」が27%、「問題だと思わない」が5%と、大学病院での“無給医”は医師も深刻な問題だと思っていることが判明しました。
 一方で、どの選択肢の中にも一定数は「昔からよくある話」「好きで(大学病院を)選んでいる」「修行の身だから仕方ない」という考えの医師もいることが、自由記述から判明しました。
 また、「医局秘書の前でアンケートを回答したので、教授をはじめとした上司への告げ口が怖く、実際は無給なのにも関わらず、給与をもらっていると回答してしまった。」「無給医なしと報告している大学病院でも、週5日勤務のうち、週1日〜2日分の給与しか支払っていないことがほとんどなので、今回の報告は氷山の一角。」という文部科学省の調査に回答した現在大学病院勤務の“無給医”や、“元無給医”からの生の声もありました。

<「深刻な問題だと思う」と回答した医師の意見>

働き方改革はここから改善しないといけない。/勤務医不足/労働条件は、医療の質に直結する。/大学病院のブラック企業体質/昔からある問題で、いままで解決されてこなかったことも問題。/医者も労働者としての権利をしっかり持つべきだ。/労働に対する対価は支払われなければならない。/労働の対価として給料は支払われるべき。/以前にも無給医の自殺などもあり問題化したにもかかわらずいまだに続いている。/医師の世界だけに限らず、職人的な世界にはよくあるひどい話。/

<「問題だが仕方ないと思う」と回答した医師の意見>

以前よりあたりまえのこと。/将来の出世のために仕方がない。/民間は医師不足で困っている。/大学病院は大赤字なので仕方ないのだと思う。/無給医を正規雇用したら医療経済が破綻します。/命を扱う職業であり、ある程度は目をつむらないといけないのではないでしょうか。/大学院生は研究の一環と考えられるため。/

<「問題だと思わない」と回答した医師の意見>

昔からの事。働き方改革で問題となるのは、わかっていた。/嫌なら大学を出ればいい。/私が若い頃は、無給が当たり前だったので、問題だと思わない。/希望して働いている。/以前よりあり、勉強だと思えば結構です。/大学病院以外でも時間外手当てのカットはあります。/研修先を自由に選べるようになったので、大学病院以外で研修可能。それを良しとしている人が、大学病院を選択すべき。/(大学病院と医師)双方納得済み。/

■株式会社メンタルヘルステクノロジーズ 会社概要
設立  :2011年3月8日
代表者 :代表取締役 刀禰真之介
所在地 :東京都港区赤坂3-16-11 東海赤坂ビル4階
資本金 :295,725千円
業務内容:メンタルヘルスソリューションサービス、ITソリューションサービス



https://www.excite.co.jp/news/article/Careerconnection_11623/
“大学病院の無給医問題” 医師の7割が「深刻な問題」と回答 一方で「私が若い頃は無給が当たり前。問題ない」と突き放した声も  
キャリコネ 2019年7月11日 07:00 0

“大学病院の無給医問題” 医師の7割が「深刻な問題」と回答 一方で「私が若い頃は無給が当たり前。問題ない」と突き放した声も

メンタルヘルステクノロジーズは7月9日、「大学病院の医師給与未払い問題」に関する調査結果を発表した。

大学病院で診察をしながら給与を受け取っていない医師が2000人以上いることが文科省の調査でわかった。同社はこれを受けて調査を実施し、医師812人から回答を得た。

「大学病院の医師給与未払い問題についてどう思うか」を聞くと、最も多かったのが「深刻な問題だと思う」(68%)で、以降、「問題だが仕方ないと思う」(27%)、「問題だと思わない」(5%)と、「大学病院での無給医」は医師も重大な問題だと思っていることが明らかになった。

■「労働の対価として支払われるべき」「無給医の自殺があり問題化している」と嘆く声も

「深刻な問題」と答えた医師からは、未払い問題は以前からあったとする声が寄せられた。

「昔からある問題で、いままで解決されてこなかったことも問題」「医師の世界だけに限らず、職人的な世界にはよくあるひどい話」

働き方改革などが進められている昨今、医療の現場も変わらなければいけない、という声も多い。「労働の対価として給料は支払われるべき」という至極真当なコメントもあった。

「医者も労働者としての権利をしっかり持つべきだ」「以前にも無給医の自殺などもあり問題化したにもかかわらずいまだに続いている」

ただ、「問題だが仕方ないと思う」と答えた医師からは、

「以前よりあたりまえのこと」「民間は医師不足で困っている」「大学病院は大赤字なので仕方ないのだと思う」

といった諦めの声が出ていた。他には、「将来の出世のために仕方がない」と、今は我慢の時期だと考える医師もいるようだ。

■「以前よりあり、勉強だと思えば結構です」「嫌なら大学を出ればいい」

一方で「問題だと思わない」と答えた医師からは、「嫌なら大学を出ればいい」と突き放した声が出ていた。

「私が若い頃は、無給が当たり前だったので、問題だと思わない」
「以前よりあり、勉強だと思えば結構です」「大学病院以外でも時間外手当てのカットはあります」

医療現場の過重労働の背景には、常態化している医師不足がある。人材を確保しながら適切に配置していかなければ、国全体の医療レベルが低下しかねない。国が主導となって対策を講じていくべきだろう。

また、文科省の調査に回答した大学病院勤務の「無給医」や、「元無給医」からは、

「医局秘書の前でアンケートを回答したので、教授をはじめとした上司への告げ口が怖く、実際は無給なのにも関わらず、給与をもらっていると回答してしまった」「無給医なしと報告している大学病院でも、週5日勤務のうち、週1日?2日分の給与しか支払っていないことがほとんどなので、今回の報告は氷山の一角」

という声も出ていた。実際は無給状態で働く医師はまだまだいると思われる。無給医があまりにも当たり前の存在になってしまっており、声を上げづらい状況になっているようだ。



https://www.kobe-np.co.jp/news/hokuban/201907/0012504195.shtml
加西市内の分娩医療機関ゼロに 加西病院が受け入れ休止へ  
2019/7/11 05:30神戸新聞NEXT

 市立加西病院(兵庫県加西市北条町横尾1)は、来年2月から分娩医療を休止する、と発表した。産婦人科の常勤医2人のうち1人が今年12月末で退職することになり、補充のめどが立たないため。休止によって市内で出産できる助産院はあるものの医療機関はゼロになる見通しで、今後も医師確保による再開を目指す。婦人科や妊娠初期の診療は続ける。(森 信弘)

 同病院によると、2018年度の産婦人科での出産は210件。既に来年2月ごろ出産予定の妊婦が診察に来ており、早めに対応するため休止を決めた。休止以降の出産予定者には、同県姫路市など近隣の医療機関を紹介する。

 同科では18年末に常勤医3人のうち1人が退職。緊急の帝王切開への対応など安全面を考えて休止も検討したが、市内唯一の分娩ができる医療機関であることなどから、常勤医2人の負担は増えるが、受け入れを続けてきた。

 来年3月に定年を迎える医師の退職が自己都合により12月末に早まった。全国的に産科医不足が問題になる中、同病院は公募などで採用を目指してきたが、現時点で見つかっていない。

 同病院の産婦人科は、06年にも神戸大から派遣された常勤医2人が他病院に移り、分娩を休止。07年11月、病棟を改造して「マタニティセンター」を開設して再開していた。06年の休止以降、産婦人科の常勤医は同大から派遣されていないという。

 北嶋直人・同病院事業管理者兼院長は「何とか常勤医2名態勢で市内の分娩機能を担ってきたが、苦渋の決断をするに至った。理解と協力をお願いしたい」などとするコメントを発表した。

■市の関係者や市民らからショックの声 移住・定住促進へ悪影響の懸念も

 分娩の受け入れ休止が決まった市立加西病院。市の関係者や市民らは一様にショックを受け、移住・定住促進への影響を懸念する声も聞かれた。

 ママの働き方応援隊北播磨校加西学級代表の馬渡友樹子さん(34)は6年前、里帰りして同病院で長男を産み、そのまま定住した。「産後も個室でゆったり過ごせて、スタッフの印象も良かったのに」と残念がる。「やはり近くで産めるのはいい。今後、加西に住もうと考える際のマイナスになるのでは」と心配する。

 分娩可能な医療機関が1カ所しかないのは、加西市の課題だった。2015年に策定した市地域創生戦略のアクションプランでも「産婦人科医院などの誘致」を掲げていた。同市ふるさと創造部の千石剛部長(55)は「これで、移住定住促進の手綱を緩めることにはならない」としながら「休止が弱みになるのは事実で、開業医確保など改善に努力したい」と強調した。

 「分娩は続くと思っていたのにショック」と話すのは「加西病院サポーターの会」副代表の熊谷佳代さん(76)。同病院は2006年にいったん分娩を中止し、07年に再開した経緯があり「再開に向けた運動を考えていきたい」と話した。

 同病院は16、17年度と市一般会計からの追加繰り出しを受けるなど経営が悪化し、現在は改善の取り組みを続け、将来構想の検討も進めている。事務局の片岡建雄総務課長(57)は「分娩が再開できるよう、なんとか医師を誘致したい」と力を込めた。



https://www.kobe-np.co.jp/news/touban/201907/0012500321.shtml
加古川中央市民病院 黒字が過去最大、21億円超  
2019/7/9 20:20 神戸新聞NEXT

 加古川中央市民病院(兵庫県加古川市加古川町本町)を運営する地方独立行政法人「加古川市民病院機構」は9日、2018年度の決算を公表した。経常収支は21億7千万円の黒字で、過去最大の黒字額だった17年度をさらに約2億円上回った。今月で開院から丸3年となる新病院は、年々経営の安定化が進む。

 同日にあった、外部の有識者らでつくる評価委員会で報告した。経常収支の黒字は6年連続。17年度に引き続き、設立者である市の一般会計から繰り入れる運営費負担金(16.6億円)を除いた収支でも黒字を達成した。

(DrG3註:加古川中央市民病院 600床、兵庫県立加古川医療センター 355床、東播磨医療圏(加古川、明石ほか)人口71万人)



https://www.medwatch.jp/?p=27440
1860時間までの時間外労働可能なB水準病院等、どのような手続きで指定(特定)すべきか―医師働き方改革推進検討会  
2019年7月8日|医療計画・地域医療構想

 2024年4月から医師に新たな時間外労働上限が適用される。医師の時間外労働上限は原則「960時間」以下であるが、救急医療現場などでは「1860時間」以下の特例が設けられる。この特例の具体的な動かし方(対象となる医療機関に、どのような要件を設け、どのような手続きで指定するのかなど)を詳細に検討してほしい―。

 厚生労働省は7月5日に「医師の働き方改革の推進に関する検討会」(以下、今検討会)の初会合を開催し、こういった議論を要請しました。

 医事法制(医療法や医師法など)の改正も視野に入れた検討が行われ、厚労省医政局の吉田学局長は「年内(2019年内)に一定の結論を出してほしい」と要請しています。
 
ここがポイント!
1 B水準病院への特定、まず「評価機能」で労働時間短縮計画の内容などチェック
2 C水準病院、どういった枠組みで「特定」を行うのか詳細に検討
3 医師の健康を確保するための追加的健康確保措置、詳細を議論

B水準病院への特定、まず「評価機能」で労働時間短縮計画の内容などチェック

厚生労働省の「医師の働き方改革に関する検討会」(以下、前検討会)が3月末(2019年3月末)に報告書をとりまとめ、次のような方針を明確にしました(関連記事はこちら)。

▽2024年4月から「医師の時間外労働上限」を適用し、原則として年間960時間以下とする(すべての医療機関で960時間以下を目指す)(いわゆるA水準)

▽ただし、「3次救急病院」や「年間に救急車1000台以上を受け入れる2次救急病院」など地域医療確保に欠かせない機能を持つ医療機関で、労働時間短縮等に限界がある場合には、期限付きで医師の時間外労働を年間1860時間以下までとする(いわゆるB水準)

▽また研修医など短期間で集中的に症例経験を積む必要がある場合には、時間外労働を年間1860時間以下までとする(いわゆるC水準)

▽2024年4月までの5年間、全医療機関で「労務管理の徹底」(いわゆる36協定の適切な締結など)、「労働時間の短縮」(タスク・シフティングなど)を進める
医師働き方改革検討会1 190328
 
このうちB水準の医療機関は、▼地域医療に欠かせない機能を持つ▼労働時間の短縮等に向けた努力を行ってもA水準達成が難しい▼労働法規に関する違反がない―などの要件を満たしているかを確認し、都道府県が「特定」(指定)。前検討会では「地域医療に欠かせない機能」として次のような例示を行っています。

●地域医療確保のための必要な医療機関(例)
▽3次救急医療機関
▽2次救急医療機関のうち、「年間救急車受入台数1000台以上または年間の夜間・休日・時間外入院件数500件以上」かつ「医療計画で5疾病5事業確保のために必要と位置付けられた医療機関」
▽在宅医療において特に積極的な役割を担う医療機関
▽公共性と不確実性が強く働くものとして、都道府県知事が地域医療確保のために必要と認める医療機関(特に患者が集中する精神科救急や小児救急、へき地の中核的医療機関など)
▽特に専門的な知識・技術や高度かつ継続的な疾病治療・管理が求められ、代替が困難な医療機関・医師(高度のがん治療、移植医療などの極めて高度な手術・病棟管理、児童精神科など)

 こうした機能を持つ医療機関が「労働時間短縮にしっかり取り組んでいるか(計画を適切に定められているか、実践しているか)」などを、新たに設けられる「評価機能」(都道府県から独立した組織)で確認・評価し、その結果を踏まえて「要件を満たしている」と確認されて初めて、都道府県が水準B医療としての「特定」(指定)を行うのです。

今検討会では、このような「B水準医療機関特定」に関する仕組みをまず固めます。例えば、▼評価機能をどういった組織とし、その役割をどう設定するのか▼医師時間短縮計画の内容や対象医療機関をどう設定するのか▼都道府県による「特定」の仕組み(要件や実務)をどう設定するのか―などが重要な論点となるでしょう。

このうち「評価機能」は、「医療現場の実情・特殊性も十分に理解し、かつ労務管理などにも精通し、個々の医療機関の作成する医師労働時間短縮計画の内容が妥当なもので、その実践がなされているのか」を確認する機関です。B水準医療機関の特定において重要な役割を果たすことから、今検討会構成員からはさまざまな意見が出されました。

例えば今村聡構成員(日本医師会副会長)や城守国斗構成員(日本医師会常任理事)らは、「2024年4月に新たな時間外労働上限が適用されるためには、都道府県が23年度中にB水準医療機関等の特定を終える必要があり、そのためには評価機能による確認は遅くとも2022年度から行われなければならない。時間は極めて限られており、評価機能を新設するのではなく、都道府県に設置されている『医療勤務環境改善支援センター』を機能強化することで対応してはどうか」という旨を提案しています。
医師働き方改革推進検討会1 190705
 
また山本修一構成員(千葉大学医学部附属病院院長)は、「独立性にこだわらず、透明性を確保したうえで、既存組織を活用して制度を前に進めるという考え方も重要である」と指摘。今村構成員・城守構成員と同趣旨に考えと言えそうです。

医療勤務環境改善支援センターは、2014年10月施行の改正医療法に基づき各都道府県に設置されている「医療従事者の勤務環境を改善し、離職防止等に向けた専門的・総合的支援」を行う組織です。機能強化に向けて様々な取り組み(地域医療介護総合確保基金や地方交付税措置などによる人員拡充など)が行われており、医師・看護師等の働き方改革を進めるために「さらなる機能強化」が期待されています。

厚労省は、「評価機能と医療勤務環境改善支援センターとの関係性も含めて、近く『評価機能の在り方』に関する厚労省案を提示する」と述べるにとどめています。

なお、島崎謙治委員(政策研究大学院大学教授)らは「都道府県の業務は、これまでと次元の異なる、難しくハードなものとなる。都道府県がそこをきちんと受け止めなければ、絵に描いた餅になってしまう」と指摘しました。ただし、医師働き方改革は「地域医療の確保」と「医師の健康確保」とを両立させる仕組みで、「困難なので、片方を等閑にする」(地域医療のために医師に犠牲になってもらう、逆に医師の労働時間短縮のために医療水準を低下させる)ことは許されません。また上述のスケジュールを考えれば「都道府県の実情に鑑みれば、実現が難しい」というネガティブな議論をしている時間はありません。実現に向けて関係者が前向きに議論を行っており、島崎構成員にも「実現に向けて都道府県に〇〇の支援を行ってはどうか」というポジティブな提案を期待したいところです。

C水準病院、どういった枠組みで「特定」を行うのか詳細に検討

 また、研修医や高度な医療技術獲得を目指す医師には、一定期間の間に多くの症例を集中的に経験することが求められることから、より長時間の時間外労働がC水準として認められます。その際、例えば「年齢・経験の浅い研修医等では、長時間労働が強いられがちである」といった点などを考慮し、次のような運用を行うことが前検討会で固められました。研修医等が自主的に医療機関を選択し、かつ「不透明な長時間労働が強いられない」ような環境の整備を目指すものと言えます。

【C1】(初期臨床研修医、専攻医)
▼臨床研修病院等が、直近の研修医等の労働実態を踏まえて、自院の研修プログラムの中で「研修医等に関する時間外労働の上限(X時間:1860時間以内で設定する)」を明示し、都道府県知事にC水準医療機関としての特定を受ける

▼病院と勤務医等との間で36協定を締結する(36協定の中で「研修医等については、X時間の労働を可能とし、連続勤務28時間以内・勤務時間インターバル9時間以上などの健康確保措置を図る」ことを明示する)

▼病院側の条件(時間外労働上限X時間など)を踏まえて研修希望医等が応募し、採用され、業務(診療)を開始する

▼勤務実態が、条件(時間外労働上限X時間など)と乖離する場合には、各制度の中で是正(臨床研修病院の指定取り消しなど)し、健康確保措置の未実施については、都道府県知事が是正する(C水準の特定取り消しなど)

 
【C2】(高度技能(心臓血管外科の難易度の高い手術など)の修得を目指す医師)
▼「我が国の医療技術の水準向上に向け、高度な技能(先進的な手術方法など)を持つ医師の育成が公益上必要である」分野を、新たに設ける【審査組織】(医学会などで構成)が予め指定する

▼都道府県知事が、「高度な技能を持つ医師」の育成に必要な体制・設備を持つ医療機関を特定する

▼医療機関と勤務医等との間で36協定を締結する(36協定の中で「高度な技能獲得を目指す医師については、Y時間の労働を可能とし、連続勤務28時間以内・勤務時間インターバル9時間以上などの健康確保措置を図る」ことを明示する)

▼「高度な技能の獲得」を希望する医師が、自ら、主体的に「高度特定技能育成計画」を作成し、その必要性を所属する医療機関(当該医療機関は上述のとおりC水準医療機関として特定されている)に申請する

▼申請を受けた医療機関が、計画に必要な業務について【審査組織】に申請し、承認を受ける

▼この承認によって、当該医師について上記36協定が適用され、協定に基づいた業務を実施する

▼健康確保措置が未実施の場合には、都道府県知事が是正する(C水準の特定取り消しなど)

 
 今検討会では、C水準について▼特定の枠組み▼C2水準を承認する「審査機関」の組織と役割―などを詳細に検討し、固めることになります。

 この点について構成員からは、「C水準について、労働時間短縮に向けた取り組みなどをチェックする仕掛けが必要ではないか」という声がいくつか出ています。

 B水準医療機関では上述のように「評価機能が、医師労働時間短縮計画の内容と実践をチェックする」仕組みが設けられますが、C水準にはこうした仕組みがありません。C1水準では、研修プログラムとして「時短に向けた医療機関の取り組み」が研修医に示され、いわば「研修医がチェックする」とも言えますが、今村構成員らは「何らかの確認・評価を行うことを考えてもよいのではないか」とコメントしています。
医師働き方改革推進検討会2 190705
 

医師の健康を確保するための追加的健康確保措置、詳細を議論

ところで、B水準・C水準医療機関はもちろん、A水準医療機関であっても、一般の労働者よりも長時間の時間外労働が可能になることから、「勤務医の健康」確保が非常に重要です。このため、前検討会では一般的な健康確保(労働安全性法で定められる健診など)のほかに次のような「追加的健康確保措置」をとることをすべての医療機関に義務付ける考えを示しています。

【原則】(A水準)
▽やむを得ず月100時間を超える場合には「産業医等による面接に基づく必要な措置(就労制限など)をとる」ことを義務化し、あわせて連続勤務28時間以内・勤務間インターバル9時間以上などの努力義務を課す

【地域医療を確保するための特例】(B水準、地域医療確保暫定特例水準)
▽連続勤務28時間以内・勤務間インターバル9時間以上などを義務化するとともに、やむを得ず月100時間を超える場合には「産業医等による面接に基づく必要な措置(就労制限など)をとる」ことを義務とする

【技能向上のための特例】(C水準)
▽連続勤務28時間以内・勤務間インターバル9時間以上などを義務化するとともに、やむを得ず月100時間を超える場合には「産業医等による面接に基づく必要な措置(就労制限など)をとる」ことを義務とし、さらに初期臨床研修医(C1)については更なる配慮を行う
上限が1860時間

この考え方に沿って、今検討会では「追加的健康確保措置の義務化および履行確保」の枠組みについても固めます。厚労省は、特に議論が必要な論点として、▼追加的健康確保措置の履行確保に向けた「都道府県の権限」▼追加的健康確保措置の履行確保に向けた「日常的な管理」「定期的な確認」「未実施時の是正」▼「面接指導」について労働安全衛生法および医事法制面での検討▼追加的健康確保措置とB・C水準医療機関特定との関係―などを掲げています。

上述のとおり、医師の働き方改革は「地域医療の確保」と「医師の健康確保」とを両立するものです。後者の実現に向けた、追加的健康確保措置の詳細な内容がどう設定されるのか、今検討会論議に注目が集まります。

 
 なお、前検討会では、「医師の働き方の実態」を継続的に調査・確認し、B水準の上限(2024年4月から1860時間)の妥当性を確認する方針も固められています。医師の働き方改革が進めば、医師の労働時間が徐々に短くなり、B水準上限も引き下げていけるからです。

この点に関連して今検討会は、まず2019年9月に「医師の働き方実態調査」を行うことを決定しました。1万9000を超える病院・クリニック・介護老人保健施設・介護療養・介護医療院に勤務する14万人超の勤務医を対象に、労働時間の実態などを調べます。2016年に実施された、いわゆる「10万人調査」に続く、「新10万人調査」と言えるでしょう(厚労省のサイトはこちら(調査票案)とこちら(調査概要))。



https://www.m3.com/news/iryoishin/687685
国立大学病院「増収減益」続く、2018年度決算
赤字は45病院中5病院 、借入金・消費損税も負担大
 
レポート 2019年7月11日 (木)配信橋本佳子(m3.com編集長)

 国立大学の2018年度決算は、附属病院収益は1兆1444億円で、2017年度よりも404億円増加したものの、人件費や高額医薬品の使用により医業費用が増加、医業利益ベースでは16億円減少で、「増収減益」の状態が続いていることが明らかになった。45の国立大学病院(42の医学部附属病院、2の歯学部附属病院、1の研究所附属病院)のうち、5病院が赤字。運営費交付金やその他の収益・経費などを含めた経常利益も、2017年度よりも50億円減少。7月11日に開催したプレスセミナーで明らかにした。

 国立大学病院長会議会長の山本修一氏は、「経常利益が乏しい上に、借入金償還による負担が大きく経営を圧迫している。特に近年の増収減益により、今後の投資財源は借入金に頼らざるを得ない状況」と述べ、政府の2020年度予算概算要求に向け、運営費交付金の確保のほか、働き方改革に向けた取り組みへの財政支援(医師の待遇改善に必要な財源確保、看護師の特定行為研修の実施機関への支援増額、タスクシフティングのための医師以外の増員に必要な経費の支援)などを求めていく方針。

 今年10月には消費増税も予定されている。2014年度の消費税率8%への引き上げ時には、診療報酬での補填が不十分だったため、2018年度までの5年間で969億円の補填不足が生じている。山本氏は、「10月の増税時には、基本診療料の見直しで100%補填がされるとのことだが、実際には、個々の病院で消費税の負担額は異なるので、病院間の不均衡は残る」と述べ、10月以降、消費税の補填状況を速やかに検証し、見込みと異なる場合には適切な救済措置を求めていく方針。

 その他、政府に対しては、2020年度診療報酬改定の重点的要望事項(特定入院料の算定期間の通算ルールの見直しなど)、臨床研究の推進・強化に向けた支援の充実(認定臨床研究審査委員会の設置と運営に係る費用の支援など)、地域医療への貢献に対する支援の充実(地域医療介護総合確保基金の活用による財政支援など)を求めていく。

 6月20、21日に開催された第73回国立大学病院長会議総会では、「医師の働き方改革」、「病院経営マネジメント」、「グローバル化への対応」という直面する3つの重要課題についてグループディスカッションした。7月からスタートした厚生労働省の「医師の働き方改革の推進に関する検討会」の構成員も務める山本氏は、大学病院の医師をめぐる課題について、「客観的な勤怠管理をどのように行っていくかが課題だが、まだ結論は出ていない。教育、診療、研究に分けて管理ができる仕組みをつくっていきたい」と述べた。その他、厚労省検討会が2018年2月にまとめた「医師の労働時間短縮に向けた緊急的な取組」が必要になるとしたほか、「長い歴史の中で、慣習化した診療体制について、この機会にどう効率化できるかを、(医師に時間外労働の上限規制が適用される)5年後に向けて真剣に考えてもらいたい」と求めた。

 医療機器の更新間隔、耐用年数の2倍に

 附属病院の収益は2018年度1兆1444億円で、2017年度1兆1040億円から404億円増加。一方、2018年度の人件費は5049億円(2017年度4900億円)、診療経費は7492億円(同7221億円)で、合わせて420億円増加。医業利益は差し引き16億円の減額。

 人件費率は2018年度44.1%でほぼ横ばいだが、金額は増加。医療材料費は、共同購入や価格交渉などの取り組みを進めているものの、右肩上がりで39.7%だった。

 経営を圧迫しているのが、借入金償還。2004年度に国立大学法人化時点で、全体で1兆円を超す債務を承継、その返済は年々進めているが、一方で、施設設備投資は新規借入金に頼らざるを得ない状況。その結果、特に医療機器の更新が年々遅れ、2012年度は更新間隔が耐用年数の1.1倍だったが、2018年度には2倍程度まで延びている。

 「将来像実現化年次報告2018/行動計画2019」
 プレスセミナーではその他、「将来像実現化年次報告2018/行動計画2019」も説明。国立大学病院長会議は、2012年に「グランドデザイン」を策定。2016年には、2025年のあるべき将来像を実現するために改訂した。その中に7分野で、計35の提言が盛り込まれており、「将来像実現化年次報告2018/行動計画2019」には、2018年度の取り組みと成果、2019年度の行動計画、各大学のケースも掲載している。



https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190709-00010001-wordleaf-hlth
病院も「定額制」に?かかりつけ医普及のために政府が模索か  
7/9(火) 12:32配信 THE PAGE

 かかりつけ医が月額固定料金になるという新制度の検討が始まったと報道されています。根本匠厚生労働相はこの報道を否定しましたが、定額制の検討を行う意向を示しています。増え続ける医療費に歯止めをかけるため、政府は「かかりつけ医」の制度を普及させようとしていますが、定額料金制もその一環とみてよいでしょう。

背景には医療保険の深刻な財政状況

 このところ年金問題が世間を賑わせていますが、社会保障制度の財政問題という点では実は医療保険の方が深刻な状況です。2016年度における国民医療費の総額は42兆1381億円でしたが、このうち国民が支払う保険料と自己負担分(一般的には3割)でカバーできているのは26兆円に過ぎません。残りは政府や地方自治体などからの補助で成り立っているというのが現実です。医療保険には年金のような積立金はありませんから、その年に徴収した保険料で、医療費をカバーしなければなりません。医療費が高騰するとたちまち財源不足になるという制度的な特徴があります。

 これに加えて日本人は、医療機関を受診する回数が諸外国と比較して極めて多いという特徴があり、これが医療費の増大を招いています。ちょっとした風邪でも大病院の外来に行く人も多く、大病院に患者が集中するという問題も発生しています。政府では大病院への集中を防ぐため、2016年4月から紹介状なしで大病院を受診した場合には最低5000円の初診料がかかる制度を導入しましたが、効果はいまひとつのようです。同様に政府は、かかりつけ医の診断を受けてから、必要に応じて大病院を紹介する制度の導入を検討していますが、かかりつけ医制度に医師会が難色を示していることもあり、こちらもまだ実現していません。

 今回、日本経済新聞が報じたプランは、かかりつけ医を登録制にした上で、診察料を月額の定額とし、患者が気軽に受診できるようにするというものです。基本的にはかかりつけ医が患者の健康状態を把握していますから、必要に応じて大病院を紹介します。患者がかかりつけ医以外を受診した場合は、患者からは追加の自己負担を徴収するとしています。根本厚労相は報道を否定しつつも、定額制は「新経済・財政再生計画 改革工程表2018」における検討事項であると発言しており、同工程表には「かかりつけ医の普及の観点からの診療報酬上の対応や外来時の定額負担について検討」という記述がありますから、かかりつけ医の普及のために何らかの定額制の形を模索しているものと考えられます。

無駄な検査が減る一方、医師には負担に
 これまで、医療費については患者が受診するたびに支払われる仕組みだったことから、過剰な検査が多くなるという弊害が指摘されていました。定額制にすれば、過剰な検査をしても医師側の利益にならないため、ムダな検査が減るといわれています。一方、定額制にした場合、何度もクリニックを受診する人が増え、医師側に過度な負担がかかる可能性があることも否定できません。

 いずれにせよ高齢化が進む日本の場合、医療費の抑制は避けて通れない課題であり、何らかの対策が必要なことは間違いありません。国民の健康に関わる話ですから、もっとオープンな議論が必要でしょう。

(The Capital Tribune Japan)



https://www.mixonline.jp/tabid55.html?artid=67793
中医協総会 人口減少がもたらす地域医療への影響を提起 地域医療構想の実現急ぐべき  
2019/07/11 03:53 ミクスOnline

厚生労働省保険局医療課は7月10日の中医協総会に、人口減少がもたらす地域医療への影響について提起した。同省が示した「2040年を見据えた人口階層別市町村の変動」と題する資料では、北海道夕張市が2015年比で70%人口減少すると指摘。全国の自治体データを示しながら、地域に見合う病院病床数の見直しを急ぐ必要性を指摘した。一方で無薬局町村が約150町村にのぼるとのデータも示し、医療資源の適正配分の必要性を訴求した。国は2025年の医療必要度を示す地域医療構想の実現を急ぐが、入院医療の診療報酬上の評価に加え、医療資源の少ない地域における報酬上の評価の検討など、今後の議論に様々な問題提起をした格好だ。オンライン診療をはじめ、医療ICTの利活用を含めて、リソースの再配分とテクノロジーの活用という新たな切り口での議論を中医協に投げかけた。

この日の中医協総会は、「地域づくり・まちづくりにおける医療のあり方」について保険局医療課が資料を提示する形で議論を行った。入院医療のあり方については、前回2018年度診療報酬改定で急性期一般入院基本料(急性期一般入院料1~7)や地域包括ケア病棟入院料、回復期リハ病棟入院料の見直しなどを行ったところ。改定内容については、検証が待たれるところだが、一方で厚労省の懸案事項としては、地域医療構想の議論の進め方について課題が指摘されていることにある。

◎政府は地域医療構想の実現を命題に

根本厚労相も経済財政諮問会議の席上、地域医療構想の進捗状況を報告し、2025年見込みの病床数について、当初見込みの121.8万床に対し、3.3万床減少するとの見方を報告している。この内容は、財務省の財政審建議や経済財政諮問会議の骨太方針2019でも取り上げられ、今後の医療費適正化策の一環として政府として取り組む姿勢を鮮明にしている。

中医協の議論は、今後診療報酬上の評価が争点となるが、この日の厚労省保険局が示した資料からは、人口段階別市町村の変動を踏まえ、早期に病床機能の見直しを促す狙いが込められている。なお、この日の資料によると、2040年段階で現状人口20万~50万の市町村が2015年に比べて40%に減少する地域として、石巻市、鶴岡市、桐生市など8団体を明示。さらに50%削減する地域として小樽市をあげた。一方、人口3~10万の地域では、滝川市、大船渡市、釜石市など117団体を列挙している。

入院医療提供体制について厚労省は、「医療機関間の機能分化・連携を進めやすくするような評価のあり方について、各入院料の届出等の状況や、前回2018年度診療報酬改定の対応を踏まえどのように考えるか」を論点にあげた。ただ、厚労省が指摘する通り、人口減少に伴う医療機関経営への影響も今後増大することが予想されており、この日の議論をみても、地域医療構想の実現に向けて、各自治体が主導する地域医療調整会議の重要性も再認識される結果となった。

◎薬局と訪問看護ステーションとの連携も重要に

医師の高齢化も進むなかで、各地域の実状に合致した医療提供体制の効率化も求められるところだ。特に在宅医療が中心となるなかで、医療機関と薬局や訪問看護ステーションの連携も重要になる。2018年度診療報酬改定では、多職種での情報共有を通じて地域医療に貢献する薬局に対する評価として「地域支援体制加算」を新設。さらに、医療機関の求めに応じて服薬情報の提供を行った薬局に対する「服薬情報提供料」の評価を拡充するなど、服薬後の安全性情報を把握し、医師と連携して医薬品適正使用に努める薬剤師に手厚い評価を行った。さらに、医療機関などに情報提供する訪問看護ステーションを評価する点数として「療養情報提供加算」を新設した。ただ、情報提供先は医療機関がほとんどで算定も約1割程度にとどまっている現状にある。

看護師や薬剤師へのタスクシフティングも重要になるが、薬局・薬剤師も医師と同様に地域で偏在していることが浮き彫りとなった。この日、厚労省は無薬局村が約150にのぼるとのデータも提示した。こうしたなかで、期待されるのが、遠隔資料や医療ICTを通じた情報共有などによる医療の効率化だ。実際、2018年度に厚労省が、医療資源の少ない地域の医療機関へヒアリングした結果によると、「ICTによる連携とケア会議の運営」や、「eラーニングによる研修」、「遠隔診療」、「ICTを用いた画像情報の連携」などの有用性が指摘されている。この日の中医協では、こうした医療ICT活用についての議論もスタートした。



https://www.m3.com/news/iryoishin/687448
シリーズ 中央社会保険医療協議会
遠隔医療やICT、「医療資源が少ない地域」での活用検討を
地域の実情踏まえた診療報酬求める声、相次ぐ
 
レポート 2019年7月10日 (水)配信橋本佳子(m3.com編集長)

 中央社会保険医療協議会総会(会長:田辺国昭・東京大学大学院法学政治学研究科教授)は7月10日、「地域づくり・まちづくりにおける医療の在り方について」をテーマに議論。日本医師会副会長の今村聡氏は、「医療資源が多いところと、少ないところを切り分けて考えることが必要」と述べ、「医療資源が少ない地域では、医療ニーズがありながら医療が提供できない。患者が医療機関を受診するのも大変。こうした地域でのICTなどの活用をまずはしっかりと議論をしてもらいたい」と求めた。


 厚労省保険局医療課長の森光敬子氏が、資料説明の際に「2040年に向けた人口増減は、各市町村で状況が大きく違う。この点を見据えて検討することが必要」と述べた通り、今村氏と同様に、診療側と支払側の双方から、地域の実情を踏まえた診療報酬の必要性を指摘する意見が相次いだ(資料は、厚生労働省のホームページ)。

 「僻地とそれ以外の地域では分けて考え、遠隔画像診断やICTを活用した医療などについて、要件を見直す丁寧な議論が必要」(日医常任理事の松本吉郎氏)、「今の診療報酬は都市部を中心に考えられていると思う。今後、人口が減っていく中で、非都市部モデルの診療報酬を考えていくべきではないか」(全日本病院協会会長の猪口雄二氏)、「ICTの活用は、医療資源が少ない地域でこそ生かせるし、必要だと思う。オンライン診療も含めて、医療資源が少ない地域や僻地については考え方を切り離して、そこでどのように医療を提供できるかを考えてもらいたい」(全日本海員組合組合長代行の松浦満晴氏)といった内容だ。

 今後の診療報酬を考える上では、地域医療構想との兼ね合いも問題になる。日医常任理事の城守国斗氏は、「地域医療構想の実現に向け、診療報酬で誘導することは、医療提供体制が地域により多様であり、無理であることを共有してもらいたい。診療報酬が医療提供体制に寄り添う形で進めることを強く要望したい」と求めた。

 一方で、連合総合政策局長の平川則男氏は、「骨太方針2019」を踏まえ、「公立・公的医療機関等に偏った地域医療構想の進め方は問題であると指摘してきた。地域によっては、公立・公的医療機関等が2割くらいしかない。民間の医療機関も踏まえ、人口動態も含めて、真摯に話し合う対応が求められる」とコメント。「骨太方針2019」では、公立・公的医療機関等だけでなく、民間医療機関についても、「2025 年における地域医療構想の実現に沿ったものとなるよう対応方針の策定を改めて求めるとともに、地域医療構想調整会議における議論を促す」と明記された。

 2040年に向け、人口50%減少する自治体も

 従来以上に地域の実情を踏まえた検討が求められるのは、森光課長が言及したように、今後の人口動態が各市町村によって大きく異なるためだ。厚労省は資料として下記を提示した。

 松本氏は「病床数が要件に含まれる主な診療報酬項目」について言及。許可病床数400床以上、200床以上といった要件がある点数について、同じ病床規模でも地域によって各医療機関が担う役割は異なることを踏まえて検討すべきだとした。日本病院会副会長の島弘志氏は、「どんどん人口が減っていく地域が多数ある。医療を提供することは医療機関の使命だが、一方で患者が減れば経営的に成り立つかという大きな問題もある。こうしたことも含めて、地域の実情に合わせたテーラーメードの考え方もあるべきではないか」と述べた。

 2018年度から都道府県で策定が始まっている「医師確保計画」では、人口10万人当たりの医師数ではなく、医師の年齢や性別、患者の受療行動などを踏まえた「医師偏在指標」を用いている。今村氏は、「(診療報酬上の医療資源の少ない地域の定義として)人口10万人当たりではなく、医師偏在指標を活用する予定はあるのか」と尋ねるとともに、「2040年に向けて人口が減っていく中で、医療・介護従事者の割合が増えてくる。医師については医師確保計画を策定することになっているが、それ以外の看護師や薬剤師などの偏在対策については何も検討されていない」と提起した。

 2018年度診療報酬改定では、一部の点数について要件緩和を行うなど、「医療資源の少ない地域等」に配慮した点数設定がなされた。ICTを活用した遠隔医療の要件緩和など、各地域の実情を踏まえた診療報酬設定をいかに行うかが2020年度改定の焦点の一つになりそうだ。

 連携に先立ち、電子カルテの標準化求める声
 「地域づくり・まちづくりにおける医療の在り方について」は、7月10日と、次回7月17日の2回に分けて中医協総会で議論する。

 10日の中医協総会のテーマは3つ。(1)地域の状況を踏まえた入院医療の在り方について、(2)地域における情報共有・連携について、(3)医療資源の少ない地域等における医療提供体制について――だ。

 全国健康保険協会理事の吉森俊和氏は、(1)について、2018年度改定で入院料の体系が抜本的に変わったことから、「病床機能の再編、急性期等の入院病床等の削減につながったのかなどを十分に検討すべき」と、同改定の検証を求めた。また各入院料には、退院先および入院元それぞれに応じた連携にかかる評価として、在宅復帰・病床機能連携率等の要件や、在宅や急性期病棟から患者を受け入れた場合の評価等がある。これらの見直しも2020年度改定の論点だが、吉森氏は疾患別に分析するなど、患者動向を細かく見ていくことを求めた。

 (2)については、各メーカーの電子カルテに互換性がないことを問題視し、国が標準規格をつくるべきとの意見が相次いだ。今年10月から、地域医療介護総合確保基金が「医療情報化支援基金」として活用できるようになる。その対象事象は、「オンライン資格確認の導入に向けた医療機関・薬局のシステム整備の支援」、「電子カルテの標準化に向けた医療機関の電子カルテシステム等導入の支援」だ。診療報酬上でも、IT化や情報連携等関連でどんな支援が可能かを検討することになる見通し。



https://www.m3.com/news/iryoishin/687557]
全自病「地域総合専門医(仮)」の創設を検討
地域医療構想WG、日医提出資料に反発も
 
レポート 2019年7月11日 (木)配信高橋直純(m3.com編集部)

 全国自治体病院協議会会長の小熊豊氏は7月10日の定例記者会見で、同協議会などで総合診療専門医の2階建て部分として「地域総合専門医(仮)」の創設を検討する考えを明らかにした。また、日本医師会との意見交換があったことを報告。厚生労働省「地域医療構想に関するワーキンググループ」で日医が公立病院に対する繰入金をまとめた資料を出したことについて、「地域医療構想自体がずれてきており、それが(表に)出てきたのが22回の資料提出。日医には機能的すみ分けを壊すことにつながりかねないがそれで良いかと問いかけたい」と指摘した。

 日本専門医機構の総合診療専門医制度については、全自病と全国国民健康保険診療施設協議会(国診協)とともに新たな検討委員会を立ち上げ、8月にも第1回の検討会を開くと説明。

(1)特任指導医への要件として認められている両協議会の地域包括ケア・ケア認定の教育部門の中身の充実が必要
(2)サブスペシャルティ(2階部分)が定まっておらず、新たに「地域総合専門医(仮)」(地域包括医療・ケア認定医)の検討

などの課題に早急に取り組む必要があるとしている。末永裕之氏(小牧市病院事業管理者)は、総合診療専門医について、「今のままでは総合診療専門医が育たない。裾野をもっと広くしないといけない」と指摘した。

地域医療構想巡り「日医と意見分かれる」

 7月1日にあった日医との定例意見交換では、地域医療構想について「意見が大きく分かれた(小熊会長)」という。副会長の竹中賢治氏は6月21日の第22回WGで、日医副会長の中川俊男氏が提出した資料について「繰入金の実態を中川氏が出されたが、ここに至っては、地域医療構想の方向性がだいぶ偏ってきていると危惧している。病院の8割は民間だが、地域医療構想の調整会議という利害関係者が集まるところで、公立病院の意義について議論できるのか」と指摘した(WGの議論は『公立・公的病院の「代替可能性」「再編統合」、検証手順おおむね了承』を参照』)。

 小熊氏も「民間がやれる範囲なら自治体としては引いてほしいということだが、『はい、そうですか』と引いてしまうことが住人にとって良いのか。その後に民間が引いて代替できないこともある」として、慎重な議論が必要との見解を強調した。



https://www.m3.com/news/iryoishin/687160
医学教育や医療の制度変更、私立大運営を圧迫 - 小川彰・医大協会長に聞く◆Vol.1
最大の課題は働き方改革、医学部教員は別扱いを要望
 
インタビュー 2019年7月10日 (水)配信聞き手・まとめ:橋本佳子(m3.com編集長)

 大学医学部・医科大学は今、実にさまざまな経営課題に直面している。医学部定員や地域枠の在り方、不適切入試問題、“2023年問題”に向けた国際認証の取得や卒後までも含めたシームレスな医師養成などがその代表例だ。都道府県で2019年度から「医師確保計画」の策定が進む中、多くの医師を抱える大学病院は地域医療を支える役割も期待される。さらに医師の働き方改革への対応が求められる中、明るみになったのが “無給医”問題だ。
 これまで以上に難しい舵取りが求められる中、この5月に日本私立医科大学協会(医大協)会長に就任したのが、岩手医科大学理事長の小川彰氏だ。小川氏に、29の私立大医学部・医科大学を束ねる立場から、今大学が直面している諸問題への考え方、医大協としての対応などをお聞きした(2019年7月5日にインタビュー。全3回の連載)。

――例えば、10年前と比べて、大学医学部を取り巻く経営環境はどう変化したと捉えておられますか。先生が岩手医大学長に就任したのは2008年、理事長就任は2012年とのことです。

 大学は、経営基盤が安定しなければ、学生にいい教育を行うことができません。特に私立大においては経営と教育が連動しており、経営基盤の強化は極めて重要です。ただ、ここ数年の社会の移り変わりは激しく、私立大を取り巻く環境は極めて厳しいと受け止めています。

医大協会長の小川彰氏。課題山積の中、最も重視しているのは医師の働き方改革だという。

――私立大の経営基盤の強化には、どんな要素が関係してくるのでしょうか。

 極めて重要なのは、国の高等教育政策です。医学、医療がものすごく速いスピードで進展する中で、学生からいただく授業料だけでは、きちんとした教育環境を作ることは極めて難しい状況にあるからです。

 日本は資源に乏しい国なので、“人、頭脳が資源”。いい教育を行い、国民一人一人が財産になるための教育をしていくことが大事。戦後、日本が驚異的な経済復興、高度経済成長を成し遂げたのも、教育の成果だったと思います。

 日本はOECD加盟国の中でも、一般政府総支出に占める高等教育支出の割合(2015年現在)は小さく、公財政支出の1.7%であり、これはOECD加盟国平均3%の半分をやや超える程度で、最下位に近い割合です。

 国立大に対する運営費交付金の削減、私立大に対する経常的経費に関する補助の削減――。これらは間違った方向です。私立大については1975年に「私立学校振興助成法」が成立しました。「私立大学に対する国の補助は、速やかに経常的経費の2分の1とするよう努めること」とされましたが、その割合は年々低下、最近は10%を下回っています。中でも医学部教育にはお金がかかるので、その影響を最も受けているのは、私立医科大学、医学部だと思っています。

 こうした中、医学教育改革もさまざまな形で厳しさを増しています。2004年度から大学は文科大臣が認定する第三者機関の認証評価を受けることが法律で義務化されました。その上、医学部については“2023年問題”に対応するため、世界医学教育連盟(WFME)の国際基準を満たし、日本医学教育評価機構(JACME)の評価を受けなければなりません。

 さらに大学病院において非常に大きいのは、消費税負担問題。働き方改革や男女共同参画への対応も必要で、医療安全・感染対策、臨床研究の推進なども重要課題です。さまざまな医学、医療に対する制度変更が、私立大運営を圧迫していることは確かです。

――その中で、特に重要な動きは何だとお考えですか。

 医師の働き方改革の行方です。これは私立大に限りませんが、大学の教員かつ臨床にも従事する医師の処遇がどうなるかが大変重要です。昔の話ですが、私が若い時、国立仙台病院、今の国立病院機構仙台医療センターの医長から、東北大に助教授(今の准教授)として移った時、給与は3分の1になりました(編集部注:小川氏は脳神経外科医)。

――それは大学教員としての給与。

 その通りです。例えば文学部と医学部の助教授は、仕事の内容が違っても、大学教員という身分は同じであり、給与体系も同じ。それがいまだに続いているわけです。

――大学教員は、専門業務型裁量労働制の適用が可能です。医学部教員の扱いは。

 そこはまだ何も決まっていません。

――医大協として、医学部教員の扱いについて提言などをされる予定は。

 これまでもやっていますが、「医学部教員は別扱いにしてもらいたい」という話はしています。他業種を参照しても、該当する働き方の体系がないからです。

――大学病院で勤務している際は、医療安全を考えると時間外労働の上限規制が必要だと思います。一方で、研究者や教育者としては、他学部の教員と変わらないという二面性があるから難しいから、「該当するものがない」ということ。

 その通りです。大学病院で臨床医として働く。同時に学生に教育を行う。大学に所属する以上、研究もしなければいけない。臨床研究の推進は国家としても重要課題です。

 臨床、教育、研究をどのように線引きし、労働時間の管理をするかは難しい問題です。その際、地域医療への影響も考えなければいけません。働き方改革を医師に強要すれば、地域医療は壊れかねず、結局、そのツケは国民に跳ね返ります。

――医大協として、さらに新たな提言をする予定はあるのですか。時間外労働の上限規制は2024年度からであり、あまり時間はありません。

 医大協には、総務・経営、教育・研究、病院の3つの部会があり、関連する32もの委員会等があります。その中に、働き方改革に関するワーキンググループも新たに設置します。厚労省の検討会等には、医学部・医科大学、大学病院の現状を知っている委員は極めて少ない。厚労省の議論の動向を見ながら、急いで検討していかなければいけないと思っています。



https://www.m3.com/news/iryoishin/687685
国立大学病院「増収減益」続く、2018年度決算
赤字は45病院中5病院 、借入金・消費損税も負担大
 
レポート 2019年7月11日 (木)配信橋本佳子(m3.com編集長)

 国立大学の2018年度決算は、附属病院収益は1兆1444億円で、2017年度よりも404億円増加したものの、人件費や高額医薬品の使用により医業費用が増加、医業利益ベースでは16億円減少で、「増収減益」の状態が続いていることが明らかになった。45の国立大学病院(42の医学部附属病院、2の歯学部附属病院、1の研究所附属病院)のうち、5病院が赤字。運営費交付金やその他の収益・経費などを含めた経常利益も、2017年度よりも50億円減少。7月11日に開催したプレスセミナーで明らかにした。

 国立大学病院長会議会長の山本修一氏は、「経常利益が乏しい上に、借入金償還による負担が大きく経営を圧迫している。特に近年の増収減益により、今後の投資財源は借入金に頼らざるを得ない状況」と述べ、政府の2020年度予算概算要求に向け、運営費交付金の確保のほか、働き方改革に向けた取り組みへの財政支援(医師の待遇改善に必要な財源確保、看護師の特定行為研修の実施機関への支援増額、タスクシフティングのための医師以外の増員に必要な経費の支援)などを求めていく方針。

 今年10月には消費増税も予定されている。2014年度の消費税率8%への引き上げ時には、診療報酬での補填が不十分だったため、2018年度までの5年間で969億円の補填不足が生じている。山本氏は、「10月の増税時には、基本診療料の見直しで100%補填がされるとのことだが、実際には、個々の病院で消費税の負担額は異なるので、病院間の不均衡は残る」と述べ、10月以降、消費税の補填状況を速やかに検証し、見込みと異なる場合には適切な救済措置を求めていく方針。

 その他、政府に対しては、2020年度診療報酬改定の重点的要望事項(特定入院料の算定期間の通算ルールの見直しなど)、臨床研究の推進・強化に向けた支援の充実(認定臨床研究審査委員会の設置と運営に係る費用の支援など)、地域医療への貢献に対する支援の充実(地域医療介護総合確保基金の活用による財政支援など)を求めていく。

 6月20、21日に開催された第73回国立大学病院長会議総会では、「医師の働き方改革」、「病院経営マネジメント」、「グローバル化への対応」という直面する3つの重要課題についてグループディスカッションした。7月からスタートした厚生労働省の「医師の働き方改革の推進に関する検討会」の構成員も務める山本氏は、大学病院の医師をめぐる課題について、「客観的な勤怠管理をどのように行っていくかが課題だが、まだ結論は出ていない。教育、診療、研究に分けて管理ができる仕組みをつくっていきたい」と述べた。その他、厚労省検討会が2018年2月にまとめた「医師の労働時間短縮に向けた緊急的な取組」が必要になるとしたほか、「長い歴史の中で、慣習化した診療体制について、この機会にどう効率化できるかを、(医師に時間外労働の上限規制が適用される)5年後に向けて真剣に考えてもらいたい」と求めた。

 医療機器の更新間隔、耐用年数の2倍に

 附属病院の収益は2018年度1兆1444億円で、2017年度1兆1040億円から404億円増加。一方、2018年度の人件費は5049億円(2017年度4900億円)、診療経費は7492億円(同7221億円)で、合わせて420億円増加。医業利益は差し引き16億円の減額。

 人件費率は2018年度44.1%でほぼ横ばいだが、金額は増加。医療材料費は、共同購入や価格交渉などの取り組みを進めているものの、右肩上がりで39.7%だった。

 経営を圧迫しているのが、借入金償還。2004年度に国立大学法人化時点で、全体で1兆円を超す債務を承継、その返済は年々進めているが、一方で、施設設備投資は新規借入金に頼らざるを得ない状況。その結果、特に医療機器の更新が年々遅れ、2012年度は更新間隔が耐用年数の1.1倍だったが、2018年度には2倍程度まで延びている。

 「将来像実現化年次報告2018/行動計画2019」

 プレスセミナーではその他、「将来像実現化年次報告2018/行動計画2019」も説明。国立大学病院長会議は、2012年に「グランドデザイン」を策定。2016年には、2025年のあるべき将来像を実現するために改訂した。その中に7分野で、計35の提言が盛り込まれており、「将来像実現化年次報告2018/行動計画2019」には、2018年度の取り組みと成果、2019年度の行動計画、各大学のケースも掲載している。



https://www.asahi.com/articles/ASM774CQQM77PIHB00C.html
分娩継続、求める意見多く 兵庫・ささやま医療センター  
前田智 2019年7月8日14時00分

 「兵庫医科大学ささやま医療センター」(兵庫県丹波篠山市)の産婦人科で医師不足から分娩(ぶんべん)の取り扱い休止の方針が示されていることを受け、同市の「産科充実に向けての検討会」の第1回会合が6日、開かれた。医師確保などに大学側がどの程度努力をしているかを知りたいと複数の委員から要望があり、27日の次回検討会に大学側関係者を招くことを決めた。

 検討会の委員は医師や福祉関係者、子育て中の女性ら20人。この日の会合では、子育て中の父母や妊娠中の女性を対象としたアンケートの結果を市が報告。7割がセンターでの分娩(ぶんべん)取り扱い継続を希望し、「近くで分娩できることが非常にありがたいので、ぜひ存続を」「安心して出産・子育てができるところがなくなってしまうと、住むことができなくなると感じる」などの意見があったことを示した。

 酒井隆明市長は大学側との初めての正式協議を22日に実施すると報告。「(大学側が)全力を尽くして医師を確保したとは見受けにくい。センターでの分娩取り扱い継続に努力してもらうよう、まずはそこを詰めていきたい」と述べた。(前田智)



http://tanba.jp/2019/07/%e3%80%8c%e6%b2%bb%e3%81%99%e3%80%8d%e3%80%8c%e6%94%af%e3%81%88%e3%82%8b%e3%80%8d%e8%9e%8d%e5%90%88%e3%81%b8%e3%80%80%e5%8c%bb%e7%99%82%e5%b4%a9%e5%a3%8a%e3%81%8b%e3%82%8910%e5%b9%b4%e3%80%81%e7%b5%b1/
「治す」「支える」融合へ 医療崩壊から10年、統合新病院発足 新しい地域医療の船出(上)  
2019年7月9日 丹波新聞

 「一番乗りでええとこに来させてもらった。まっさらな設備で、ええ記念になった」。兵庫県丹波市の同県立柏原病院(県立)と柏原赤十字病院(日赤)の統合を受け、1日に開院したばかりの同県立丹波医療センター(医療センター)に県立から移送された入院患者の男性(85)は、真新しい病室でベッドに腰かけ、にかっと笑った。

 2病院の統合再編問題の発端は2006年。初期研修医の臨床研修制度の変更に端を発し、2病院の医師数が大幅に減り、診療機能が低下。経営も悪化した。14年に両病院の統合再編基本方針が示され、15年に基本計画ができた。着工は17年。隣接する同市立健康センター「ミルネ」と並行で整備を進めた。両施設(病院181億円、ミルネ約26億円)と同敷地内にある同市立看護専門学校(約16・5億円)で事業費は約223・5億円。

急性期と地域包括ケア病床で「病院完結型医療を」

 統合新病院は、閉院した県立と柏原赤十字(日赤)の2病院と同規模の238床で開院した。医療センターと「ミルネ」の2施設で2病院の機能を引き継ぎ、支える医療と治す医療が融合した新しい地域医療をめざす。在宅から急性期まで切れ目ない医療を提供する。

 県立は、急性期病院だったが、日赤にあった「地域包括ケア病床」が加わり、回復期機能を備えたのが新病院の特長。

 手術など急性期の治療は終えたけれど、自宅や施設に退院するにはもう少しケアやリハビリが必要だったり、介護保険サービスを利用するための調整や準備が必要な患者のための病床を1病棟(45床)設けた。

 同病棟専従の石原直幸主任理学療法士は、日赤で地域包括ケア病床を経験済み。「急性期の病床は長く入院をさせられないので『もう少しリハビリを』と思っても転院先を探さなければならないが、地域包括ケア病棟で、そういった患者さんを預かれる」と利点を話す。「病院から在宅へ」が時代の潮流だが、秋田穂束院長は、地域の医療、患者の状況を鑑み「時代に逆行する所があるかもしれないが、ある程度、病院完結型医療を提供していくことになる」とする。

診療所や健診、訪問看護などの機能も充実

 「ミルネ」は、診療所と健診センター、訪問看護ステーションなどが入居する。県が指定管理者になり運営する。診療所(内科)の担当医は、主に医療センターの後期研修医ら若手。訪問診療、訪問看護、訪問リハも提供し、在宅を支える。

 8日から一般健診を始めた健診センターには、4日までに600人の予約が入っている。6月20日から始めた予約受付の電話が鳴り続け、開院しやや落ち着いた。

 日赤時代は1・2階に分かれていた健診センターをワンフロア化。検査機器も最新のものをそろえた。健診に慣れた元日赤の職員が担当する。

 人間ドックのオプションのMRI、CT撮影は、医療センターで行う。

 「ミルネ」の医療・健診部門を統括する大野伯和医療センター副院長は「紹介状なしで受診できる診療所と、予防や早期発見につながる健診センターでみなさんのお役に立てれば。多くの方に使ってもらうことで施設が生きてくる」と話している。



http://tanba.jp/2019/07/%E5%8C%BB%E5%B8%AB%E6%95%B0v%E5%AD%97%E5%9B%9E%E5%BE%A9%E3%80%81%E5%B8%B8%E5%8B%A450%E4%BA%BA%E3%81%AE%E5%A4%A7%E5%8F%B0%E3%81%AB%E3%80%80%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E3%83%BB%E7%9C%8C%E3%81%8B%E3%82%89/
医師数V字回復、常勤50人の大台に 大学・県からの派遣増 新しい地域医療の船出(中)  
2019年7月13日 丹波新聞

 兵庫県丹波市の同県立柏原病院と柏原赤十字病院の統合を受け、1日に開院したばかりの同県立丹波医療センター。6月15日に行われた見学会で、県立柏原の内科患者の女性(77)は、病院ロビー近くに掲示されている各診療科の担当医師の表を指でなぞり主治医の名前を見つけた。「また、こっちでも世話にならんといかん」。友人と顔を見合わせた。

  「医療崩壊」後の2008年、一時期18人まで減った常勤医師は、V字回復。今年7月1日の開院時、50人の大台に乗った。県立時代を含めて最多。08年にゼロだった初期研修医(1、2年目)も過去最多の17人(1人は神戸大から)にまで増えた。

 医療センターの常勤医師の供給源は3つ。最大の供給源は、従来からの神戸大学からの医局派遣。8割ほどを依存しており、大学医局人事抜きでは成り立たない状況に変わりはない。医療センター開院の今年度一気に10人以上増えたのも、主に医局人事による。

 市民の期待が大きい脳神経外科では常勤医師の招へいは実現していないものの、兵庫医科大学の医局から週3日の外来派遣を受け、新たな関係を築こうと模索している。

 もう1つの供給源が、県。県が学費などを負担する代わりに9年間の義務年限を課す県養成医師が5人勤務している。全員が医師免許取得後、3―6年目の若手だ。うち4人が病院の柱の内科で、土台を支えている。

「県養成医師の育成拠点に」

 数年前まで養成医師の派遣は但馬に厚く、丹波は冷遇されていた。赴任前に井戸敏三県知事に、「兵庫県養成医師の育成拠点にしたい」と直談判し、支援を取り付けた秋田穂束院長の着任(13年4月)後、安定的に派遣されるようになった。県養成医師出身の見坂恒明・神戸大特命教授が、院内の「地域医療教育センター長」として教育を担当している点が、派遣される養成医師の安心につながっている。

 医療センターに隣接する丹波市の診療所「ミルネ」は主に、養成医師が担当する。4月から赴任した井崎真理医師(内科)もその1人。「多様な症例が診られるので勉強になる。教育が充実しており、研修医も優秀」と、好印象を持っている。

 大学や県のひも付きでなく、自身の考えで就職した医師も数人あり、神戸大学依存100%だった「崩壊前」と比べ、多様性が生まれている。

「崩壊前」水準に戻らぬ外科系

 医師数回復の端緒となった、今も続く、県市が費用負担し神戸大学と県立柏原で医師を育成する「循環型人材育成プログラム」で、09年に赴任した河崎悟内科部長は、自身が再開させた循環器内科の24時間365日の救急受け入れの継続に心を砕く。現在のチームは7人。「当番制で個々の負担を軽くし、以前のように医師の退職で診療体制が崩壊することがないよう留意している」と言う。

 18人を数える内科を除けば、各科1―6人。外科系は「崩壊前」の人数に戻っていない。他病院と比べ多い訳でもない。大学、県と連携しさらに医師を招へいし、診療を充実させていく。



  1. 2019/07/14(日) 06:24:08|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

Google Newsでみる医師不足 2019年6月30日

Google Newsでみる医師不足 2019年4月30日
Google (日本語) での検索件数 _ _ _ キーワード 医師不足 過去一か月のニュース 15,000
Google (English) での検索件数 _ _ _ Key word: Doctor shortage, past month 35,200
First 5 in Google in English 



https://www.cbc.ca/news/canada/ottawa/perth-doctor-shortage-looking-to-ontario-government-help-1.5192749
'This is a crisis': Perth, Ont., bracing for family doctor shortage
Julie Ireton · CBC News · Posted: Jun 28, 2019 4:00 AM ET (カナダ オンタリオ州)

The town of Perth, Ont., is bracing for the impending departure of two physicians, potentially leaving a third of the community without primary care.
In the past, when doctors left town or retired, other local physicians were able to absorb some of the patient load.
But there's no way that will be possible this time around, said Dr. Alan Drummond, who practises in the retirement community of about 6,000.



https://www.weeklytimesnow.com.au/news/regional/flu-fears-as-bundys-doctor-shortage-woes-deepen/news-story/640e03c4ae3265320b0f0d36bc4eaf0c
Flu fears as doctor shortage woes in this south eastern town deepen
Rhylea Millar
June 29, 2019 4:00amThe Weekly Times‎ (オーストラリア)

Meanwhile, a doctor service at Bargara had to close its doors due to the shortage.
Last year doctors were flown into Bundaberg from Brisbane and inter-state to help handle what was a much milder flu season.
This year with only six doctors on its list, House Call Doctor looks like it will have to do the same thing, even if doctors can be found to operate here.



https://www.fosters.com/news/20190602/life-saving-solution-to-americas-doctor-shortage
A life-saving solution to America's doctor shortage
By Dr. Richard Liebowitz
Jun 2, 2019 at 3:15 AM Foster's Daily Democrat‎ (米国)

Doctors are hard to come by in rural America. Nearly 20 percent of Americans live in rural communities. But only 10 percent of doctors practice there. Patients often must drive for hours to see a physician.
Such barriers to care can prove deadly. A former director of the Centers for Disease Control and Prevention recently warned that “there is a striking gap in health between rural and urban Americans.” CDC research from 2017 indicates that up to 25,000 heart disease deaths and 19,000 cancer deaths could have been prevented in 2014 if rural patients had better access to health care.



https://www.hawaiinewsnow.com/2019/06/15/uh-proposes-using-medical-students-help-ease-neighbor-island-doctor-shortage/」
UH proposes using medical students to help ease Neighbor Island doctor shortage
By Ellie Nakamoto-White | June 14, 2019 at 5:49 PM HST (米国 ハワイ州)

The University of Hawaii School of Medicine is proposing to use doctors-in-training to combat the growing physician shortage in the islands.
Under the proposal, the school would have cohorts of five to six students train at a neighbor island site ― and hope they end up wanting to stay there after graduation.
But getting the proposal off the ground won’t be cheap.
The school estimates the effort will cost about $1.4 million a year, and they’re hoping the state can foot the bill through the Board of Regents or the state legislature.



https://www.myyellowknifenow.com/40894/hay-river-doctor-shortage-continues-this-summer/
Hay River doctor shortage continues this summer
Emelie Peacock
My Yellowknife Now Monday, Jun. 24th, 2019 (カナダ ノースウェスト準州)

Hay River's medical clinic could see reduced hours throughout the summer as the town deals with a shortage of doctors.
For the week of June 24th to 28th, the town is experiencing a shortage of both doctors and nurse practitioners. Booked appointments are not available at the medical clinic and walk-in appointments are limited. Residents can refill their prescriptions Saturday, June 29th from 10 a.m. to 2 p.m. at the health centre.



(他に10位以内のニュースは、バングラデシュ、カナダ ブリティッシュコロンビア州、米国(ハワイ州、ペンシルバニア州)、オーストラリア、からも)



  1. 2019/06/30(日) 12:37:18|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

6月23日 

https://blogos.com/article/385430/
医師の長時間勤務:医者はまだ不足しているのではないか  
舛添要一
2019年06月19日 07:31 BLOGOS

 政府は、6月18日、認知症対策の新大綱を閣議決定したが、高齢化社会においては、「2000万円」のみならず、十分な数の医師も必要である。

 厚生労働省は、2月16日の有識者検討会で、医師の偏在を指摘し、47都道府県を①医師多数、②中程度、③少数に分類した。①は東京、京都、福岡、沖縄、岡山、大坂、石川、徳島、長崎、和歌山、鳥取、高知、佐賀、熊本、香川、滋賀、③は宮崎、山口、三重、群馬、岐阜、千葉、長野、静岡、山形、秋田、茨城、埼玉、福島、青森、新潟、岩手である。

 このデータを見ると、医師偏在、つまり、医師が過剰な地域と不足な地域があり、その過不足を平(なら)せば問題は解決するという印象を持つ。しかし、医師の数は既に十分なのであろうか。

 医師の長時間労働が大きな問題となっている。夜を徹して24時間勤務し、宿直明けにそのまま外来診療に当たる、つまり36時間連続して働くという過酷な現状を見ないまま、医師は充足しているとは言えないのではないか。

 週に5日働き、休日にはゴルフを楽しむ開業医ばかりではないのである。

 厚労省が「医師の偏在」と言うときに、「地域による偏在」と「診療科による偏在」の二つをあげるが、実は、「勤務形態による偏在」、つまり開業医か勤務医かで労働実態は大きく異なる。

 2007年に私が厚労大臣になったとき、医師の数は十分だというのが政府の見解であった。私は、開業医が主体の日本医師会や厚労官僚の猛烈な抵抗に遭いながら、2008年6月17日、11年ぶりに閣議決定を変更して医学部の定員増に踏み切った。

 そのときに、私は記者会見で、「(政府は従来)医師数は十分だ、偏在が問題だと言ってきたが、現実はそうではない。週80〜90時間の医師の勤務を普通の労働時間に戻すだけで、勤務医は倍必要だ」と述べたのである。

 そして、8000人の定員を毎年400人ずつ増やし、10年後に1万2000人にまで増やすことにしたのである。この方針決定から10年が経ったが、2018年度の定員は9419人であり、私の方針がいつの間にか反古にされてしまっている。しかも、2022年度以降は定員を削減するという。

 診療科の偏在に関しては、医学生たちに小児科や産婦人科や外科が敬遠されるのは、勤務時間が深夜などに及ぶからである。皮膚科や眼科など志望する学生が増えても不思議ではない。診療科によるある程度の偏在は計算に入れねばならず、やはり医師の全体数の増加が必要である。

 医師偏在の問題の背景には、中央と地方の格差がある。とくに、医師が地方の勤務を嫌うのは、子どもの教育を考えてのことである。アメリカやドイツのように、中央集権から連邦(道洲)制に移行し、各地域が他の地域との自由な競争を通じて、特色ある発展を遂げることができるようになれば、医師の偏在も解消するであろう。



https://www.m3.com/news/iryoishin/683446
シリーズ 医道審議会・医師分科会
医学生による医行為の「法的担保」、早ければ年内結論
共用試験の公的化も検討、シームレスな医師養成目指す
 
レポート 2019年6月19日 (水)配信橋本佳子(m3.com編集長)

 厚生労働省の医道審議会医師分科会(会長:中谷晴昭・千葉大学 理事・副学長)は6月19日、「シームレスな医師養成に向けた取り組み」に関する議論を開始、同省は(1)共用試験(CBTとOSCE)の公的化についてどう考えるか、(2)「Student Doctor」の位置付けやその医行為について、法的にどのように考えるか――という2つの論点を提示した。併せて「シームレスな医師養成に向けた改革全体案」も公表した。

 共用試験は、任意の試験だが、全82大学で導入している。CBT合格者の質を均てん化し、全国医学部長病院長会議(AJMC)の認定制度である「Student Doctor」に公的な位置付けを与え、医学生が診療参加型で実践的な臨床実習を行えるようにするのが狙い。将来的には医師国家試験の負担も軽減するなど、卒前・卒後のシームレスな医師養成ができる体制づくりを目指す。

 厚労省は数回の議論を経て、早ければ年内にも議論を取りまとめる方針。厚労省が提示した2つの論点を実現するには、医師法等の改正が必要になることも想定し得る(資料は、厚労省のホームページ。『「卒前・卒後シームレスな医師養成が進展」、厚労省』を参照)。

 シームレスな医師養成の必要性は、卒前の臨床実習、医師国試、卒後の臨床研修、専門研修とそれぞれ改革が進められる中で、これまでさまざまな場で指摘されてきた。今回の議論の直接的なきっかけは、2018年7月公布の改正医療法・医師法の附則で、下記のように明記されたこと。公布から「3年以内」、つまり2021年7月までに措置することを求めている。

 「臨床実習をはじめとする医学に係る教育の状況を勘案し、医師の資質の向上を図る観点から、医師法の規定について検討を加え、その結果に基づき、この法律の公布後3年以内に法制上の措置その他の必要な措置を講ずるもの」

 2018年5月には、日本医師会とAJMCの連名で、(1)共用試験を公的なものにする、(2)「Student Doctor」として学生が行う医行為を法的に担保する、(3)医師国試の抜本的見直し、診療参加型臨床実習に即したものに限定し、CBTとの差別化を図る――を提言している。今回の論点はこれを踏まえたものだ。

 19日の医師分科会では、2つの論点への反対意見はなかったが、共用試験が公的な性格を帯びることで、医学生が医学部に入学した途端に共用試験の準備を始めるなど、医学部が「医学教習所」化したり、専門教育の前倒しが進み、教養教育が手薄にならないよう釘を刺す意見が出た。

 厚労省医政局医事課長の佐々木健氏は、2つの論点以外にもさまざまな意見が出たことから、「医師養成に関しては、いろいろなところで議論している。ある部分を変えることは、他にも連動していくという理解」と述べ、19日の意見を整理し、医師分科会と他の審議会等と連携させながら、議論を進めていく方針を示した。

  「シームレスな医師養成に向けた改革全体案」を提示

 「シームレスな医師養成に向けた改革全体案」で検討すべき課題は多々あるが、今回の論点は前述の2つ。医師法第17条には、「医師でなければ、医業をなしてはならない」と記載されている。古くは1991年の「前川レポート」、最近では2018年の「門田レポート」で、臨床実習において実施可能な医行為が示され、医学生による医行為の違法性が阻却されている(『医学生の医行為、27年ぶりに改訂へ、パブコメ経て決定』を参照)。

 共用試験はCATO(公益社団法人医療系大学間共用試験実施評価機構)が、希望する大学を対象に実施。知識を問うCBT(320問、6時間)と、技能・態度を評価するOSCE(客観的臨床能力試験)の2つから成る。臨床実習に入る前の医学部4年生の時期に行う。

 2015年からCBTについては全国統一の合格最低基準が設定され、AJMCは共用試験合格者に対し、「Student Doctor」の認定証を発行してきた。今回の論点はこれらに公的、法的な性格を与えるかどうかだ。共用試験導入後も、医学生の医行為の修得率は依然として低い傾向にあると指摘されている。

  厚労省案支持も、幾つかの懸念

 佐賀県医療センター好生館理事長の桐野高明氏は、「シームレスにする考えを持つことはいい」と厚労省案を支持しつつも、医学部に入学した途端に共用試験の準備を始めるなど、医学部が「医学教習所」化したり、専門教育の前倒しが進み、教養教育が手薄にならないよう釘を刺した。

 医療法人愛の会光風園病院副理事長の木下牧子氏も、卒後の臨床研修等に携わる立場から、「シームレス化には大賛成。もっと臨床ができる研修医が入ってくれば、という思いだ。ただ、それは手技ではない。診療態度や人間性も含めて、患者を診ることができるようになっていれば、より効率的な臨床研修ができる」と述べた。ただし、共用試験や医師国試など、幾つものハードルがあると、「逆に“小さな医師”がでてきてしまう」とも付言した。

 聖隷福祉事業団顧問の清水貴子氏は、違法性の阻却ではなく、法的な根拠を持って医学生が医行為を実習できるようにすることが必要と指摘。ただし、共用試験が国家試験のようになると、その対策に医学生の関心が向きがちになることへの懸念を呈した。

 参考人として出席した、CATO理事長で、慈恵大学理事長の栗原敏氏は、2年間の教養課程とその後の専門課程がバラバラとの指摘があり、教養課程が短縮された経緯があると説明。「倫理などの教養教育は、教室の中だけではなく、医療現場で教えていく。それが適切な臨床実習の在り方ではないか」。栗原氏はこう述べ、医学教育が盛りだくさんで6年間で不足するなら、臨床研修も含め、8年間で医師養成を考えるという根本まで立ち戻った議論が必要になるとした。

 一方で、参考人として出席した愛知医科大学医学教育センターの伴信太郎氏は、日医やAJMCの提言について、「問題認識が違うと思う。共用試験を公的化したり、医行為を法的に担保したら、きちんとした診療参加型の臨床実習ができるのか」と問題提起。「前川レポート」等が出ても、診療参加型臨床実習が進まなかったのは、1、2カ月といった短期間で実習先が変わるなど、教育内容、教え方に問題があるからだとし、「非常によく考えなければいけいない。学生を(共用試験の)準備に走らせるだけで、臨床実習はあまり変わらないという事態も起こり得る」とけん制した。

 大学教員への配慮が必要

 栗原氏は、共用試験の実施について、「地方の大学では、医師や事務員が少なく、なかなか立ち行かないという声も聞いている。大学間の格差をどうするかという視点も考える必要がある」と述べ、支援が必要な大学への手当ても検討すべきだとした。

 清水氏は、大学教員は、医学生、研修医、専攻医の教育研修や評価を担わなければならず、共用試験の公的化などを進めれば負担が増すと予想。「大学教員のゆとりも考えなければならない」と述べ、臨床研修病院の人員等も巻き込んで取り組む必要があるとした。



https://www.toonippo.co.jp/articles/-/206886
八戸赤十字病院の累積欠損金65億円  
2019年6月17日 東奥日報

 八戸赤十字病院(青森県八戸市)の2018年度決算で、総収支の単年度赤字が前年度比8.7倍の4億4864万円と大幅に悪化したことが17日、分かった。18年5月に抗菌薬がほぼ効かないバンコマイシン耐性腸球菌(VRE)の感染者が確認されて以降、入院患者数が減ったのが響いた。電子カルテの整備費用が増えたことも影響した。累積欠損金は65億1178万円に膨らみ、この10年で最大規模となった。



https://www.m3.com/news/iryoishin/683842
シリーズ 地域医療構想
公立・公的病院の「代替可能性」「再編統合」、検証手順おおむね了承
「大半が代替可能性あり」なら再編統合を議論
 
レポート 2019年6月21日 (金)配信橋本佳子(m3.com編集長)

 厚生労働省は6月21日の「地域医療構想に関するワーキンググループ」(座長:尾形裕也・九州大学名誉教授)の第22回会議で、公立・公的医療機関等の「具体的対応方針」を検証するための具体的な手順等の案を提示、おおむね了承を得た。21日の議論を「具体的対応方針の検証に向けた議論の整理(たたき台)」に反映させ、次回以降の会議で取りまとめを目指す(資料は、厚労省のホームページ)。

 地域医療構想では、公立・公的医療機関等の「具体的対応方針」については、「役割の代替可能性がある」、「再編統合の必要性について特に議論する必要がある」という視点から検証し、公立・公的医療機関等しか担えない機能に重点化することが求められる(『公立・公的病院の病床機能、2025年度も全体では「現状維持」』を参照)。厚労省は、検証のために必要な各構想区域別の診療実績(急性期医療に関する9領域、17項目の予定)の分析結果を2019年央までに公表する予定。

 「役割の代替可能性がある」とは、(1)各分析項目について、診療実績が特に少ない、(2)構想区域内に、一定数以上の診療実績を有する医療機関が2つ以上あり、かつ、お互いの所在地が近接している――のいずれかの要件を満たす分析項目。大半の分析項目について「役割の代替可能性がある」とされた医療機関を、「再編統合の必要性」を議論する医療機関とする。

 全国自治体病院協議会会長の小熊豊氏は、「役割の代替可能性がある」ケース(図2のB病院)について、「他の医療機関が代替できる能力が本当にあるのかは、どこで判断するのか」と質問。また議論の対象は、公立・公的医療機関等となっていることから、診療実績が少ない民間病院(図3のE病院)についても考えなければいけないのではないかと質した。

 厚労省医政局地域医療計画課は、「代替可能性や再編統合の議論は難しく、議論は一筋縄で行かないことは認識している」と断った上で、他の医療機関に診療機能を移す場合、医師や設備などの体制も含めて検討する必要があり、地域の事情を踏まえ、地域医療構想の調整会議で議論することが重要だとした。さらに大学医局から医師が派遣されている場合なども想定し、県単位の調整会議を利用することもあり得るとした。また、民間病院の扱いについては、今の議論は公立・公的医療機関等の「具体的対応方針」の検証が出発点であると説明。

 日本医師会副会長の中川俊男氏が、厚労省に続いて、「代替可能性があるかどうかは、全国一律の基準で判定することはできず、またしてもいけない。スタッフと設備などを踏まえて、各構想区域で判断する」と補足説明。さらに、「同じように診療実績が低いような場合でも、民間病院の場合は間もなく消えるが、公立・公的医療機関等は、(補助金等があることから)生き残る」などと形容し、公立・公的医療機関等の「具体的対応方針」を検証する必要性を指摘した。

  脳梗塞に対するtPA投与件数の取扱について」も議論

 21日の会議では、「病床機能報告における脳梗塞に対するtPA投与件数の取扱について」も議論。病床機能報告では、「超急性期脳卒中加算」のレセプト件数を報告することになっているが、同加算の施設基準を満たせない医療機関でも、tPAを投与している実態がある。厚労省は、「脳梗塞に対してtPAの投与を実施した件数についても、報告を求めることとしてはどうか」と提案。脳梗塞は、診療実績の分析項目の一つ。

 しかし、中川氏は、人員配置なのか、あるいは患者の病態の問題なのかなど、「超急性期脳卒中加算」のレセプト件数と、tPA投与件数の相違の理由について、まずは調べるべきと提案。奈良県立医科大学教授の今村知明氏も、「大きな都道府県だと(両者が)パラレルだが、小さい県ほど差が大きい。一つの数字だけ使うとミスリードする」と述べた。厚労省はこれらの意見を踏まえ、再検討する。

 中川日医副会長「国が重点的に支援する区域」をけん制

 その他、会議で中川氏は、構想区域のうち「国が重点的に支援する区域」を設定、国が直接助言するやり方について、「本ワーキンググループで議論をしたことがない」と指摘。厚労省が5月23日の社会保障ワーキング・グループで提案、6月7日の2019年度の第1回医療政策研究会/第1回地域医療構想アドバーザー会議でも説明していた(『地域医療構想、「国が重点的に支援する区域」設定し推進』を参照)。

 厚労省医政局地域医療計画課長の鈴木健彦氏は、「名称は今後決めるが、特に厚労省として強く支援する地域を設定することを考えている。その際は、厚労省の職員を派遣して支援する」と説明。

 これに対し、中川氏は、「将来の医療提供体制に向けて自主的に収れんさせることが、地域医療構想を進める大前提」と述べ、「厚労省が支援するのは大変なこと。厚労省の職員がきたら、十分に圧力を感じる。強制的に何かをやるようなことは慎重になるべき」と強く釘を刺した。

 健康保険組合連合会理事の本多伸行氏は、「国の関与については、私が発言した。地域の医療機関には利害関係があるので、外から“行司役”が入った方がいい場合があり、状況によっては国が行司役にならないと、なかなか進捗しないのではないか」と述べた。

 中川氏は、「調整会議の“行司役”は、各地域の医師会会長などを想定している。国が“行司役”になることは基本的にはあり得ないと私は考えている」と重ねてけん制した。



https://www.medwatch.jp/?p=27101
公立病院等改革の検証、都道府県知事の民間病院機能転換命令権、急性期一般1の要件厳格化など検討せよ―財政審建議  
2019年6月21日|医療計画・地域医療構想 MedWatch

 地域医療構想の実現に向けて、公立病院・公的病院等の機能改革案が将来の必要病床数(地域医療構想)と整合的でない場合、改革案の再検討を求めるとともに、民間医療機関への機能転換命令権を都道府県知事に付与すべきである。また、2018年度診療報酬改定が急性期病床数適正化にどの程度の効果を及ぼしたのかを検証し、次期2020年度改定では「更なる急性期一般病棟入院料1などの要件厳格化」などを検討すべきである―。

財政制度等審議会(財政審)が6月19日、麻生太郎財務大臣に宛てて、このような内容を盛り込んだ建議(令和時代の財政の在り方に関する建議)を行いました(財務省のサイトはこちら)。

ここがポイント!
1 医療費増に合わせ、「患者負担増」「診療報酬引き下げ」を自動的に行う仕組み検討せよ
2 次期介護制度改革、軽度者への給付の在り方など検討せよ


医療費増に合わせ、「患者負担増」「診療報酬引き下げ」を自動的に行う仕組み検討せよ

 建議では、「令和時代の税財政運営においては、財政健全化どころか一段と財政を悪化させた平成時代の過ちを繰り返すことは許されず、財政健全化の成果を着実に上げていくことが求められる。更に、厳しい財政状況を乗り越え、その先に見えてくるであろう財政問題の『出口』を模索することも、令和時代における税財政運営の責務である」と指摘し、財政健全化の必要性を強調。

 また税財政運営の要諦は「国民の受益と負担の均衡を図る」ことにあるとし、社会保障に関して、「負担増を伴わないままに給付を先行させてきた」ことが我が国財政の悪化の最大の構造的要因と痛烈に批判したほか、古代ギリシアの叙事詩「オデュッセイア」(ホメロス)の第12歌に登場する「セイレーン」を引き合いに、「甘い誘惑に負けてはならない」とも指摘します。
 
 さらに財政健全化の道のりを航海に例えて、「時には荒波を乗り越える必要はあっても、現時点で国内の民間貯蓄超過が政府部門の赤字を上回っているという我が国の強みも踏まえつつ、リスクマネジメントを適切に行えば、必ず辿り着く港があろう」と見通し、団塊の世代が75歳以上の後期高齢者となりはじめる2022年度より前に、社会保障について次のような改革を行うべきと訴えています。

 まず医療については、▼保険給付範囲の在り方の見直し▼国民健康保険改革▼医療提供体制改革▼公定価格の適正化▼高齢化・人口減少下での負担の公平化―に取り組む必要性を指摘。

 このうち保険給付範囲については、現在は「風邪などの小さなリスクも、がんなどの大きなリスク」も同様の給付(年齢・所得により7-9割負担、さらに高額療養費制度で手厚くカバー)となっていますが、今後は「小さなリスク」について、▼薬剤自己負担の引き上げ(医薬品の種類に応じた保険給付率設定など)▼少額受診等における追加負担(かかりつけ医・かかりつけ薬局等への誘導策として定額負担に差を設定することも視野に)▼民間保険の活用―などを検討するべきと訴えています。
 
 また医療提供体制改革では、「地域医療構想の実現」に向けた動きを加速・強化するよう要望。例えば、▼公立病院・公的病院等の機能改革内容が地域医療構想の必要病床数と整合的でない場合には、期限を付して直ちに再検討を要請する▼民間医療機関への機能転換命令権など、都道府県知事の権限を一層強化する▼地域医療介護総合確保基金のメリハリをつけた活用―を提案するとともに、2020年度の次期診療報酬改定での対応も求めています。
 
 公定価格の適正化とは、現在の診療報酬や薬価の設定が不適正であるとの指摘です。前述した地域医療構想の実現に向けて「2018年度診療報酬改定が病床再編・急性期入院医療費削減に与えた効果を評価し、必要に応じて更なる要件厳格化等を2020年度改定で実施する」よう求めたほか、薬価制度抜本改革に関する残された課題の解決、調剤報酬の適正化(かかりつけ薬局・薬剤師の推進など)を実施するよう要請しています。
財政審建議5 190619
 
さらに負担の公平化では、相対的に「収入に比べた負担の度合い」が軽い高齢者に適正な負担を求める(若人と高齢者との世代間の公平を確保)ことが必要とし、まず「75歳以上の後期高齢者の窓口負担2割化」を要望。そこでは「新たに75歳以上に到達する人」はもちろん、数年をかけて段階的に「すでに75歳以上となっている人」についても2割負担へ引き上げていくべきとしています。
財政審建議6 190619
 
あわせて、「保険給付率」(保険料・公費負担)と「患者負担率」とのバランス等を定期的に「見える化」し、▼診療報酬▼保険料・公費負担▼患者負担―で総合的な対応を検討するという、いわゆる「医療版のマクロ経済スライド」導入も求めています。具体的には、保険料・公費負担が一定以上に増加した場合には、自動的に「患者負担を引き上げ」「診療報酬を減額」していく仕組みを検討せよと求めるものです。

 診療報酬については中央社会保険医療協議会で(関連記事はこちらとこちらとこちら)、医療保険制度については社会保障審議会・医療保険部会で(関連記事はこちらとこちら)、地域医療構想に関しては地域医療構想に関するワーキンググループで(関連記事はこちらとこちらとこちら)、それぞれ議論が行われていますが、建議を受けて、議論がどう動くのか注目する必要があるでしょう。

次期介護制度改革、軽度者への給付の在り方など検討せよ
一方、介護に関しては、次期介護保険制度改革に向けて、▼保険給付範囲の在り方の見直し(軽度者サービスの市町村事業への移行)▼効率的なサービス提供(1人当たり介護費の地域差解消)▼高齢化・人口減少下での負担の公平化(利用者負担の2割化、補足給付の見直し、ケアマネジメントへの利用者負担導入)―などを提言しています。

 現在、社会保障審議会・介護保険部会では、次期介護保険制度改革に関する議論が行われています。秋からの個別項目論議に、この建議がどのような影響を与えるのか注目が集まります(関連記事はこちらとこちらとこちら)。

 なお、国民健康保険や公立病院には、地方自治体から毎年度、地方財政計画における計上額を超える多額の支出(公立病院への基準外繰出金は2017年度には3484億円とされている)が行われていることを問題視し、▼地域医療構想▼医療費適正化計画▼国保の財政運営―一体的に担う都道府県が、国や市町村と連携しつつ「抑制」に取り組むべきとも訴えています。

ただし、参議院選挙を控え金融庁報告書で揺れる中、政治がこの建議をどう受け止めるのか注視する必要もあります。



https://www.m3.com/news/iryoishin/683725
三位一体改革「病院混乱しないよう丁寧に」四病協
看護補助者の位置付けなど検討も
 
レポート 2019年6月21日 (金)配信水谷悠(m3.com編集部)

 四病院団体協議会は6月19日に総合部会を開き、地域医療構想、医師・医療従事者の働き方改革、医師偏在対策のいわゆる「三位一体改革」や新専門医制度、看護補助者に関して議論した。終了後に記者会見した日本病院会会長の相澤孝夫氏は三位一体改革について「3つが関係していることは疑いのない事実で全く切り離しては考えられないが、一度にドーンと進めていくことには、病院団体としては細かな配慮を持って病院が混乱しないように進めてほしいと意見があった」と述べた。


 地域医療構想について地域の調整会議でいろいろな議論が進行中だとして、「地域の調整が非常に重要であるところに、医師・医療従事者の働き方や偏在対策は国がある程度の計算式で二次医療圏に『こうしろ』と言っており、それが入ってくることで地域医療提供体制の改革を進めていくことにブレーキがかかる、変な方向に行くのではないかという意見があった」と指摘した。

 看護補助者については、病棟の看護助手が年々減ってきており、病院で募集してもなかなか応募がないのが現状だと説明。介護に関わることが増えてきており、病棟の看護補助者で介護の仕事を担う人と介護福祉士の棲み分けや評価をどうするかについて、「大きな問題ではないかということで、詰めていく必要があるのではないか」として今後検討していくことを明らかにした。

 厚生労働省がタスク・シフティングに関するヒアリングを開催し、日本医師会が新職種創設に反対、日本脳神経外科学会からは前向きな陳述があったことについては、相澤氏自身の考えとして「医師の働き方改革を含めていくと、看護師にある程度のことをやってもらっていかないと医師の労働時間は多分縮まらないと思う。将来の方向として十分に考えていく、認めていくにはどうしたらいいのか、何が障壁になるのかを前向きに検討していくべきではないかなと思っている」と述べた(『日医、「新職種の創設反対」を強調』を参照)。

 新専門医制度に関しては、シーリングが決まる過程について、「既に決まってしまっていることなので了承してくれという(日本専門医機構の)理事会だった」という報告が、病院団体推薦の機構理事からあり、「日本専門医機構についてはどうしていったらいいかを真剣に考えながら、意見を申し上げていくことを続けていくことになった」と説明した。



https://dot.asahi.com/aera/2019061900075.html?page=1
地方なら1人辞めれば丸ごと閉鎖する科も…救急医の一斉退職問題が深刻化  
小田健司2019.6.21 17:00 ※AERA 2019年6月24日号

 地域医療を支える病院で医師の一斉退職が起きた。こうした事態は過去にもたびたび起こっている。背景には何があるのか。

*  *  *
 地方独立行政法人・市立大津市民病院(滋賀県大津市)で、救急医6人が今月末に一斉退職する。今月10日、病院関係者は大津市議会の会派を回っていた。その2日前の朝日新聞の朝刊でこの問題が報道され、急遽、議会対応を迫られていた。

「7月からのER(救命救急室)の体制はどうなるのか」

 議員の質問に、増田伊知郎理事長はこう断言したという。

「ほかの医療機関からの医師の応援や院内の調整などで、7月以降もこれまでと同じ体制を維持できる」

 病院法人事務局の説明によると、退職するのは「救急診療科・集中治療部」の7人の常勤医師のうち6人。「指導医」を務めていた診療部長が退職を申し出たことから、4人の「専攻医」と呼ばれている若手の医師も続き、別の1人も退職を決めた。

 会派への説明の場で個別の医師の退職理由について説明はなかったというが、増田理事長は、退職が一斉になったことについて、こう説明した。

「指導医が辞めれば専攻医も辞めてしまう。医師の世界ではあり得ることだ」

 背景事情は一様ではないだろうが、地域医療を脅かす医師の一斉退職は、過去にもたびたび起きている。

 2017年末から18年にかけては神奈川県立がんセンター(横浜市)で、放射線治療医5人が相次ぎ退職。放射線治療と、国が先進医療に位置づける重粒子線治療の継続が危ぶまれた。

 地方独立行政法人「くらて病院」(福岡県鞍手町)では18年、内科医全6人が一斉に退職し、一時、入院患者や透析患者を他の医療機関に転院させるなどの対応をとった。当時の町長による権限を超えた病院人事への介入が背景にあった。

 国立成育医療研究センター(東京都世田谷区)では14年、小児集中治療室(PICU)の医師9人が一斉に退職し、病床数を減らして対応せざるを得ない事態に陥った。

 今回の大津市民病院の一斉退職について、同病院での実習経験がある医師によると、専攻医たちが辞める理由については、院内でこう見られているという。

「指導医がいなくなれば、専門医の認定が受けられなくなるからではないか」

 大津市民病院は日本救急医学会の専門医指定施設、日本集中治療医学会の専門医研修施設になっている。ここで指導医の指導を受け経験を積めば、専攻医は専門医への道が開けるというわけだ。指導医の存在こそが、専攻医にとっては魅力だった可能性はある。

 前出の医師は、医療現場全体の問題として、長時間労働やストレスフルな職場環境があると指摘し、一斉退職の大きな背景になっていると語る。

「東京をはじめ大都市に医者が集中する状況が根本的に変わらなければ、医師が厳しい労働環境下にある医療の現場でこうした問題はどこにでも起こり得る。地方なら、1人、2人が辞めただけで科が丸ごと閉鎖されることだってある」

 地域医療の問題に詳しい城西大学経営学部の伊関友伸教授は、「少し時間が経過して、忘れられているのではないか」とあらためて問題提起する。

 十数年前には、各地の公的な総合病院を中心に医師が大量退職することが相次ぎ、地方の「医療崩壊」が大きな社会問題となった。

「一般的に、過酷な勤務や医師の働きがいに配慮しない病院が舞台になっているケースが多かった」

 と伊関教授は言う。そのうえで、人材を確保するために必要なこととして、こう指摘した。
「研修機能が充実した病院に若い医師は集まる。そうした体制づくりを地域全体でどう作っていくのか、真剣に考えるべきだ」

(編集部・小田健司)



https://www.medwatch.jp/?p=27070
2020年度診療報酬改定、特定行為研修修了看護師の評価新設やDPC再入院ルールの廃止など行え―全自病  
2019年6月20日|医療現場から MedWatch

 2020年度の次期診療報酬改定において、「常勤加算」規定を拡大するほか、入退院支援加算の増点や、特定行為研修を修了した看護師による在宅での特定行為実施の評価新設などを行ってほしい。またDPCについては、高額薬剤の取り扱い見直しや再入院ルールの廃止などを実施すべきである―。

 全国自治体病院協議会は6月18日に、こうした内容を盛り込んだ2020年度の「社会保険診療報酬に関する改正・新設要望書」を厚生労働省保険局の樽見英樹局長、同局医療課の森光敬子課長に宛てて提出しました(全自病のサイトはこちら(全自病のトップページ、「協議会情報一覧」から要望書をダウンロード可能)。

「常勤換算」規定の拡大や入退院支援加算の増点、看護必要度見直しなども検討せよ
 全自病の要望内容は非常に多岐にわたります。気になる項目をピックアップしてみましょう。

 まず出来高報酬に関する重点要望項目としては、次のような項目が目立ちます。

▼「常勤換算」規定の拡大

▼2科目の【初診料】の増点(141点→188点)、3科目の【初診料】の新設(94点)

▼A207【診療録管理体制加算】(加算1)の増点・要件の緩和

▼A207-2【医師事務作業補助体制加算】の増点(15対1:125点増、20対1:100点増、25対1・30対1:60点増、40対1・50対1:25点増、75対1・100対1:10点増)

▼A207-3【急性期看護補助体制加算】の増点(210-130点→300-150点)

▼A230-4【精神科リエゾンチーム加算】の拡大(週1回300点→週2回400点)

▼A234【医療安全対策加算】の増点(加算1:85点→200点、加算2:30点→100点)

▼A244【病棟薬剤業務実施加算】の拡大(回復期リハビリテーション病棟・地域包括ケア病棟などの包括評価病棟における算定を認める)

▼A246【入退院支援加算】の増点(加算1の「一般病棟入院基本料等」の場合:600点→800点)

▼A308-3【地域包括ケア病棟入院料】における「リハビリ要件」の緩和(入院料3・4については1日2単位→1日1単位に緩和など)

▼B001の12【心臓ペースメーカー指導管理料】の名称変更(「不整脈デバイス指導管理料」へ)と、拡大(両心室ペースメーカーによる場合:420点、植込型除細動器による場合:480点、両室ペーシング機能付き植込型除細動器による場合:540点)

▼B001の23【がん患者指導管理料】のハ「医師・薬剤師が抗悪性腫瘍剤の投薬・注射の必要性等について文書で説明を行った場合」の算定上限(患者1人につき6回まで)の撤廃

▼B011-4【医療機器安全管理料】の拡大(生命維持管理装置を用いて治療を行う場合:50点など)

▼地域医療支援病院におけるE200【コンピューター断層撮影(CT撮影)】、E202【磁気共鳴コンピューター断層撮影(MRI撮影)】の算定要件緩和(【画像診断管理加算2】の届け出を不要とする)

▼【入院時食事療養費】の増額(療養費I:1食640円→700円、療養費II:1食506円→557円、特別食加算:76円→84円)

▼糖尿病患者を対象とした新たな疾患別リハビリテーション料の新設

▼特定行為研修を修了した看護師が在宅で、特定行為(医行為)を実施した場合の評価(200点)の新設

▼【医療被曝管理料】の新設

 
 またDPCに関しては、次のような重点要望を行っています。

▼機能評価係数IIの「地域医療指数・体制評価指数」における精神疾患の受け入れ拡大(精神病床が無い急性期病院においてもA300【救命救急入院料】の注2加算「精神診断治療」・A248【精神疾患診療体制加算】の算定実績で評価する)

▼高額薬剤の取り扱いについて、「薬価収載と同時の出来高決定」、「診療報酬改定での包括評価における『分岐設定』」を行う

▼「短期滞在手術等基本料について点数設定方式Dを設定する」こととなったが、短期滞在手術3と比較して不利益のない効率的な入院を担保する点数設定への見直し

▼「病理組織標本作成」「免疫染色(免疫抗体法)病理組織標本作製」の出来高算定

▼「他院受診」について、現状(入院病院が外来受診先病院に診療費等を支払う)を踏まえて、「高額医療機器による診療が必要な場合」「かかりつけ医(精神疾患の患者等)等の外来受診を受ける場合」など、患者にとって必要な外来機能がなく、自院の主治医の許可を得るなどの条件を満たした場合は、「他院分を出来高にて他院側で算定する」ような明確なルール設定を行う

▼「退院時処方」に関して、「転院の契機となった疾患に対する処方」以外の薬剤は転院元医療機関での退院時処方ができるようなルール設定を行う

 
 このほか、一般病棟用の重症度、医療・看護必要度について▼一連の再手術についてもC項目の評価対象とする▼歯科の患者を「DPCのEF統合ファイルを用いる看護必要度II」の評価対象から除外する―ことを、DPCに関して▼「脳動脈瘤破裂後に(遅発性)脳血管攣縮を合併した場合」について、全身的薬物療法やTripleH療法など多くの医療資源を用いるため、「(遅発性)脳血管攣縮」を定義副傷病名に設定し、日当点を高くする▼再入院ルールの廃止―なども求めています。



https://www.medwatch.jp/?p=27058
看護補助者と介護福祉士、病棟で勤務する際の業務区分けなどを検討していく―四病協  
2019年6月19日|医療現場から MedWatch

 看護補助者についての位置づけを検討していく必要がある。とくに、「病棟で勤務する看護補助者」と「病棟で勤務する介護福祉士」とで、業務の区分けをどう考えるのか、評価をどう考えるのか、などを今後、病院団体として検討する必要がある―・

 6月19日に開催された四病院団体協議会(日本病院会、全日本病院協会、日本医療法人協会、日本精神科病院協会)の総合部会において、こういった点で4団体の意見が一致したことが、日本病院会の相澤孝夫会長から報告されました
 
ここがポイント!
1 「看護補助者の位置づけ」を、病院団体として今後検討していく方向を確認
2 医師からのタスク・シフティング先、NPやPAについても前向きな議論を
3 専門医制度、根本に立ち返った議論をしなければ誤った方向に進みかねない

「看護補助者の位置づけ」を、病院団体として今後検討していく方向を確認

 医療従事者にも「働き方改革」が求められています。医師については後述するように2024年4月から特別の時間外労働上限が適用されますが、医師以外のメディカルスタッフ、例えば看護師については、すでに「時間外労働上限」が適用されています。このため「労働時間の短縮」などを積極的に進める必要があります。

 一方で、これも後述するように看護師は「医師からのタスク・シフティング先」としての期待が高まっており、「労働時間の短縮」が求められながら、「さらに高度かつ広範な業務に携わる」ことも求められています。

 こうした中では、看護師は「看護師資格を保有していなければ実施できない業務」に集中し、「看護師でなくとも実施可能な業務」は他職種に移管していくことが必要です(タスク・シフティング)。この点、「看護補助者の位置づけ」を検討していくべきとの指摘が従前よりあります。

 看護補助者について、現在は「特段の資格」が求められていません。このため、例えば介護福祉士や救急救命士の資格保有者が、看護補助者として病院に勤務している実態があります。しかし、「保有資格で独占されている業務」に従事するわけではないことから、経済的評価(つまり給与等)は低く、最近では「看護補助者」のなり手が不足している実態もあるようです。

こうした点について四病協でも、「看護補助者の位置づけを検討していく必要がある。とくに『病棟で働く看護補助者』と『病棟で働く介護福祉士』について、業務の区分け、評価の在り方などを今後詰めていく」という点で意見が一致したことが相澤日病会長から報告されました。

 将来、メディカルスタッフの活躍の場が広がることが期待されます。ただし、例えば病棟における介護福祉士の位置づけが明確となり、さらに診療報酬の施設基準などで「一定の介護福祉士配置」が求められるようになった場合には、病院側の負担増になることも考えられます。どのような検討が行われるのか、今後の動きに注目が集まります。

医師からのタスク・シフティング先、NPやPAについても前向きな議論を

前述したように医師(勤務医)にも「働き方改革」が求められ、2024年4月から罰則付きの「時間外労働上限」規制が適用されます。原則として「年間960時間以下」(すべての医療機関で960時間以下を目指す、いわゆるA水準)を適用しますが、「3次救急病院」や「年間に救急車1000台以上を受け入れる2次救急病院」など地域医療確保に欠かせない機能を持つ医療機関で、労働時間短縮等に限界がある場合には、暫定的に「年間1860時間以下」(いわゆるB水準)とし、また研修医など短期間で集中的に症例経験を積む必要がある場合には、当面「年間1860時間以下」(いわゆるC水準)という特例の水準が適用されます。

 このため、2024年4月までの5年間、すべての医療機関で「労務管理の徹底」(いわゆる36協定の適切な締結、労働時間の管理など)と「労働時間の短縮」を進めることが求められます(関連記事はこちら)。
 
後者の「労働時間の短縮」を実現するためには、多忙な医師の業務量自体を減らす必要があることから、「医師免許を保有していなくとも実施可能な業務」は他職種に移管し、医師は「医師でなければ実施できない業務に集中する」ことを進める、いわゆる「タスク・シフティング」に注目が集まっています。

この点についてNP(ナース・プラクティショナー、米国等で活躍する「医師等の指示を受けずに、独自の判断で一定の医行為を実施する」ことが認められている看護師)やPA(フィジシャン・アシスタント、医師の監督のもとに▼診察▼薬の処方▼手術の補助―など、医師が行う医療行為の相当程度をカバーする医療資格者)の養成を求める声が高まってきています。一定の医行為をNPやPAに移管していってはどうか、という考えに基づくものです。

四病協の総合部会でも「NPの位置づけについてきちんと議論していく必要がある」との意見が出ています。この点、相澤日病会長は、「我が国では『特定行為研修を修了した看護師』(医師の包括的指示の下で一定の医行為を実施できる)を養成しており、複合的な研修(パッケージ化)を実施することになっている。こうした動きも踏まえて、NPやPAについて『認めるにはどうすれば良いのか。何が障壁になっているのか』などを十分に考えつつ、前向きに検討していくべきであろう」との考えを総合部会終了後の記者会見で述べています(関連記事はこちら)。

厚生労働省の開催するヒアリングでは、日本医師会は「新職種創設に反対」と、医学会は「PAに期待」との考えを示し、NPやPAへの考えに「温度差」があることが分かりました。今後、四病協もヒアリングに出席することになりますが、そこでどのような「タスク・シフティングに向けた具体的な考え方」が示されるのか、こちらも注目が集まります(関連記事はこちら)。

専門医制度、根本に立ち返った議論をしなければ誤った方向に進みかねない

なお、6月19日の四病協総合部会では、「地域医療構想・医師の働き方改革・医師偏在対策は、それぞれ連関していることは紛れもない事実だが、地域で3施策を一体的に議論し進めるとなると現場に混乱も生じかねない。3施策の関連性に十分配慮しながら、丁寧に医療提供体制改革を議論する必要がある(関連記事はこちら)」「新専門医制度について、良い方向に進むよう提言を行っていく」という点も確認されました。

特に新専門医制度に関して、相澤日病会長は「既に動き始めており、難しいが。▼国民が求める専門医▼行政の求める専門医▼医学会の求める専門医―はそれぞれどのような医師像なのかを改めて整理し、『専門医とは何か』『専門医制度はどうあるべきか』を根本に立ち返って議論しなければ、誤った方向に進みかねない」と警鐘を鳴らしています(関連記事はこちら)。



https://www.medwatch.jp/?p=27003
フィジシャン・アシスタント(PA)等、医師会は新職種創設に反対するも、脳外科の現場医師などは「歓迎」―厚労省  
2019年6月17日|医療現場から MedWatch

 医師の働き方改革に向けて、今後、強力に「労働時間を短縮」していくことが求められ、そこでは医師から他職種へのタスク・シフティング(業務移管)が必要不可欠となる。この点について、例えば手術場で医師を補助し、一定の医行為を実施可能な「フィジシャン・アシスタント」(PA)などの新職種創設をどう考えていくか。また現行の「特定行為研修を修了した看護師」の業務範囲などをどう考えていくべきか―。

 厚生労働省が6月17日に開催した「医師の働き方改革を進めるためのタスク・シフティングに関するヒアリング」で、こういった点について意見聴取・意見交換が行われました。
 
ここがポイント!
1 医師会や学会、病院団体等の意見踏まえ「どうタスク・シフティングを進めるか」検討
2 日医は「新職種創設」に明確に反対するが、学会はPA等に期待寄せる
3 特定行為研修を修了した看護師、「特定行為」の拡大についてどう考えるか
4 職能団体は、法令の壁も越えて「我々にこの業務を任せてほしい」と要望

医師会や学会、病院団体等の意見踏まえ「どうタスク・シフティングを進めるか」検討

 厚生労働省の「医師の働き方改革に関する検討会」が3月末(2019年3月末)に報告書をとりまとめ、次のような方針を明確にしました(関連記事はこちら)。

▽2024年4月から「医師の時間外労働上限」を適用し、原則として年間960時間以下とする(すべての医療機関で960時間以下を目指す)(いわゆるA水準)

▽ただし、「3次救急病院」や「年間に救急車1000台以上を受け入れる2次救急病院」など地域医療確保に欠かせない機能を持つ医療機関で、労働時間短縮等に限界がある場合には、期限付きで医師の時間外労働を年間1860時間以下までとする(いわゆるB水準)

▽また研修医など短期間で集中的に症例経験を積む必要がある場合には、時間外労働を年間1860時間以下までとする(いわゆるC水準)

▽2024年4月までの5年間、全医療機関で「労務管理の徹底」(いわゆる36協定の適切な締結など)、「労働時間の短縮」(タスク・シフティングなど)を進める
 
 このうち「タスク・シフティング」については、医師から他職種に、また他職種からさらに別の職種に「当該職種でなくとも実施可能な業務」を移管し、当該職種が「その資格保有者でなければ実施不可能な業務に集中できる」環境を整えるものです。もっとも、ある業務を他職種に移管した場合でも、安全性・有効性などの『質』が担保されなければなりません。また、業務移管を行ったとしても、例えば「指示等に膨大な時間がかかるが、軽減される業務量はごくわずかである」ような場合には、当面は業務移管を見合わせるという判断も必要となってくるでしょう。

このため厚労省は、30超の医療関係職能団体や関係医学会など(三師会、四病院団体協議会、新専門医制度の基本領域学会、日本専門医機構、日本看護協会ほか)に、「どの業務を、どの職種に移管することが可能と考えられるのか」「業務移管によって、どの程度の負担軽減効果が得られるのか」「業務移管後も医療の質を担保するために、どのような施策が必要と考えられるのか」といった点について意見を聴取するとともに、厚労省幹部との意見交換を行う場を設置したものです。

今夏を目途に意見聴取を終え、その後、厚労省で「タスク・シフティングを進めるために何をすればよいのか」を検討していきます。
 
6月17日の会合では、▼日本医師会▼日本技師装具士協会▼日本視能訓練士協会▼日本医師事務作業補助研究会▼言語聴覚士協会▼日本臨床工学技士会▼日本脳神経外科学会▼日本病理学会▼日本形成外科学会―の9団体から意見聴取を行いました。膨大な量の意見が示されており、ここではポイントを絞って眺めてみましょう。

日医は「新職種創設」に明確に反対するが、学会はPA等に期待寄せる

まず日本医師会からは、タスク・シフティングを進めるにあたっての考え方として、次のような5つの基本方針を会内で取りまとめていることが報告されました。
(1)医療安全を守るため、医師による「メディカルコントロール」(医療統括)の下での業務が原則である
(2)新職種の創設ではなく、「既に認められている業務」の▼周知徹底▼実践されていない場合の着実な検証―を実行する。
(3)法令改正や現行法解釈の変更による業務拡大をする場合には、適切なプロセスを経て行う
(4)「タスク・シフティング先の医療関係職種」への支援が必要である。
(5)AI等のICTの活用は、医師のタスクをサポートするものとして推進すべき

 このうち(2)の「新職種創設」は、「医師の働き方改革に関する検討会」でも時間をかけて議論された▼ナース・プラクティショナー(NP)▼フィジシャン・アシスタント(PA)―などを念頭に置いたものと考えられます。NPは、米国等では「医師等の指示を受けずに、独自の判断で一定の医行為を実施する」ことが認められています。また、PAは医師の監督のもとに▼診察▼薬の処方▼手術の補助―など、医師が行う医療行為の相当程度をカバーする医療資格者をさします。

この点、意見発表した日医の今村聡副会長は「若年人口が減少する中で医療関係職種を確保することが困難なため、新たな職種を創設するべきではない」との考えを明確にしました。

 
しかし一方で、日本脳神経外科学会の新井一理事長は「米国で修業をした若手の脳神経外科医を中心に、学会ではPAの創設に前向きな意見が圧倒的に多い」ことを紹介しています。PAが活躍する場を目の当たりにし、かつ過酷な急性期医療の現場で日々手術等に携わる医師にとっては、「非常に魅力的なタスク・シフティング先」と捉えられているようです。

ただし新井理事長は「若手医師のトレーニング」とのバランスを考慮することが必要とも指摘しています。手術場では、シミュレーションでは得られない経験を得ることができ、若手医師にとって貴重な実践訓練の場と言えます。ここで、PAにあまりに多くの業務を移管してしまえば、若手医師が「お客さん」になってしまいかねません。「働き方改革」と「技能習得」の双方を考慮したタスク・シフティングを検討していくことが重要なようです。

なお、日医の今村聡副会長は、既存の医療関係職種の中でも「病院に勤務する薬剤師」「医療秘書」の活躍に期待を寄せています。

特定行為研修を修了した看護師、「特定行為」の拡大についてどう考えるか

学会からは、具体的な「タスク・シフティング」案も提示されました。

例えば、日本脳神経外科学会は、看護師へ▼血管撮影、血管内治療後の圧迫止血、止血確認、圧迫解除▼気管チューブの位置の調整、呼吸器管理、中心静脈カテーテルの抜去、末梢留置型中心静脈注射用カテーテルの挿入、創部ドレーンの抜去、直接動脈穿刺法による採血、橈骨動脈ラインの確保、抗痙攣剤の臨時投与▼鎮静が必要な患者・アレルギーのある患者の検査への立会い▼血管内治療の介助業務(血管撮影における圧迫止血・止血確認・圧迫解除を含む)▼脳卒中の初期対応(病歴聴取、検査オーダー等)▼救急車での患者移送の際の同伴(重症例は除く)―などを業務移管することを提案しています。

このうち「血管内治療の介助業務」などは現行法令では、看護師の実施が「認められてない」「明確に示されていない」ものではあるものの、新井理事長は「特定行為(一定の研修を修了した看護師について、医師の包括的指示の下で実施可能となる医行為)として、トレーニング(特定行為研修)を必須とすることで看護師への業務移管が可能ではないか」と期待を寄せています。手術場や病棟において看護師の働きぶりを見る中で、「こうした業務も十分に実施できるであろう」との判断がなされているものと思われます。

これらは「特定行為」の範囲拡大につながっていきますが、日医の今村副会長は上記(2)に関連して、「特定行為研修を修了した看護師」について、「特定定行為の拡大」をするのではなく、▼研修のパッケージ化▼修了者の増加―を最優先に進めるべきとも強調しており、医師の間(例えば、急性期医療の現場に従事する医師と、診療所等の開業等との間など)では、考え方に違いのあることが伺えます。

もちろん「一方が正しく、一方が誤っている」類の話ではありません。タスク・シフティングの必要性という点では、医師会も学会も完全に同じ方向を向いており、「第1段階としてどこまで進めるか」という点で温度差があるに過ぎません。さまざまな機会を通じてエビデンスに基づいて議論をする中で、「まず、ここまで広げてみよう。次にその結果を検証し、さらなる拡大を行うべきか考えていこう」と意見を擦り合わせていくことが重要でしょう。

また日本病理学会の佐々木毅理事は、▼臨床検査技師(専ら病理検査を担当する臨床検査技師・認定病理検査技師であることが望ましい)へ「手術検体等に対する病理診断における切り出し補助業務」を移管する▼臨床検査技師へ「画像解析システムによるコンパニオン診断(免疫染色)等(乳がんHER2など)に対する計数・定量判定補助」を移管する▼バイオインフォーマティシャンへ「分子病理診断(高度な解析技術を要する遺伝子診断)」を移管する▼臨床検査技師へ「デジタル病理画像の取り込み・機器の調整・データ管理等」を移管する▼認定病理検査技師へ「病理診断報告書のチェック」を移管する―ことを提案しています。

さらに佐々木理事は既存の「臨床検査技師の業務」について、一部の衛生検査書では「無資格者が実施しているという話も聞く。検査の質を担保するためにも、国家試験に合格した臨床検査技師の業務独占とすべき」と訴えています。

職能団体は、法令の壁も越えて「我々にこの業務を任せてほしい」と要望

 またヒアリングでは、タスク・シフティング先となるメディカルスタッフの団体から「我々に個の業務を移管すべき」との逆方向からの提案も行われました。

 例えば、日本技師装具士協会は「四肢切断術後のドレッシング等の断端形成や、切断者への断端管理に関する指導」などを、日本視能訓練士協会は「白内障・屈折矯正手術におけるオペレーター業務や、脳障害・外傷・高次機能障害などの後遺症に対する視機能回復訓練」などを、日本医師事務作業補助研究会は「検査手順の説明業務や電子カルテの記載」などを、言語聴覚士協会は「高次脳機能障害(認知症含む)・失語症・言語発達障害などの評価に必要な臨床心理・神経心理 学検査種目の選択・実施、および検査結果の解釈、嚥下訓練・摂食機能療法における食物形態等の選択」などを、日本臨床工学技士会は「心・血管カテーテル治療時のカテーテル操作の補助(カテーテルの保持、身体への電気的負荷等)」などを、「我々に任せてほしい」と要望しています。

もちろん、さらなるスキルアップに取り組むことを前提とした要望で、各職種の「向上心の高さ」が伺えますが、法令で規定された業務の範囲を超える内容も多数含まれています。今後、場合によっては「法令(医師法や保健師助産師看護師法など)」の見直しに向けた検討が行われる可能性もあります。

ただし、「法令で規定された業務」に基づいて教育・国家試験の内容が規定されていることなどもあり、法令の見直しに当たっては、多くの関係者を交えた慎重な議論が必要となります(1つの職種の業務範囲見直しは、他職種の業務内容にも影響を及ぼすため、総合的な検討が必要となる)。要望内容が「即、法令改正につながる」ものと考えることは早計に過ぎるでしょう。まずは、現行法令の範囲の中で、「●●行為は〇〇職種の業務の範疇に含まれる」ことなどを明確化していくことが現実的かもしれません。



https://www.m3.com/news/iryoishin/680487
シリーズ 医師の働き方改革とキャリア
医師の健康、働き方は「自身の手で管理」- 中嶋義文・三井記念病院精神科部長に聞く◆Vol.1
産業保健は集団的・多面的アプローチ必要で
 
インタビュー 2019年6月16日 (日)配信聞き手・まとめ:橋本佳子(m3.com編集長)

 医師の働き方改革では、時間外労働の上限規制ばかりに注目が集まるが、産業保健の視点が欠けているとの指摘は少なくない。時間外労働の上限を超える場合には、面接指導を行う必要があるなど、制度上も医師の健康管理にも留意するよう設計されている。
 日本医師会の「医師の働き方検討委員会」の委員などを務め、産業保健に造詣の深い三井記念病院精神科部長の中嶋義文氏に産業保健の大切さ、三井記念病院での取り組みなどをお聞きした(2019年5月22日にインタビュー。全3回の連載)。

――産業保健の立場から、医師の健康管理の現状をどう見ておられるのかをまずお聞かせください。

 私は、日本医師会の「勤務医の健康支援に関する検討委員会」に十年来所属、最近は「医師の働き方検討委員会」の委員を務めるなど、産業医として活動しています。医師の場合、自分の健康に対しての意識が低いことは、前々から指摘されてきました。「勤務医の健康支援に関する検討委員会」が医師を対象に「健康状況」を調査した結果、2009年と2015年の比較では、健康状態がやや改善傾向にありました。ただし、自分自身の不調について、他の医師に相談するケースも少しは増えていますが、まだ十分ではないことが明らかになっています。


日本医師会の「勤務医の健康支援に関する検討委員会」の健康状況に関する結果
――なぜ医師は、自身の健康問題への関心が低いのでしょうか。

 恐らく「自分は大丈夫」といった自信を持っておられるのではないでしょうか。健康診断の受診率も低く、他の職員に比べて、多忙を理由に受診しない人が多い傾向にあります。

 医師は職業柄、他の人の面倒を見る立場にあり、自分の弱さを認めるのが苦手、あるいは認めたくないという心理も働くのではないかと思います。だから、何らかの健康問題を抱えても、他の医師に相談するのがどうしても遅れてしまう。ましてや疲労、あるいはメンタル面の問題については、そのような傾向があるのでしょう。


働き方改革では、病院長がイニシアチブを取ることが重要だが、同時に個々の医療従事者も「自分の健康は自分で守る」という意識を持つことが大切だという。
――医療機関の産業保健の体制も、やはり遅れているのでしょうか。

 日医の「産業保健委員会」が2017年3月から4月にかけて、日医会員の医療機関施設長を対象に実施した「医療機関における産業保健活動に関するアンケート調査」では、体制はある程度整っている一方で、実務上はまだ課題があることが分かりました。例えば、産業医の選任率は92.3%と高かったものの、施設管理者である医師が、産業医を兼任している施設が19.3%ありました。兼任は法的にも、また実務的にも問題です。一方、施設外の医師が産業医を務めるのは17.3%にとどまっています。

 具体的な産業保健の取り組みとして、長時間労働者に対する面接指導も、25.0%が実施しており、これは私の予想よりは高い結果でした。今後、時間外労働の上限を超える労働者に対しては、面接を行うことが必要になります。産業医の役割が増す中で、自院の産業医では対応できない場合に、外部に委託するような体制づくりが必要になるのではないかと考えています。

 働き方改革に先んじて、取り組みが進んでいるのは、ストレスチェック。高ストレス者への面接指導は、60.6%の施設で実施していました。メンタルヘルス担当の産業医も約半数が置いており、担当産業医がいなくても相談先を持っている施設が2割、合わせて約7割なので、それなりに体制が整いつつあるように思います。

――医師の時間外労働の上限規制は2024年度から適用ですが、それ以外の職種についてはこの4月から既に上限規制が始まっています。産業保健の基本的な考え方をお教えください。

 重要なのは、「包括的管理の推進」という視点です。産業保健活動を進めるには、誰か一人、あるいは一つのグループだけではなく、複数の人、部署が連携しながら集団的・多面的に取り組むことが必要です。産業医だけではなく、病院長や管理監督者、あるいは医療従事者自身、それから患者さんや地域にそれぞれお願いしなければいけないことがあるという考え方です。その中で、産業医は、“旗振り役”という位置付けです。

 何より病院長が、今回の労働基準法等の改正内容を理解し、働き方改革を進めなければいけないという、強いイニシアチブを持って進めていただくことが第一。

 同時に管理監督者、具体的には診療科長など各部門のトップの役割が、とても重要になります。医療機関の場合、各部門によって仕事の量や内容、進め方が異なるからです。医師に限らず、各スタッフにどんな仕事を、どのくらい任せるかなどを決めたりするほか、疲れ具合の把握など、現場の労務管理は各部門の管理監督者が行う立場にあります。中には、いまだ労働法制に関する基本的な知識が不足している方もおられるので、勉強していただかなければなりません。

 そしてやはり医療従事者自身、特に医師には、「自分の健康は、自分自身で守る」という意識を強く持っていただきたい。睡眠を確保し、乱暴な生活をしない、あるいは適切な飲酒や運動習慣を身に付けるなど、一般的な意味での健康管理を意識しなければなりません。

 さらに今回、働き方改革が法制化されたわけなので、「どんな仕事を、何時間実施しているのか」など、時間管理に対する意識を持つと同時に、自分の働き方を自分で決めるという意味での勤務時間管理も意識する必要があります。

――「自分の働き方を自分で決める」というのは。

 医師は業務独占で、自律度の高い職業です。それ故、本当に大変になった時に、その職場やその職から離れて、異動や転職することは可能です。自由度が高い分だけ、自分を守ることはできるはずですが、中には命じられるがままに、あるいは求められるがままに働いてしまう習慣が見られます。あるいは意気に感じたり、「懸命に働くことが医師の本分」と考え、働き過ぎてしまって、それで良し、と考えられている方もおられるでしょう。それ自体は立派なことだと思いますが、医師も生身の人間。自分自身がどれぐらい疲れているか、睡眠や食事、飲酒などについて自己管理しないと、結局は自分、ひいては患者さんの診療体制を守れないと思います。

 ワークライフバランスという言葉があります。仕事をしている時間と、それ以外の時間とのバランスを取ることではなく、働き方について自分で決めることが、ワークライフバランスだと私は考えています。多少忙しくても、自分自身で決めたことなら、バランスが取れているのだと思います。ただし、その前提として、先ほども言いましたが、自分の健康は自身を保つように意識付けをしていただくことが大事です。

――「患者や地域医療体制」の役割も重要になる。

 医師の働き方改革の議論を進めると、いつも医師の応召義務の話が出てきます。あるいは不要不急の受診、時間外や休日の患者・家族への説明なども問題になります。患者さんにとっては便利なのかもしれませんが、医師をはじめとする医療従事者にとっては、疲弊につながります。国も、「上手な医療のかかり方を広めるための懇談会」を立ち上げて2018年末に報告書をまとめましたが、制度として、これらを防ぐ体制、あるいはコンセンサス作りが必要でしょう。



https://www.m3.com/news/general/683041
病床利用 70%届かず 経営形態変更の可能性も 坂井市立三国病院  
2019年6月19日 (水)配信福井新聞

 坂井市立三国病院の病床利用率が2011年度以降、70%未満にとどまっていることが17日、分かった。20年度中に70%以上を達成できない場合、国から指定管理者や地方独立行政法人などへの移行を迫られる可能性がある。

 同日の市会一般質問で、辻人志議員(政友会)がただした。坂井哲夫事務局長が答弁し「状況は極めて厳しい」と述べた。

 国は15年3月、公立病院改革の新ガイドラインを定め、病床利用率が、継続して70%未満の病院は経営形態の見直しなどを検討すべきとした。三国病院は105病床あるが、利用率は60%前後で推移。70%を確保するには、さらに10~15人の入院患者が必要になる。

 同病院は16年度に20年度を目標とする新改革プランを策定。17年7月には、病状が安定した患者の在宅復帰に向け医療管理やリハビリ、退院支援などを効率的に行う地域包括ケア病床を43床導入するなどしているが改善には至っていない。

 坂井事務局長は「認知症高齢者ら慢性期療養型病院が対象となる患者も柔軟に受け入れる体制にしなければならない」と答弁し、年内の目標達成を目指すとした。



https://www.m3.com/news/general/683030
医師定着結びつかず 岩手・奥州市の養成奨学金制度  
2019年6月18日 (火)配信岩手日報

 岩手県奥州市は17日、市の医師養成奨学金制度を活用した学生13人中5人が、条件である市内の病院への勤務をせずに奨学金を償還したことを明らかにした。最近6年間は応募者ゼロの状況も続いており、制度の目的だった地元の医師確保に結びついていない。市は奨学金増額など制度の見直しを検討する。

 同日の市議会6月定例会一般質問で答弁した。市医療局によると、償還した奨学生は2017年度1人、18年度3人、19年度1人。いずれも市外出身者で、600万~2千万円程度貸し付けしていた。

 専門は消化器内科や産婦人科など。家庭事情や診療体制が希望にそぐわないことなどを理由に挙げている。

 07年度創設の同制度は、市立病院や診療所に勤務する意思がある学生を対象に入学一時金(上限720万円)と月額(同20万円)で計最大2160万円を貸し付ける。一定期間勤務すると返済を免除し、地元の医師定着を促す仕組みだ。

 県医療政策室によると、県などの医師養成の奨学金制度は08年度スタートし、19年度は53人(前年度比11人増)が県内の公的病院の現場に配置された。4月1日現在、計537人に貸し付け、返還者は43人。返還は在学中が目立ち、医師になってからは18人で、奥州市の割合は高いといえる。

 市医療局によると、現段階で奨学生の勤務実績はなく、20年度着任予定の小児科医が最初となる見込み。奨学生のうち、同市出身者は2人。14年度から応募者がおらず、岩村正明病院事業管理者は「他の奨学金制度と比べて魅力がある制度にする必要がある。貸し付け額の増額を含め、利用しやすい制度に見直しする」と語る。



https://www.m3.com/news/general/682792
秋田・厚生連2病院、公設民営を検討 赤字解消へ県と協議  
2019年6月17日 (月)配信河北新報

 秋田県内9カ所で総合病院を運営する県厚生農業協同組合連合会(厚生連)が、慢性的な赤字経営に陥っているかづの厚生病院(鹿角市)と雄勝中央病院(湯沢市)の公設民営化を視野に入れて検討していくことが分かった。厚生連は既に、県と病院経営の在り方を議論する協議会を設立。財政面の支援策も話し合い、県内の各医療圏域で中核的役割を担う総合病院経営の健全化を図る。

 厚生連は3月、安定的な病院運営のための長期ビジョン(2019~25年度)を策定。第1期経営健全化計画でかづの厚生病院と雄勝中央病院を主な協議対象に据え、4月に協議会を発足させた。

 長期ビジョンでは両病院の公設民営方式に言及し「行政と本格的な検討に着手する」と明記した。稼働率の低い病床の廃止や医療機能集約も選択肢に入れ、地域医療維持の方策を探る。

 17年度の事業損益はかづのが約3億8863万円、雄勝が約2億1718万円の赤字だった。18年度はかづので若干の改善があるものの、雄勝は約1億2900万円の赤字増が見込まれる状況だ。

 協議会は年2回の会合を予定し、厚生連と県の双方の関係者が病院の決算や運営状況の内容を共有する。厚生連は地域の医療事情に配慮しながら、赤字解消を図るため経営面を重視した事業計画を提案。県から助言を仰ぎ、必要に応じて財政支援を求める。

 厚生連グループ全体としては、採算が合わない病棟の閉鎖や医薬品の共同購入などにより経営改善を進める。特にかづの、雄勝両病院は人口減少に伴う患者数の先細りや医師不足の傾向が顕著で、経営努力だけでは限界があるという。

 厚生連は「地域医療を維持するために県と意識を共有し、具体的な方向性を定めていきたい」と説明している。



  1. 2019/06/23(日) 09:43:28|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

6月16日 

https://www.asahi.com/articles/ASM6752KXM67OIPE01B.html
小児科医不足で9月からお産休止 愛知・津島市民病院  
2019年6月9日11時00分 朝日新聞

 愛知県の津島市民病院は7日、小児科医が不足するため、お産を9月から休止すると発表した。再開は未定。

 病院によると、2人いる常勤の小児科医がいずれも6月末で退職する。常勤の産婦人科医はいるが、新生児の対応などで常勤の小児科医がいないと、安心安全なお産を続けることが難しいと判断したという。

 妊婦の出産予約の受け付けも休止し、すでに7月以降の予約がある54人については、津島市民病院で出産するか、ほかの医療機関を紹介するかを医師が決めるという。産婦人科のほかの診療や妊婦健診、小児科の外来診療は続ける。



https://mainichi.jp/articles/20190611/k00/00m/040/167000c
運営難でネットの寄付募る 6日で目標2000万円達成 大阪府三島救命救急センター  
毎日新聞2019年6月11日17時56分(最終更新 6月11日17時56分)

 医師不足による運営難を乗り切るため、大阪府三島救命救急センター(同府高槻市)がインターネットで寄付を募るクラウドファンディング(CF)を始めてわずか6日後の11日、目標額の2000万円に達した。医療機関が医師の人件費などを対象にする異例のCFで、募集期間は9月3日までだった。

 同センターの小畑仁司所長は「温かいご支援に感謝する。皆様の志にお応えし、人員を配置して『断らない救急医療』を守っていきたい」と話している。

 重症救急患者を24時間態勢で受け入れる同センターは総合病院を母体とせず、国や府、地元3市1町から約6億円の補助金を受けて財団法人が運営する。医師不足は深刻で、2010年度に27人いた常勤医師は今年4月に14人に減少。非常勤医師の雇用などで当面の運営を安定させるため、今月5日からCFを募っていた。募金は予定通り9月3日まで継続する。【山本真也】



https://www.m3.com/news/iryoishin/682238
シリーズ 医学部不適切入試
不正入試の解決に医師の労働・研修改善が必要
医学連調査報告書、学内でのハラスメント事例も集まる
 
2019年6月13日 (木) 大西裕康(m3.com編集部)

 全日本医学生自治会連合は、不正入試に関して医学部学生を対象に調査し、58医学部の計3017人から得た回答を集計・分析した最終報告書をまとめ、医学連ホームページで公表した。調査の結果を踏まえ、「性別・年齢による受験生への不当な扱いを根本から解決するためには、医師の労働環境や研修制度の改善が必要」と訴える内容などを含む3つの提言も盛り込んだ。医学部内に存在する差別・セクハラが浮き彫りなったとして、医学生から寄せられた実体験なども複数示した。最終報告書は医学連が医学生らに周知するなど今後の活動で用いる。

 調査は、全国81大学の全医学生を対象に、2018年12月から2019年3月末まで実施。3017人から回答を得た。回答時点の学年別内訳は1年生780人、2年生658人、3年生746人、4年生452人、5年生239人、6年生142人(中間報告を2019年2月2日に公表。回答者プロフィールは文末を参照)。

 報告書に盛り込んだ提言は下記3事項。

1.受験生を公正に選抜するべく、性別・年齢を理由にした不公平な扱いを撲滅する
2.労働環境の改善と、柔軟なキャリア設計を保証する研修制度を実現する
3.大学内での差別・ハラスメントを根絶する

06161_20190616092702b97.jpg
医学連ホームページより抜粋

 「受験生を公正に選抜するべく、性別・年齢を理由にした不公平な扱いを撲滅する」では、不正入試の背景について「医学部を卒業後に厳しい労働環境の中、医師として就労できるのかといった大学側の懸念」と指摘。その上で、「高等教育機関である大学が、卒業後の就労に関することを理由にして、医学・医療を学びたい受験生を不公正に選別することは許されない」と厳しく批判。「医師の過重労働は、医師不足や地域偏在などさまざまな要因で起こっているにもかかわらず、学生に対してのみ将来的な自己犠牲を強いるような姿勢も誤っている」と述べた。

一人ひとりの状況に合わせた柔軟な対応を
 「労働環境の改善と、柔軟なキャリア設計を保証する研修制度を実現する」では、「今回の問題で顕在化した性別・年齢による受験生への不当な扱いを根本から解決するためには、医師の労働環境を早急に改善することが必要」、「休職により専門医取得に大幅な遅れを取ってしまうような研修制度の改善や、復職を支援するプログラムの充実、職場の環境作り、そして地域枠学生が卒業後に専門医取得やライフイベントによって指定地域からの異動を必要とした際の柔軟な対応等も不可欠」との考えを示した。

 「大学内での差別・ハラスメントを根絶する」に関しては、今回の調査の結果、「医学部内に存在する差別・ハラスメントが浮き彫りになった」と説明した上で、「入試段階での不正・差別と、入学後の医学部内における差別やハラスメント、柔軟さに欠ける医療界の労働環境は互いに補強し、助長し合っていると考える」と表明。その上で、学内での差別・ハラスメントの放置は、入試不正・差別、さらには医師の労働環境の改善を遅らせるとの考えを示し、医学連として「差別や不当な扱いを受けずに学ぶことができる医学部、差別のない医療界を目指し、広く訴えていく」と結んだ。

 差別・セクハラ調査に関する回答としては、男女両方の目線から実体験が寄せられた。例示として、下記などを挙げた。

「大学の授業で『女は知能が低い、頭が小さいから脳も小さい』と堂々と言われた」(女性、6年)

「(臨床実習で教員から)ベーチェット病の症状を聞かれて『陰部潰瘍』と答えたら『お前はいつも陰部のことしか考えていないのか』と患者さんに聞こえる大きな声で笑われながら言われた」(女性、5年)

「解剖実習で、女性に手厚く教え、男性には全く質問を受け付けないという性別による差別が露骨」(男性、4年)

「駐車許可証は、住居が大学から2km以上離れていれば申請できるが、女性のみ2km未満であっても教員の許可があれば申請できるという制度がある」(男性、6年)

 東京医科大学での問題が発覚して以降、複数の大学が入試で不適切に点数を操作していた実態が明らかになった一連の報道を受けて、将来の働き方について「不安に思うか」を聞いたところ、全体の回答では「とてもそう思う」(20.0%)と「まあそう思う」(46.7%)の合計が6割強を占めるなど不安感が広がっている状況が分かった。

06162_20190616092702937.jpg
提供:医学連

 属性別に見ても、2割弱から2割強が「とてもそう思う」と回答。4割強が「まあそう思う」と答えている。一方、「あまりそう思わない」が全体で26.0%、「まったく思わない」は同7.3%と、一定の回答を集めた。

 調査の回答者内訳は下記の通り。

06163_20190616092702c82.jpg
医学連ホームページより抜粋



https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201906/20190615_41003.html
秋田・厚生連2病院、公設民営を検討 赤字解消へ県と協議  
2019年06月15日土曜日 河北新報

 秋田県内9カ所で総合病院を運営する県厚生農業協同組合連合会(厚生連)が、慢性的な赤字経営に陥っているかづの厚生病院(鹿角市)と雄勝中央病院(湯沢市)の公設民営化を視野に入れて検討していくことが分かった。厚生連は既に、県と病院経営の在り方を議論する協議会を設立。財政面の支援策も話し合い、県内の各医療圏域で中核的役割を担う総合病院経営の健全化を図る。
 厚生連は2月、安定的な病院運営のための長期ビジョン(2019~25年度)を策定。第1期経営健全化計画でかづの厚生病院と雄勝中央病院を主な協議対象に据え、4月に協議会を発足させた。
 長期ビジョンでは両病院の公設民営方式に言及し「行政と本格的な検討に着手する」と明記した。稼働率の低い病床の廃止や医療機能集約も選択肢に入れ、地域医療維持の方策を探る。
 17年度の事業損益はかづのが約2億8862万円、雄勝が約2億1718万円の赤字だった。18年度はかづので若干の改善があるものの、雄勝は約1億2900万円の赤字増が見込まれる状況だ。
 協議会は年2回の会合を予定し、厚生連と県の双方の関係者が病院の決算や運営状況の内容を共有する。厚生連は地域の医療事情に配慮しながら、赤字解消を図るため経営面を重視した事業計画を提案。県から助言を仰ぎ、必要に応じて財政支援を求める。
 厚生連グループ全体としては、採算が合わない病棟の閉鎖や医薬品の共同購入などにより経営改善を進める。特にかづの、雄勝両病院は人口減少に伴う患者数の先細りや医師不足の傾向が顕著で、経営努力だけでは限界があるという。
 厚生連は「地域医療を維持するために県と意識を共有し、具体的な方向性を定めていきたい」と説明している。



https://www.sankei.com/west/news/190611/wst1906110008-n1.html
滋賀県立総合病院、違法残業や残業未払いで是正勧告  
2019.6.11 06:22産経WEST

 滋賀県立総合病院(滋賀県守山市)が、労使協定に基づく時間外労働の上限(月75時間)を超えて医師や事務職員を働かせたとして、大津労働基準監督署から是正勧告を受けていたことが10日、分かった。是正勧告は1月7日付。労働基準法と労働安全衛生法の違反が計28項目あった。同院は6月末までに改善策をまとめ、是正報告書を労基署に提出する。

 同院は昨年度、職員組合と結んでいた労使協定(三六協定)が時間外労働の上限を月75時間と定めていたにも関わらず、医師7人が延べ12回超過していた。残業が最も多い医師は月104時間、年1028時間に達したケースもあった。

 また、ある事務職員は月114時間、年789時間に達していた。いずれも慢性的な医師不足や、事務職員の欠員補充ができていなかったことが理由という。

 さらに、違法残業のほかにも残業をした看護師への割増賃金の未払いや、特定の化学物質を扱う作業主任者を選任・配置していないことなども指摘された。

 同院の正木隆義事務局次長は10日、滋賀県庁で記者会見し、「事態を重く受け止めている。速やかに違法状態を改善する」と説明した。すでに医師の負担を軽減するために補助職員を追加採用したり、欠員が出ていた事務職員を補充したりして対応しているという。同院は「県立成人病センター」の名称だった平成28年度にも看護師への残業代未払いで是正勧告を受けていた。



https://www.m3.com/news/iryoishin/677394
シリーズ 医師の働き方改革とキャリア
医師の働き方改革、影響大は大学病院 - 迫井正深・厚労省審議官に聞く◆Vol.5
「無給医」の問題は実態把握が不可欠
 
インタビュー 2019年6月13日 (木)配信聞き手・まとめ:橋本佳子(m3.com編集長)、水谷悠(m3.com編集部)

――個人的な見解としてお聞きします。今後、医師の働き方改革の進捗とともに、かなり医療提供体制も変わっていくとお考えですか。

 変わっていくと思います。2012年度に診療報酬と介護報酬の同時改定から、その6年後の2018年度の同時改定までの間にも、いろいろなことが変わりました。

 7対1入院基本料にしても、単に看護師さんを配置すれば算定できるという動きが、かつてはあったと思います。けれども、マンパワーは有限、もっと言えば患者さんも際限なくいるわけではありません。急性期の患者で病床を埋められず、病棟閉鎖やダウンサイジングしている病院も少なからず出てきています。介護分野でも、人手不足でベッドをフルに稼働できない特別養護老人ホームも多数見られます。医療も介護も、マンパワーの需給と、医療の需給を真剣に考えないと、単純な拡大路線はもはや成り立ちません。

 だから今後も変わっていくと思います。

「無給医」の問題については、実際の雇用形態や診療実態を見て、議論することが必要だという。
――これまでは稼働率を上げる、拡大路線を取ることで対応してきたけれども、今の一番の経営リスクは人口減少。医療ニーズも今後は減少し、生産年齢人口も減っていく。

 その通りです。

――医師の働き方改革で、一番影響を受けるのは、やはり大学ではないでしょうか。

 大学は現在の運営方法の見直しは不可避であり、まず絶対的に改革をしてもらわないといけない、一番影響を受ける病院だと思います。さらに地域によって対処の方法はかなり異なると思います。聖路加国際病院の話(『労基署介入「労働時間の短縮のみ、センスがない」、聖路加・福井院長』を参照))が先行して出ていますが、同院が実施した働き方改革が実現できたのは、大都市部に位置し、周囲に対応できる施設があったからと言われています。医療提供体制が充実した地域と、それ以外の地域とでは、おのずから対応が異なってきます。

――最後に、これは管轄が違うかと思いますが、大学病院の「無給医」の問題をどう捉えておられますか。医師の働き方改革とどう関係してくるのでしょうか。「無給医」をどう定義するかにもよると思いますが。

 私自身、必要な情報を全て持っているわけではなく、報道やネット等の情報で知る範囲でのお答えですが、ご指摘の通り、まず定義をはっきりさせなければいけません。「労働者なのに、給与をもらっていない」のであれば、それは議論以前の問題です。一方で、大学院生のステータスを自ら得ていて、本来、診療担当の勤務医、つまり労働者ではないのに大学病院で医療をしている医師もいるようです。拒否できない事情があるのかもしれませんが、なぜそれを自ら容認しているのか、それはおかしいという意見も、報道されました。そういった状況を容認している大学院生ご自身にも、もっと考えていただきたいという趣旨の意見だったと思います。

 恐らく、そうしたステータスになることについて、何等かのメリットがあるのではないかと考えらえるでしょう。その辺りは、ケース・バイ・ケースの部分が正直あるように思います。いずれにせよ、なぜそのようなことになっているのか、実態を解明していただきたい。

――大学院に行きながら、週に何日か、病院で臨床をやり、けれども無給というケースがあるようです。

 契約関係をきちんとすることが現場感覚からすれば形式的に感じているのかもしれませんが、そういったことが可能なのか、あるいは適切なのかが疑問です。研究の一環で臨床をやるならば、まだ分かります。しかし、保険医療機関として指定を受け、医師も保険医として登録しないと、保険診療として診療報酬は請求できません。

――保険医として登録する以上、勤務先とは労働契約があるはずで、給与も当然発生する。

 それで診療を行い、無給という扱いなら、そもそも議論以前の問題ですよね。

――文科省が現在アンケートを実施していますが、回答の集計が容易ではないとも聞きました。

 大学医局に所属し、バイトで報酬をもらっていても、大学からは安い本給しかもらえない助手、あるいは本給はもらえない大学院生が実態論としておられるのだと思います。「割に合わない」という意味で、「無給医」と言っているのかもしれません。

 しかし、医療保険上の契約関係や労働基準遵守が求められる現状で、不適切な処理をやっている大学があるというならば、ちょっと大丈夫かな、と思うのです。かなり前世紀的なお話に聞こえてしまうように思います。

――「無給医」については、実際の雇用形態や診療実態を見ないと議論はできない。

 その通りです。

――「無給医」であっても、実際には、バイトで報酬を得ているので、生活には困らない医師もいる。

 そこで時間管理も含めた労務管理が必要になるのです。勤務医、つまり労働者として従事しているのか、どうなのか。そうした実態をあぶり出すことにつながるわけです。

――医局からのバイトなら把握できますが、医師が個人的に見つけてきたバイトの時間管理は難しいのでは。

 各病院が自院の職員の労働管理を行うのは当然ですが、それを超えたところまでの管理を求めるのは、病院と勤務医のどちらにとってもアンフェアになりかねず、当然ながら限界があると思います。これは勤務医、医療分野の話というより、全ての労働分野に適用されるダブルワークに係る労働基準行政の話であって、残る課題だと思います。

――原点に戻り、個々の医師が自分自身の管理をしなければならない。

 どこまで制度で担保するか、という合意形成が必要でしょう。労働は日常生活の上に成り立つ生業ですから、現実的な対応が不可欠です。厳密な管理を行うようになれば、ダブルワークのようなことは限りなく抑制されることになり、そのインセンティブもなくなる。さりとて、野放しというのも行き過ぎだと思いますが、では一から十まで全て制度で担保するかという話になるわけで、労働基準行政として慎重に整理する必要があるのではないでしょうか。私個人の感覚ですが、最終的には個々の医師の自主性をどこまで尊重するかという話に行き着くのではないか、とは思います。



https://www.sanyonews.jp/article/907717
庄原赤十字病院の産科再開1年余 近隣機関と連携、中山間モデルに  
(2019年06月11日19時52分 更新) 山陽新聞

 庄原市西本町の庄原赤十字病院の産科が昨年4月に12年ぶりに再開し、1年余。昨年度は97人(うち市内在住は71人)が生まれた。常勤医は1人だが、市をはじめ日赤グループや近隣の医療機関との連携、助産師の業務マニュアル作成などで安全管理に徹底して取り組み、中山間地域の周産期医療のモデルケースとして根付きつつある。

 「地元で産みたかったし、近いと何かと安心。産科再開は本当にうれしかった」

 昨年11月14日に同病院で第2子となる次男を出産した作業療法士(21)=同市=は満面の笑みをみせる。長男長女の時は三次市の病院に通ったが自宅から1時間以上かかるため「陣痛がきてから間に合うのか」と不安だったという。

 再開後の病院は病室も新しく、出産直後、助産師が入浴や仮眠時に子どもの面倒を見てくれることもあった。「良かったと周囲に話している。4人目があれば、またここで産みたい」

■ 安全管理を徹底

 現在、病室は5室7床。三次市立三次中央病院(東酒屋町)から赴任したベテラン産婦人科医の赤木武文医師(65)が常勤し、非常勤医2人、助産師8人の体制で昼夜を問わない分娩(ぶんべん)と、週5日の外来に当たる。非常勤医2人は広島大病院(広島市南区)、近隣の庄原同仁病院(庄原市川北町)から来てもらい、助産師のうち2人はグループの岡山赤十字病院(岡山市北区)などから派遣を受けている。

 妊婦と新生児を扱うため、安全な分娩体制の確保は最優先事項。帝王切開の場合は必ず三次中央病院に応援を頼み、合併症や切迫早産で集中治療が必要なときは専門の医療機関を紹介するなどして対応する。少人数体制維持に向けた負担軽減の意味もあり、他医療機関との連携は不可欠となっている。

 助産師の業務では産科休止による空白期間や他病院からの派遣もあるため、庄原赤十字病院独自のマニュアルを作成し意思統一を徹底している。「勤務地により微妙に違う部分をすり合わせ、互いの経験も持ち寄り、一から作り上げた」と寺本辰美看護副部長(55)。若手が夜勤の場合、ベテランが自宅待機することや新生児の体調管理方法などを細かく明記。心肺蘇生や帝王切開の模擬研修も繰り返し行っている。

 こうした医療体制の構築に加え、「可能な限り受け入れたい」という赤木医師の思いもあり、昨年度の同病院での出生数は想定の1・5倍となった。中島浩一郎院長(64)は「地域のために頑張ろうという医師らの献身的な心意気で成り立っている。今の形を維持するため最大限の努力を続けていきたい」と話す。

■ 市も積極支援

 医師不足により同病院の産科が休止となったのは2005年4月。広島県内では公立や公的病院での再開は数例しかなく、過疎高齢化が進む地域とあって、庄原市も積極的に支援を続ける。昨年度までの2年間で超音波診断装置や母子の集中監視システムの導入などに計8600万円の予算を付け、19年度からは産婦健康診査の助成事業も始めた。近くには小児科診療所と病児・病後児保育施設を備えた複合施設「こども未来広場」(西本町)を昨年7月にオープン。子育て環境を整えることで少子化に歯止めを掛け、市内で出産する若者世代を増やそうと力を入れている。

 市生活福祉部の兼森博夫部長(59)は「産科再開は市にとって悲願だった。今後も病院と協力しながら子どもを安心して生み、育てられるまちとして発展していきたい」と明るい未来を願った。



https://www.medwatch.jp/?p=26856
医師派遣機能、地域医療支援病院の「すべて」には求めるべきではない―特定機能病院・地域医療支援病院あり方検討会(1)  
2019年6月10日|医療計画・地域医療構想 MedWatch

 地域医療支援病院への「医師派遣機能」付与について、「すべての病院」には持たせるべきではない。地域医療支援病院の指定要件について、地域の実情に応じて「プラスアルファの要件」を定めることは妥当である―。

 6月6日に開催された「特定機能病院及び地域医療支援病院のあり方に関する検討会」(以下、検討会)で、こういった議論が行われました。

 4月25日の前回会合では「地域医療支援病院のすべてに『医師派遣機能』を持たせてはどうか」との厚生労働省提案に反対意見は出ていませんでしたが(関連記事はこちら)、今回の反論多数を受け、「地域の判断で、医師派遣機能をプラスアルファ要件として設定する」ことなどが今後、模索されます。
 
ここがポイント!

1 地域の実情に応じて「プラスアルファ」の要件設定を可能としてはどうか
2 医師派遣機能をすべての地域医療支援病院に求めれば、「効果が薄くなる」との指摘も

地域の実情に応じて「プラスアルファ」の要件設定を可能としてはどうか

 検討会では、地域医療支援病院と特定機能病院の承認要件の見直しに向けた議論を行っており、今夏(2019年夏)に意見を取りまとめる予定です。6月6日の会合でも、前回に引き続き、▼地域医療支援病院の見直し▼特定機能病院の第三者評価―の2点を議題としており、ここでは前者の「地域医療支援病院」に焦点を合わせます(特定機能病院については別稿でお伝えします)。

 地域医療支援病院は、1997年の第3次医療法改正において「かかりつけ医を支援する病院」として創設されました。現在、(1)紹介患者への医療提供(かかりつけ医への逆紹介も含む)(2)医療機器の共同利用(3)救急医療の提供(4)地域の医療従事者への研修の実施―という4つの役割・機能が求められ、それぞれが「承認要件」に落とし込まれています(すべての要件を満たさなければ地域医療支援病院として承認されない)。

 しかし医療現場からは「地域医療を支援する機能を同じように果たしていても、地理的な事情などにより要件をクリアできず、地域医療支援病院となれないことから、診療報酬上の評価も低く、不公平がある」といった課題などが指摘されています。厚労省では、こうした指摘なども踏まえて、次の2つの見直し案(指定要件の厳格化)を提示しています。

(A)地域の実情に応じて、プラスアルファの要件を設定できることとしてはどうか
(B)すべての地域医療支援病院に、「医師派遣機能」を新たに求めてはどうか

 まず前者の「プラスアルファ」案に対しては、方向性そのものに反対する意見は出ていませんが、要件設定方法に関してはまた意見が割れています。

 吉川久美子構成員(日本看護協会常任理事、欠席のため代理人出席)や本多伸行構成員(健康保険組合連合会理事)は、「プラスアルファの内容を国が例示すべき」と提案。地域で承認要件に大きなバラつきが出ることに懸念を示しています。

これに対し中川俊男構成員(日本医師会副会長)は、「地域の状況・事情はさまざまであり、国がそれらをすべて把握することなどできるわけがない」とし、プラスアルファの要件は「地域に委ねることが適当」と反論しました。

地域の実情に応じた要件は、あくまで「プラスアルファ」となる見込みです。そうであれば、プラスアルファに多様性が出たとしても、「機能の低い病院が地域医療支援病院になる」という事態は生じないでしょう。現時点でも、極めて多様な機能を持つ地域医療支援病院もあれば、要件クリアぎりぎりの地域医療支援病院もあります。これを地域の実情に応じて「要件を厳しくしていく」ものに過ぎないからです。

地域医療支援病院には、診療報酬上のメリット(A204【地域医療支援病院入院診療加算】:入院初日に1000点、など)が設けられており、本多構成員らは「機能の低い病院が加算を取得する」不公平を懸念していると思われますが、この点は大きな問題にはならないと見込まれます。


医師派遣機能をすべての地域医療支援病院に求めれば、「効果が薄くなる」との指摘も

後者の「医師派遣機能」は、医療提供体制に関する最重要課題の1つとなっている「医師偏在」について、すべての地域医療支援病院が取り組んではどうかという提案です。

医師偏在対策に関する改正医療法では、▼「医師少数区域等に一定期間勤務(6か月以上)することで地域医療への知見を持った医師」を厚生労働大臣が認定する(認定医師)▼一定の病院では「認定医師であることを管理者・院長の要件」とする―という仕組みが設けられました(関連記事はこちらとこちらとこちら)。

対象となる病院は「医師派遣・環境整備機能を有する地域医療支援病院」とされ、具体的な対象を検討会で議論することになっています。

この点について、厚労省は、「73.7%の地域医療支援病院では、医師派遣や巡回診療など、なんらかの医師少数地域支援を行っている」との調査研究結果を踏まえ、地域医療支援病院の新要件として▼医師少数区域等における巡回診療▼医師少数区域等の医療機関への医師派遣(代診医派遣を含む)▼総合診療部門をもち、プライマリケア研修・指導機能―のいずれかを求める、こととしてはどうかと提案したのです(関連記事はこちら)。
特定機能病院・地域医療支援病院検討会1 190606
 
この提案について4月25日の前回会合では反対意見は皆無でしたが、6月6日の今回会合では、例えば次のような反対意見が相次ぎました。

▽地域医療支援病院でない別の「医師派遣機能を担う病院」がすでにある場合(例えば北海道の名寄市立総合病院)、新たに地域医療支援病院に機能付与することになるのか。効果的な医師派遣を行うには、「医師派遣機能を集約」すべきである。すべての地域医療支援病院に医師派遣機能を求めれば、効果は薄くなり、非効率となる(島崎謙治構成員:政策研究大学院大学教授)

▽地域医療支援病院の地元に「医師少数の地域」がなければ、地域を跨いで医師派遣を行うことになるが、その場合「地域医療を支援する」病院ではなくなる(相澤孝夫構成員:日本病院会会長)

 
 こうした意見を踏まえ、厚労省医政局総務課の北波孝課長は、「地域の実情に応じたプラスアルファ要件(上記(A))の中で、医師派遣機能を盛り込む」ことも含めた再提案を行う考えを示しました。なお、上述の「認定医師」(医師少数区域等での勤務経験を持つ医師)を管理者・院長要件とする「病院」は、当初より「医師派遣機能を持つ地域医療支援病院」とされており、医師偏在対策が決して「後退」したわけではない点に留意が必要です(関連記事はこちらとこちら)。
特定機能病院・地域医療支援病院検討会2 190606
 
 さらに6月6日の検討会では、中川構成員から「地域医療支援病院は、その役割を終えた。在り方などを抜本的に見直してはどうか」との指摘も出ています。島崎構成員も「4機能を個別に(診療報酬等で)判断・評価すべき」と、相澤構成員も「要件クリアのみに終始し、地域の医療連携ネットワークなどを意識していない地域医療支援病院も実際にある。地域医療支援病院の在り方を原点に返って考えるべき」と述べています。

 ただし北波総務課長は「今夏に向けてはファインチューニング(言わば改善)を検討してほしい」と要請しています。上述したように地域医療支援病院の指定は、診療報酬とも直結していることから、抜本的な見直しには一定の時間が必要になると考えられ、「将来の課題」に位置付けられることになりそうです。



https://www.medwatch.jp/?p=26901
特定機能病院、国と異なる「プロフェッショナルの第三者」視点での評価受審を義務化してはどうか―特定機能病院・地域医療支援病院あり方検討会(2)  
2019年6月11日|医療計画・地域医療構想 MedWatch

 特定機能病院の指定要件に、新たに「第三者評価の受審」を盛り込んではどうか。また評価のプロセスで「改善が必要」と指摘された事項については、「改善に向けた努力義務」を課してはどうか―。

 6月6日に開催された「特定機能病院及び地域医療支援病院のあり方に関する検討会」(以下、検討会)では、こういった議論も行われました。

 構成員からは「努力義務では甘いのではないか。認定・認証を受けることを義務化すべき」との意見も根強く、結論に至るまでにはまだ時間がかかりそうです。
 
第三者機関の評価、国と異なる「医学・医療のプロフェッショナル」の独自視点で実施

 検討会は、地域医療支援病院と特定機能病院の承認要件の見直しに向けた議論を行っており、今夏(2019年夏)の意見取りまとめを目指しています。6月6日の会合では、前回に引き続き、▼地域医療支援病院の見直し▼特定機能病院の第三者評価―の2点を議題としました。すでに前者の「地域医療支援病院」に関する議論はお伝えしており、今回は後者の「特定機能病院」に焦点を合わせます。

 東京女子医科大学病院と群馬大学附属病院とで相次いで重大な医療事故が発生した点への反省を踏まえて、2017年の改正医療法などで、特定機能病院における▼ガバナンスの強化(外部監査委員会の設置など)▼医療安全体制の強化(副院長をトップとする医療安全管理部門の設置など)―などの体制強化が図られました(関連記事はこちら)。

 併せて日本医療機能評価機構でも、こうした特定機能病院の体制強化を評価するための受審プログラム(一般病院3)を新設。国とは異なる視点で、つまり「体制を整えているか」にとどまらず、「ガバナンス強化や医療安全に向けて病院が一体的に取り組んでいるか、実際に動いているか」を調査・評価し、不備があれば改善を促すものです。

 「一般病院3」プラグラムは2018年4月から運用され、これまでに19の特定機能病院が受審し、すでに7病院(静岡県立静岡がんセンター、名古屋市立大学病院、大阪国際がんセンター、長崎大学病院、獨協医科大学病院、和歌山県立医科大学附属病院、九州大学病院)が認定を受けており、他院は「改善」に向けて取り組んでいるところです。

2017年の改正医療法を審議した国会(参議院)では、「(日本医療機能評価機構などの)第三者評価を特定機能病院の指定要件に加えるべき」旨の付帯決議(言わば行政への宿題)を行っており、検討会でこの点を議論しているのです。

厚生労働省は6月6日の検討会では、「第三者評価の受審」を指定要件とした場合の影響、「第三者評価の認証・認定」を指定要件とした場合の影響を次のように整理しました(関連記事はこちら)。

【受審を要件とした場合】
第三者機関が「認定しない」と評価したとしても、特定機能病院の指定の可否に影響はないが、「改善が必要」と判断された事項について特定機能病院に努力義務を課すべきか否かを検討する必要がある。第三者評価機関の限定は特段不要(ただし、特定機能病院を評価する能力を持たない機関を受審した場合には、その理由等を十分に説明することが求められる)

【認証・認定を要件とした場合】
第三者機関が「認定しない」と評価した場合には特定機能病院としての指定が受けられなくなるため、国が「第三者評価を行う機関」を決定し、監督することが求められる。当然、受審すべき第三者機関は限定される

 このように「認証・認定を要件とする」には、まず▼国が第三者機関を定め、監督する▼病院機能評価のプログラムについても国が認証する―ことなどが必要となります。この場合、国の視点(指定要件を満たしているか)と第三者機関の視点とが、事実上同一になり、「医学・医療のプロフェッショナルで構成される第三者機関の『より高所から見た、独自の』視点」が十分に活かされなくなる恐れがあります。

 このため厚労省は、▼第三者機関の「受審」を指定要件とする▼第三者機関の評価プロセスで「改善が必要」と指摘された事項については、改善に向けた「努力義務」を課す▼第三者機関は、「特定機能病院の医療安全管理体制等を評価できる機関」(例えば、日本医療機能評価機構、JCI(Joint Commission International)、ISO9001など)の中から病院が選択する―こととしてはどうか、と提案しました。

 検討会では、厚労省案に賛成する意見が多数出ましたが、「認証・認定を要件とすべき」との意見も複数だされました。

 本多伸行構成員(健康保険組合連合会理事)や三浦直美構成員(フリージャーナリスト)は、「評価プロセスで指摘された事項について、努力義務を課すだけというのは疑問だ。医療安全に支障がある場合などは、早急な改善を義務付ける必要がある。少なくとも更新の時点で『改善を必須とする』ことを求めるべきである。また、第三者機関について、例えばISO90001では、特定機能病院に特化した評価は行われない。特定機能病院について一定水準の審査・評価が可能なのか国がチェックすべきである」旨を述べ、事実上の「認証・認定の要件化」が必要と訴えました。

 これに対し、「JCIなどは外国に本部があり、国(厚労省)が監督することは事実上不可能であろう」(中村康彦構成員:全日本病院協会副会長)、「機能評価の本質は、病院が継続的にPDCAサイクルを回しているか、回せているかを確認するところにある。改善を第三者機関が確認することを担保すれば、『受審』の要件化でよいのではないか」(坂本哲也構成員:帝京大学医学部附属病院病院長)などの考えを述べています。

 今後、さらに「受審を指定要件とすべきか、認定・認証を要件とすべきか」の議論が継続されますが、第三者機関を受審するにあたり、病院側は「院内の体制やプロセスを再点検している」のが実際です。つまり、受審の申請を行う時点で、相当程度、ガバナンス体制や医療安全確保体制を自主点検し、整備していると言えます(もちろん第三者の目からは「甘さ」が見え、それが要改善の評価につながる)。遠藤久夫座長(国立社会保障・人口問題研究所所長)は「受審を指定要件とするだけでも、相当進んだ、厳しい要件となる」との感想を述べています。



https://www.m3.com/news/iryoishin/681366
シリーズ 医師の働き方改革とキャリア
「宿日直の許可基準、現状より改悪は許されず」、全医連
第12回シンポジウムで公表、「働き方改革に背く」
 
レポート 2019年6月9日 (日) 橋本佳子(m3.com編集長)

 全国医師連盟は6月9日、都内で開催した第12回シンポジウム「医師の働き方~先行事例の紹介と、これからの展望」で、「宿日直の許可基準、現状より改悪することは許されない」という声明を公表した。近く厚生労働省が公表予定とされる、宿日直に関する通知をけん制することが狙い(声明は、全医連のホームページ)。

 声明では、現状では宿日直体制で時間外診療を行っている“違法状態”の病院が少なくないと指摘。宿日直基準の見直しが文言や医療行為の現代化に留まるのであれば問題ないが、宿日直中に容認される「通常業務の頻度」と「労働時間の上限」の設定次第では、現状の“違法状態”を合法化することになると問題視している。宿日直基準の緩和は、医師の働き方改革の方向性に真っ向から背くことになる上、これまでの裁判所の判決とも整合性が取れなくなると指摘する。

 全医連代表理事の中島恒夫氏は、「介護老人保健施設や介護医療院などは宿日直で対応できるだろうが、2次救急の告示病院だったら、宿日直で対応できるわけはない」と指摘した。「勤務医が過重労働で心身を壊され、過労死したら、誰がその病院に、その地域に後任として赴くのか。だからこそ、仲間を失いたくはない」と述べ、真の医師の働き方改革を進める必要性を訴えた。

 宿日直に関する厚労省通知では、宿日直許可を取り消さない宿日直の通常業務の日数や労働時間の上限が示されている。声明が言及した「裁判所の判決」とは、奈良県立奈良病院の2人の産婦人科医が、未払いだった「時間外・休日労働に対する割増賃金」の支払いを求めた裁判での大阪高裁の判決で、通知の基準が大きく影響していると考えられるとした(『「宿直扱い」違法、最高裁不受理で確定』を参照)。

 声明では、夜間診療・休祝日診療を宿日直扱いすることで、以下の3つの大きな問題が生じると指摘している。
1.手薄な人員による医療提供体制
2.宿日直業務時間を労働時間にカウントしないことによる長時間労働の隠蔽
3.正当な時間外労働手当を支払わず、些少な宿日直手当で誤魔化している労働基準法違反

 シンポジウムでは、「先行事例」として、淀川キリスト教病院(大阪市)産婦人科の柴田綾子氏と、仙台厚生病院(仙台市)の医学教育支援室室長の遠藤希之氏が講演。産業医の林恭弘氏が労基法の基礎知識について解説した(記事は、別途掲載)。

 「医師の働き方改革は、病院管理者の働かせ方改革」

 「先行事例」の紹介に先立ち、中島氏は「医師の働き方改革について、勤務医の立場からの議論が少ない」とシンポジウムの企画趣旨を説明。その上で、「医師の働き方改革は、病院管理者の働かせ方改革」として、管理者に改革を呼びかけるとともに、勤務医に対しては自己防衛する必要性を訴えた。

 中島氏は、「過労死隠しも犯罪」、「賃金不払いも犯罪」と指摘。「時間外労働や休日および深夜労働に対する割増賃金の未払い」は、「6カ月以下の懲役または30万円以下の罰金刑」、ひいては医道審議会で処分の対象になり得ると警鐘を鳴らし、病院管理者の自覚を促した。

 この3月に報告書をまとめた厚労省の「医師の働き方改革に関する検討会」について、中島氏は「現状は働き方改革的に問題なので、現状を合法化する」といった議論が展開されたと見る。病院管理者の代表は、(1)「労基法違反を前提にしなければ病院を経営できない」ことをはっきりと発言する、(2)そのツケを自分の病院の勤務医にではなく、行政に対してぶつけるべきだった、(3)法律違反を前提とした労務体制でしか医療を提供できないのであれば、厚労省にこれまでの失政を認めさせ、国民に謝罪させる――という対応をすべきだったと問題視した。

 医師が過重労働になる要因は複数あるとし、主治医制からグループ制(複数主治医制)など運営体制を見直すとともに、勤務医自身も労働契約書の内容を確認するなど「自己防衛策」が必要だとした。研修医、研修修了後に分け、注意点も提示した。



https://www.m3.com/news/general/682581?dcf_doctor=true&portalId=mailmag&mmp=MD190615&dcf_doctor=true&mc.l=452386220
【新潟】加茂病院外来9月から 産科開設は見送りに  
地域 2019年6月15日 (土) 読売新聞

 県は14日、老朽化に伴い建て替え工事を進めている加茂市の県立加茂病院について、9月20日から新病院で外来診療を受け付けると発表した。小池清彦前市長が目指した産科の開設は、産科医を確保する見通しが立たず見送られた。

 県病院局業務課によると、新病院は鉄筋コンクリート一部鉄骨造の6階建てで、延べ床面積は約1万4000平方メートル。総事業費は約100億円で、市民らが利用できる多目的ホールを設けた。

 開院時に稼働する病床は県央地域初の緩和ケア病棟の20床を含めて計120床。診療科は現病院と同じ12。新病院の工事は今月28日に終わる予定で、医療機器の搬入などを進めて9月17日に現病院から入院患者を移す。

 現病院は来年度以降、解体し、約190台分の駐車場を整備する。同課は「引き続き産科の医師確保に努めて対応を検討したい」としている。



https://www.m3.com/news/general/681682
【北海道】7対1から10病院1419床減 90病院1万6928床に 急性期1 本紙集計  
地域 2019年6月16日 (日) 北海道医療新聞

 道厚生局資料に基づき本紙が行った集計によると、2018年2月31日時点で7対1一般病棟入院基本料を算定していた道内100病院・1万8247床のうち、18年度診療報酬改定から丸1年の19年4月1日現在も急性期一般入院料1を算定していたのは10病院減の90病院、算定病床数は1419床(7・7%減)の1万6928床となった。経過措置が終了した昨年10月1日時点からは2病院減、病床数は240床減っていた。

 18年度改定では、一般病棟入院基本料(7対1、10対1)が7段階の急性期一般入院基本料に再編され、「7対1」に相当するのは急性期一般入院料1。重症度、医療・看護必要度(看護必要度)要件は、従来基準を見直した看護必要度1の該当患者割合30%(従来基準の26・6%相当)以上に引き上げられ、DPCデータに基づく看護必要度2で評価する場合は25%以上に設定された。

 4月現在、入院料1を算定している90病院のうち、昨年2月末から算定病床数に増減がないのは63病院(昨年10月比13病院減)。増床したのは5病院(同1病院増)で、昨年10月以降に増床した1病院は混合病棟群届け出から入院料2に移行後、看護必要度を満たして入院料1にアップした。減床は22病院(同10病院増)。

 昨年10月以降の半年間に、入院料1から入院料2にダウンしたのが2病院あり、うち2病院は今年5月に急性期一般入院基本料を辞退し、地域包括ケア病棟入院料に移行した。また、1病院が入院料4から入院料1にアップした後、再び入院料4に戻っている。

 4月現在で入院料2を算定しているのは9病院(同2病院増)で、理由は「入院料1の看護師配置基準や看護必要度要件を満たせない」が多い。入院料2算定病院はなく、昨年2月末に7対1を算定していた1病院が入院料5にランクダウンしている。

 2次医療圏別で、7対1算定病院があった16圏域は、各1病院あった北渡島桧山と遠紋がともに他の入院料に移行したため、入院料1算定病院がある圏域は14圏域となった。うち算定病床数に増減がなかったのは4圏域にとどまり、宗谷圏は増えたが、残る9圏域で減らしている。減床幅が大きかったのは、札幌202床、後志292床、十勝276床が目立つ。

 道内の「7対1」病床数は、急性期への重点的評価が行われた12年度改定で2万床を超えたが、その後は減少。16年度改定で看護必要度が15%から25%(200床未満は23%)に引き上げられ、経過措置終了後の16年10月以降は1万8千床台となっていた。



https://www.m3.com/news/general/682508
檜枝岐村:常勤医の確保に苦慮 4月から不在、募集に申し込みなく /福島  
地域 2019年6月14日 (金) 毎日新聞社

 檜枝岐村で今年4月以降、常勤医不在の事態が続いている。唯一の医療機関である村営檜枝岐診療所の男性常勤医が2月末で退職したためで、村は後任を募集しているものの、2カ月近くが経過しても申し込みはない。現在は県立南会津病院(南会津町)から医師派遣を受けるなどしてしのいでおり、村は医師確保に苦慮している。

 村によると、退職したのは2017年度から単身赴任で勤務していた70歳代の男性医師。昨年秋ごろ、高齢や家族の事情などを理由に退職の意向を示していた。村の慰留にも意思は固かったという。

 村は医師を募集。1月にいったん後任者が内定したが、契約に至らなかった。その後も問い合わせはあっても応募はない。村は県西端の山間部にあり、会津地方の主要都市・会津若松市から車で約2時間かかる。「檜枝岐のようなへき地に、医師はなかなか来てくれない」と村の担当者は嘆く。

 医師不在を回避するため、村は県立南会津病院に週1回の医師派遣を要請。5月からは北塩原村の診療所医師が月1~2回、檜枝岐村に出張診療している。村は「村民に安心感を持ってもらう意味でも常勤医は必要」とし、後任の募集を続ける考えだ。

 募集対象は70歳くらいまでの医師で、診療科目は内科と小児科。17年度の1日平均患者数は11・5人。報酬は年2000万円(税込み)で、木造2階建ての医師住宅も用意している。問い合わせは村総務課(0241・75・2500)。【湯浅聖一】



https://www.m3.com/news/general/682117
さぬき市民病院 出産休止  
 2019年6月13日 (木) 読売新聞

 さぬき、東かがわ両市で民間も含めて唯一、出産ができるさぬき市民病院(さぬき市寒川町)は、医師不足を理由に7月末で出産の取り扱いを休止する。大山茂樹市長は12日の記者会見で「医師確保を急ぎ、出産を早期再開させたい」と述べ、医師ではなく助産師が出産を介助する院内助産の整備も検討していくという。(妻鹿国和)

香大付属病院で対応

 同病院によると、2018年度の出産取り扱い件数は222件。

 今年2月まで産婦人科は常勤医2人体制だったが、うち1人が同月末で定年退職、4月から非常勤嘱託医として再雇用されていた。ところが、その後もう1人の常勤医が7月末で派遣元の医局へ戻ることになり、嘱託医1人での出産は困難と判断。同月21日をもって休止することになった。

 出産予定日が7月15日までの妊婦は受け付けるが、予定日がそれ以降の妊婦は約10キロ離れた香川大医学部付属病院(三木町池戸)が担う。市民病院は8月以降も妊婦健診などの外来診療は引き続き行うが、夜間休日の急変時の対応や出産については、同付属病院が引き受ける。

 市民病院経営管理局は「あらゆる手立てを通じて常勤医師の確保に努め、早期再開に向けて取り組む」としているが、医師の確保ができずに休止が長引くことも考慮し、院内助産の体制整備を検討するという。

 院内助産は、緊急時の対応が可能な医療機関で、助産師が中心となり、妊婦健診や出産の介助を行う仕組み。医療行為を伴わない出産は行うことができ、産科医不足への対応策として全国で導入が進んでいる。

 大山市長は12日、6月市議会の議案説明の記者会見で、出産休止について問われ、「非常に残念で申し訳ない」と陳謝。「安心して子どもを産み育てられないことへの市民の批判は大きく、一刻も早くこの状況を脱したい」とし、上村一郎・東かがわ市長と共に香川大に医師の派遣協力を求めていくという。



https://www.m3.com/news/general/681802
カリフォルニア州、不法移民も公的医療保険の対象に 来年1月から 米国初  
2019年6月12日 (水) AFPBB News

【AFP=時事】米カリフォルニア州議会は9日、公的医療保険制度の適用範囲拡大のため約1億ドル(約110億円)の支出を承認した。これによって同州は、不法移民の一部も公的医療保険の対象とする米国初の州となる。

 民主党が支持したこの政策により、バラク・オバマ(Barack Obama)前政権時代に拡充された同州の低所得者向け公的医療保険制度「Medi-Cal」を通じて、19~25歳の成人が医療を受けることができようになる。

 議会での数か月にわたる折衝の末、2130億ドル(約23兆円)の2019~20年州予算から、同政策に約1億ドルを支出することで合意に達した。この予算は今週中に承認され、7月から執行される。

 Medi-Calの適用範囲拡大は来年1月から実施され、新たに9万人が対象となる。各国の国内総生産(GDP)と比較すると世界第5位の経済規模を誇る同州は、財政黒字が過去最高の200億ドル(約2兆2000億円)以上となっていることもあり、今回の措置が可能になった。

 同州議会で多数を占める民主党は当初、在留資格に関係なくすべての低所得者の成人をMedi-Calの適用対象にすべきだと提案。しかし、ギャビン・ニューソム(Gavin Newsom)知事が、その提案では推定34億ドル(約3700億円)という高額な予算が必要となるとしてちゅうちょしていた。

 共和党は、米国民に不当な税負担を強いるとして、民主党の提案を批判していた。【翻訳編集】 AFPBB News


  1. 2019/06/16(日) 09:30:53|
  2. 未分類
  3. | コメント:0
次のページ